« HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル | トップページ | HMSに参加する262回目:上級 28回目 悔いを残さない »

2016年12月29日 (木)

HMSに参加する261回目:中級 158回目 パイロンは表を通るもの

もう、今年も残すところ、後2回。そのウチの1回で中級に参加しました。年末スペシャルの余韻もあるかな?って思いつつも、いつものセンターでしたね。
 
イントラさんは、メインがY住さん、サブがK枝さん。昨日はお疲れ様でした。バイクはCB1300で。Y住さんには、
 「デモで新ネタがないじゃん」
て話題で話してました。いろいろいい訳があったんですけど、割愛。
 
午前中は4番で基礎練習。コースは何の変哲もないオフセットでした。あまりに普通で何の仕掛けもありませんが、そこでY住さんから説明。
 

Ssdsc08855

 
 ・オフセットはいろんな練習ができる
 ・まずは、パイロン「表」に接近するように走ってみよう
 
でしたね。普通はパイロン「裏」に付けることを指導されるわけですが、ここではあえて「表」を狙う。表を通ると当然ですが、パイロン裏に付けられなくなる。結果として次ぎのパイロンが苦しくなる。
 
そこを逆手にとってパイロン表を通過してもちゃんと次のパイロンが曲がれるぐらいのラインを通れるように、という意味なのかもしれません。
 
ギアは2速ぐらいにして、アイドリングでゆっくり走りながらやってみます。パイロン表の横を通るので、傾けは最低限とし、通過すると同時に旋回に入る感じ。
 
旋回は小さく鋭く曲がる方法と、ゆっくり大きく曲がる方法があると思いますが、ココは小さく鋭く曲がってみる。技量にもよりますが、パイロン感覚は広いので苦ではない。慣れて来るとパイロン表を通過する際にもう曲がる体勢で通過できます。
 
そこでもっともっと、パイロンを倒さないギリギリのラインで通過してみたり、パイロンを通過してから曲げてみたりといろいろやってみました。後は、速度をどんどんあげていく感じですかね。
 
この後、パイロン裏に付けるラインの練習もありました。
 

Ssdsc08856

 
続いての指導として、ハンドルを切るときの姿勢。腰をひねって腕を動かさないのはダメ。外腕を伸ばし、ウチ腕を引く。言わばボクシングダンスのようなリズミカルで柔軟に体を動かしていこうという主旨でした。
 
おぉ、なんかダンススクールみたい。Y住さんからは、「今日はダンススクールだぜ」という言葉が出ていました。
 
実際、腕を突っ張ってちゃダメで、腕、握り、手首を柔軟に動かしていく感覚が必要。Y住さんは、外腕を放すぐらいの感覚で走ってるそうです。
 
午前中はこのぐらいか。
 
 

Ssdsc08859

 
午後は6/7番で市街地コース。AMで上級が使っていたコースを焼き直したもののようです。
 
5番との境からスタートして、いわゆる逆回り。市街地クランク内の縁石をショートオフセットのように駆け抜ける。そして拡張部へ出て大きく2本差しのオフセット。大きいので、速度を維持できる、というか速度を出すように曲がる。そして、渦巻きターンとか、あって、外周へ。外周てっぺんでちょっと狭いオフセット、ややオフセット直パイが続く。そして小さくターンして、ロングオフセット。3連直パイの後で、市街地内へ戻り、UターンやS字でゴール。
 
少し長めですが、人数も多いのでちょうどイイ感じでしょうか。スタート直後、右に旋回後、左に直角に曲がります。そして縁石沿いにUターンしますが、このとき、ギリギリのラインを通過する。人によっては大回りする人もいるけど、いかに縁石ぎりぎりを小さく鋭く曲がれるかがポイントかも。その先も縁石沿いに走るので、ラインと速度、傾けを考えて、出来ればギリギリを通過する。ただし、縁石周辺は砂が浮いていたり、あまり近すぎて傾いたまま縁石に乗るとスリップするので気を付けて。
 
前走のイントラさんの走りでは直立なら縁石を踏んで走ってましたね。 
 
2本差しの大きなオフセットは、2本差しの間隔に合わせて進入速度、旋回半径、アクセルをあけ出すタイミングをコントロール。狭い場合は、ギリギリで入って小さく鋭く曲がっり出口でアクセルオンが私の定番。大きい場合は、あまり減速しないで入ってそのままアクセルをキープしつつ脱出。今回は、大きい間隔の2本差しの次のパイロンの間隔が狭いので、あまり勢いよくでるとオーバーランしちゃうからホドホドに。
 
渦巻き状のターンは、ラインをいろいろ変えて走ってみたけど、ココはしっくりきませんでしたね。
 
外周後の狭いオフセットはズバリライン。パイロン裏にしっかり付けるラインをちゃんと通るのが良さそうです。そうしないと、どんどんつらくなってしまうから。
 
ロングオフセットはもう飛び込む感覚。まぁ、あまり無茶しない程度ですが。
 
ちょっと難航したのが、ロングオフセット最後の3本直パイ。これってどうしても苦手なんですよね。直角に曲がって3連直パイするけど、このとき直線風に走るとつらいだけ。速度を落としても旋回重視で。慣れてくれば早くなるだろう、たぶん。
 
市街地内は狭いのは無かったけど、Uターンで減速しすぎないように。先日のK島さんの教えの通りで、ハンドルを切って小さく曲がることで速度不足を補う感じで。
 
全体としては、キツイ部分は無いけどテクニカルなコースで面白いと思いました。1個ぐらい何か仕掛けがあってもよかったかもね~。
 
時々、前走の方を追走するイントラさんを追走させてもらて、旋回タイミングや速度、ラインなんかを見させてもらいました。前走がイントラさんだと実に走りやすく不思議だ。速度も速くなるし。
 

Ssdsc08860

 
この日はけっこう調子よく走れたかも。今年1年の集大成としては良かったんじゃないかな。さて、後はラスト1回。悔いを残さないようにがんばろうと思う。

« HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル | トップページ | HMSに参加する262回目:上級 28回目 悔いを残さない »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/64690306

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する261回目:中級 158回目 パイロンは表を通るもの:

« HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル | トップページ | HMSに参加する262回目:上級 28回目 悔いを残さない »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!