« HMSに参加する235回目:上級 26回目 足腰を使え! | トップページ | 房総の林道スカイラインを走る »

2016年5月28日 (土)

HMSに参加する236回目:中級 140回目 目線は自然に向けるもの

中級に参加しました。イントラさんはメインがK枝さん、サブがY住さんです。アツイ指導を期待したいところ。
 
午前中のコースは、5番を使った基本コースでした。
 
スタート直後、ちょっと狭い直パイ数本後に、小さいオフセット、鋭角に曲がったあとにオフセット、そして、ターンして、オフセット、その先はロングの大きなUターンが続くコース。
 
狭いと言うことはないけど、自分にとってはちょっと間隔が微妙で、最初、走りにくさを感じました。ま、修行がたりないってことか。
 
スタート直後の直パイは、ちょっと間隔が微妙なんで、タイミングを取りにくい気がしました。こういう時は速度を落とす、アクセルを小さく開けてパイロン裏にしっかり付けるように走ると、タイミングをつかみやすい。変に大きく開けるとはまる。アクセルを小さく開けることを念頭にタイミング重視で。
 
小さいオフセットも同じ。アクセルを開け過ぎると、どんどん走りにくくなるから。
 
そして、休憩後にY住さんの指導がありました。目線を向けるためにはどうしたらいいか?と言う講義です。
 
・傾いたバイクで目線を送るときに首を起こす方向に傾ける人がいる。
 けど、違うのだ
・呼ばれた方向にちょっと顔を向けるのが自然
・そうすることで、肩に力が入りにくく疲れにくい
 
だそうです。私はコレに加えて
 ・目線を送る前に体の向きを曲がる方向へ
だと思いました。ただ、顔を自然に向けるというのは、意識してなかったので参考になったと思います。
 
午前中はこのぐらいか。
 
お昼はタンドーリチキンをいただきました。これ、元々辛いものなのに、さらに唐辛子を山盛りでかける人がいるんですよ。辛いだろうに!?
 
午後は市街地コースでした。けっこう長いコースです。
スタートして、まず外周沿いに直パイ、そして外周先端で曲がってロングオフセット、そして、ターンして、小パイロンで作られたオフセットですが、ちょっと角度が深いので旋回時間を長くする必要があります。その後、Uターンが連続します。たしか7回連続じゃないかな。  最後のUターンは、ターンしてすぐターンの切り返しコーナーでした。でも、中級なんで助走区間があるから、あまり苦じゃないです。
 
外周を走って、直パイ、そして市街地内を走り、一旦、外周に出てから、また、市街地へ戻る。そして、縦間隔が狭いオフセットやUターン、S字をへてゴールです。
 
けっこう長くて、コース案内を3周したけど、手が疲れちゃいました。力入れすぎなんかな? 中級としては面白いコースだと思います。こりゃヨッシーに感謝かな。
 
スタート直後の直パイは、やっぱりタイミング重視。アクセルを開け過ぎないように配慮して、多少遅くてもタイミング重視で走ります。その後のロングオフセットは気持ちよく走れる部分なだけにスピードをのせて走ってみます。
 
その先の小パイロンで作られたオフセットは、ちょっと間隔に走りにくさを感じるので、ココは
 ・パイロン裏に付けるようにバイクをもっていく
と基本重視で。 パイロンより前に出てしまうようだと、次が走りにくくなるから、パイロン裏に付けられるように、ラインとアクセルに注意します。
 
その後の連続Uターンは、これもライン重視で。少しアウトにふって、パイロン裏にしっかり付けられるようにUターンします。最後のUターンは切り返しターンなので、ちょんとアクセルを開けてターンする感じで。アクセルを少し多めに上げて、大回りでターンするのもありだとは思うけど。
 
市街地内は、ラインを大切に。あまり縁石に近寄り過ぎるとスリップするリスクがあるから、ギリギリよりも少し余裕を持った方が走り安いかもね。
 
 
休憩後に、イントラさんによる追走が始まりまして。いよいよ私の番。ヨッシーが、
 「じゃ、楽しみましょうか」
って言ってくれたので、
 「じゃ、前走で目の覚めるヤツをお願いします」
って言ったら、
 「目の覚めるやつね! ニヤっ」
ってスタート。
 
すっごい勢いで直パイを走り抜けていく。ハッキリいって追いつけませんねん。でも、このときのヨッシーの直パイ。どんどん加速していくのと、右に左に振り子のようにバイクを振っていくが見えました。後で聞いた話では、これは振り子走法ってヤツで、重たい1300とかでかなり有効なワザだとか。へぇ~、今度、ゆっくり教えてほしいっす!
 
その先、連続Uターンは、私のラインよりもかなり小さく曲がってるのが印象的でしたね。実に目の覚める前走でした。
 
走行後のコメントとしては
 ・ロングオフセットで、傾けが早いね
 ・もう少し我慢してから傾けてみろ
 ・その分、パイロン近くのラインを選択してみろ
ってことでしたね。
 
最後に低速ということで、3m間隔ぐらいの直パイが追加されましたが、特別、難しいことはありませんでした。
 
丸一日走りましたが、けっこう疲労度マックス。最近の中級は、やさしいコースが多いという話しもあったけど、けっこう楽しめる内容だったんじゃないかな。
 

« HMSに参加する235回目:上級 26回目 足腰を使え! | トップページ | 房総の林道スカイラインを走る »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/63694479

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する236回目:中級 140回目 目線は自然に向けるもの:

« HMSに参加する235回目:上級 26回目 足腰を使え! | トップページ | 房総の林道スカイラインを走る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!