« HMSに参加する206回目:中級 132回目 3m直パイ!? | トップページ | HMSに参加する208回目:中級 133回目 S尾っちからの挑戦状 »

2015年12月20日 (日)

HMSに参加する207回目:上級 11回目 リーンインとは何か?

平日の上級に参加しました。天気は快晴だが風が冷たく寒い一日でした。もう師走だ。
 
参加者はなんと4名。こりゃ少ないが、走りっぱなしになりそうだ。イントラさんはK島さん。バイクはCB1300SFだけど、これは先日の中級と同じもの。ちょっとアクセルの戻りが悪いのが気になっていたが、まぁ、いいっしょう。
 
午前中は5番と4番の少しを使ったコース。基本中心らしい。5番はさっぱりとしたコースで、スタート直後が直パイを5~6本、そしてオフセットが続く。オフセットは大きめだが、長さ、幅はまちまちで、いろんなタイミングをおさらいする感じでしょうか。最後は、4番の中だけど、切り返しを伴う2本差しのオフセットがあって、ちょっとおもしろかった。
 

Ssdsc06245

 
少し走ってから、いきなりK島さんの追走。まぁ、参加者が少ないからね。その後の講評としては、
 ・オフセット間の切返しポイントが遅い
 ・速度を出した分、ブレーキを使えてない
 ・切り返しポイントを手前に
 ・速度の分、ブレーキを使う
という感じだろうか。
 
たしかに。これは気負い過ぎていたかもしれない。オフセットを曲がった後、次のオフセットまでの間、車体のバンクを切り替えるが、それが遅いから、次のオフセットまでに減速が遅れて、結果、大回りになってしまうというもの。
 
なるほど。意識して切り返しを早くし、もう少し強くブレーキを使って行くことにしよう。しばらくやってみたあとで、K島さんが
 「よくなってるよ」
と声をかけてもらえました。このあたりのアフタ-フォローもK島さん風。
 

Ssdsc06246

 
休憩に入った後で、K島さん後半の所の走り方を質問してみました。
 ・どういう走り方をしたいか?による
  アクセルオフで、減速しながら曲がりたいか?
  アクセル、旋回、アクセルと2回使うパターンか?
 ・前者であれば、アクセルオフのポイントをどこにするかが重要。
 
実際に、2パターンの実演を見せてもらいました。これによると、私が目指しているのは、アクセルが少ない前者方であり、2本ざしオフセットの手前でアクセルオフしてから、どう曲がるのか?がポイントかもしれない。
 

Hms2071

 
 ・A所で加速
 ・B所でアクセルオフ+ブレーキ
 ・Cの旋回
 
このあたりがポイントかもしれない。実際にやってみると、その前の切り返しターンがあるので思ったように加速しにくい。なぜならAの手前で右旋回中なわけで、それを切り替えて加速するから思ったほど、時間に余裕が無い。
また、できれば、Bのポイントまで加速したいが、その先がつまってるからギリギリBの手前までの加速がやっと。
また、Cの所の旋回が実は難しく、Bでアクセルオフしてるから、アクセルオフの状態でCをキレイに曲がる事が必要。
 
K島さんには、
 Cの部分を曲がるにはどうやってやるのさ
と質問してみたところ、
 ・それは、もってるテクニックを駆使して走るのさ
という予想外の回答。
 ・傾け、アクセル、ブレーキ、ハンドルの切れ角など
いろいろ使う、あるいは使わないのだそうだ。
K島さんの実演では、大きく曲がったり、鋭く小さく曲がったりとかあった。
 
自分の練習では、Bまで出来るだけアクセルをあけること、そしてCの旋回ポイントで速度を維持しながら走ることでした。Cの部分は、入り口でフロントを、ちょん!と使ってフロントサスを縮めたあと、リアブレーキの強弱でフロントサスが縮んだままでいることを意識しながら、Cの後半部分ではアクセルをあけていく感じで。
 
うまく行けば、鋭く小さく、速度を維持しながら曲がれた感じがしました。
 
その後、K島さんからの解説です。オフセットを2パターンで走ってみようというもの。
1個めは、バイクを常に傾けて、中間地点で切り返すパターン。2個目は、バイクを立てて走り、コーナー手前で傾け+ハンドルで旋回後、バイクを立ててダッシュするパターンか。
 
1個目は先に自分が指摘された事だろうか。とりあえず、両方やってみることに。自分はなめらかに走れる1個目が好みだろうか。
 
このぐらいで午前中を終了。すでに30km弱走りました。昼食後に集合時間前にバイクの前にいくと、整備士の人がK島さんと話していて、私の使ってるバイクに問題があるらしい。なんとアクセルワイヤ-がハンドルの付け根部分で折れ曲がってるらしい。これだとアクセルの戻りが悪いだろう、って指摘でした。 あぁ、そういう事でしたか。
 
というわけでバイクの交換となりました。
 

Ssdsc06257

 
 
