« HMSに参加する282回目:中級コース 172回目 Sの遊び!アクセルはどこへ | トップページ | HMSに参加する284回目:中級コース 174回目 Yからのメッセージ »

2017年6月 1日 (木)

HMSに参加する283回目:中級コース 173回目 Mよ再び・3連直パイの果てに

天気予報は晴れでも、終始曇りでした。風も爽やか。このぐらいがちょうどいいね。晴れていたら、暑くて死にそうになりそう。
実は前日が宴会だったんだけど、翌日に酒が残るとまずいので早めに切り上げました。
 

Ssdsc09157

 
この日は車庫棟に入ってビックリ。なんとM本さんがいるじゃないか! 「あ!」って言ってしまったよ。早いもんで半年ぶりぐらい? 元気そうで何よりじゃないかと思ってしまいました。そして何と中級を担当するという。こりゃまた、ラッキーな一日です。
 
メインはM崎さん、サブがM本さんということで中級がスタートしました。
 
午前中は、市街地コース。スタートして、まず目標制動。直線で速度を出しゴール地点で停止する。そこから再スタートして、やや軽いオフセットで外周てっぺんに行ってから、戻りはロングオフセット。そして、再び頂点を目指す直線は、直パイ。ただ、入口に水たまりがあり、ちょっと走りニクイ。
 
頂点は大きくターンするが、そこに太い白線があり滑るので要注意でした。そして、ロングオフセットで拡張部分を戻り、クランクをターンしながら市街地内へ入ります。クランクコースを走り、L字ターン,S字などがあり、でも細かくはなくて、簡単なコース。ただ市街地内を使ってくるのは、先日に続き珍しい部類かも。
 

Ssdsc09158

 
さて、最初は目標制動。これはしっかりとブレーキの練習。速度は40kmぐらいにして約15mぐらい?手前でブレーキして停止する。まぁ、最初はこのぐらいで。だんだん速度を上げつつ、またブレーキを強くすることでしっかり止まれるように。M本さんがゴール地点に立っているんで、1回づつ講評をもらえる。最初は「まぁまぁ」、2回目が「ちょっと頭が上がってる」だったか。3回目は、「ちょっと手前過ぎるね」ぐらいです。ポイントは姿勢。止まることに失着すると、ブレーキ直前で上体が動いてしまうが、軽く上体を引きながら静かにブレーキングを心がける。
 

Ssdsc09159

 
続いてオフセットは速度を上げてもパイロン裏に付けるラインでクリア。そしてUターン気味にターンしてロングオフセット。ココは速度を出していく。以前のイントラさんのアドバイス通りできるだけ早く加速。そしてがっつりブレーキを使いながら、ターンしていく。アクセルを早く大きく開けていく練習をやってみました。
 
そして直パイは、タイミング+旋回重視で。ただ入口の水たまりは警戒していました。あまり無茶するとコケルので。
 
その先外周からターンして入る所、太い白線があり、ココはコース案内時にズルっと滑ったので警戒。バイクを立てて速度一定で通過するようにしました。
 
市街地内は特に難しくないです。L字ターン後に半S字から最短ラインを通るに走ってみました。
 
途中、M崎さんの追走後のコメントとしては。
 ・ロングオフセットでボディかステップが擦ってる
 ・これは加重かけ過ぎ、ややオーバースピード気味に進入している
 ・もう少し速度を落とすポイントを変えてみては?
でしたかね。
 
これはある意味正しい指摘。ギリギリまでアクセルを開けてからブレーキングしてるから。ただ半面、危ないというのもあるだろうね。この加重をコントロールして前のめりしすぎないように。
 
 
ここで休憩後にコースが変更されました。目標制動が無くなって、直パイに変更。市街地内は無くなって、代わりに外周を使った円形直パイと小さなオフセットが追加されました。
 
 
最初の直パイは最初からタイミングよく入れるように初速を考えて走る。これは前回に練習した通り。後半の外周直パイは、最初はいいけど、ちょうど曲がるところが水たまりで。なんか無理するとこけそうなので、警戒して速度を落として通過。あの水たまりは、何とかならんかね~。
 
しかし、直パイってのは何度やってもうまくならないな~。また、パイロンスペシャル受けるか。
 
午前中はこのぐらい。
 

Ssdsc09163

 
 
