« HMSに参加する332回目:中級コース 202回目 雨後曇り | トップページ | HMSに参加する334回目:中級コース 204回目 太い白線は嫌いだ »

2018年9月24日 (月)

HMSに参加する333回目:中級コース 203回目 直線で練習

前日から連ちゃん。雨はあがっており、いや青空か。気温もちょうどよく、すがすがしい1日だったかも。
 
イントラさんはメインがKR田さん、サブが九州から来ているTR田さんか。そういや、浜名湖へ赴任したT網さんもいたっけ。タナミン、前は講習中は口数が少なかったけど、この日はコースラ担当で、コース上にたって、数多くアドバイスしてました。浜名湖でスタイルが変わったのかな。
 
この日はチームマリもあったのでコースは手狭。中級はAMは2番でやるというので、珍しいと思う。
 

Ssdsc00005

 
さてと午前中は2番を使った基本コース。オフセットと直パイが並んでいるのは、すぐにわかりました。そこで、KR田さんが言うには、直線を使っていろいろやる、でしたか。
 
スタンダードな加減速。ブレーキを使わない加減速等、いろいろなパターンを練習。ココで学ぶのは、一つは姿勢。そのための加重ポイントだろうか。そして加速時、減速時で加重ポイントが変化する際に、スムーズに体の動きを通じて加重を維持できるか?ではないかな。
 
要は後輪加重を加速でも減速でも維持できるか、やけに前輪加重になってしまわないかだと思う。そのために体の位置、ニーグリップの具合等を学ぶんでしょう。何がイイってのは、自分でしっくりくる力加減を探すしかないだろうなぁ。
 
さて練習もホドホドに、続いてコース練習。行きはオフセットだが最後にUターン×2+ゲート通過。帰りは直パイでした。
 

Ssdsc09984

 
オフセットはフロントブレーキを使わない。直線距離が少ないからリアブレーキ中心で、足りなければ少しフロントを足す感じ。できるだけフロントブレーキは我慢する。また、直線的ではなくやや円弧を描くような感じで速度を残す感じにトライ。気持ち的にはオフセットの脱出速度を速くするイメージです。
 
そして、Uターン×2は午後への伏線だったようです。Uターンとしてはさほど、難しくはないと思うが、一個目のUターンはパイロン裏煮付けるライン。2個目も同じ。そうすれば、ゲートをUターン出口から直線で走れますので。
戻りコースの直パイはタイミング重視。VTRに乗る様になってから、切り返しが楽なこともあって、だいぶ直パイのタイミングが早くなりました。あと、フロントブレーキを使うのもアリで。フロントはバイクが前に出すぎそうになったときに、ちょっとだけ使う。
 
午前中はこのぐらい。
 

Ssdsc09985

 
 
午後は、4番の半分+2番少しを使ったコース。KR田さんが言うには、けっこうコテコテに作ったと思う、だそうです。
 
スタートとして少し長い直線、そして、右に1本避けて、ミドルオフセット、切り返しターン、オフセットなどを経て、Uターン×2、ゲート通過して大きくターン、戻りコースへ。
 

Ssdsc09987

Ssdsc09988

戻りは直パイ、段違い直パイ×2、半円状のターン、ゲート+Uターン、直パイ、鋭角ターンして、直パイ、2本差しをまわって、短直線、そして半円場にターンしながら鋭角ターンして、右旋回から左旋回への切り返しターンとかでしょうか。
 
終盤の所は、けっこう凝った作りだったと思います。このあたりを安定して速く通過できると、いいんだろうね。
 

Ssdsc09991

 
最初の直線は少し長い。VTRだとエンジン回転数は上がり切ってしまうのでギアチェンジが有効。早めにシフトアップして、その後ブレーキ! 適度な速度でローギアに落とすが、ココは落ち着いてシフトダウン。そのあと、右→左と切り返す。
 
シフトダウンのタイミングを早め、遅めなどいろいろやってみました。結果しっくりきたのは、遅め。速度感とエンジンの回転数で判断して少し遅めがバイクの挙動変化が安定しててよかったと思います。
 
そこからオフセットが続くけど旋回は深め。VTRなので速度を残す間隔で少し大きめな円弧を描くように走る。その分傾けてアクセルを残す感じですかね。理想はアクセルを閉じきらずに走ることかもしれない。
 

Ssdsc09992

 
その先、ある意味、このコースの目玉の一つ。Uターン×2+ゲート通過。あとでKR田さんの説明だと、
 「午前中と同じ」
でした。向きは逆だが、コースラのUターンとも似てる。1個目をクリア後、少なめの加速ゾーン後に2個目のターンがある。これ、1個目はできるだけパイロン裏につけて早めに加速、2個目のターンはバイクを倒して目標パイロンを斜めに通過する感じでゲートに向かうところかも。
 
このUターンは苦手な部類で、2個目のターンまでの加速が思う通りに乗らない。1個目のターンで減速し過ぎなんだろうけどね。2個目がUターンだと思うと減速仕切ってしまうので、90度ターンぐらいのつもりで突っ込むのが良いかと。
ちょっといろいろ試す意味で、2個目のUターンの前に長く走ってみたり、短くしてみたり、ターン角度を180度ターンのつもりから、90度ターンまでとか。途中よろけてしまうこともあったっけ。危ない危ない。
 

Ssdsc09994

 
 
折り返してから直パイ後に、段違い直パイが地味にある。間隔が広めなのと鋭角ターンではないので、難しくは無いが最後の1本をパイロン近くギリギリを通過できるかがポイントかも。そのあと、半円旋回だけど、ココはガイドパイロンにだまされず、2本差しぐらいの間隔で。
 

Ssdsc09998

 
で、その次にUターンなんだけど、「コースラ8の字」の円旋回後のUターンに似てる。でも、こっちの方が間隔が広いのと、その次のパイロンが旋回後に外側にあるので、楽です。Uターンよりも90度ターンぐらいのつもりで走った方が楽だし速度を維持できる。
 
その先、右に旋回後、左ターンがあるのだが、ココはVTRだと楽。あまりパイロン位置に強くこだわらず、円旋回して、そのあと、一気に逆へ切り返す感じで走ってました。
 
途中、KR田さんの解説では、ココはパイロン裏に付けるって説明でしたね。
 

Ssdsc09999

 
 
う~ん。なかなか面白いコースだったと思う。4番だけを使ったコースは時々あるけど、白線とかに悩まされないのと、5番と違ってイントラさんのセンスとかクセとかが出て面白いね。
 
中級としては、多少厳しめのコースだったかもしれない。そのぶん、イイ練習になったんじゃないだろうか。それにしてもUターンは苦手だなぁ。かまえてしまうよ。
 
 
 
 

« HMSに参加する332回目:中級コース 202回目 雨後曇り | トップページ | HMSに参加する334回目:中級コース 204回目 太い白線は嫌いだ »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/67203739

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する333回目:中級コース 203回目 直線で練習:

« HMSに参加する332回目:中級コース 202回目 雨後曇り | トップページ | HMSに参加する334回目:中級コース 204回目 太い白線は嫌いだ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!