« HMSに参加する239回目:中級 142回目 曇りのち晴れ | トップページ | HMSに参加する241回目:中級 144回目 のんびり行こう »

2016年8月 5日 (金)

HMSに参加する240回目:中級 143回目 ガンガン走ろう

この日は、天気がやや曇りで直射日光はなくて、比較的涼しい一日でした。イントラさんは、M本さんとIG嵐さん。ちょっと期待が大ですね。
 
午前中は4番の基本コース。午後は市街地のコースでした。
 
午後のコースは印象に残ってて、パイロンは少なめ。どちらかと言えば全体的にスピードが出せるコースだったと思います。おそらく初心者が多かった事もあったのかもしれません。
スタート直後、縦方向が長く、横方向が短いオフセットを通過、外周直線を走りながら、トップで折り返して、ロングオフセット。これも感覚が広めなので、ライン重視か。そして、3本直パイを通過して折り返し、長い直線を走ってから折り返す。この直線後の折り返しは、人によって大きくはいったり小さくはいったりとバラエティーがあっておもしろい。
 
後はミドルオフセットが続いて、から市街地へ。市街地内も特に厳しい部分はないけど、後半にUターンが1カ所あるぐらいか。これも、ちょっとポイントがあって、斜めに入りつつ惰性で小さく曲がるというのがあったかな。
 
全体的には厳しい部分はなく、スピードが出せるコースだから、コーナーで減速をできるだけ少なくして、スピードを残して曲がれるか?が今の自分の課題とみました。
 
ちょっと気になったのは、後半のUターンですかね。加速ゾーンがないけど、あえてアクセルを足して曲がるか、進入速度のまま惰性で曲がるか。両方やってみたけど、加速ゾーンがないからアクセルをあけるとバイクが前に出すぎてしまって、大回り気味。むしろ進入前で速度を残しつつ惰性で曲がり、早めにアクセルを足して脱出した方が、今の自分は早かったようです。
 
ただし、脱出時にトロトロしてしまうのは、ちょっと難点。もう少し速度を残すかが鍵だけど、ちょっとコワイのですよね。
 
 
M本さんの解説で、
 ・長い直線後にUターン気味のコーナーで皆さんはどう走る?
 ・大きく入る人が多いけど、もっと小さく入るのもあるよ
って感じでした。
 
M本さんは元来大きく入るケースが多いので、これは意外。でも、いろいろあることを教えたいのだと思いました。実際、M本さんが追走してくれたとき、
 「インをさすのか?」
というぐらい内側から切れ込んでくるM本さんが見えましたからね。
 
今回、最後の1時間はベテランさんと先頭を代わりながらトレインで走ってました。前を走る人が変わる度にラインやスピード感が変わって実に面白い。大きく入る人、小さく入る人、などなど。
 
ギブアンドテイクでいいんですが、でも、先頭を走るのは実に疲れる。なんか先頭走ってる時って、後ろに5台ぐらいついてきてるのは、なんなんだ?_って思ったり。
 
今回はこのぐらい。この記事は約2週間ぐらい前の内容だから、思い出せん。

« HMSに参加する239回目:中級 142回目 曇りのち晴れ | トップページ | HMSに参加する241回目:中級 144回目 のんびり行こう »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/64014895

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する240回目:中級 143回目 ガンガン走ろう:

« HMSに参加する239回目:中級 142回目 曇りのち晴れ | トップページ | HMSに参加する241回目:中級 144回目 のんびり行こう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!