午後はいつもと違ってDコースを使うと言う。へぇ~、民家があるので中級以上は無理ってのが、元々の話しだったようだけど。
 
コースはDコースならではの広いコース設定。
 
スタートして、M崎さん定番の直パイから徐々にオフセットへ成長する変則オフセット。ただ、縦間隔が長いので難しくはないです。
 
そこから直線。ちょっと長い。外周沿いに大きく右ターンして直線、横から大きくUターンします。そして白線に沿って、L字×4、そして、信号機のある交差点で小さくUターン。
 
そしてL字ターンしてから、大きくUターン、みなし直線後に、白線にそってS字、3本直パイ。L字、L字、3本直パイ、Uターン、3本直パイが続きます。
 
途中、渦巻きターンと切り返し、最後が、深いオフセット+小さい直パイなどでしたね。
 
全体的に細かい部分はありませんが、3本直パイが多いのが特徴か。小技が必要になりそうなコースでした。距離はそれなりにありますが、ハンドルを右に左に切るワケじゃないし、狭いオフセットが連続するわけじゃないので疲労感もホドホド。でもそれなりに、楽しめるコースでした。
 

Ssdsc09167

 
出だしの直パイは間隔が広めなので、特にタイミングとかを意識する必要もなく、大きく入って見ます。段々広がって行きますが、ちょっと白線が濃いのでやや注意。あまり傾け過ぎず。でもパイロン裏に付けるラインを狙う感じで。
 
そこから直線は思い切り加速。ただ、減速ゾーンは気を付けて右ターン。これはリーンインで一気に曲がっていきます。次の右Uターンは、左が大きくあいてるので、大きくUターンして速度を残す。続いての白線にそってのL字ターンは直角にL字ではなく、大きな円を描くように走ってみます。
 
その先の交差点でのUターンは、出来るだけ右に寄せてから、目標パイロンギリギリを通過するようにUターン。速度はやや落ちますが。ココはわざとリーンアウトでやってみたり、バイクをたててハンドルを切ってみたり、いろいろ試せるポイントでしょう。その先にUターンしてゲートがありますが、これもパイロンから離れてターンするか、近づいてターンするかは、選べますね。私は徐々に近づけていきました。
 

Ssdsc09171

 
その先は規制パイロンがあるが、よく見れば直線に見える定番でしょうか。そこから白線に沿ってS字、そして3本直パイ後にL字ターンして直線。そしてL字ターンしながら、3本直パイ。このコースはこのパターンが多いっす。
 コース後半は、3連直パイ後のターンとかが多かったと思います。
 
でも一個づつの仕掛け間が長いので、あまり疲れないのも特徴かな。
 

Ssdsc09169

 
しばらく走ってから、M本さんの追走後のコメント。もう、最初っから、
 ・身体の向きが逆~
 ・右はまだいいけど、左は逆に向いてる
でした。
 
これ、M本さんからよく指摘される項目。して、なぜそうなるのか?を聞いてみたところ、
 ・ハンドルを押して傾けているから
なんだそうだ。ハンドルを下に押すから肩が前に出ちゃって、そのまま傾いたバイクの姿勢を維持しようとするから、肩が出た上体=逆向きってことらしい。
 
な~るほどね、疑問に適格に応えてくれるのがM本さんだなぁ~。
 
やはり基本は、身体、傾け、ハンドルですね。まず身体から先に入れてかないと。それを左右どちらでも出来るようにならないとね。
 
 
このコースは前半は高速で走れる部分が多かった。あとUターン。後半は3連直パイ後のターンなど、やや細かいコースが多いと思いました。私は後半になるとペースが落ちるようだ。この3連直パイが苦手なんだろうか。あまり、苦手意識はないんですけどね。
 
さて、この日はこのぐらいかな。
 
M本さんには、「次はいつですか?」って聞いたけど、「わからん」でしたね。そりゃそうか。
 
 
 

« HMSに参加する282回目:中級コース 172回目 Sの遊び!アクセルはどこへ | トップページ | HMSに参加する284回目:中級コース 174回目 Yからのメッセージ »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/65357491

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する283回目:中級コース 173回目 Mよ再び・3連直パイの果てに:

« HMSに参加する282回目:中級コース 172回目 Sの遊び!アクセルはどこへ | トップページ | HMSに参加する284回目:中級コース 174回目 Yからのメッセージ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ!