« HMSに参加する280回目:上級コース 30回目 Kのテーマ・初見力を磨く | トップページ | リハビリツーリング:奥多摩で遊ぼう »

2017年5月11日 (木)

HMSに参加する281回目:中級コース 171回目 Kの挑戦・Uターンに負けない

ココの所、快晴が続いている桶川で中級に参加しました。イントラさんはK枝さんとF野さん。参加人数は18名かな。何人かコース替えをしたそうで、定員割れてましたか。
そういえば、朝一で久しぶりの常連さんにお会いしました。むかし、バランスによく出てた人だったが、約2年ぶりぐらいだろうか。桶川じゃないが、どこぞで骨折してから自粛していたらしい。ナンにしても復活できてよかったんじゃないかな。
 
午前中は6,7番の市街地コースでした。先日中級は、やや凝ってたので、どんなコースか楽しみでした。
 

Ssdsc09130

 
スタート直後、間隔が広く小幅なオフセットで高速で走り抜けるタイプ。その先で外周沿いに走り、そこでUターンして拡張部のロングオフセット。戻りは直線で、また外周に入り、そこからロングオフセット。ただ、最後にゲート付きのオフセット×2で、その後外周へ。外周は直パイ、最後は狭く旋回の深いオフセットが続いて終わり。市街地のクランク利用はなかったので、ちょいと残念。広々としているので、もうワンセクションあってもよかったんじゃないでしょうか。
 
 
スタート直後の高速オフセットはアクセルをあけてパイロン横につけ、ブレーキを少々加えるぐらいですが、向きを早く変えて一気に加速する感じを目指す。ちょっと抽象的だが、速度を落とさないことに注意。ただ、コース自体で少し旋回が必要な場面もあったので、そこは臨機応変か。
 

Ssdsc09131

 
ロングオフセットは、速度をしっかり出しつつ、ややブレーキポイントを奥にして強く短いブレーキを心がけてみる。と言ってもほんのわずかではありますが。体を先に入れてバイクを招き寄せるように曲がってみる。これは先日のK岩さんのアドバイスに基づく。「招き寄せる」を囁きながら走ってみる。
 
特にロングオフセットの終わりでUターンしてから短いオフセットがあるが、これが招き寄せる練習にちょうどいい。先に体を入れて曲がり出しているので、バイクより首が前に出ているような感覚。そこからバイクを旋回させながら、引き寄せるようなイメージだろうか。
 
直線は思い切り飛ばすが、その先はL字なのでここを減速をホドホドに通過するのがポイントかもね。アクセルを戻しきらずにややリアとフロントブレーキをかけつつ向きが変わったらもう一度アクセルを開ける感じ。ただ、バイクは傾いてるので、安定を失わないようにアクセルをあける量と早さは注意で。
 
その先のオフセットの先、ゲート付きターンは前回の上級でもあったが幅があるからあまり気負う必要はない。ただ、イントラのK枝さんからは、
 「ここはバイクを起こして走り抜けてほしい」
という指示もあったので、それを。要はゲートは旋回途中で抜けるのでは無く、旋回完了後に通るラインを選択するように、仮想パイロンを見立てればよい。
 
外周の直パイは、最初、ちょっと違和感。なんかパイロン間隔距離に対する感覚が合わない。ちょっと前のパイロンスペシャルではけっこうタイミングよく走れていたはずなんだが。これは後で気づいたのだけど、速度とバイクの向きのようです。違和感を無くすために速度を落とし、もう少しバイクを横に振り出すようにしたら感覚が戻りました。ロングオフセットとかで速度を出していたので、感覚がずれてしまっていたようです。
 
最後のオフセットセクションはブレーキとアクセルが忙しい。旋回が深いのだが、ココはもう少し労力を減らしつつ、軽やかにはし抜けたいもんです。ちょっと私は力が入り過ぎのようです。
 
またK枝さんから説明があった、ゲート状のコーナーだけど、最初は曲がり切ってから通過するイメージでしたが、最後のほうは、旋回終了時にパイロン裏に付ける位置でゲートを通過する感じでしたかね。
 
午前中はこのぐらいか。
 

Ssdsc09133

 
 
午後は4番、5番の定番コースでした。スタートとして、オフセットが一個あって、そこから大きくターンしてから、直線、そしてUターン×2。ここは助走区間が短いのでちょっと難儀。そして、直線後にUターン×2、ここは助走区間があるタイプ。そして、まっすぐ走って5番に入るけど、入口で大きく右ターンしつつ、左ターンする変わった入り方。そして、直線、Uターン×2、オフセットが続く。そして外周を走り、円形部分は2本差しオフセットを抜けて、ちょっとゲート状のセクションを抜けました。このゲート、パイロンがよく倒れるのはありますが、なんか配置がどんどん変わってしまいましたね。
 

Ssdsc09134

 
そしてS字を抜けて最後は大きなターンとUターンで帰ってきました。K枝さんはUターンをよく取り入れる気がしますね。このコースで私の課題は、最初のUターン×2。1個目のUターンの後、助走区間が無いターンをどうやって走り抜けるかがポイントかも。
 
なので、休憩時にK枝さんに説明をリクエスト。K枝さんの説明では
 ・外から入り、Uターン軸パイロンの裏手につけて
 ・ちょいとアクセルで加速
 ・このアクセルでバイクを起こして反対側へ傾ける
 ・次の軸パイロンのうらを通って通る
という感じでしょうかね。
 

Ssdsc09136

 
口でいうほど、簡単じゃないのは参加者の誰もがわかっていたと思います。実はスタートを待ってる間、いろんな人がこのUターンを抜ける様子をみていたんですが、1個目のターンを「曲がり切る」まで耐えてた人は少なかったですね。みなさん、曲がり切る前に次ぎの軸パイロンが見えるので、そこに斜めに出発するケースが目立ってました。だから次の軸パイロンの表を通過するので、次が膨らむケースです。ほとんどの人がコレでした。
 
かくいう私も似たようなモン。何回かうまくいったのは前走者に着いていったとき。前走の人が見えるからそのラインが見える。だから、前走の人より内側に入ろうとした結果、1個目のターンを曲がり切ったので、次のターンでパイロン裏に付けることができましたっけ。
 
1個目のターンで斜めに出てしまう原因はいくつかあると思います。
 ・1個目の右Uターンの左側が規制されているから大きく入れない
 ・長い直線後なので、減速させながら入るから速度が遅すぎる
 ・右ターン中に次ぎのパイロンが見えてしまうからツイそこを目指す
でしょうかね。
 
できれば、次のパイロンが見えても、それを曲がり切った時に裏に付けるために、もうちょっとだけ耐えて旋回するといいんですけどね。
 
 
次のUターンは直線後ですが助走区間があるので、まだ楽。ただ、このとき減速時にリア加重でリアブレーキを少し強めに使って、バイクを後輪がバック方向にひっぱるような感じで減速してそして一気に左Uターン。次も同じ。ただ、Uターン中に速度を殺しすぎないように、旋回中にリアブレーキだけ残してフロントはリリースし、もうアクセルの遊びをとてスタンバイ。目線は先に送っておくのも忘れないようにしてました。
 

Ssdsc09135

 
そして5番の入口。これも特徴的だね。1本Uターンチックに曲がり次もUターンっぽくまがることで、その先に直線が見えるんですよね。これは早い段階で気づきましたが、まぁまぁ絶妙かも。ただ、Uターン×2というより、すこし深いZターンと考えるのが良さそうでした。
 
次のUターン×2の出口も直線が見えるので、そこで一気に加速していく感じかな。後は特別なものはないけど、5番出口のS字は、路面はS字だけど、パイロンは直線に配置されてたから、そのまま直線で走り抜けてました。
 
 
途中、K枝さんに追走された後のコメントとしては
 ・やっぱり体が逃げぎみ
でしたね。これを指摘するイントラさんは、ホントに多い。というか、オレがダメじゃん。もう少し体を入れていけるようにならないと。特に5番のように狭いコースで右、左が忙しい所だと尚更だろうね。次回はもっと体をいれていくことに注意しようかな。
 

Ssdsc09137

 
最後のほうで、パイロンSPのコースを借用。2周ぐらいしたかな。今回、パイロンSPはM川さんだったけど、恒例のよこに倒れたパイロンコースがあったんで、そこも走れました。要は強制的に旋回中心になるコースですね。CB1300の場合、フルロックまでいかなくても曲がれますが、着いていくのがやっとってことで。直パイは先日のパイロンSPの感覚を忘れてないか不安でしたが、初めてみれば、まぁまぁ、走れたんでよしとしましょう。あの左右に振り回す感じを忘れずに。
そして4番のコースに戻ったところ、千鳥用にゲートを作ってあったので、そこを低速でトレイン走行。そんなにきつくないので、余裕をもって通過できます。そして、そのまま本日のコースを低速で走ることに。これ、走れますが、ずっと半クラッチで走るので左手がキツイ。親指じゃなくて、人差し指~中指あたりですかね。一周終わってクタクタだよ。
 
この日はこれぐらい。けっこう気持ちよく走れた割には、Uターンが最終的に攻略できなかったので、今ひとつ。まぁ、課題があることはいいことだってことで。
 

« HMSに参加する280回目:上級コース 30回目 Kのテーマ・初見力を磨く | トップページ | リハビリツーリング:奥多摩で遊ぼう »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/65266965

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する281回目:中級コース 171回目 Kの挑戦・Uターンに負けない:

« HMSに参加する280回目:上級コース 30回目 Kのテーマ・初見力を磨く | トップページ | リハビリツーリング:奥多摩で遊ぼう »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ!