« HMSに参加する224回目:上級 18回目 狭い切り返しに挑む | トップページ | HMSに参加する226回目:貸切コース 15回目 復活のM »

2016年4月 5日 (火)

HMSに参加する225回目:上級 19回目 いろんな走り方で

ちょっと更新をサボってましたが、記事は書いてあったので、そろそろ出したいと思います。
 

Ssdsc06613

もう春がそこまで来ている菜の花がキレイなレインボーに行ってきました。
イントラさんは、K島さんとQ州から来ているM本さんでした。このM本さんですが、体操がユニーク。
 
駆け足。ももあげ、関節の可動範囲ギリギリまで伸ばすという。けっこう体力を使う体操。終わった頃には、はぁはぁ、言っちゃってましたっけ。
 
この日はドリームの講習があったので、6番、7番、3番を使ってましたので少々手狭でした。
 

Ssdsc06612

 
午前中は4番の半分と5番を使った基本コース。
 
スタートして、大きく旋回してUターンし、そこから直パイ。平行移動してさらに直パイ、その後はミドルオフセットだが不等間隔。最後はちょっと狭い。そして折り返して、不等間隔のオフセット後に3本直パイ、そしてロングオフセットでした。コースはシンプルで距離も短いが、走りごたえはあって、けっこう疲れました。
 
走り出しは、多少、ギクシャク感はありました。路面の凹凸で少し戸惑いましたが、だんだん慣れて、走れるように。
 
何周か走ってみてさんが追走してのコメント。
 
 「どうですか?」
と言われたので、
 「まぁまぁです」
と応えてみました。
 
小島さんは、こういう謎かけ的な感じで出てくるので、逆に話題を振ってみる。
 
 「よくリーンアウト気味と言われます」
 
と応えると、
 「今の走りではそうはなかったよ」
 「いろんな走り方をやってみるといい。」
 「いろんな場面でリーンアウト、リーンインを意識して出せるようになるといい」
というコメントでした。
 
オフセットとかであれば、悪いクセはでないのだが、細かいコーナーが続くとリーンアウトが出てしまうこともあるので注意していこう。
 
K島さんの指導をベースにいろんな走り方にチャレンジしてみる。リーンイン気味で走ったり、リーンアウト気味にしたり。特に速度が出せるところは、リーンイン、狭いところはわざとリーンアウトということを意識する。そう意識してれば、リーンアウトも悪くないって。
 
午前中はめいいっぱい走って、ヘトヘト。
 

Ssdsc06608

 
 
午後は、4番を使ったコースでした。
スタートして直後、狭いオフセット。そして4本直パイ後にオフセットや円形コーナー、Uターンやオフセット、そしてまたしても円形コーナーでUターン。直角コーナーをへて直線、円形コーナー×2、そして緩くまがった直線をへて、最後はちょっと小さいオフセットで終わり。
 
小島さんらしいスピードが乗るコースでした。
 
ここでM本さんの解説。
 「皆さんのブレーキはやや遅い。
  間近でがつんとかけている。
  もっとリアブレーキを使おう。
  フロントは、リアの補助ぐらいに
  考えてみてはどうだろうか?」
おぉ、これはなんか新しい。さらに、
 
 「リアブレーキでリアを沈め、
  つられてフロントも沈む。
  そして最後にフロントブレーキをかけて、
  フロントを沈ませて曲がる。
  今回のコースでスピードが乗る部分で
  有効だと思うよ。」
でした。
 

Ssdsc06619

 
さっそくやってみる。最初は、イマイチ間もあったけど、リアをはやめにかけてコーナーに進入。フロントはややかけるぐらいか。とくに円形コーナーで役に立つとみました。
 
コースでスタート地点に戻るときに、バランスを担当しているK岩さんがニコっと笑ってまってました。あ、こりゃ、自分は獲物だな、と確信。
 
スタートすると、すぐにK岩さんが後ろにつきました。やっぱきたか。イントラさんも楽しみたいよね~。
走り終わって、
 ・もっと体を動かしたほうがいい
 ・ユルユル動かす
 ・円形コーナーでリーンインを目指そう
でした。あら、まっとうなコメント。
でも、最後に
 ・楽しんじゃった。ありうがとう
だって。ははは。 
 

Ssdsc06621

さっそくやってみます。円形コーナーーはたくさんあるので、リーンインを繰り出す。もっと派手に体を出すべきだと思うが、まだそこまでは。
 
小島さんの追走。追走時に円形コーナーで思い切りリーンインでやってみたら、背後から小島さんの雄叫びが・・・
 
 「いいねぇ、いいよ!」
 
走り終わってから
 ・いろんな走り方を試してるみたいで実にいい。
  その調子でがんばれ
だそうです。
 
今回円形コーなーはリーンインだけでなく、ブレーキのかけかた、アクセルをあけるタイミング、姿勢、傾けなど、いろいろ試してみたところです。
 
もう少し傾ける、ブレーキの強さ、アクセルをあけるタイミングでしっくりくるところを探す。うま~くはまると、かなりイイペースで走り抜けられそうです。
 
あと、最後の狭いオフセット。こういうの苦手なんで、どうしてもペースが落ちてしまいましたが、そういうときって、トロトロと走ってるンですよね。
 
でもうまい人が走ってる姿をみると、普段のオフセットとほぼ同じ走り方。へんにバイクを立てるわけでもない。同じような走ってる。ただ、距離が狭いだけみたいな。
 

Ssdsc06622

 
なるほど、そうか、狭いからといって走り方を変える必要はないんだ。ということで試す。確かに、速度は出にくいがそれでも同じように走ったほうが、ぜんぜん走りやすい事がわかりました。まだまだだけど、少しペースがあがったような気がします。
 
あ~つかれた。えらい疲れた。
足の関節がちょっと痛いのと、右腕にかなり疲労が・・。たぶん腕にかなり力が入ってるんでしょう。もっと上体の力を抜かないとね。
 
でも、上級は実に楽しい。ペースも速いし、いろいろ学べますな。
 
 
 

« HMSに参加する224回目:上級 18回目 狭い切り返しに挑む | トップページ | HMSに参加する226回目:貸切コース 15回目 復活のM »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/63445098

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する225回目:上級 19回目 いろんな走り方で:

« HMSに参加する224回目:上級 18回目 狭い切り返しに挑む | トップページ | HMSに参加する226回目:貸切コース 15回目 復活のM »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!