海外ドラマ

2008年10月13日 (月)

エイリアスシーズン2その1

エイリアスのシーズン1を見終ったのだが、何とも続きが気になる終り方だった。

【以下ネタバレ注意】

シーズン1のラストでは、シドニーは敵に捕まってしまい、目の前に現れたのは死んだはずの「母」だった・・・・

01

シドニーは、SD6での信頼できる同僚ディスクソンが自分を二重スパイと疑い、「告発」を決意された。

02


CIAのボーンは水攻めに飲込まれてしまい、シドニーは必死に助けようとしたが助けられず。安否は不明。

03

なんともまぁ、謎を沢山残して終わってくれた。というわけで続きが気になるので、シーズン2をレンタルで借りて見出してみたわけだ。

シーズン2の第1話では、シドニーがカウンセラーと話合う場面からスタートする。そう、もう助かってるのだ。カウンセラーとの会話の中で、どうやって逃げ出したかなどが回想で語られる。結局、全ての問題は「キレイ」に解決される。

なんとまぁ、うまくやること。

04

エイリアスは、実際問題として考えるとかなりのご都合主義もたくさんある。いくらSD6が強力な機関だったとしても、あれだけの職員を「全員だまして」仕事に従事させることは不可能だと思うし、ディクソンのような優秀なエージェントなら尚更だろう。また、あれだけ失態を演じ、何度も二重スパイとして疑われているシドニーが、その疑いが晴れ、堂々と振る舞っていられるというのも普通は考えられない。

でも一番の謎は、父のジャックだろう。CIAでも要職についており、SD6でもナンバー2思える立場にいられる。それだけ長い間、二重スパイを続けているわけだが、果たしてそんなに長い間、続けられるものだろうか。どちらの本部も互いに行き来するわけで、どんなに注意していても、「いつかはバレる」と思うのだけどね。

また、こっちは天下のCIAだ。アメリカ合衆国政府の機関なわけで、本気になればSD6をつぶすなんざワケないような気もするのだけど。

まぁ、そこはドラマなので、素直に楽しむことにしようか。

05

エイリアスはシーズン2になって趣向が変化した。シーズン1ではSD6の任務に対してCIAの対向任務という形が主だったが、シーズン2ではCIAの任務が増えている。CIAとして単独で任務につくという感じだろうか。シーズン2はいろんな展開があるのだろうか。


2008年9月20日 (土)

TSUTAYA DISCAS

世の中インターネット時代であり、物を買うのもネットで済ます事は日常茶飯事だろう。私もご多分にもれず、インターネット通販を良く使う。実際にお店で品定めをしても、買うのはネットだったりする。その方が、安く済む場合が多いから。

レンタルビデオも時々使っていたのだが、これもネットで出来たらいいのに、って常々思っていたが、TSUTAYAが始めていたので、早速使ってみた。と言っても、もう1年ぐらい前から使いだした。

丁度、海外ドラマにはまってて、DVDを買って見終ったらヤフオクで売るって事をしていたので、TSUTAYA DISCASを使ってレンタルを始めた。

TSUTAYA DISCASの仕組みはこうだ。
 ・ネットでレンタルしたいDVDを候補に上げる。
 ・2枚単位で郵送されてくる。(2日で届く)
 ・DVDを見る。
 ・見終ったらポストに返却する。(2日で届く)
 ・次の候補が送られてくる。

月8枚までだが欲しいのが借りられるAプランと、借り放題のMプランがある。違いは、Mプランは予約ができないので、空いてるDVDしか借りられない。

ただ、一回の周期は最低でも5日は要する。普通なら1週間はかかると思うので月8枚がせいぜいだろう。忙しかったり、休日も用事があれば見れないこともあるし。

なので、私はAプランにしている。

さて、TSUTAYA DISCASは得だろうか?値段は店頭で借りるのより若干高いかもしれないが、新作は結構見られるし、なんと言っても行く手間がかからないので、私は得だと思っている。映画やドラマが好きでレンタルで継続的に見られるのも結構いい。

特に連続海外ドラマは、一気に借りてしまうと、ず~っと見てしまうので健康に良くない。2枚くらいでやめておいたほうがいいので、長く楽しめるという事もある。

新作は入荷数も多いし、案外、借りられる。ただ人気作品は若干待たされることもある。古い海外ドラマは在庫が少ないわりに人気があると、なかなか借りられない。実はエイリアスをずっと見たかったが、借りられたのは4カゲツ後だった。エイリアスについては、別の機会に書こう。

難点は、ポストに投函するをツイ忘れることだ。歩く経路にポストはあるが、うっかり忘れてカバンの中に2~3日入ったままだったこともよくある。返却方法が「いつでもどこでも」という事ができたら、もっといいのだが、贅沢だろうか。

面白かったら人気blogランキングをお願いします!

