« 東京で大雪 | トップページ | HMS番外編:D/Eコースが出来るまで »

2018年1月29日 (月)

HMSに参加する305回目:中級コース 185回目 KJ再び!?

ほのかに暖かい一日のHMSに参加しました。風もなく日差しもおだやか。なんというラッキーな一日だったんでしょうか。
 

Ssdsc09543

 
そういえば新車のCB1100が入ってますね。モデルはRSのようです。最近のバイクで多い装備でETCとグリップヒーターが標準になってる。ちょっと、もったいない気もしますが標準装備だし。今の季節、グリップヒーターは重宝するかも。でも、アクセルとか酷使されるから、すぐ壊れるかも。乗れるのは、まだ先かもしれないですが、一度は試してみたい気もしますね。
 

Ssdsc09545

 

Ssdsc09546

 
さてと、イントラさんは、メインがK枝さん、サブが久々のK島さん。イントラ業は久しぶりらしい。相変わらず、切れ味の鋭い走りは健在のようです。あと、この日はチームマリがあったので、コースの半分は占有されてしまうから、ちょっと手狭かもしれないね。
 
午前中は4番を使った基本コース。行きは間隔の広いオフセット。戻りはやや狭いオフセットが続く。間隔はだんだん狭くなるようだ。ただ、キツイって程じゃなく、あくまでも基本の範囲でした。
 

Ssdsc09548

 
練習開始時の走り出しは丁寧に。ゆっくり目にスタートし連続オフセットをクリアしていく。間隔は広いので速度は早めに出来そう。戻りのオフセットはしっかり曲がることを心がけて。
 
途中、前走者をKシマさんが追走したので、着いていく。やはりパイロンに近い。オフセットの基本は大きく入って小さくまわるだけど、小さく入って小さく回るのが、よいのかな。
 
走り方のスタイルで人それぞれなんだけど、小さく入った方が距離が短くなるので明らかに早いです。ただし、イントラさんによっては大きく入っても早い人もいますね。
 

Ssdsc09550

 
K島さんと、このラインについて話したときに
 「間隔の短いオフセットは加速ゾーンが足りないので、速度に限界がある。ここで大きく旋回すると遠心力が足りなくて逆にふらつく。小さく回った方が遠心力が大きくなるので速度が出てなくても安定する」
と考えたらどうか?という提示でした。実際どうかは別としてあえて理論的に語ればってことらしいです。
 

Ssdsc09551

 
コース戻りの最後の方、やや狭いオフセットは最近覚えたバイクを少し前にだしてリアを中心にフロントを旋回させる方法を試しました。パイロンから1m弱ぐらいの位置で入り、フロントをパイロンから少し先に出たところでリアブレーキ+ハンドル切って傾けてることで、リアを中心に一気に曲がる感じです。
 
これ、実に面白い。できれば助走でアクセルをグワッとあけて加速したほうが尚イイかも。午前中はこのぐらいでしょうか。
 
 

Ssdsc09555

 
午後は4番の半分と5番を使ったコース。けっこう面白そう。
 
コースとしては5番入口からスタートして反時計回り。スタートしてすぐ右にL字、そしてUターン、2本差しUターン、S字を通過。外周にL字で入る。規制パイロンがある直線、そして左斜めに折れて、ややオフセット。
 

Ssdsc09556

 
ターンしてまた外周に戻り、直線、そして小さい半円旋回で外周の円形コーナーを走る。
 

Ssdsc09561

 
その後、1本オフセットをよけて、またオフセットを周りながら直線、三角コーナー、その先でやや深い旋回後にヒョウタン型の2本差しオフセット。そこを曲がった後、ややオフセットパイロンの内側を抜けて、深くターンして直線、そして、5番最後の2連続Uターンで4番へ。
 

Ssdsc09568

 
4番は、大きな半楕円旋回後に、小さな2本差し、大きく左旋回後に小さく右旋回する切り返しターンでゴールでした。
 
 
このコース、面白い。取り立てて細かい所はないけど、ちょっと走りにくさを感じる。これは、今まで走り慣れたパターンとちょっと違うからかも。ポイントはライン。入り方、出方を少し考えたほうがいいかも。どのようなラインで入り、出るか?ブレーキ、アクセルのポイントなど。特に短い区間で直線を見いだせるか?がポイントかも。
 
走り出し時は2番目だったので、1番目の人にすぐK島さんが追走したらか自分も着いていきましたが、ラインがわからなくて、ちょっと離され気味。無理するとコケるから、少し間隔を置いてついていく。コース案内直後にアレだけ走れるとは早いなぁ。
 
で、2周目ですぐにK島さんに追走されたけど、まだあまり加速できない。後でK島さんが何か叫んでるが、ちょっと聞こえず。そのまま走り終わってコメントを聞くと。
 
 ・ラインがよくない
 ・特に直線が見いだせてない
 
でした。はははは、わかってましたよ。「各コーナー間をどうつなげるか考えてみて。初見でも走れるようになれ」、でしたか。
おっと、手厳しい。
 
 
まず、最初のL字後のUターン。Uターンは苦手なんだけど、幅が広いので、大きくラインを描く。最近の自分のトレンドはUターンを、コの字で曲がるパターン。速度が落ちにくいので走り安い。で、すぐに2本差しUターンだけど、こちらは速度を出していく。S字は直線的に走り抜けて外周へ入ったあとは直線的に走る。そして、その先のややオフセットは1本目で左にふって、右斜めを直線的に走るのが良さそう。
 
外周後の半円ターンは小さい半円なので、小さく旋回する。
 
外周後の1本よけるパイロンは大きく入って小さく抜けるパターンで。その先のややオフセットは、3本のパイロン。これ、アクセルを3回開けるのではなく、2回でクリアするのが良さそうでした。
 

Ssdsc09564

 
その先、2連続Uターンの所へ入る際に、小さく入るか、大きく入るか?って選択肢があって、私は小さく入るようにしてたんですが、イントラさんの前走を見てたら大きく入ってたのでココは大きく入るようにしてみました。まぁ、どっちもどっちだろうか。
 
2連続Uターンは、1本目を出来るだけ外から入り、コの字でパイロン裏につけ、アクセルをちょんと開けて、素早く切り返すことで2回目のUターンを決める。1本目のUターンを曲がり切るぐらいでアクセルオンしてバイクを起こしつつ、一気に反対側へ倒すがその前に目線は先に送っておく。体は逆にひねれてハンドルを無理なく反対側に切れるような感じか。
 

Ssdsc09566

 
午後中盤ぐらいでだいぶコースに慣れて来て、区間毎の接続具合もわかってきました。
 
そして最後の方でK島さんの2回目の追走。まぁ、くるかな?って思ってたら、やっぱきたか。
 
一通り走ってのコメントとしては、
 ・だいぶよくなった
 ・直線ポイントもよい
 ・軽やかに走れている
でした。おぉ、けっこう褒められたぜ。
 

Ssdsc09570

午前午後で40kmとは、ちと少なめですが、この日は終了だろうか。相変わらずUターンは弱いなぁ。ただ、何周かに1回ぐらいで速度を落としきらずに曲がれるタイミングとラインがある。入り方、速度の作り方、旋回のさせ方、など、まだまだ狙って出せないモノがあるってことで。
 
 

« 東京で大雪 | トップページ | HMS番外編:D/Eコースが出来るまで »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/66336022

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する305回目:中級コース 185回目 KJ再び!?:

« 東京で大雪 | トップページ | HMS番外編:D/Eコースが出来るまで »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

おすすめ!