« HMSに参加する292回目:中級コース 180回目 細かい?いや、そうでもない? | トップページ | 雹の被害 »

2017年8月20日 (日)

HMSに参加する293回目:250コース 04回目 旋回後にシフトダウン?

 雨ばかりのお盆休みシーズン。でも、この日は晴れるかもしれない。でも、曇って欲しいと思いながら250コースへ参加しました。250なら、きっと涼しく練習出来るはずじゃないかと思いながら。
 
イントラさんは、S尾さん。「明日からから夏休みだ~」と意気込んでおられました。バイクはVTR。250ならではの走り方を勉強したいと思います。
 
コースは終日Dコース。午前中のコースはやや短め。スタート位置はスタンダード。そこから長い直線を走り、目標制動。いったん停止して再スタートし、L字にまがって反対側へ。そこからロングオフセットが続く。4つぐらい。オフセットは段々小さくなっていくが、さほどでもない。
 

Ssdsc09320

 
最初の目標制動はフルブレーキの練習。目標に対して姿勢を崩さず停止できるかでしょうか。私は意気込み過ぎると、頭が上下するクセがあるので、頭の上下位置をかえず、やや前から後にひくぐらいで停止できるように練習する。CB1300とかに比べて重心移動は少なめに感じました。
 
そして戻りのオフセットだけど、これは課題があって、ギア2速固定、ギア3速固定で走って、それぞれのギアのエンブレの感触を身体で覚えて欲しいというものでした。ちなみに1速は発進オンリーで後は使わないという指示。
 

Ssdsc09321

 
VTRはエンジンブレーキはマイルドな方、特に2速以上は。だが、ココで2速と3速の違いは、ハッキリわかる。ついでに4速でもやってみたけど、4速のまま旋回するには、旋回を大きくしないとちょっと厳しいかも。
 
ある程度走った後で、ギアチェンジを組み合わせる。まずは、スタートして2速、3速と上げて、コーナー進入時に2速にシフトダウン、そして旋回しながら、直線で3速へアップし、またコーナー手前で2速にダウンするのを繰り返す。前半は直線が長いから余裕があるが終盤は短いのでちょっと忙しい。また、慌てて足先をシフトレバーの下側で地面に巻き込まれないようにしないと。
 

Ssdsc09324

 
 
続いては、コーナー旋回時は3速のまま。そのまま曲がり切って1番速度が落ちるタイミングでシフトダウンしよう、との指示。これは新しい、というか、私はやってなかったやり方。
 
実際やってみると、最初は多少の戸惑いがあるが、慣れて来ればシフトダウンするタイミングをいろいろ変えながら走る事ができるし面白い。曲がり切ったあたりで、ダウンするか、もう少し手前でシフトダウンするか。速度と旋回のラインによっても多少の違いはありそう。
 
実は最初はシフトショックが怖かったのだが、250であれば3速→2速はあまり気にならないし、旋回終盤で速度落ちきってるのもある。
 
そういえば、S尾さんはシフトダウンのやり方はレクチャーしなかったけど、私の場合は、
 ・クラッチをやや握り、アクセルをちょっと開けて、ギアを落とす
です。この操作は全部同時にします。左手でクラッチ、右手でアクセル、左足でシフトチェンジですかね。慣れてくれば、クラッチとアクセルの量は最小限でいけるようになる。また、右手でフロントブレーキをかけながらシフトダウンも出来るようになると思うよ。
 
バリエーションとして、
 クラッチを使わず、アクセルを戻しながらシフトダウン
もあります。この方法は速度が高いと一瞬リアがロックすることがあるので、場合によるかな。
 
午前中はこのぐらい。雲が厚く、やや日が陰っているので、救われました。ただ、時々、日が差してくるときがあって、か~~っと来てました。
 

Ssdsc09325

 
 
昼食はひかえ目にして、水分補給しつつ午後に挑む。
 
午後のコースはスタート位置は午前中と同じ。スタートして長い直線を走り、Dコースの端までいき、そこから大きく右旋回。その先でUターンして、少し直線後に左L字でS字を走る。信号の位置で左に曲がり、大きな左半円旋回をしながら、右ターンをして、外周に出てから直線+Uターン。直線後に左ターンして、ロングオフセット続く。いわゆる2本差しだが、2本の間隔が長い。直線は短くなるのでシフトチェンジは忙しいかも。
 
250コースとしてはスタンダードだが、もう少し、仕掛けが有ってもよかったかも。S尾ちゃんの本日のテーマはシフトチェンジだから、しょうがないか。
 

Ssdsc09327

 
スタートして長い直線はフル加速。ギアを2,3とあげていく。
そして、コーナー手前であえてギアを3速のままで突入し、Uターン手前でギア2速にしてUターン。これ、Uターンしてから2速にするのもやってみたけど、Uターン後だとちょっと厳しいので、手前でシフトチェンジしてました。
 
また以前の私だったら長い直線の最後で2速に落としていたと思うので、今回の練習のおかげだろうか。
 
ギアを2速に落としてから旋回した方がいいか、ギア3速のまま旋回してから2速に落とした方がいいのか?どちらもメリット、デメリットがありそうだが、私の考えとしては大きなコーナーならギア3速のまま入ってしまったほうが速度的には有利かもしれない。
 

Ssdsc09328

 
手前で2速に落とすと速度はかなり落ちます。その方が安心感もあるのは事実だが、速度が落ちすぎるデメリットもありそう。まぁ、2速だとアクセルを足して加速しながら走り抜けるこもできるとは思うが。
 
 
Uターン後のS字はショートオフセットの要領で。でもせっかくの250コースだから速度を残しつつ、ブレーキは控えめで通過。そう、250はいかに速度を落とさないか?がポイントかもしれないね。だからUターンも小さく曲がるより、少し大きく曲がって速度を残した方が得かもしれない。
 

Ssdsc09331

 
後のロングオフセットは、ギアを上げてそのまま旋回し旋回終盤でギアを落とすパターンで走ってみる。これも慣れてくると、ギアチェンジポイントがわかってくる。が、最後の方は直線が短いのでギアを3速に上げても、生かせないかな。ココは2速のまま走り切っちゃった方が楽だし、速いと思うが、そこは練習ということで、無理にでも3速に上げていく。
 
 
途中、S尾さんに先導してもらったりして走った感じでは、やはり大きくターンするのがコツかな?て思いました。Uターン小さく鋭くではなく、大きくコの字を描くようなターンがいいかも。その方が速度を残せる気がしました。
 
250だと、ノンビリ爽やかに走れるか?と思いながら、実際やってみると、けっこう走りは忙しく終わってみれば、ヘトヘトになってました。いつもとは違う疲れ方だろうか。でも、風は感じる事はできたし、直射日光が無かった分、体力は温存。水分もいつもの半分で済んでしまいました。
 
 
 

« HMSに参加する292回目:中級コース 180回目 細かい?いや、そうでもない? | トップページ | 雹の被害 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/65689161

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する293回目:250コース 04回目 旋回後にシフトダウン?:

« HMSに参加する292回目:中級コース 180回目 細かい?いや、そうでもない? | トップページ | 雹の被害 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!