« HMS番外編:D/Eコースが出来るまで | トップページ | HMSに参加する307回目:中級コース 187回目 浜名湖からの使者 »

2018年2月 4日 (日)

HMSに参加する306回目:中級コース 186回目 雪解けのHMS

ココのところ、ものすごく寒い。朝晩はホント凍てつく寒さ。そんな中、先日の雪の状況が気になるHMSに参加しました。
 
朝の車の外気温計は1度。その後3度ぐらいになったけど、桶川は2度でした。ただ、風がなかったこともあって、若干、寒さは和らぐ感じで。
 

Ssdsc09587

 

Ssdsc09589

 
道中、道路で残った雪が凍ってる箇所が何カ所かありました。レインボー周辺は田畑が多いが、あたり一面、雪景色ですね。凍結してる路面もあるので、バイクは細心の注意が必要だったかも。
 

Ssdsc09594

 
イントラさんはメインがK枝さん、サブがAR井さん。AR井さんは久しぶりかな。
 
今日のコースは午前も午後も2番らしい。特に午後は長いコースを作ったとAR井さんが言ってました。
 

Ssdsc09597

 
河川敷はコースには雪は全くないです。イントラさん達職員の方々が雪解けをやってくれたおかげでしょうね。市街地コースの草地などは雪が残ってました。
 

Ssdsc09604

 

Ssdsc09606

 
河川敷に移動しての冒頭は、姿勢についての講義。いわゆるリーンウィズ、リーンイン、リーンアウトです。
 
実演としてAR井さんが円旋回をしながら姿勢を変化させていく。この時、リーンウィズに比べてリーンインの方がハンドルが切れて円旋回が小さくなるという、K枝さんの解説。なるほど、これは初めて聞いたな。体を入れることでハンドルが切れるというものでした。自分もそうなのかな?って、ちょっと気になる。
 

Ssdsc09601

 
その後、姿勢の確認をするために慣熟走行でおこないました。ウィズ、イン、アウトと順番に練習しました。その後、午前中の練習へ。
 
コースはバランスコースの部分の往復コース。行きは最初、直パイ、次はややオフセット直パイ。そして戻りがオフセットで、間隔はやや狭い。特に最後の所は狭めかな。旋回が深いですが、格別というわけじゃありませんでした。
 
直パイ、ややオフセット直パイは数は少ないです。どちらも10本ぐらいか。すぐ終わっちゃうので、もう少し長くてもいいね。直パイは旋回とタイミング重視。最初は多少、ギクシャク感はあったが先日のパイロンSPの感覚があったのか、早めに取り戻すことに成功。
 
戻りのオフセットは間隔が狭くなるので、旋回重視だがパイロン近くに寄せて入るラインにチャレンジ。
 
ある意味、その日の調子を取り戻す部分ではありますが、最初は速度を落として確実なライントレースと旋回を行う。パイロン近くを通りながら、傾け+ハンドル切って深く旋回。加速ゾーンは短いのでアクセルはちょっとだけ開けて次ぎのパイロンへ進む感じで。
 

Ssdsc09609

 
午前の後半は、Uターン×3が追加されました。ただし希望者のみ。ただ、けっこうチャレンジャーはいましたね。イントラさんからは、
 ・普通に連続で走り抜ける
 ・千鳥にようにバイクを立てて低速で走る
 ・ターン前で停車、走り出しUターンで走る
の3パターンを試すような指示だったか。
 
最初は走り抜ける。まぁ、焦らなければなんてことはないが、Uターンは苦手なので。
 
次は千鳥風。これも落ち着いて走ればなんてことはない。千鳥よりも広いスペースなので、走り抜けるのは難しくないです。
 
最後は停車後の発進Uターン。これは、
 ・走り出し後早めにクラッチをツナギ切る
 ・一気にリーンアウトで曲がる
でしょうかね。逆ハンから一気に切る白バイターン風もあると思うが、あれは初心者には危険かな。慣れるまでは半クラッチで走ってもいいかも。ただしエンストに注意。私は2~3回で半クラッチはやめてツナギ切れました。そこからリーンアウト気味で一気に曲がる感じ。
 
午前中はこのぐらいで。
 

Ssdsc09608

 
 
午後は、同じく2番の半分。AR井さんからは、距離を長く作りました。みなさんに暖まってもらおうと思って、だそうです。
 
 
スタート位置は2番バランス後半部分か。スタート直後は直パイ6本。そこから直線、そして、ややオフセットされた直パイ。これは最初はオフセットがきつかったのだが、何回かパイロンが倒れるウチにほぼ直パイになっちゃったね。
 

Ssdsc09611

 
そこからL時コーナー、そしてミドルオフセット続く。ここの旋回はやや深い。そして、出口が狭い切り返しターン。出口に倒れたパイロンがあって、若干狭めだったが、後で、このパイロンは無くなったので、楽になってしまった。
 