午後は4番と5番の連結コース。すごく広い。スタート直後、いきなり狭く小さいオフセット。そして、長いガイドのある斜め直線やコーナーを経由して、大きく入って小さくでるオフセット。そして、大きな左旋回を経て、戻り。戻りは小さいオフセットや、午前中に練習した2本差しとかもありました。そこから5番に向かう。ロングオフセットを経て、前半より大きな左旋回がありましたっけ。
 
いろんな要素てんこ盛りの面白いコースでした。K島さんも、「我ながら面白い」と言い放つレベルです。
 
最初の狭いオフセットは、
 ・あえて大きく入れるように外に振る
 ・アクセルを使い加速
 ・ちょんとフロントブレーキを使い、リアブレーキの強弱とハンドルを切って曲がる
 ・傾けもしっかり
ですかね。狭いので一つ一つの操作を早く確実にやってくのがポイントかもしれない。
 

Ssdsc06259

 
先の狭い切り返しポイント。ココはなかなか悩みどころ。大きく右旋回で入るのはイイとして、狭い中でわずかなアクセルオンで速度を維持しながら、いや、むしろ加速しながら左旋回に移行するのが難しい。どうしても、出口でモタつく。
K島さんに質問してみたんですが、自分の言い方が悪いのか、今ひとつ要領を得ない。実際に実演してもらって、なんとなくわかったのか、体の重心移動、右から左へバンク角を変える前に体を移動する気持ちでやること。しかも早く。そして、そのままアクセルをあけて、続けての大きなコーナーへつなげる。
 
後で、先日の貸切動画を見てると、狭い切り返しでは
 先にバイクのバンク角が切り替わってから、遅れて体が切り換える
のがわかりました。なるほど、バイクのバンク角を切り替えるより先に体を入れないとダメだね。以前、別のイントラさんからは、バイクが傾いた後だと、それ以上体をもってくことはできないよ、って言われましたっけ。
 
戻りコースの狭いオフセット。これはしばらく走って気づいたんですが、狭いからと言って曲がるパイロンを凝視しちゃだめで、1本か2本先、あるいは全体を見通すと一気に走りやすくなることに気付きました。1本目だけ見てると、それを曲がることだけに集中してしまい、曲がった後の次に続かない。全体を見ていると、曲がり切る前にアクセルを使うとか、ブレーキをやめるポイントとかがわかったりしましたっけ。
 
 

Ssdsc06263

 
午後のK島さんの講義がありました。これによると、
 ・皆さんはリーンインって何だと思いますか?
 ・リーンインをもう一度考えてみましょう
 ・リーンインは、体を横にだすことじゃない
 ・実はリーンインは体を残して、バイクを押し戻して立てること
 ・逆にリーンアウトは、体の位置を残して、バイクを倒すこと
え?そうなの?が率直な感想。バイクを残して体を入れることをリーンインだと思っていた。K島さんの解説は続く。
 ・バイクを起こすには、ウチ腕でバイクを押す。
 ・そして、内足でバイクのタンクを押し出す
だそうです。
そして、
 ・速度と体の位置でバランスを取る。
 ・速度を出しながら体を入れて、さらに重心を内側に入れるなら
  体を潜らせる。
 ・これが行き着くと「ハングオン(ハングオフ)」になる
だそうです。
へぇ~~~。さすが上級。実際にK島さんがヒザがするまで実演してくれましたっけ。まぁ、そこまでやるというわけじゃないが、一つの練習でしょうか。
 
これ、実際にやってみました。ハングオンじゃなくて、リーンインを突き詰める感じで。大きなコーナーに入り際はリーンウィズ気味で入り、そこでアクセルを開けながら加速しつつ、バイクを立てる方向へ戻す。後は加速しながら、走っていく。
 
最初は加速が勝ってしまって、バイクが外側に膨らんでしまうが、体の位置とアクセルの開け方に慣れてくると、だんだんと曲がっていく感じがわかる。さらにもっと体を出していく。体は旋回中の境界線を作っている倒れたパイロンの上に来るぐらいに。
 
実におもしろい。こんな事が体験できるのも平日上級ならではでしょうか。
 

Ssdsc06255

 
 
もう、後は時間までひたすら走る感じで。K島さんの追走も何回かあったけど、ちょこちょこっとしたアドバイスでした。
 
最後の方では、
 ・のびのび走れていい感じですよ
 ・だいぶうまくなりましたね~
とお誉めの言葉をいただきました。
 
約76kmは走ったんじゃないでしょうか。あっさり新記録更新。よく走りましたが、実に爽やかな感覚でした。
 
この日はあまり狭いコースの連続という事はなく、適度な難所がいろいろあって、おもしろいコース設定だと思いました。また、おりをみて参加してみたいと思います。
 

Ssdsc06267

 
帰り際にレインボーセンターハウスの入り口で雨漏りの補修工事をやってましたっけ。
 
 
 

« HMSに参加する206回目:中級 132回目 3m直パイ!? | トップページ | HMSに参加する208回目:中級 133回目 S尾っちからの挑戦状 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/62905499

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する207回目:上級 11回目 リーンインとは何か?:

« HMSに参加する206回目:中級 132回目 3m直パイ!? | トップページ | HMSに参加する208回目:中級 133回目 S尾っちからの挑戦状 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!