« HMSに参加する250回目:上級 27回目 切り返しポイントはもっと早い | トップページ | HMSに参加する253回目:中級 153回目 2本差しを考えよう »

2016年10月18日 (火)

HMSに参加する251回目:中級 152回目 切り返しを考えよう

爽やかな秋晴れ!の中級に参加しました。ホント、週末の雲一つ無い天気は久しぶりかもしれません。
 
イントラさんはメインがK枝さん、サブが和光から応援のSM村さん。私は初めてお目にかかりました。桶川とは全然タイプが異なる・・というか、まじめな方に見えました。いや、桶川が不真面目なイントラさんばかりという意味ではないですよ。
 
 
午前中は市街地コース。まぁ、基本だと思いますが、スタートして直パイ、そして拡張部の頂点からミドルオフセットで戻る、またL字直線で頂点へ。そこからオフセットで戻りますが、1カ所、規制されたUターンが接地されてました。その先は、市街地の外周をややオフセットで走るコースでした。
 

Ssdsc07095

 
まぁ、パッと見でわかるとおり、規制されたUターンが目玉だと思います。全体的に簡単な部類。特に厳しい部分もない。あえて言えば、ややオフセットの最後の方が旋回が深いので、初めての場合はちょっっとキツイかもしれませんね。
 
スタート直後の直パイは、やはりタイミング重視。あせらないあせらない。アクセルを開け過ぎると破綻しやすいから、小さく鋭くアクセルをあけていく感じで。オフセットはライン重視。今回は、大きく入って小さくまわる基本で攻めてみました。
 
そこからL字直線は、L字の部分をいかに速度を維持しつつ曲がるか?だと思うので、小さめに入ったり、大きくわざと膨らませてみたりと、いろいろやってみました。ここは結論は出ず。どれもまぁ、それなりでした。
 

Ssdsc07096

 
さて、その先の規制されたゲートで仕切られたUターン。これはコース案内では大きく前に出て、Uターンする事が案内されてましたね。実際、セーフティゾーンがそのように仕切られていたし、K枝さんの解説もそうでした。解説時の模範演技は、
 1)最短距離
 2)前に出てターン
の二つがあり、今回は2)を勧めていたわけです。
 
でもUターンといっても横幅があるので、今回は1)+ちょっとでやってみました。最初はゆっくり目で距離感をつかみ、後は速度をどれだけ残せるか?かな。だから、加速して飛び込んで、ブレーキをかけつつ、ぐいっとUターンしちゃう感じで。
 
図の点線のラインがオススメライン。実線が私のこの日のラインです。
 

Utan

 
 
 
その先のややオフセットは、旋回が深くないので早いスピードで走れ抜けられますので、今回は、アクセルを残す感じでターンしていくのを目指しました。このアクセルを戻し切らずにフロントブレーキを少しかけつつ、旋回中盤でフロントをリリースしてアクセルをあけていく感じです。
 
最後だけちょっと旋回が深いので、これは使えませんでした。
 
午前中は解説も多かったので、少し少なめですかね。このぐらい終了。
 

Ssdsc07099

 
 
午後は5番と4番の選択制。4番はオフセットのみの練習コースでした。
 
5番の方は、スタート地点がいつもより前方。スタート直後の2連続Uターン、そして、直線L字で、そこから2本差しのオフセットが続く。最後がやや深い旋回、そして外周に出て、よけるパイロンが1本。そして外周を走り、円形コーナー。続いてオフセットだけど旋回が深い=横幅が狭いオフセットが続く。そして、S字後、2連続Uターンだけど、1個目ターンしてから2個目までの距離が短い。私が苦手とする2連続IUターンなので、今回、克服したい。最後もUターンでしたね。
 

Ssdsc07100

 
全体としてUターンが多い。しかも助走距離が短い。これは自分としては願ったりかもしれない。市街地に比べて5番は狭いコースが多いのですが、午前午後のギャップもある。私はこの狭い5番になると極端に速度が落ちる傾向があるので、これを小さく鋭く、速度を維持して走れるようになりたいので、ちょうどいいかも。
 
スタート直後のUターンは助走距離が極端に無いのでちょっと厳しい。他の方にも聞いたけど、バイクが寝かせられないそうだ。
なので、ココは一つ、外側ギリギリで走り、コの字で曲がるようにしてみた。ホントは目標パイロンの裏に付けたいが、速度が足りないのと、あそこは傾斜があるんで、コの字ターンで。次のUターンも助走距離がないけど、左ターンは楽なので、ややリーンアウトで走り抜ける。曲がってしまえば、そっから直線なので一気に加速。そしてL字ターンしてから2本差し。2本差しは、定番だが、余白がけっこうあるから、やや大きめに入って、2本目の裏に付けるラインを選択。
 
