« 佐渡ツーリング その1 | トップページ | 佐渡ツーリング その2 »

2018年8月28日 (火)

HMSに参加する329回目:中級コース 199回目 熱すぎる

ホントはコースラを予約していたのだが、当日朝に聞いて見たら中級が空いてるってんで、中級に切り換えました。かなり暑そうだしね。
 
イントラさんは、KR田さん、サブが九州から短期で来ているTR田さん。前にも来られていたと思います。
 
いやまぁ、暑い! 汗だくになっちゃうよ。ただ、だいぶ体が暑さに慣れてきたようで、まだ耐えられそうです。
 

Ssdsc06752

 
午前中のコースは6/7番でした。KR田さんいわく、「久しぶりの中級なんで、多少細かいコースを考えてみた」だそうです。
 
実際のコースとしては、午前中としては珍しい部類かもしれません。スタート直後、すぐに左折して、そこからロングオフセット。そして7番の頂点から、戻りますが、段違い3連直パイ。直パイ間は離れてますが、旋回は深めです。そのあと、ミドルオフセットして、その最後、大きく入ってUターンしたあと、規制があって狭い通路後に、さらにUターンしつつ、斜め方向に伸びた直パイ、そこから左に切れて、あとは、外周沿いを走って帰ってくるパターン。
 
市街地は使ってないです。要するに前半だけ。なんだ、ココまでつくったのなら、少し市街地を使ってもいいんじゃないか?って思ったけど、帰りに直線をゆっくり走って、涼んでほしいというKR田さんの計らいだそうです。
 

Ssdsc06758

 
さて、前半のロングオフセットはいつもの通り、アクセル、ブレーキ、旋回という基本路線で走る。最初の方はゆっくり目、徐々に速度とブレーキを強く指定していく感じで。ラインは、大きく入るパターンもあるけど、自分は、パイロンに近いラインも走ってみる。
 
さて、その先の段違い直パイは、けっこう好きなんで、最初は様子見で普通に直パイを抜けてみたけど、次の列へ移動する際に少し走りにくさを感じるので、パイロン裏につけるラインへ変更。最後の1本をパイロンギリギリを抜けるように走る。次の列への進入も最初は大きめにしてたけど、出来るだけ寄せてみる。ただ、回ったあと裏につけるため、余力を残して入る感じで。
 
そして最後の細道を抜けたあとのターン。ある意味、これがこのコースの目玉と見ました。入口は大きく入れる規制が無いUターンだけど、その後は細道になっており、その先の出口も規制がない大きなターンが可能。だけど、そこから斜めに直パイがあるから、大きく出すぎると破綻する。
 
これは入り方と出方でしょうね。
 
入る時は多少大きくてもいいけど、細道は直線じゃなくて、軽くS字を描くように。 左へUターンして入ってそのまま斜めにバイク進めつつ、切り替えして右ターンして出ちゃう。要は出口の前に右に切り出すことで、ターンしながら脱出することで、次の斜め直パイを走り安くするのがネライ。
 
これはあとでクラタンが説明してくれたのと、ほぼ同じパターンだったかな。 
 
午前中はこのぐらい。TR田さんが追走してくれたあとで、ややリーンアウトが出ているよ、って定番のコメントをいただきました。イイかげん、なおしたいぞ。
 
午後は、4,5番でした。コースは時計回りか、4番からスタートしてオフセット、大きくターンして、さらにオフセット。最後に斜め直パイ後に、外周沿いに5番へ入る。ここで定番の2連続Uターンして、中央の横断歩道地帯を右側によけ、そして中央に戻って、やや直線、そしてUターン、短い加速ゾーン後にUターン、その先は鋭角ターン、そして鋭角ターンで外周を走る。そして、右側へ一本オフセットして、また、外周に入る。外周の頂点で、少し狭く規制された切り返しターンして、外周6番側へ、そして1本回って、内周へ入り、直線後にUターンして、また、Uターン後に切り返しターン。少し直線を走って切り返しターンして右、左、右ターンしてゴール。
 
Uターンがけっこう多いね。また、案外テクニカル。これで暑く無ければ、楽しいコースだったと思うよ。
 
また、4番の先に、基本練習コースが用意されました。オフセットと、段違い3連直パイのコースで、どちらを走ってもいいというセッティング。
 

Ssdsc06753

 
 
前半は特筆することはないけど、4番の最後、斜め直パイはパイロン裏に付けるラインだろうなぁってぐらいか。
 
定番の2連続Uターン後、コース中央でUターンして、短く加速してのUターン。ココは無難に走ってしまったが、今となってはたぶんリーンアウト気味だったと思う。ここ、路面がやや傾いているので、左から右に傾けるのに、ちょっとコワイときがあるんだよね。だから速度を落としても、しっかり体をいれて曲がれるようにするべきだったか。
 
 
その先、外周の頂点での切り返しターン。これはねラインをよく考える必要がある。やっぱり大きく旋回しながら入り、狭い区間を抜けたあと、一気に逆に切って、小さく曲がれるかどうか。最初、ふらついてしまったりとうまく決まらず。もうちっと切り返しを早く、一気に逆に傾けられないもんかな。ここもうまくいかなかったな。
 

Ssdsc06755

 
 
バイクはVTRだったんで、軽いハズなんだけどね。まだまだ、修行がたりんということか。
 
 
いやまぁ、それにしても暑い。参加車の人と話してた感じでは、今年1番の暑さだったんじゃないかと。
さらにバイクが熱い! VTRは熱さは気にならないと思ってたけど、今回はインジェクションのあたりがかなり高熱になりました。1300やCB400SFが熱くなるのはいつもの事なんだけど。
さらに水分はなんだかんだと4Lは飲んだかも。 もう、スポンジのようなもんで、飲んだ分は全部、汗で出ちゃう感じだろうかねぇ。
 
 

« 佐渡ツーリング その1 | トップページ | 佐渡ツーリング その2 »

HMS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/67106671

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する329回目:中級コース 199回目 熱すぎる:

« 佐渡ツーリング その1 | トップページ | 佐渡ツーリング その2 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!