« 久留里を訪れる | トップページ | HMSに参加する283回目:中級コース 173回目 Mよ再び・3連直パイの果てに »

2017年5月24日 (水)

HMSに参加する282回目:中級コース 172回目 Sの遊び!アクセルはどこへ

まだ5月だというのに、ものすごい夏日でした。気温は30度に達したらしい。イントラさんはメインがS尾さん、サブがK島さん。おぉ、これはお得かもしれない。期待しちゃうぜ。
 
この日の目標は、アクセルタイミングと開ける早さ。今の自分が停滞している理由は、このあたりにあるのでは?と思っているので。
 

Ssdsc09153

 
午前中は6番、7番の市街地コースでした。最近のS尾さんのトレンドはアクセル操作。遊びを取って、そこからぐっと開けていくというアレですね。加減速でも言うし、コース走行でも、そこを強調。でもさ、ギャグは毎回変えたほうがいいと思うぞ。
 
加減速を練習では、私のテーマである、アクセルタイミングと開ける早さを動じに練習。遊びを取ってから開けて行くのは慣れているが、開ける早さは案外ゆっくりでした。これはバイクは1300ということもあるけど、あまり開けなくてもけっこう加速するバイクなんですね。だから、ゆっくり開けるのがくせになってるので、これをもっと早くあけていく。ただ、エンジンがボン!ってならないように、徐々に早くでしょう。
ここでK島さんがコース上に立って檄を飛ばす。なんか言われるかな~と思ったけど、やっぱ期待通りに言われました。もっとアクセルを開け続けろ!って事のようです。私はちょっと開けてすぐ閉じちゃう事が多いですが、おいしいところを開け続けろという意味のようでした。
 
そして、午前のコースに移ります。
 
スタートして、まず直パイ。約10本ぐらい。そして外周を走り頂点でターンしつつ、ロングオフセット。最後は少しショートが混ざってましたね。そして、折り返して直線とややオフセット。そして、頂点で折り返してミドルオフセット。そして市街地では、細かくはないクランクコース。Uターンとかは無くて、最後はS字×2でした。午前中は外周中心が多いので、市街地内を使ってくるとは思いませんでした。最近では珍しいかも。
 
最初の直パイは、軽く流す感じで。先日、パイロンSPを受けているからタイミングとか傾き、ハンドルを切るタイミングは理解しているつもり。だからぐんぐんとこなしていく。
 
そして頂点まで思い切り加速後、一気に減速、そして頂点をターンするが、私はこの部分が苦手だ。どうしても速度を落ちすぎるので、目線に気を付けて見る。目線を早く次のパイロンへ送ることで、加速タイミングを早くしてみる。この後のロングオフセットは、目線とアクセルタイミングに注視して走ってみました。
 
直線後のややオフセットは、ブレーキをうまく使ってパイロン裏に付けつつアクセルをグイっと開けてクリアする。ただ、アクセルがどうしても雑になりやすい。ココは最後までうまくいかなかったな。
 
ミドルオフセットもロングと同様、早い目線送りとアクセルタイミングを早くすることは同様。
 
市街地内はラインに注意。できるだけ市街地の縁石近くを走るようにラインを構成しました。コース自体は特に難しくないし、細かいセクションは無いので、どちらかといえば、スピードを出して走り抜ける。
 

Ssdsc09145

 
K島さんがコースに立って参加者を手招きしつつ、1人づつアドバイス。例によって私も呼ばれました。
 
それによると、
 ・直パイ、いいじゃないか
 ・でも、3,4本目ぐらいから調子が良くなってくる
 ・最初の1本はタイミングがあってない。
でした。
 
あ~、これは確かにそう。私は直パイは1本目からタイミングをつかむ事が出来ないことが多い。だから1~3本目はいつも捨ててる。4本目ぐらいから段々調子がよくなることが多い。
K島さんが言うには
 ・競技じゃないので必ずしも必要ではないが、
 ・最初からタイミングを合わせる事は出来るはずだ
 ・がんばってみてはどうか?
という話しでした。
 
しゃ~ない、やってみるか。K島さんのアドバイスによれば、自分がつかみやすいタイミングで1本目から入って見ろ、速度は落としてもいいんだよ、って事でした。
 
だから速度を落としつつ、いや、上げつつ直パイに入ってみる。やや右側に膨らませつつ、アクセルを開けながら、進入すると案外やりやすいかも。そして、最初からいいペースでぐんぐんと走る。
 
K島さんからは、「OKマーク」をいただきました。
 
午前中はこんなもんかな。S尾さんの言うとおり、アクセル操作を十分に練習したと思います。でも、完璧じゃない。まだまだです。
 
 
 
 
午後は4番5番ですかね。スタート直後、意味深に立てられたパイロン。これはラインを見いだせば直線になり、ターンしてまた直線が見えるコース。
そして、オフセット。これはやや旋回角度が大きいです。そして、5番へ。5番の入口は、Uターン×2の定番。そして斜めに抜けて直角×2、そしてターンして変則オフセット。これはやや旋回角度が深いです。
 
そして外周で1本避けるパイロンがありますが、今回はこの張り出しが多きかったんですね。珍しいな、と思いながら、ココはコース案内で1人転倒(立ちゴケみたいなもの)があったので、張り出しは小さく修正されてしまいました。
 
