« HMSに参加する258回目:中級 156回目 風が寒い! | トップページ | HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル »

2016年12月26日 (月)

HMSに参加する259回目:中級 157回目 復活のKJ

すっかり寒くなりましたが、そんな中で快晴、風もなく少し暖かい日よりの中級に参加しました。イントラさんはメインがS尾さん、サブに久しぶりのK島さんでした。営業職に異動していたK島さんですが、年末でイントラ不足なんでしょうか。でも、毎日、朝練は欠かさないというK島さん、期待しますね。
 

Ssdsc08822

 
AMのコースは市街地を使った基本コース。スタートしてすぐに左に直角で曲がってから大きめのロングオフセット。そして外周をちょっとまわってから直線、そして右に旋回後、ミドルオフセット。3本直パイを経て外周へ。外周後に直パイ、最後にややオフセットでした。
 
狭い所はなくて、ごく基本的なコースだと思う。
 
コース走行前に外周を使って加減速の練習をするけど、早速、K島さんに呼び止められました。
 
 ・腕でハンドルを上から下へ押してるようだ。
 ・前にハンドルを押し出す感じで
 
ハンドルを押すという表現は、今ひとつかもしれないけど、そういう感じで。実際はブレーキの時にバイクが下がる挙動があるが、そのとき上から下へ体を動かすのではなく、前から後ろに引く感じなんだろう。
 
しかし、加減速で指導があるとは思わなかったが、K島さん、張り切ってるな。
 

Ssdsc08823

 
 
午前中では、例によってギアを2速、1速を交互に使って感触を確認する。違いとしてパイロンの旋回中。特に深い旋回で大きく違う。2速だと車速はそこそこでまわっていくけど、1速はエンブレが強く、どんどん速度が落ちていく。この速度差をどうやって無くしていくか?が目下の課題。旋回時に速度が落ちすぎるのは、このあたりに課題がありそう。
 
中盤でK島さんの追走後のコメント。
 ・曲がったあとで直線がある場合、ぐっとアクセルをあけて行きたいが、タイミングが遅いようだ。
 ・直線前のコーナーを大回りしている。
  もっとコンパクトに回って早めに直線へ挑む感じがいい
 ・1カ所、ややオーバースピード気味で突入した場所があった。
  1300は車重がある。慣性を考えて走ったほうがいい
おぉ、なんか久しぶりに実践的なアドバイスかもしんない。直線前のコーナーは、コンパクトに素早くまがるというのは、確かに。目線を常に先送りし、2歩先を予想しろということのようだ。さらに、慣性というのも新しい。確かにそうだね。車重もブレーキ時に考慮しておかないと、思った以上に前に出てしまう。
 
いろいろタメになるなぁ。
 
直線前は、3連直パイでそこから左に直角に曲がる。だから、その3連直パイへ入る前にラインを考えておく。要は直パイのラインをパイロン裏に付くように配慮して、最後の1本は小さく鋭く左直角に曲がってしまおうというライン。
 
中身の濃い午前中だったかも。
 

Ssdsc08825

 
 
午後は、4番5番の定番コース。スタートして直パイ、その後、ミドルなUターン後に、オフセット、そして直線、Uターン×2+ゲート通過、そして直パイ、Uターン×2、2本差しが2回。外周をまわって、円形コーナー、オフセット、Uターン+規制パイロン、Uターンと切り返しターン、S字だったかな。
 
特に狭い所はないが、適度なコーナー、Uターンとかもあり、適度な難度で面白いと思いました。まぁ、一つぐらい仕掛けがあってもイイかもしれない。
 
 
少し走って、K島さんの追走後のコメントによれば、
 ・Uターンが大回り過ぎ。アクセルが早すぎる。
 ・旋回中盤でアクセルをあけるから結果として大回り
 ・今のレベルなら、旋回時の速度コントロールをもっと行ったほうがいい。
 ・フロントタイヤをリアタイヤが押すことで曲がっていく。
 ・フロントタイヤをいかに回していくかがポイント
 ・フロントブレーキは邪魔しない範囲でリリースしよう
 
これまた、何と実践的な。久しぶりにいい話を聞いた。以前にもあったけど、フロントブレーキを引きづりながら曲がるのは、もう卒業。フロントをより走らせるために、フロントブレーキをリリースしつつ、リアブレーキと微妙なアクセルワークで一気に曲がる方法を覚えるということか。
 
でもアクセルが早いということなので、このサジ加減が実に難しい。特にUターンは旋回が長いので、このコントロールをうまく行うのが、目下の課題ということか。
 
 
コース終盤のUターン直後の切り返しターン、これがどうにもしっくり来ない。Uターン後の直線がちょっとしかないからアクセルをあける時間はわずか。それで次のUターンを行うので、どうしてもトロトロ感がある。これをどう克服するかは、ずっと悩んでいた。そこで休憩時間にK島さんに聞いてみた。
 

Ssdsc08827

 
そしたら、「ちょっとおいで」ということで、コースまで行って、そこで実演して見せてくれた。
 
 ・1回目のUターンの後直線はわずか。
 ・アクセルが欲しいのは次のターンのために速度を得たいから
 ・速度が無いとバイクは倒せない
 ・速度が無いなら、小さく旋回すればいい
 ・旋回半径を小さくしてみろ
これは言葉ではわかるが、実際出来るか半信半疑。果たしてやってできるかをチャレンジしてみました。
 
2回目のターンのとき、ハンドルを切って行くが、切り返しが瞬間的なので、どうしても体が遅れる。だから体を右旋回から左旋回に向く前にハンドルが切れてしまうので、ハンドルと体の向きが逆になってしまう。もっと早く体を切っていくようこころがける。
腕がつっかえる。だから体を早くきっていかないと。
 

Ssdsc08828

 
これを何回もやってみる。うまくはまると次の直線(実際にはS字だが)が実にスムーズに立ち上がる。失敗すると、モタモタしてしまう。これの繰り返しだったな。
 
久しぶりのK島さんの指導が冴え渡る一日だったかも。「K島さ~ん、やっぱ、イントラスタイルが似合ってますよ」と言っておきました。
 
まぁ、いろいろ事情があるんでしょうね。しかし、桶川はいいイントラさんが、どんどん異動とかで減ってるなぁ。なんか大丈夫なのか、余計なお世話かもしれないけど、心配になっちゃいますな。
今年も残す所、後、?回だな。
 
 

« HMSに参加する258回目:中級 156回目 風が寒い! | トップページ | HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

ほんとにいいイントラさんが異動になってますね。私もK島さんに育てていただいたので、自分がどうなのか、まだどこがダメなのかアドバイスもらいたいです❗
もっと練習したいなー❗
そしてもっとうまく、もっと早く走れるようになりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/64679820

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する259回目:中級 157回目 復活のKJ:

« HMSに参加する258回目:中級 156回目 風が寒い! | トップページ | HMSに参加する260回目:HMSありがとうスペシャル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!