その先で、2本のややオフセットを通過後、3連直パイ×2、縦横共に間隔の狭いオフセット、L字ターンして、大きな2本差し、そして2連続Uターン、その先は間隔が狭く旋回が長いオフセットが続いてゴール。
 

Ssdsc09613

 
確かに長めだけど、もう少し長くてもいいかな。コースとしては、少し狭め、ただし、フルロックしないと曲がれないとかではなく、どちらかというとライン重視と見ました。速度を適切にコントロールし、適格なラインを通れば、比較的通れると思います。さらにより早く通るためには、アクセルを開けるタイミングも重要でしょうね。
 
ただし、最近の中級にしてはテクニカル。そのためか、よくパイロンが倒れました。あ、私も2~3本倒したかも。
 
最初の直パイはすぐに終わるけど、旋回重視で。そして直線はフル加速後、強いブレーキ。次の直パイへ進入する速度は上げすぎないように注意する。
 
L字ターン後の次のミドルオフセットは横間隔が狭いので、楕円軌道を描く感じで走りました。
 
続いての切り返しターンは、最初、しっくりこず。ポイントは出口のライン。先のパイロンへ外側からアプローチしやすいように出口は少し外側抜けだし+加速で走ってみたところ、しっくりきました。
 
次のややオフセットへ進入するラインへうまくつなげるイメージがいいかな。
 

Ssdsc09612

 
その先の3連直パイは、この日のイイ課題になったと思う。なぜなら、走りにくさを感じたから。ココを軽やかに、そしてスピーディに走り抜けたい、そのための練習をしようと。
 
段違い3連直パイは直パイ的なタイミングとラインではなく、パイロン裏につけるラインを通るのが良さそう。常にパイロン裏、特に最後の1本はパイロンに近づけて深く旋回させるイメージ。
 
その先の狭いオフセットは最初は苦労しました。アクセルを開けると前に出すぎてしまうので、ココはアクセルを最小にすること。むしろ最初はライン重視で走る。パイロンから離れると大回りになるので、パイロン近くを通るラインを選択。傾けは少なめ、アクセルは最小で。さらに右から左へと瞬間的な切り返しを行うことを心がける。
 
ここは地味に難しいと感じましたが、その分、イイ練習になったと思います。何回も走ってるウチにライン取りに加えて、さらにアクセルもやや追加できるようになってきたし。
 
2連続Uターン後の狭いオフセットは、これもパイロンに近いラインで、もう速度よりも近いライン重視ではしってました。
 
 
 
そしてAR井さんの追走があって、そのコメントとしては、
 ・よく走れてます。
 ・惜しむらくはライン。
 ・もっとアグレッシブなラインを目指してみては?
 ・小さく入って小さくまがるライン
 ・加重をしっかりかけて(後方)
など。
なるほど。
このコメントは望むところ。今日は狭いオフセットが多いので、尚更小さく入るラインは重宝だろう。
 
実際、AR井さんに先導してもらったときは、先の3連直パイの部分はかなりパイロンに近かったし。
 
 
最後のほうで後についてもらった人に自分の走り方を教えてもらいました。3連直パイの所は、パイロン間を縫うように走れていたと。傾け量が少なく安定感のある走りだったとか。
 
あぁ、なるほど。縫うような走りってのは、イントラさんがよく見せてくれるのだが、なぜ縫うように見えるかというと、パイロンに近いからか、というのがわかりました。パイロン近くを素早く走り抜けると、そんな感じに見えるンだろうね。自分は底までは出来てないので、精進しましょう。 
 

Ssdsc09614

 
 
この日はこれぐらい。午後からは晴れ間がさしており、寒さが和らいで、実に楽しい一日でした。また、雪が降るなんて予報もあるけどね。
 
帰り際、あたりを見ても、まぁ、まだまだ雪は残ってますね。
 

Ssdsc09616

 

Ssdsc09620

だいぶ日が長くなってきましたね。12月後半は5時で真っ暗だったから。まだ気が早いが早く春になれ!
 
 
 
 

« HMS番外編:D/Eコースが出来るまで | トップページ | HMSに参加する307回目:中級コース 187回目 浜名湖からの使者 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

1/27のARIさんの上級コースに似てる気がします。
ちょっといじったか、全く同じかかなー。

BueBueさん、コメントありがとうございました。
そうでしたか。実際の日付は、1/28開催なので、そうかもしれません。
なんだ、AR井さんの新作と思いきや、流用だったんですか。
あ、でもARIさんって、AR井さん? ならばいいのかな。

トナカイAR井さんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/66356612

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する306回目:中級コース 186回目 雪解けのHMS:

« HMS番外編:D/Eコースが出来るまで | トップページ | HMSに参加する307回目:中級コース 187回目 浜名湖からの使者 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!