« HMSに参加する169回目:バランス 18回目 一本橋の道は険しく | トップページ | HMSに参加する171回目:上級 02回目 小さく早く曲がれない »

2015年5月12日 (火)

HMSに参加する170回目:中級 117回目 調子をあげていく

5月は晴天が多い中、なぜかこの日は雨?あれ?って感じの中級です。レインボーに向かう道中で雨がパラパラ。開始するあたりでポツポツ降り出してしまったので、あきらめて雨具を着ました。
イントラさんはメインがK岩さん、サブがK島さんというKKコンビ。ベテランコンビなんで、ちょっとうれしい。

Ssdsc02552

バイクはCB1300SFの5号車を選択しました。タイヤ後輪が新品だけど、前輪はあと2~3回で終わりか?ってレベル。

Ssdsc02547

午前中のコースは市街値。スタート直後は外周直パイ。だんだん左にまがっていく感じ。その後、ロングオフセットで戻るが、オフセットの頂点に2本おいてあるのが意味深だ。これを繰り返したあとで、また、外周を走り、直パイで戻ってくる感じ。要は直パイとロングオフセットという基本的なコースだった。
午前中は基本のおさらいということです。まぁ、最近の定番だけど、ギアチェンジは指示されなかったなぁ。

Ssdsc02540

ロングオフセットの頂点の2本パイロンは、しばらく練習した後で、広げられて間を通れとの指示。これはライン取りの練習。間を無理なく抜けるラインを選択してほしいという指導でした。
ちなみに雨は最初の30~40分でやみました。その後、曇りだったけど、午前中の中盤ぐらいで路面はドライになっており、けっこう楽しく走ることができたので良かったかな。
さてと、パイロンスペシャル並にたくさん並べられているので、一つ直パイを攻略してみよう。ギアは最初から1速で走っていく。基本に忠実に、アクセルを小さく早くあけていくと同時にニーグリップをしっかりしつつ、腰を使ってバイクを回していく感じかな~。
ただ、あんまり焦らない。だんだん左に曲がっていくが、直線との違いは、左に曲がるときに旋回をやや長く行うことだが、そのときにリズムを崩さないように走るよう注意。
ロングオフセットはライン取り。コーナー脱出字にパイロン間を抜けるラインを選択して走って見ました。

Ssdsc02538

そして、K島さんの追走あり。その後のコメントとしては、
 ・リズム感よく走っている
 ・直パイでは、もっとアクセルを長く開けてみろ。
  今は、ほぼ一瞬しかアクセルをあけてないが、
  パイロン間でアクセルを開け始め、バイクが起きて
  さらにパイロンに並ぶくらいまで開けてみろ。
  おそらく速度が出るので、さらにリアブレーキで
  減速+姿勢をコントロールして、次のターンにつなげる
なんとまぁ、またハイレベルな指導。ありがとうございます。
直パイのアクセルはあまり明けすぎるとバイクが縦に跳ねてしまうという指導が過去にあり、小さく明けるのが最近のマイトレンドだったんだけど、もっと長くあけてみろという指導。
この指導は私にとっては初めてかもしれない。K島さんは中々、発展性があり、理にかなった指導をしてくれるので、本当にありがたい。
そこで早速やってみる。アクセルを小さく長く開けていく感じ。最初はぎくしゃくするというか、タイミングがつかみにくいが、うまくいくと、やはり速度が乗ってくる。バイクがぐっと前に出て行く感じ。
アクセルオフと同時にリアブレーキをコンと踏んで逆にハンドルを切りつつ曲げていく。腕でハンドルを少し回す。
わずか数周ぐらいだったけど、感触だけ味わう事ができました。

Ssdsc02543

ここらで午前中を終了しました。
午後は、4番、5番を使ったコース。午前中に上級が使っていたコースを多少モディファイした感じだろうか。
スタートして、小さいオフセット、Uターンをへて、微妙なサイズの直パイ後に右に大きく曲がって、入っていく。バリアブル内で2本パイロンの間を抜ける場所があり、そこをぬけて外周へ。あとは円形とかオフセット、S字を抜けて戻る。4番内は、だんだん間隔が狭くなるオフセットだった。
なんか久しぶりなバリアブル。ちょっと面白いかも。走って見て、まず苦手ポイントは、3本直パイ後に1本左にそれた後で、大きく旋回する部分。この直パイ後のターンって苦手。どうしても大回りになりつつある。

Ssdsc02563

このあたりを軽やかに曲がる方法について、休憩時にイントラさんに質問してみたが、
 「フロントブレーキを使わない」
 「後輪ブレーキをぐっと使って曲がっていく」
 「ハンドルの送り出し+早いフルロック」
など、ありがたいハイレベルな指導をいただきました。

Ssdsc02565

やってみたんだけど、うまく行かず。K岩さんが該当箇所にたってて、激励してくれるが、なっかなかできないねぇ。
 フロントを使わない、リアブレーキを弱く、強くなどいろいろやってみたけど、やはりもっと早くフルロックまで持って行ける技量、または度胸を身に付けないと。
バリアブル後の間隔が狭くなるオフセットはまぁまぁ出来るが、速度が落ちる。これももっと早くフルロックにもっていけたら、早く小さく曲がれるんだが。バランスの8の字で練習するか。

Ssdsc02567

その後、K島さんの追走後のコメントとしては。
 ・気持ちよく走れている。
 ・ただ、テクニックもだいぶ上がってきているので、どうせなら、
  もっと早く、効率よく走れるようになるために、
   「後輪のラインをパイロン近くを通るようにしてみろ」
 ・そうするこで、次のコーナーに余裕が生まれる。
 ・後輪のラインを意識せよ
だそうです。
K島さんは、どんどんハードルをあげてくれてありがたい。
ただ、これは言われてすぐ出来るほど、甘くはない。後輪って見て走ってるわけじゃないので、パイロン近くを通るというのは、どういう感じなのか?をまずは考えながら走ってみる。近すぎると引っかけるし。
たしかに私は無意識にパイロンから間隔を空けるようだ。これは倒さないための配慮もあるけど。
だから、少し速度を落としつつ、前輪が通過する位置をやや手前にもっていくことから初めてみたが、まぁ、あまり出来ませんでした。このあたりは徐々に慣らしていこう。

Ss201505091538542

最後に定番の千鳥が追加されました。間隔はあまり狭くないので、CB1300でも十分に通れます。途中、K岩さんのダジャレに吹いてしくじったのは、一生の不覚・・・。
そういえば、なぜかKR田イントラが、試走をやらされてました。午前の雨の責任を取ってかな~。

Ssdsc02571

そのぐらいで本日の中級を終了しました。距離としては50kmに届かないけど、かなり疲れましたね。この日のK島さんの指導を少しっつでも実践していきたいと思いました。

Ssdsc02576

そういえば、帰り際、シマちゃんが駐車場でゴロゴロしちゃって、車の出発をさせてくれんかったです。「遊んで!」じゃね~ぞ! 

« HMSに参加する169回目:バランス 18回目 一本橋の道は険しく | トップページ | HMSに参加する171回目:上級 02回目 小さく早く曲がれない »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/61580131

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する170回目:中級 117回目 調子をあげていく:

« HMSに参加する169回目:バランス 18回目 一本橋の道は険しく | トップページ | HMSに参加する171回目:上級 02回目 小さく早く曲がれない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ!