« HMSに参加する308回目:上級コース 35回目 筋トレコースへ挑戦 | トップページ | HMSに参加する310回目:貸切コース 23回目 弱点を考える »

2018年3月 4日 (日)

HMSに参加する309回目:コースラ8の字 08回目 5年ぶりにコースラ

前回にコースラに参加したのは2012年の11月。5年ちょっとぶりぐらいかな。自分としては初期の頃に参加したっキリでした。超久しぶりだけど、タマにはいいかな?とコースラに参加してみました。でも当時の自分とはレベルも違うし、どのくらい走りきれるか?についても興味がありました。
 

Ssdsc09643

 
バイクはVTR-Fを選択。なぜかと言えば、コースラはCB1300は使えない。また250コースで利用していたVTRでコースを走ってみたいと思っていたが理由でしょうか。いろんな人から、「VTRなんて、めずらしいねぇ」と声をかけられました。あ、所長にも言われたかな。
 
天気は晴れ。午前中は暖かい感じだったけど、午後から風が超強くて、寒い一日だったと思います。イントラさんはKR田さんでした。
 

Ssdsc09641

 
 
軽く慣熟走行してから、各人で散って8の字の練習。あれ、コースラってミッチリと慣熟するんじゃなかったかな。それにしても、8の字練習も久しぶりです。さてどうするか?
 
KR田さんの指示では、
 ・まずはパイロン1本で円旋回を右、左とやってみて
 ・曲がり具合、姿勢、加重をチェック
 ・特に加重が内側気味、外側気味なのかをチェック
でした。
 
なので、1本パイロンで円旋回。中心に目線を送りつつ、円を描くように走る。これを、右回り、左周りを何周かしつつ交互に行ってみました。
 
KR田さんが見ててのアドバイスとしては
 ・右回りの方がやや外側に加重されている
でしたね。私は右回りが苦手なんで、自然にそうなるか。注意しよう。
 
ここらでパイロンを2本に変更。間隔は広め。ココで8の字をやってみます。旋回は大きめからスタート。
 
 
続いて0の字でUターンの練習。Uターンは右ターンが苦手なので、これも重点的に練習。最近だとふらつく事は少なくなったが、旋回速度を落とし過ぎてしまうことが多いので、これらを克服したい。
 
大きく加速して減速時にF/Rブレーキで減速、Fブレーキをリリースすると同時に体を入れて傾けて一気にハンドルを切っていく。目線は旋回後の直線へ。Rブレーキはわずかにかけている感じ。バイクがUターンに入ると同時にアクセルは遊びを取って、ほんのわずかにトルクがかかる状態。ココでリアブレーキとわずかなアクセルでバイクの挙動をコントロール。バイクの向きが変わったら一気にアクセルを開けていく。
 
VTRは軽いためか、リアブレーキの挙動が難しいと思いました。私の場合だと踏みすぎるようで、ガクンとバイクが大きく動いてしまう。もっと繊細に軽くかけた方がよさそう。リアブレーキとアクセルをバランスさせるのが難しかった。
 
ココらでパイロンを増やしてみる。5本を3.5m間隔ぐらいで並べてみる。目分量なので、ある意味テキトーだが、普通よりやや狭いぐらい。直パイをやってみたけど、このVTR-Fってすごくハンドルが切れて面白い。間隔が狭いからパイロンから離れないようにしてやってみたけど、フロントの加重を抜いて傾けると、ペタンとハンドルが切れてしまう。アクセルオンで切り替えして、またペタンと逆に切れちゃう。
 
KR田さんが言っていたけど、VTR-Fはハンドルにメーターやヘッドライトが付いてないのでハンドルが軽い。普通のVTRとは全然違うハンドリングだそうです。う~ん、このバイク面白いかも。カウル付きって、HMSの練習には向かないか?という先入観もあったけど、全然違うようです。
 

Ssdsc09645

 
 
休憩後のKR田さんからの新たな指示は、
 「三角形を作って走ってみる」
というものでした。これは午後のコースに備えて、狭いオフセットを通過するための練習だそうです。
 
 
 
外から入って三角形の頂点を小さく周りまた次を外へ抜けていくライン。最初は大きめの三角形で練習し、徐々に小さくしてみるとか、いろいろやってみました。
 
途中KR田さんのアドバイスとしては、
 ・上体を使ってバイクを傾けてる。
 ・軽量なVTRなんだから腰下を動かしてみろ
 ・そうすれば、もっと楽にバイクをコントロールできる
でした。あぁ、なるほど。確かに腰下をチョイチョイと動かすだけでバイクが傾きます。CB1300でもそうすることは出来ますが、VTRの方は遙かに楽でした。
 
このぐらいで午前中は終了しました。
 

Ssdsc09647

 
 
 
 
午後はコーススラローム。コースは5年前と変わって無いので昔作ったコース図です。
そうそう、午後の開始と同時にあたりが強風に。バイクがふらつくは、ホコリが舞ってて目に入りそうになるは、かなりキツイ。また寒いです。
 

Photo

 
コースはだいたい覚えてたけど、コース案内時は目標を見誤って何カ所かパスしちゃいました。
 
さて、そんな中でコース走行開始。まず、スタートしてすぐに右に降って①の所を回りますが、これは速度も出てないし、①のパイロンに思い切り寄せていく。ギリギリを通過しつつ、次の大きなUターンへ。これは道幅もあるので大きく入りながら速度を維持して通過していく。
 
