« HMSに参加する302回目:中級コース 183回目 リズムクラッシャー!? | トップページ | HMSに参加する304回目:パイロンスペシャル 09回目 ステップ加重とは? »

2018年1月11日 (木)

HMSに参加する303回目:中級コース 184回目 楽しく走ろう

新年早々、連チャンだけど中級に参加しました。天気は快晴だけど、風が強く朝方はかなり寒い。このまま風が止まないと厳しい一日になりそう。
 
なので、この冬初めてジャケットタイプのウィンドブレーカーを着て挑むことに。イントラさんは、メインがK枝さん、サブが期待の新人、M月さんでした。参加者はマックスの20名だったか。コースは、終日、6番7番のようです。
 
午前中のコースは、6-7番の外周を使ったコースで、直パイ、縦間隔の長いオフセット、やや狭いオフセット、だんだん狭くなるオフセットでした。
 

Ssdsc09518

 
最後のオフセットはちょっと狭め。コース案内の1回目は気を抜いてて通るのに失敗したので、次からは気合い入れて通過しました。
さて午前中は基本コースだから昨日の間隔を忘れないように走る。直パイは、リズム重視だけど、本数が少ないからすぐに終わっちゃうのが残念。その先のオフセットは、縦間隔が広いので速度を出して通過可能。そして、横間隔が長いミドルオフセットは旋回重視でしっかりまわることに専念。
 

Ssdsc09520

 
その先の狭いオフセットは実に間隔が微妙、いや絶妙というべきか、走りにくく設定せれていたようだ。結構、忙しいのだが、傾け、ハンドル切り、アクセルオン、切り返し、逆にハンドルを切りさらに切り足す、そしてまたアクセルという感じ。
 

Ssdsc09522

 
ここではアクセルが雑にならないように早めにフロントブレーキをリリースしてアクセルを極わずかにあけて、開ける準備をしつつ旋回完了寸前で開け始めていく感じ。アクセルをガンとあけないように注意。また、リーンアウトにならないようにも注意する。体をわずかでも内側にいれていく感じを忘れない。
 

Ssdsc09523

 
また、パイロン裏に付けることに専念し過ぎると逆にラインが厳しくなってしまうので、パイロンから、やや離しつつ入り、パイロンを通過した後でリアブレーキを使って後輪を軸に曲がっていくのがいいかと思いました。。この狭いオフセットを軽やかに通過できるようになりたいもんです。
 
ここで、K枝さんからの説明。
 「バイクとシンクロしよう」
要はバイクの動きに同期して体を動かすことで、バイクの動きを妨げないようにするというもの。広いオフセットなら余裕があるが、狭いオフセットでハンドルを抑えてしまわないようにバイクの動きに合わせて加重ポイントを変えていく。だったかな。
 
午前中はこのぐらい。
 

Ssdsc09531

 
 
 
午後も同じく6,7番だけどコースは全体を使う。スタートしてすぐ左に直角ターンして、ここから7番半分を使ったロングオフセット×3、その後、外周に出て、頂点からミドルオフセットで戻る。そして、直角ターン後に左半分を使ってミドルオフセット、切り返しターン後に外周に出て午前中と同じ外周のミドルオフセットと狭いオフセットが続く。そのあと、市街地に入り、左Uターン、クランク、右Uターン、S字などを経て戻ってくるコースでした。
 
6,7番としてはスタンダード。狭いオフセットはあるが、特に細かいというわけじゃない。市街地内はもう少し仕掛けがあってもいいかも。
 
走り始めは先頭だったので、最初のスタート時点で試走するM月さんに付いていく。ちょうどいいペースメーカーだったので追走させてもらいましたが、途中で逃げられちゃったよ。
 

Ssdsc09527

 
最初のロングオフセットは、基本に忠実にパイロン裏に付けるラインを狙ってましたが、途中から近くを通ってやや膨らみつつも通過するラインとか、思い切り加速して一気に減速しつつ曲がるラインとか、いろいろやってました。どれがいいってわけじゃなくて、いろいろ走れると面白いと思ってます。
 
外周に出た後のオフセットは、最後の1本がポイントで、この後約120度ターンをしてミドルオフセットに入るからブレーキと速度の関係を考えつつターンする。ブレーキをかけないってワケにもいかないが、速度を殺しすぎないように次のパイロンへのアプローチへつながるように速度を残す。これは何周かしているウチに残す具合がわかってくると思う。
 

Ssdsc09528

 
次の左半分のミドルオフセットは前半のロングと同じ。裏につけるラインを取るのが基本だが、いろんなラインを楽しむ感じで。
 
その先の外周の狭いオフセットは午前中と同じだが、もう少し速いペースで通過できるようにする。これはリズムが重要。特にアクセルのタイミングと開ける量。ブレーキも使うから速度も落ちるが落ちすぎないように。
 
市街地内に入ってからのUターン。Uターンは苦手なんだが。
Uターンポイントのパイロンにバイク中心が少し過ぎたあたりで、旋回を開始するが、「コ」の字を描くような曲がり方でまわってました。フロントを回す感じ。そしてアクセルオンで立て直す。ただ、自分としては速度が落ちすぎるようなので改善の余地ありだろうか。
 
 

Ssdsc09530

 
途中、K枝さんの追走後のコメントとしては、
 「やや前傾気味。特にUターンの時とか。もっと前輪を投げ出すようにフリーにしてみては」
でした。
 
あぁ、かまえ過ぎって事だろうね。Uターンはいつもそうなんだが、意識してフロントをフリーにするようにしよう。
 
これ、Uターンポイントでワザと速度を落としておいて、あまり強いブレーキが不要なように走ってみると、案外、楽にできます。この感じを忘れずに速度を出してもできるようにしていこう。
 

Ssdsc09529

 
 
この日の最後の方で、スタートライン付近でM月さんが暇そうにしてたから、前走をお願いしました。
もちろん必至に着いていきます。ロングオフセットは近いラインで。あと、速度を出せる部分は一気に加速する感じで。
 
左半分のミドルオフセットに入った瞬間、M月さんが左足を踏み外した。ちょっとまて、左足はチェンジレバーなんだが。 力入れすぎだよ!?
 
狭い外周オフセットは必至についていく。そして、Uターン。さすがイントラさん、速い。というかオレが遅いのか。でも直線で一気に追いつく。こんな感じで走り終わりました。
 
さらに私の後続の方も、
 「前走お願いします!」
って。おっと人気もの!
 
え?けっして新人イントラさんをいじめてるわけじゃないよ。みんなで楽しく走れた方がいいじゃないですか。
 

Ssdsc09532

 
このぐらいで終了しました。狭いオフセットをリズミカルに抜けること、Uターンで構え過ぎない課題が残りましたが、まぁ、次にがんばろうか。
 
終わった頃では風もやんでて、ほんのり暖かくなってました。冬はまだまだ続くね。
 
 
 

« HMSに参加する302回目:中級コース 183回目 リズムクラッシャー!? | トップページ | HMSに参加する304回目:パイロンスペシャル 09回目 ステップ加重とは? »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/66267679

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する303回目:中級コース 184回目 楽しく走ろう:

« HMSに参加する302回目:中級コース 183回目 リズムクラッシャー!? | トップページ | HMSに参加する304回目:パイロンスペシャル 09回目 ステップ加重とは? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!