※中々借りれないエイリアス。何度、買ってしまおうかと思った事か。


2008年9月16日 (火)

海外ドラマ:ダメージ

最近、あちこちのWEBサイトや雑誌などで宣伝を見たので、ふと興味がわいてレンタルしてみた。「全米がだまされた」なんていうキャッチフレーズで宣伝されている海外ドラマである。

「ダメージ」とは、損害賠償を意味するそうだ。

物語は、弁護士の世界を描いている。ある企業の計画倒産により労働者が受けた損害を、訴訟により勝ち取るのを大きなテーマとし、若い弁護士の成長、かけひき、陰謀を表現している。

物語は、エレン・パーソンズという女性弁護士が新人として弁護士事務所に就職し、そこから事件に巻き込まれていく様子を過去、現在を行き来しながら進むので、最初は、このエレンが主役だと思っていた。

Elen_2

でも、実際は、エレンがつとめる弁護士事務所のパティ・ヒューズが主役のようだ。パティは、女性ながら凄腕に弁護士である。一見して経験豊富で冷静な弁護士っぽいが、実は感情の起伏も大きく、家族の問題で悩んでおり、まさに泥臭い人間関係をうまく表現している。

Pathi_2

物語は、衝撃的な出だしから始まる。いきなり血だらけの女性が出てきて、ワケもわからず逮捕される。そこからフラッシュバックのように過去に遡り、謎を徐々に明らかにしながら現在に時間を戻しながら、すすめていく。

実は、まだ、半分しか見てないのだけど、面白さに取込まれた。弁護士の世界なんて、「逆転裁判(Nintendo DS)」ぐらいしか知らないのだけど、駆け引き、だましあい、など、相手の心理を読み如何に自分達を有利なポジションのおくか?が大きなポイントをしめる非情な世界だ。

全米が騙されたというキャッチフレーズだった。そんな話を聞くと、物語の途中でのいろんなエピソードも「実は裏があるんじゃないか?」と思って見てしまう。

例えば、
「証人となる女性の子犬が殺された。最初は対立する相手の犯行と思わせるが、その後で、実は主人公側が証人にしゃべらせるために、逆に脅しをかけたように見せかける。」
でも、これじゃそのまんまで「全米がだまされた」とはならない。実は更に裏があるんじゃないか?と思わせられてしまう。

こんな感じで物語は、伏線がいろいろな所にあり、さらに少しづつ謎が解明されていくという進み方。

わき役だが、私はこのキャラが意外に面白いと思う。

Ray_2

この人は主役であるパティの訴訟相手の弁護士だ。言わば敵なわけだが、敵は敵で様々な悩みや問題を抱えている。また、日本語吹替えの声優さんもうまくて、なんかけだるいような、強いような微妙な表現をこなしていて面白い。パティの戦略に対して、敵方であるこのレイがどのように対処するのか?も見所の一つだろう。

次回がとっても楽しみなこのDVDは見て損は無いとおもう。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

2007年10月15日 (月)

海外ドラマ:スーパーナチュラル

なんか面白い海外ドラマがみたくなってきたのだけど、あるDVDでCMとして入っていたこの「スーパーナチュラル」を凄く見たくなってしまって、買ってしまいました。


最初はヤフオクで購入を考えたのだけど、なかなか落札できず。
というか、ほとんど新品と変らない値段になってしまってるので、

 「これなら、自分で買ってもヤフオクで売れば同じかな」

ということで、ヨドバシで購入。ポイント分も儲けられるし。


さ~って、見てみた感想はいかに?

ファーストインプレッションとしては、
 「なんだ、この吹替えは!?」
というところ。これ結構評判悪いみたいだ。もう少しマシな声優はいなかったのか?という感想はネットのアチコチで聞かれる。

それはさておき、内容は結構面白いかも。
詳しくは、見終ってから・・。


2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!