« HMSに参加する217回目:貸切コース(オフロード) 12回目 道無き道を行く | トップページ | HMSに参加する219回目:上級 16回目 Uターンに挑む »

2016年2月12日 (金)

HMSに参加する218回目:上級 15回目 足腰を使え!

平日の上級に参加しました。幸いにも天気は快晴!しかも多少暖かい。こりゃイイ一日になるかなというところです。イントラさんは、Y下さん。参加人数は6名でした。
 
コースは午前も午後も市街地です。
 
午前中のコースは、スタート直後、選択式の狭いオフセットを通過、戻りが直パイ。旋回して直線でギアチェンジポイント。外周からロングオフセットに入ります。
ロングオフセットの最後で狭く幅の短いオフセットをクリア後、狭い直パイでゴールする。
 
特別厳しいところはありませんが、随所に練習ポイントがありました。
 

Ssdsc06435

 
スタート直後、やや狭いオフセットはショートとミドルの選択式でした。ミドルならしっかりと旋回、ショートならスムーズに走り抜ける感じでしょうか。やや狭いですが厳しい程ではありません。ただし、ココでしっかりと速度を出して行くことが今の自分には必要だと感じてます。なんかイイ手段はないもんかな。
 
直パイはタイミングとアクセルを開ける量。最初はアクセルを少量にしてギクシャク感を減らし、慣れてきたあたりで、徐々に強く開ける感じですかね。これが一発で出来ないところが自分の弱い部分。
 

Ssdsc06436

 
ロングオフセットはもう少し速度を乗せたい。しっかり加速した分、しっかり減速、だからと言って、速度を残しながら曲がるところを身に付けたいものです。ロングオフセットの最後にちょっと狭いオフセットがありました。これ、ただの3本オフセットけど、進入がUターンだから減速しているわけで、次のオフセットが短いから加速ゾーンが無い。これは
 ・短い距離で加速
 ・素早い切り返し
がポイントかも。特にアクセルを少し開けるだけで、一気に切り返す事ができるだろうか?がポイントなのかな。どうしても減速後なので速度が落ちてしまうから、次のオフセットがトロトロ曲がることになる。これをサクっと曲がれるようになりたい。
 
最後の直パイは、ちょっと狭い部分があったりと不等間隔の直パイでした。
 

Ssdsc06438

 
しばらく走ってからY下さんの追走後のコメント。
 「以前から言ってる通り、リーンインで入って、
  だんだんリーンアウトにもっていく走りを
  してみるといい。
  最後の方で腰下を使ってバイクを招き寄せるように
  することで、もっとくるっと小さく曲がれるハズ。」
でした。
 
ありゃ~、毎回、これを指摘される。ある意味、Y下さんのトレンドなんだけど、なっかなか出来ない。
 
もう一度まじめにやり直すも、すごく難しい気がする。なので比較的大きなオフセットのところで練習してみました。どの位置リーンアウトに持って行くのか?そのあたりのタイミングというか、やり方を考えてみたけど、なかなか出来ず。次回に持ち越しかも。
 
休憩後にY下さんがコースのあいてるところで、各人で円旋回または8の字をやってみようとの事です。午後に円旋回を用意しているから、その練習という意味で。
 
この時にY下さんからのコメント
 ハンドル切るときに上体の向きが逆だよ
 右に曲がるときに右肩が前にきてる
あ~、これ時々指摘されます。夢中になってるときに、こうなるケースがある。これは注意しないと。いや、注意しなくてもできないと。
 
ガイドもなにもないところで、単に円旋回するのはできるのだが・・・。ま、午後のお楽しみに。
 
午前中はこのぐらいでした。
 

Ssdsc06439

 
 
午後は市街地全般を走ります。コースはだいぶ変化しています。
スタート直後、狭いオフセットを通過、その後、戻りで直パイ。旋回して直線でギアチェンジポイント。外周から入ったあとで、Uターン×2、ロングオフセット、最後に狭い3本直パイ+Uターンして狭いオフセット。そしてクランクへ。
 
クランク内の途中で、狭いオフセットがありました。後はUターン、S字のあとで、円旋回が二つありました。円旋回は最初は、左回り、次が右回りです。
 

Ssdsc06442

前半はほぼいっしょですが、狭いUターンがあるのがポイント。これをどう軽やかに走るかが課題でした。
 
Uターンの旋回ポイントを奥にもっていくか、手前にするか、奥行きをめいっぱい使うか、手前で曲がるか、でも、加速ゾーンはほしいし、なんてことを考えてました。
 
加速ゾーンを取ってしまうと、どうしてもUターンとUターンの間が長くなり、距離が長いぶん、時間がかかるので不利になります。これをどうしようか、散々悩んでましたが、このときに結果は出せず。でも、Y下さんの前走で簡単にわかりました。それは後ほど。
 
後は最後の円旋回かな。左回りは案外できたのだけど、次の右旋回が全然出来ず。なんでか?
 
右旋回字にすぐにコースアウトしてしまう。ガイドがあるから走りにくいのだけど、それにしても・・・。自分は右円旋回ができない事実に直面! Y下さんの指導によれば、
 
 「外周を見ている」
 「目線を中心へ」
 
でした。そう、外枠が気になってどうしても外側を見ると、広がってしまうんですね。意識して目線を中心にもっていくと、なんとか曲がれましたが、なんとか?と言うレベルであり、まだまだでした。
 
ほどなく走り込んで、残り時間は10分ぐらいのときにY下さんが前走に。もう疲労もあって、今更感もあったんですが、走ってもらって目が覚めました。
 
 まず、2連続Uターン。ココでUターンとUターン間の助走範囲がすごく短い。
自分は、助走範囲を長くとったが、山下さんは短い範囲で軽やかに曲がる。加速も大きくなくするっという感じ。これは驚愕だった。「あ、そうなんだ」という。
 
続いて、狭い3本直パイ後のターンと短いオフセット。
ここで3本直パイ後のターンの神髄を見せられた気がしました。やや外にバイクを出してくるっと回転する。小さく、スムーズにターンする。自分は、大きくターンしすぎだったようだ。
 
 
そして、その先のオフセットも軽やかに曲がる。このときに大きく加速せず、スルスルっと曲がってく感じ。Y下さんが言うには、
 「腰下をフリーにしてステップ加重でさくっと曲がる」
だっただろうか。
 
最後の円旋回。ココは山下さんの後ろについて曲がる。なんとか曲がり切ったけど、山下さんの好評としては、体が硬くなってるそうです。
 
これで目が覚めて、ラスト1周だけがんばりました。
Uターン×2、3本直パイをできるだけ小さくまがってすり抜ける。
 
最後の円旋回も何とかこなしました。あ~、もう少し走りたいけど、時間切れですね。
 

Ssdsc06445

 
いや~、いろんな疑問がイントラさんの前走で解けました。いや、そういうもんかもしれません。
走行距離は65kmなんで、上級で市街地の割には少ないかも。でも、充実感は大きいです。また、がんばろう。
 
 

« HMSに参加する217回目:貸切コース(オフロード) 12回目 道無き道を行く | トップページ | HMSに参加する219回目:上級 16回目 Uターンに挑む »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/63201349

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する218回目:上級 15回目 足腰を使え!:

« HMSに参加する217回目:貸切コース(オフロード) 12回目 道無き道を行く | トップページ | HMSに参加する219回目:上級 16回目 Uターンに挑む »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!