« 東北ツーリング2016 3日目 下北半島 | トップページ | 東北ツーリング2016 4~5日目 津軽~秋田 »

2016年9月 5日 (月)

HMSに参加する244回目:中級 147回目 水没明け

天気予報は微妙でしたが、実は晴天のHMSに参加しました。午後から雨かもって予報ですが、全然晴れてました。檄暑とはなりませんが、それでも暑い。3時ぐらいからは、やや涼しい風も吹いていたと思います。
 
イントラさんはメインがM崎さん、サブがKT田さんのベテランコンビですね。バイクはCB1300SFを選択しました。さて、本日のお題は?
 
午前中のコースは6/7番。市街地コースです。ただし、どうやら先日の台風の影響か、河川敷コースは多少水没したみたいです。側道側は大丈夫ですが、1番、3番、あと6,7番が水没したようで、乾燥した泥がだいぶ残ってました。それでも職員の皆さんで賢明な復旧処置の結果、まぁ、なんとかなるだろう、というレベルです。しかし、コース上には砂やちょっと小石が残ってるので注意は必要でしょう。
 

Ssdsc06978

 
コースは基本的なコース。スタートは逆回り。S字を抜けて、外周沿いに直パイ。そしてクランクをちょっと走って拡張部。ココはロングオフセットの連続でしたかね。最後にちょっと狭い直パイがあったのは、M崎さんらしい心使いってところかな。
難しいとか、そういうのは、無くて基本のおさらいという感じでしょうね。
 

Ssdsc06977

 
最初は2速で走ってみたんですが、その後、1速で走ることに。M崎さんからは、「いろいろなラインを試してみて」というのが指導だったので、大きく入るパターン、小さく入るパターンなど、試してみました。どっちでも傾けはホドホドで。滑りやすそうだし。
 
実際、リアが滑りやすいのは感じました。とくにリアブレーキでロックしやすい。また、フロントも力を入れすぎるとロックしましたので、やはり、この日はムリは禁物ということですかね。
 
K田さんの追走後の指導しては、ハンドルの切れが足りないようだ。もう少し切れるよ、ってのがありました。K田さんからは、この指導をよくされますね。まだまだ切れる余地があるってことか。いや、わかってはいるんですが、イマイチ、さらに切るのがちょっとコワイ気もする。
 
途中、他の参加者の方に付かせてもらった感じだと、ロングオフセットを大きく入る人、小さく入る人、いろいろな人がいました。私は小さく入るラインを最近のトレンドとしています。
 
午前中の最後の方で、ロングオフセットの目標パイロンで1回転しよう、ってのがありまして。おぉ、珍しいパターンだ。1回転は久しぶりかも。規制パイロンは無いので、自由に旋回できるから、苦はないが失速に注意というかんじかな。まぁ、出来たんでよかったか。
1回転は、目線。後はアクセルかな。目線は中心パイロンをみたり、いや、旋回先を見たりとか、いろいろやってみたけど、周りだしは中心をみて、脱出時は旋回先を見るとかがいいのかな。あと、アクセルを定常にもっていけるかでしょうか。
 
午前中はこのぐらいで終わりです。
 

Ssdsc06974

 
午後も市街地コースですが、パイロンはぐっと増えてM崎さん全開だろうか。コースは通常方向になってました。スタート直後、L字、クランク風の直パイ、Uターンして直線、大きくまわる旋回後、ロングオフセット、外周でUターン、ここからは深い旋回が続くオフセット、狭いややオフセット、そして市街地コース内は、クランクを使った縁石ぎりぎりを通るターンや、外周(砂あり)、そしてM崎風狭い直パイ、S字後に、Uターンして最後に幅約4m弱の小さいUターンがありました。
 
まぁ、なんつ~か、M崎風としてはスタンダードじゃないかな。
 

Ssdsc06982

 
スタート直後のクランク内の直パイは、間隔もあるので、ココは加減速重視で行ってみる。加速して一気に減速して曲がる。間隔があるからあまり困らない。そして、その先は縁石Uターンだけど、これは縁石ぎりぎりを攻めてみる。避けてしまうと、大回りになってしまうからね。その先は直線なので一気に加速するが、次が大きな旋回ターンなので、やや外にふりつつ大きく入ってみます。
 
