Wii Music

2009年5月 8日 (金)

久しぶりにWii Music

ちょっと暇になったので、Wii Musicを引っ張り出して遊んでみた。今でも結構面白い。でも、もうだいぶ長いことやってないので、腕は落ちたなぁ。やはりドラムセッションが面白いよ

こういうゲームは気が向いたときに、その時々で楽しめればいいかなと思う。

過去に作った曲で、やはり一番よくできているのが、セプテンバーかな。一番リズムがあってるし。



2009年1月 8日 (木)

Wii Music Clip 遠き山に日が落ちて

こういうクラッシック系をロック調に演奏するのは悪くない。

この曲は、小学校時代の「下校の音楽」としてよく覚えている。この曲が流れると、「かえろ~」ってことだった。ドボルザークの新世界から分岐した曲だとか。

今度は、バラード調で演奏してみたね。

2009年1月 7日 (水)

Wii Music Video Clip 見つめていたい

昨年に作った曲。

lこの曲は、イントロのフォークギターが印象的なんですけど、これを演奏するのはかなりキツかった。必ずズレてしまうので、テンポを落として演奏しましたっけ。

2008年12月31日 (水)

Wii Music Clip:白鳥の湖

クラッシックだけど、ロック調にアレンジ。悪くないなぁ。

Wii Music Clip:セプテンバー

Wii Musicからセプテンバー。

リズムパターンは結構苦労。妥協してこんな感じ。少し途中で間違えている。


Wii Music Clip:ディ・ドリーム・ビリーバー

Wii Musicからデイドリームビリーバー。

この曲自体が有名だ。初めてWii Musicでクリップを作ったのもコレだったかもしれない。曲自体はすごく演奏しやすいのが特徴。リズムパターンの練習にも丁度イイかもしれない。



Wii Music Clip:美しき青きドナウ

たまにはマーチ風で。

いろんなパターンで演奏できるのが、Wii Musicの面白い所かもしれない。

2008年12月14日 (日)

Wii Musicドラムレッスンをクリアする

なんというかやっとドラムレッスンをクリアできた。最後の16ビート+卒業検定という構成なのだが、一度目の卒業検定は諦めたっけ。

16ビートのポイントは、
  8ビートのスネアの後、16分休符の後のスネア
ということになる。

これ、初めてやったときは、タイミングがまったくわからなかった。細かい話をすれば、
 1)スネアを叩く
 2)一度ハイハットを叩く
 3)次のハイハットを叩く前にスネアを叩く
という手順だろう。

ただ、普段使わないタイミングでスネアを叩くので、これ以後、ガタガタになる。

ただし、これも慣れだ。どっちかっていうと、
 1)バスドラムは一定
 2)スネアの通常タイミングも一定
 3)16ビートのスネアだけが異色
と思ったほうがいい。

感覚的には、
 ドン、タ~~~タ、ドン、タン
となる。

16ビートのスネアを叩くタイミングがわかれば、後は、簡単。何度でもできるようになる。

卒業検定は、16ビートパターンを2つ用意するが、一個めは16ビートレッスンと同じなのですぐできる。二個目が最初、よくわからなかった。

感覚的には、
 ドン、タ~~~タ、ド、タ、タン、チ
となる。

最後のド、タ、タンのタイミングつかめなかったけど、これはハイハットを連続して叩いているので、最後に単発のハイハット「チ」が一個入るようにスネアを叩くつもりになると、出来たりする。


さて、ドラムレッスンは一通りクリアできたが、何度もやり直している。特にフィルインやスネアのフィルインは、何度やっても面白いし、うまく行かない事もあるから。

ドラムレッスンでは、ごく一般的、ごく初歩的なパターンの紹介なので、どうせならいろんなパターンを楽しんでみたい。というわけで、「ドラムの初心者本」を買ってみた。これは又の機会に。


2008年12月 9日 (火)

Wii Music Clip: ミスターポストマン

少し前に作った曲だけど。

まだまだ遊べる。


2008年12月 1日 (月)

Wii Music Clip: アイル・ビー・ゼア

元々はコーラス系の曲のようだ。でも、こんな感じでロック調でトランペットで聴くのもいいものだ。

スローテンポの曲の場合、フィルインのやり方が逆に難しい。なんかぎこちなくなるね。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!