« HMSに参加する228回目:上級 21回目 狭いコースに挑む | トップページ | 奥多摩の未走行道路を走る »

2016年4月13日 (水)

HMSに参加する229回目:中級 139回目 いろんなギアで走る

天気は快晴であたたかい。多少、風があったが逆に気持ちよく、いい一日でした。併設コースは初級とバランス。他に企業研修でトラック関係がありました。
 
担当はメインがK島さん、サブがKT田さん。今回は中級なんで、いろいろやってみようと考えてました。
 

Ssdsc06704

 
午前のコースは市街地を使った基本コース。スタートして、直パイ3本、そして2本差しターンがあって、横方向に直パイ。ちょっと間隔は広めだったと思う。そして、ロングオフセットをへて外周をまわりながら、少しクランク内を走って戻る感じでした。Uターンとか、細かいのはありません。
 

Ssdsc06705

 
午前の前半はギアを2速以上で走ってみることに。これは速度を出しながら曲がれるようになるためです。まず2速で走ってみる。直パイとかもそうなんだが、大きな旋回は問題ないが、ちょっと小さいときに旋回が遅れる場合がある。だから、先行動作で早め早めに旋回する感じで走ってみることに。
 
この調子で2速で最低速度をあげつつ、旋回してみる。時々大回りになることがあるが、そこをおさえて曲がるのがポイントだろうか。何周か走ってみてから、今度は3速で走ってみる。案外走れるもんです。さすがに4速はエンストしそうになったので、自粛。
 

Ssdsc06706

 
そして、ギア1速で走ります。最初は戸惑うも、徐々に慣らしていく感じでしたね。
 
最初の直パイ3本後に2本差しUターンに注力。直パイはともかく2本差しターンをスムーズに曲がろうと思ったのだが、加速が足りない。フロントブレーキを使わないで曲がってみたけど、それでも足りない。でもさすがにノーブレーキはちょっとコワイので、リアを少し使いつつアクセルをやや足しながら入ってみました。ちょっとうまく言えないけど、うまくはまれば、小さくターンして加速力を失わずにターンできました。
 

Ssdsc06709

 
直パイは間隔があったので、最初はともかくそこから加速していくように走る。オフセットは広い間隔なので、加速重視で走ってました。全体的に速度がでるコースだったと思います。
 
途中でK島さんの追走後のコメントによれば、
 「すごくよくなったよ」
 「でも、旋回の最後にこじるのはよくない」
 「あれは、ちゃんとハンドルを切ってかないと」
だそうです。
 
「こじる」というのは、バイクをリーンアウト気味に寝かせることを意味するそうですが、たしかにそうやってました。「こじる」のは楽してるってことらしい。
 
なんで、ここからはしっかり最後まで切ってくことに。
 
午前中は、ギア1速、2足以上を何回か切替ながら練習してましたが、このぐらい。
 

Ssdsc06713

 
午後は、同じ市街地だけど、パイロンがぐっと増えてました。
 
スタートして、3本直パイ+2本差しUターンは同じ。そこで直パイは3本だけど、その先でターンをしながら区画のあるオフセット。そして大きくはいりながら、ちょっと狭い直パイ風のところがあって、市街地へ。Uターンとか、いろいろありましたが、特に狭いところはありませんでした。
 

Ssdsc06716

 
午後は最初は1速で走り、途中で2速、3速で走ったりもしました。
 
前半の直パイ、区画のあるオフセットはラインを考えながら曲がるのがポイントか。もう少しアクセルを開けられると気持ちよく走れそうだが、ちょっとつまり気味。途中狭い直パイは、1本1本のパイロンの裏をちゃんと曲がるライン取りをすることで走り抜けやすくなります。あと、大きく旋回するのではなく、小さく小刻みに走ることでいい感じで走れました。
 
市街地内のUターンは、今ひとつ速度が出せない。というかどうしても減速仕切ってしまう。安定感を失うことはないが、もうちょっと速度を落とさずに曲がりたいものです。
 

Ssdsc06717

 
途中、KT田さんの追走後のコメントとしては
 1)旋回側の足に体重を乗せて曲がってみろ
 2)体重を乗せるのであり、踏み込むわけじゃない。
 3)これを早くすることで、より旋回しやすくなる
 4)アクセルでバイクを起こすタイミングで体重移動を素早く
だそうです。
 
このステップに加重をするんじゃなく、体重を乗せるというのが、実際やってみると、どうやっていいかわからず。ちょっと難しいかも。
 

Ssdsc06718

 
休憩後にK島さんの解説があり、狭い3本直パイの走り方について説明がありました。ポイントは、進入。基本と言えばそうですが、パイロン裏に入るようにラインと速度をコントロールする。狭い直パイは、旋回するより小さくするどく走り抜ける感じかもしれません。チョイチョイという感じか。
 

Ssdsc06721

 
この日は1速で走ったり、2~3速で走ったりを繰り返してましたが、どちらもそれなりに練習になったと思います。最後に千鳥が追加されたけど、あまり難しくはありませんでした。
 
そんなこんなで、なかなか面白い中級でした。K島さんから、だいぶよくなったと褒めてもらいましたし。
 
ただ、自分としても、今少し早く走って行きたいところです。まぁ、修行あるのみだ。
 
 
 

« HMSに参加する228回目:上級 21回目 狭いコースに挑む | トップページ | 奥多摩の未走行道路を走る »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/63482971

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する229回目:中級 139回目 いろんなギアで走る:

« HMSに参加する228回目:上級 21回目 狭いコースに挑む | トップページ | 奥多摩の未走行道路を走る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!