最後の2本差しだけ少し旋回角度が深いので、もう少し大きく入ってパイロン裏に付けてみました。
 
外周を走り、1本避けるパイロンはあまり加速仕切らず、これもパイロン裏に付けるラインで。その先の円形コーナーは、もうインベタ。
 
そして深い角度の横幅の狭いオフセットだけど、これはいろいろやってみました。まともに走ると、大回りになる。なので、やや外に振ってフロントブレーキをかけハンドルを切りつつパイロン裏に付けるような感じでやってみました。
 
また、助走距離が短いので、あまり加速出来ない。なので、まずは速度を落としてしっかり曲がる練習から。そして、だんだん速度を上げて(アクセルをあけて)いく感じで練習してみました。
 

Ssdsc07103

 
S字を抜けて、2連続Uターン。1個目のUターンを大きく入るパターンと小さく入るパターン。2個目はちょんとアクセルをあけてリアブレーキをかけながら、曲がるパターンで。これ、速度が落ちるので、どうしても苦手。ココでK岩さんの教えを思い出す。リアを使って一気にバイクを倒すってね。
 
うまくはまると、旋回半径も小さく、軽やかに走り抜けられます。失敗するとやや大回りになってしまうね。
 
ポイントは2個目のUターンへの進入で、
 ・アクセルをチョイとあける
 ・アクセルを閉めると同時にリアブレーキを使って
  一気に切り返す
かもしれません。
 
 
SM村さんの追走があり、そのコメントとしては、
 ・アクセルの開け方は凄くいいよ
 ・狭いコーナーではリーンアウトとかも使ってみて
でした。
 
なるほど、リーンイン、リーンアウトは適材適所。積極的に使っていくのは、ありだということでした。これ、簡単なようで難しい。狙ってリーンアウトを出すというのは、案外できないもんっです。今回のコースであれば、
 ・2連続Uターン
とかね。
 

Ssdsc07102

 
 
休憩後にK枝さんの講義。最後の方にあった2連続Uターン・・というか、切り返しターンに関して。2個目のターンを小さく鋭くするためには、リアブレーキを使って後輪を軸にして曲がるのがいいという、ワザの紹介でした。
 
これはわかっちゃいるけど、なかなかうまくいかないと思う。
なぜなら
 1)リアブレーキを使い過ぎると失速する
 2)加速ゾーンが短いから加速できない
 3)速度が無い状態でさらにブレーキを使ってターンができる?
というあたりの疑問がでてくるから。
 
 
これに対する特効薬は私としてはまだ無いのだけど、少しヒントがあるとすれば。
 ・ほんのちょっとでいいから、アクセルを使う
  (大きく開けると前に出すぎる)
 ・切り返しを素早く
 ・切り返すと同時にリアを使ってバイクを倒す
ですかね。
 
やっては行けないのは、加速ゾーンを長くとるため、1個目のターンを手前で終えて直線を長くとるとか、加速して前にでるとかは、どっちも大回りであまり面白く無い。むしろ最短距離でいかに速く曲がれるかを練習したほうがイイと思う。
 

Ssdsc07104

 
 
しばらく走ってから、待ってましたとSM村さんの追走。そして講話としては、
 ・上体が硬いね。もっと自由に動けるように
あ~、これはすぐに忘れるね。上体が固定されちゃって、全体的に硬い走りになる。これはもっとリラックスしないと。
 

Ssdsc07113

 
 
さて、この日はこれぐらいか。ほんとにイイ陽気で、めいっぱい走っても軽く汗ばむ程度。風が実に気持ちいい一日でした。
終わった後に、K岩さんに会ったので、次週に開催されるイントラ大会での健闘に向けて激励!
 「クロちゃん、手ぶらじゃダメだよ。ちゃんとお土産を!」
ってね。
 
イントラ大会は、10/20だってさ。
 

« HMSに参加する250回目:上級 27回目 切り返しポイントはもっと早い | トップページ | HMSに参加する253回目:中級 153回目 2本差しを考えよう »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/64367630

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する251回目:中級 152回目 切り返しを考えよう:

« HMSに参加する250回目:上級 27回目 切り返しポイントはもっと早い | トップページ | HMSに参加する253回目:中級 153回目 2本差しを考えよう »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!