そして②の所も大きくターンして③に向かいます。③の部分はあまり大きく入らず、③のパイロンへ寄せるように入りながら次のパイロンへ。素早い切り返しで抜けていく。ココは後でKR田さんからの指示もあったのだけど、最後にハンドルを切り足す感じでバイクの向きをもう少し外に向けたほうが次が走りやすい。
 
⑤の部分はその進入前で減速をしつつ、アクセルをパーシャルに。リアブレーキとアクセルでバランスを取りながらパイロンギリギリを通過するイメージで。
 
⑥は大きく入って次の狭い直パイ+オフセットに備える。ココの入り方は後でKR田さんからの指導もあったけど、大きく入るのが楽。さらに余力が出来たら、もう少し工夫。バイクを傾け+ハンドルを切り足して少し小さめに入りながらをトライしてみました。うまくいけば、速度を維持しつつも小さく入れるので距離的には有利かも。
 
狭い直パイは1本目が重要。このパイロンの裏に確実につけられるかどうか。パイロンから離れずにアクセルオンして切り返す。そして3本目は旋回が深い。バイクが次ぎのオフセットしたパイロンに向きつつ、もう少しハンドルを切り足して、バイクをやや外にふって上げると⑦のパイロンを回ったあとで次のパイロン実に楽になります。
 
ココ、KR田さんからその指導があった後で、ハンドルを切り足すのをトライしたけど、なかなか勘所がわからず。なので、速度をおとしてバイク立ち気味でもハンドルを切り足して行きました。段々慣れてきて、うまくすれば、実に軽やかに曲がれますが、今ひとつ、速度は出し切れてなかったか。通過にやや時間を食ってます。
 
⑧の部分はうまくすれば、バイクをそのまま直線で抜けられます。
 
そして⑨の2連続Uターン。Uターンは相変わらずヘタ。⑨を回った後、⑩の所への加速が遅い。ココ、⑨を速度を落としきらずに曲がらないとVTRはきつそう。最後までできませんでした。次の⑩をうまく回れば、その先のゲートを抜けて一気に直線。
 
⑪は減速しながら腰下を左右に動かす事で走り抜けます。⑫を回った後で、直線的に加速。⑬の部分をオフセットに見立てて⑬のパイロン裏につけるラインをねらう。でも、これは最後まで出来なかったなぁ。⑬の所で少し前に出すぎてしまう。それは⑫から⑬までの間でバイクを左旋回から右旋回へ切り返すのが遅いからか。
 それでも最後の方ではだいぶマシになったんだけど。
 

Ssdsc09657

 
⑬をパイロン裏につけられれば、⑭はほぼ直線で抜けられます。
 
 
 
昔に走ったときは、1周でぜーぜー言ってたと思うので、さすがにそれは無くなったか間隔の狭い所が何カ所かあるけど、パイロンを倒しまくったり、Uターンでふらついたりってのは無くてよかった。強風でふらつくは仕方ないけど。
 
VTRは曲がり安い半面、私の技量では速度を落とし過ぎてしまうようで、逆に難しいと思いました。コーナーを曲がった後の直線でアクセル全開でも一気に加速とは行かないし。でも、その分おもしろいかもしれません。
 
少し走ったあと、O薗さんが追走。隣の初球のイントラさんだったけど、コースラのコースを練習したかったみたいです。
 

Ssdsc09654

途中、Dコースへツーリングへ。KR田さんからは、
 「ゆっくりいくよ」
だったけど、果たして? Dコースは初級でした。
 
初球コースは、約8連直パイ×3、コースに沿ってS時やUターン、L字などで。さらに直パイ、ロングオフセットなど、けっこうバラエティに富んだコースだったと思います。3周して、さらに逆回りに3周。KR田さんは、「ゆっくりトコトコ行くよ」と言ってたわりには、やけに早いペースで走り抜けたと思いますよ。
 

Ssdsc09659

 
久しぶりにコースラを走ったけど、実に楽しいコースだと思う。長くはないが随所にしかけがある。連続Uターン、直線、狭いゲートなど、これらの仕掛けを素早く走り抜けられれば、上級でも付いていけるかも、って思いました。ただ、飽きるかもしれないが。
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOMINE/コミネ WJ-737S ジーンズ【レディース】
価格:7693円(税込、送料別) (2018/3/4時点)


« HMSに参加する308回目:上級コース 35回目 筋トレコースへ挑戦 | トップページ | HMSに参加する310回目:貸切コース 23回目 弱点を考える »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
昨日二週連続でコースラに参加しましたがこれに出ると自分の弱点が顕著に見える気がします。
昨日は特上のSさんの後ろでしたが6位まではついていけましたが(本気じゃないでしょうが)10までに引き離されました。
お互い精進しましょう、

Iさん、コメントありがとうございました。
コースラって、あきるかな?って案外おもしろいかも。
コースは狭いけど、けっこういろんなエッセンスがつまってるし。
確かに中盤から後半にかけてが、細かく難しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/66458338

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する309回目:コースラ8の字 08回目 5年ぶりにコースラ:

« HMSに参加する308回目:上級コース 35回目 筋トレコースへ挑戦 | トップページ | HMSに参加する310回目:貸切コース 23回目 弱点を考える »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!