« HMSに参加する202回目:上級 09回目 「体の向き」を常に意識せよ! | トップページ | HMSに参加する204回目:上級 10回目 体の向きを感じているか? »

2015年12月 1日 (火)

HMSに参加する203回目:中級 131回目 回転+選択型オフセット+12連続Uターン

久しぶりに朝は快晴!雲一つ無い天気だが、でも寒い! 気温は低くなってきて、冬の到来を感じるHMSです。
 
イントラさんはメインがT網、サブがY田さんというベテランコンビ。T網さんは久しぶりかもしれない。開始前にT網さんに声をかけられて、
 「○○さんは、海外旅行ではファーストクラスですか?」
とか質問されました。意味、わかんね~よ。ファーストなんて乗ったことないよ。
 
バイクはCB1300SFを選択。タイヤはほぼ新品でした。
 

Ssdsc06170

 
午前中は市街地コース。でも基本に忠実なコースなんで、クランクは使わない。スタート直後、L字に曲がって拡張部へ。ロングオフセットで往復。やや幅が狭い。そして外周にそって直パイでした。
 
最初は自由に走ってから課題走行になります
 往路
  ロングオフセットでパイロン手前停車
  スタートしてすぐ旋回
  このときリーンアウトじゃなく、リーンウィズで
 
 復路
  ロングオフセットで旋回後に停車
 

Ssdsc06174

 
停車して発信直後に旋回って、しばらくやってないので、果たしてできるだろうか?って一抹の不安があるも、やってみれば案外できました。発信後半クラッチを使いながら旋回していく。できるだけ早めにハンドルを切って行く感じで。慣れてきたら、傾けも意識していく。ただ、リーンアウトにならないように注意しながらでしょうか。
 

Ssdsc06171

 
旋回後の停車はよくやったことあるので、まぁ出来ます。旋回後にパイロン裏で止まることを目標にする感じで。
 
しばらくコレを繰り返したあとで、通常走行に戻りました。午前中はこのぐらい。朝は寒かった割には、かなり暖かくて気温も高め。汗は少ないですが、過ごしやすいいい天気だったと思います。

Ssdsc06177

 
午後は4番、5番。
 
まずは、4番でスタートして少し狭いオフセットを通過後、大きく旋回して直パイ。T網さんは直パイが好きだな。そして5番へ入ります。5番はUターン×2+L字コーナー×2で、直線後、孫の手コーナーで直線、Uターン、右~左の切り返し、円形コーナー、右~左の切り返し、などでした。
 
途中、直線を走ってから右~左の切り返しは、今回の自分の切り返し練習ポイント。これは以前にKR田さんのコースで苦しんだ切り返し。これを軽やかに走り抜けたいものです。
 

Ssdsc06180

 
スタート後、狭いオフセットで気にしたのは体の向き! もうコレがすべてかも。体の向きを常に意識し、旋回前に向きを変えてそしてハンドルを切って行く。調子が上がってくると、自然にハンドルがロックまで切れる感じだろうか。あぁ、この感覚なんだなと納得。
 
直パイはリズム。調子が上がってくるまではタイミング重視でアクセルは少し開けるぐらいで行きます。バリアブル内は普通に走っていきますが、やはり体の向きと切り返しに注意。特に最後の切り返しは、もういろんなパターンでトライしました。最終的には、少し大きく右旋回に入ってアクセルをブオンと上げつつ一気に左に切って行く感じで。大回りにならないように。そして、アクセルを早めに開けて抜けていく。この右~左に曲がったときにどうしても速度が死んでしまうので、もう少し速度を残せるようになるのが大きな課題でしょう。
 

Ssdsc06183

 
そして、休憩後にT網さんがコースを追加。なんとスタート直後に回転が入りました。ガイドパイロンの内側でも外側でもイイから回転しろという。回転はひさしぶりなんで、ちょっと自信がない。
 
だから1回めはガイドパイロンの外側をゆっくり回ってみました。まぁ、でも全然余裕があるので、2回目はガイドの内側を走ってみたけど、まぁ、走れるか。できれば、もうちょっと傾けて回転できるといいかもしれない。
 
続いて、またコースが追加。最初の狭いオフセットで、オフセット間に1本パイロンが追加されており、コレを使って、選択式のオフセットをやれという。標準形、短いタイプ、ぐるっと回るタイプなど、言葉で説明するのは難しいが4パターンの走り方あるので、それを自分で選択してみろという。
 

Ssdsc06187

 
私は狭いタイプ、ぐるっと回るタイプをやってみたけど、なかなか難しい。狭いタイプは逆に簡単でした。
 
さらにコースが追加されました。どうやらY田さんの作品っぽいが、4番の奥に、なんと12連続Uターンでしたね。最初戸惑いましたが、これも基本は一緒でしょうか。やはり体の向き、早めのアクセルなどでしょうかね。Uターン感覚が狭いので、1個目を旋回したら早めに体の向きを変え、次のUターンに備える感じでしょうか。
 
今回、また新たな試みとしてアクセルをしっかり開けるのも心がけてました。特に直線は全快までもっていく。そのぶんしっかりとブレーキを使う感じです。まだ操作が荒いですが、繰り返す事でスムーズにしてければと考えています。
 
この日は、こんなところです。回転などがあるので、走る間隔が広めなこともあり、距離は伸びませんでしたね。
 
 

Ssdsc06191

 
最後にT網さんのまとめで、リーンアウトとリーンインのメリット、デメリットの話しがありまして。
 
リーンアウトはバイクが傾いているため、その分タイヤのグリップを使っている。リーンアウトは傾けが少ないのでタイヤのグリップに余裕を残している。
 
そんな話しだったかな。
リーンイン、リーンアウトのメリット、デメリットってのは、わかるようでわからない。なんかこう、もっと単純で簡単な説明ってないもんかな?って思ってますが、今回の言葉は、少し理解に役立ったかもしれないです。
 
 

« HMSに参加する202回目:上級 09回目 「体の向き」を常に意識せよ! | トップページ | HMSに参加する204回目:上級 10回目 体の向きを感じているか? »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

TKさん。
私も今日T網さんに
「buebueさんは国際線の飛行機に乗るときはファーストクラスですか?」
と聞かれました。
…私、海外いったことない…。

Buebueさん、コメントありがとうございます。
ファーストなんて、そう簡単に乗れるわけがない。
100万コースかもしれませんよ。

ベンチャー企業であてて、社長にでもならないとね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/62789045

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する203回目:中級 131回目 回転+選択型オフセット+12連続Uターン:

« HMSに参加する202回目:上級 09回目 「体の向き」を常に意識せよ! | トップページ | HMSに参加する204回目:上級 10回目 体の向きを感じているか? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ!