« HMSに参加する294回目:中級コース 181回目 3連直パイを考える | トップページ | 近況なんぞ »

2017年9月17日 (日)

HMSに参加する295回目:250コース 05回目 250ならではの走り方

ちょっとタイトル負けかもしれないが、今回の250コースは今までとちょっと違いのあるコースだったかもしれません。
 
イントラはK岩さん。バイクはVTRで。参加者の半分は女性でした。めずらしい。
 

Ssdsc09352

 
午前中は、基礎のおさらい。コース自体は簡単。スタート位置は通常。直線を走って、信号のあたりで大きなターンで信号間を通過。そこから、大きなオフセットを何個か通過。最後はこれまた大きな2本差しを通過して戻ってくるパターン。
 
だが、最初はブレーキの練習。目標制動でした。指示した位置に止まれるように練習する。目標制動は比較的得意。だけど250は軽いこともあって、思ったより止まるようだ。K岩さんからは、「手前で止まれるならそれでもよい」という。でも、どうせなら余裕があるので、ブレーキポイントを奥にもっていく感じで。
 
そして、リアブレーキだけでとまれという指示。リアブレーキだけだと、制動力は極端に落ちるわけなので、やや手前でブレーキをかける。ただ、強すぎるとロックするだろうから、力加減を考えながら。直線なので多少ロックしてもいいけど、ここで力加減をちゃんと把握しておきたいところ。
 
何回かロックしたけど、まぁまぁ止まれました。
 

Ssdsc09354

 
休憩後、今度はブレーキの部分が変更され、ブレーキをかけるポイントを指示される。そのまま停止しないで、旋回に入る。
さて、コース走行ではK岩さんから細かい指示は無かったが、ここは一つギアチェンジをやってみよう、ってことで。
 ・パイロン前でシフトダウンして旋回、そしてシフトアップ
 ・パイロン旋回後にシフトダウン、そしてシフトアップ
の2パターンを練習。前者の方が間隔があくのでやりやすい。後者はシフトダウン、シフトアップがほぼ一瞬なので、やりにくいかも。停止して見る分には距離があるコースなんだが、走って見ると、ほぼ一瞬で終わっちゃうのが難しい所でした。
 

Ssdsc09353

 
 
午後は、コースを全面使用に変更。しかも逆回りになっていた。これは珍しいね。
 
スタート位置は通常と反対側に。スタート直後、直線。縦ゲート状のパイロンを越えて、その先で、狭い2本差しを通り、そこからややアウトに降りつつ、S字になるが、これがちょっと深いのでココは減速せざる得ない、そしてS字の切り返しがちょっと難しい。
そして、S字を出て信号のほうへ向かう。信号の交差点を越えてから、右に大きな円形コーナー、そのまま左に大きく円形コーナー、そして、そこから脱出すると、1番奥の大きなコーナーを回る。そこから外周に入り、1本避けるパイロンを通りながら、直線、そして、外周を通り、左に直角にまがり、そこから右に大きな円形コーナー、左に円形コーナーを通り、最後に2本差しを2カ所通り、ゴール。
 
250コースにしては、珍しい部類のコースかも。直線はあるし、大きなコーナーもあるが、やや中級のティストも入っているので、楽しいかも。
 

Ssdsc09358

 
まず、最初の縦ゲートの追加。ココはなぜかパイロンが良く倒れる。何回も倒れてましたね。察するに突っ込み過ぎなんだと思うが、速度を出しすぎないで、パイロン裏に付けるラインを選択するのがよいと思います。
 
次のタイトなS字。ここは少し悩みました。どうしても速度が落ちすぎる。CB1300なら速度が落ちても一気に加速できるが、VTRだとそうは行かない。だから、速度とエンジンの回転数が高いままで、前半の左旋回をしつつ、一気に右旋回へもっていく。ギアを1速に落とすのは、あえてやらない。2速以上でクリアする。
 
これはS字への進入を工夫。大きく外側から入りできるだけ直線的に入り、あまり曲がらずに減速を減らす。また、傾けをやや大きくするのも必要。で、アクセルを大きくあけた状態から一気に切り返す。切り返すタイミングでアクセルを戻し、リアブレーキを少し使って切り返しながら、そのまま加速していく感じだろうか。
 
これ最初のウチは減速しすぎてました。最後の方で少し慣れて、速度を残せるようになったかも。でも、まだまだだね。
 
信号の交差点を抜けた後の大きな円旋回×2。K岩さんらしいコースセッティング。しかも半径が微妙に違う。これをインベタで走る。パイロンに寄せすぎるのは、踏みそうでコワイが、進入に気を付けてインベタで。これ、進入を間違えて膨らんでしまうと、ずっと膨らんだまま。なので最初は速度を落としてもインベタになるラインを選んでみました。慣れてくれば、そのままインベタで走れます。
 
 
もう一工夫として、円旋回の進入ではアクセルを全部戻さない事にチャレンジ。アクセルを残しつつブレーキもかけながら減速とパワーを両立させる。250だと、パワーが小さい分、いろんな事が出来ます。
 
外周の大きな旋回は、最初は大きく円を描くように。ココでギア3速に上げていくのもやってました。大きく円を描いて走ったけど、K岩さんからは、「それもいいが、車線をはみ出さないこともやってみて」というので、直線的に走るのもトライ。
 
 
その先の直線後、縦ゲートの通過はうまく外から入れば直線が見えます。これはK岩さんから解説がありましたっけ。その後は大きな円旋回や2本差しなので、ココは割愛。
 
いや~、250にしては面白いと思う。ただし、午後一杯はちょっとあきるなぁ。途中でコースを若干、変えてくれてもよかったかも。

« HMSに参加する294回目:中級コース 181回目 3連直パイを考える | トップページ | 近況なんぞ »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/65802528

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する295回目:250コース 05回目 250ならではの走り方:

« HMSに参加する294回目:中級コース 181回目 3連直パイを考える | トップページ | 近況なんぞ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!