そして減速はホドホドにターンしていく。約360度ターンだから最後まで速度を残すことを心がける。
 
その先は、ちいさめのオフセットだけど間隔はさほどきつくないので、思い切りよく行ってみる。そして外周、その先はL字+Uターンだけど小石が落ちてて、ちょっと走りにくいが、さほど影響しないと見て、思い切りよく。
 
Uターンをクリアしたら、少し外周だけど短いので、難解かオーバーランしました。
 
ここからは腕の見せ所かも。狭く深い旋回を必要とするオフセットが連続する。これを早く軽やかにクリアできるといいんだけど、なかなかそうは行かない。ポイントはラインと減速、後はハンドルを早く切れるかどうかかな。私はそこまで早く切れないので、ちょっと難儀。もうちょっと冷静に考えてみれば、切り返しの連続なので、アクセルを使って一気に起こす、一気に倒すができれば、良かったかもしれない。
 
市街地内のターンはさほど難しくはない。ココは縁石ぎりぎりを狙ってターンしてみる。いわゆる最短距離になるように。
 
ただ、外周ターンは砂が多く、ちょっとコワイのであまりムリしないで走ることに。あまりアクセルを開け過ぎると、ズルっと滑りそうだしね。
 
外周にあった狭いターンは、1本目を大きく入り、2本目を小さくまわる基本に忠実に。あまり旋回を大きくすると逆に曲がり切れなくなるから、速度をお年気味。ただ落としすぎないギリギリを狙うのかな。
 
さてS字をクリアした後の最後のUターン。これはもう前に出るより、Uターン手前から外に軽くふって一気に曲がったほうが楽。センターパイロンから離れるとつらくなるだけなので、センターから離れずに。
 

Ssdsc06980

 
M崎さんからのアドバイスとして
 ・もっと目線を早く送る
 ・そうすれば、一気に曲がれる
だそうです。私はまだ目線を送るタイミングが遅いのでハンドルを切るタイミングが遅いって指摘されました。
 
KT田さんからの指摘として、体を戻すのが早い。先に体を入れて最後まで体をいれたままにせよという指摘でした。あ~、このあたりはなかなか難しいね。次の切り返しに備えて先に体を起こそうとするんだけど、どうかな。
 
最後の30分ぐらいだけど、ラスト部分が変更されて、千鳥っぽく走りながらリアタイヤをゴムの輪留めみたいなもので乗り上げるというコースになりました。どうやんねん、って気もしたけど、フロントを外側を通れば、感覚的には何とかなるようです。
 

Ssdsc06981

 
いや~、このコースは中々面白かったと思う。適度に難しく適度にやさしい。一番の鬼門は拡張部分の最後、深い旋回が連続する部分かな。あそこを軽やかにクリアできるといいなと思い、何度かチャレンジしたけど、最後まで満足できなかった。後半の狭いオフセットはもうちょっと直線っぽく意識したほうが良かったかもしれません。あと、ラインかな。もうちょっと外から入り、パイロン裏につける基本重視のほうがよかったかも。
 
そういえば、HMSは10月から少し開催内容が変更になるそうだ。初中級の新設と250コースのレギュラー化らしい。初級より初心者向けにするのと、初中級を新設することでステップアップをしやすくするそうです。まぁ、悪くない選択かもしれません。バランスはAMを8の字に限定しないそうです。開催も少し増えているようにも見えるし、より参加しやすくなるのかもしれないです。
 

« 東北ツーリング2016 3日目 下北半島 | トップページ | 東北ツーリング2016 4~5日目 津軽~秋田 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/64158069

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する244回目:中級 147回目 水没明け:

« 東北ツーリング2016 3日目 下北半島 | トップページ | 東北ツーリング2016 4~5日目 津軽~秋田 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!