そして外周から円旋回。そして、外周直線を走りながら、右、左の切り返しターン後に狭い規制パイロンがされて直線。ココも最初はかなりキツイ切り返しだったんですが、走れない人が多かったのか、すぐに修正されて規制がかなり緩くなりました。その先は、切り返し後にS字でした。
 
5番としてはスタンダードな部類に入ると思うけど、ちょっと厳しい構成で挑んできたS尾さんに感謝。
 

Ssdsc09151

 
スタート直後、規制が何本か立ってるが、要するに目標となる黄色パイロンで小さくターンすれば、その先も直線になるという話。ただ、直線で走るには規制がやや邪魔なので、あまりアクセルを開けることはできない。ココは慎重に走ることに。
 
そこからオフセットが続きますが、ココはしっかり加速、減速、ターンしてパイロン裏に付けるという基本を守る。アクセルを開け過ぎると大回りになりますのでパイロン裏にしっかり付けることを念頭に。
 
苦手な5番の入口のUターン×2は、いろいろやってみましたが。速度は控えめにして、しっかりUターンするようにしました。パイロン裏に付けるように。目標パイロンに「かする」ぐらいの距離や、少し奥まで行って曲がるとか。速度を落とせば、パイロンをかするぐらいの距離感で走れるけど、速度がでると、そうは行かない。でも、ふらつく事は無くなりました。2個目のUターンは、しっかり曲がって行けるようになりました。
 

Ssdsc09152

 
しばらくして、S尾さんの追走後のコメントとしては。
 ・旋回時に旋回が終わるのを待ってるようだ
 ・だから次のタイミングが遅くなる
ってものでした。これは大いに心当たりがある。特に5番前半の変則オフセットだね。あれは旋回進入時にフロントブレーキをリリースしてアクセルを開け始めているが、旋回が終わってバイクが向きを変えるまで待っているんだよね。その待ち時間が長いね、ってのがS尾さんの指摘。
 
そしてS尾さんは、
 「下半身を使って、バイクの向きを変えていけ」
という。ようは外足でタンクを押す事でバイクの向きをもっと早く変られるはずというのだ。あ、なるほどね、確かにそれはやってなかったので、早速やってみる。
 
1回目はいまいちだったが、何回かやってるウチにだんだんしっくり来る。要するに上半身をもっとひねる事。そうすることで下半身も自然に動く。外足でタンクを押す感じ。だから意識して身体をひねっていく。そうすることで、幾分はやくバイクの向きが変わる気がしました。ただ、これはけっこう疲れます。力を入れすぎかもしれないけど。
 

Ssdsc09147

 
最後の方、ラスト5分ぐらいでK島さんの追走。ちょっと意表を突かれた。スタートラインにいなかったはずだけど。
 
そして講評としては
 ・前に比べてすごく成長したと思うよ
でした。K島さんは私の成長期に遭遇していたので、過去に様々な指摘を受けていますが、それらがだいぶイイ感じに改善されてきているという話しでした。
でも、そこはK島さん、何か言うことはないですか?と突っ込むと。
 「アクセルを開けるタイミングがいまいち」
でしたね。これは望むところ。今、自分が注意しているのはアクセルをあけるタイミングと、その早さだからだ。
 
K島さんによると、
 ・アクセルを開けるタイミングが遅い
 ・さらにリア加重が若干抜けている。これが実におしい
でした。要するにアクセルを開けるタイミングは悪くはないが、開け始めがやや遅い。そしてリア加重が抜けているように見えるのは、アクセルを一瞬戻しているのでは?ってことでした。
 
これは思いあたるところが無い。無いが、タイミングをうかがう際にアクセルを開けきれずに、やや戻してしまってるのかもしれない。そんな些細な動きを見抜けるK島さんて、すげ~な、って思った。
 
時間的に、あとラスト1周だったんで、そこで確認してみる。意識してアクセルを開けだしたら、そのまま開けて行くようにしました。リアが抜けるという感覚はわかりませんでしたが、これを意識していくことで、今の自分の疑問が解けるかもしれませんね。次回に精進したいと思います。
 
 
しかし暑かった。口をあけて走ると速攻で乾いてしまう。水分を持って走った方がいいかもね。この暑さは一過性であることを祈る。まだ、早すぎる。
 
 
 

« 久留里を訪れる | トップページ | HMSに参加する283回目:中級コース 173回目 Mよ再び・3連直パイの果てに »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

K島さんからブレーキからのアクセルの素早い動きについてはわたしもアドバイスもらいました。
上体はできるだけリラックスさせて、スローモーション的な動きをしたいと思ってるのですが、指先を素早くするとからだも力が入る感じでまだ思ったようにできません。何事も慣れなんでしょうけど、言われたことができるようになるまでに、前よりも大分時間がかかるようになりました。

Bueさんコメントありがとうございます。もうねぇ、レベルが高くなってるから、なかなか簡単にはいかないってことじゃないでしょうか。最初は、見る物、聞くモノみんな新しくて、どんどん会得していくけどね。でも、まだまだノビしろはあるってもんです。がんばろーぜ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/65323469

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する282回目:中級コース 172回目 Sの遊び!アクセルはどこへ:

« 久留里を訪れる | トップページ | HMSに参加する283回目:中級コース 173回目 Mよ再び・3連直パイの果てに »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!