« HMSに参加する165回目:パイロンスペシャル 07回目 極意は体を引くこと!? | トップページ | HMSに参加する167回目:中級 115回目 桜満開の桶川 »

2015年4月 3日 (金)

HMSに参加する166回目:オフロードレク 04回目 調子にのるとコケル?

もう春だなぁ、ひょっとしたら河川敷は桜が咲いてるかも・・ていうHMS。今回はオフロードへ参加しました。桜は咲いてませんでした。

Ssdsc02257

気温は高め。天気はいいかんじで、絶好のHMS日よりでしょう。通常は10名マックスのオフロードだけど、今回は12名。しかもイントラさん2名体制となりました。
イントラさんはメインがY下さん、サブが浜名湖から応援のN村さんでした。N村さんは、この日が最後でしたが、たまたまあいていたのかな。だからオフレクが12名になったのかな?とか、いろいろ予想。
バイクはXRを選択。前回、少し乗らしてもらって乗りやすかったので、思い切って借りてみました。

Ssdsc00001

午前中は、慣熟走行後にコース走行を行います。今回は3番なんだけど、さすがオフロード。パイロンが芝生の上に立ってるじゃん。芝生上でターンしろ、ということで、最初はちょっとビビリ。でもまぁ、速度を落としつつ、曲がっていけばいか。多少滑る感じもあるけど、そこは早くなれないと。さらに、ブレーキ練習ということで、舗装路と芝生上の両方で練習する。
ブレーキは、スタンディングで走りながらブレーキ時に後方に重心をかけつつブレーキする感じでしょうか。ちょっと慣れなくて、ふらつき気味、というか、イマイチ、姿勢とブレーキタイミングがなってない感じだったか。
途中、Y下さんの追走後の講評としては、
 1)上体、特に左旋回時に体が逆の右を向いている
でしたね。
これはオフロードじゃなく、オンロードでもそういう場面があると指摘されているので、注意しよう。本人はそういう意識はないんですが、たぶん、体が逃げ気味なんだろう。上体をもっと旋回方向に向けていく必要がある。
続いて、N村さんの追走。講評としては、
 ・体が前傾気味。もっと中心にすわり後方にもきちんと加重が
  かかるように
 ・後サスペンションがしっかり沈む感じ
 ・上体とハンドルの間の大きなボールがあるイメージ
だそうです。
夢中になると前傾になるクセが抜けないねぇ。もうちょっと注意しよう。

Ssdsc02250

休憩後は低μ路を使ってのブレーキターン、アクセルターンの練習。やはり来たか。これコワイっすよ。イントラさんのデモだと実に簡単そうに見えるのだが・・・。
まずはアクセルターン。曲がり際に少しアクセルを強くあけることで後輪が滑り出す感じ。その後、少し緩めるとグリップが回復するので、それでターンする感じだろうか。これは、比較的出来る。
だがブレーキターンは厳しい。XRはやりやすいということだけど、ちょっと怖さが先に出てしまう。一応、直線でブレーキ踏んでロックするのはわかったけど、曲がりながらはちょっとできません。転倒したら痛そうだし。
でもまぁ、みなさん攻める攻める。転倒続出。いやぁ~オフロードっぽくていいなぁ。お馴染みさんがステ~ンっと行ったときは、駆け寄ったけど、大丈夫でした。無事で何より。不死身なんだそうです。うらやましい。
走行している内に、自分も転倒。ちょっと調子に乗って、アクセルターンを使ってたんですが、たぶん、ハイサイドだと思います。旋回とは反対側にバイクが倒れて、自分は逃げましたが、勢いがついてるので、そのまま前から倒れました。ご心配いただきましたが、特にダメージはないです。 でも、いって~~~。
プロテクターのありがたみがわかる一瞬・・。
そんなこんなで午前中を終了しました。

Ssdsc02252

Ssdsc02264

お昼は菜の花畑があまりに綺麗なので、写真撮影。まぁ、最初は
一人で撮影してたんですが、次々と集まってくる。みなさん、考える
ことは同じなんだな~~っと。

Ssdsc02262

お昼休み後の午後は、いつものオフロードコース。コースは相当乾燥していることもあり、砂ホコリがすごい! 慣熟走行で走ると前走者の砂誇りで、視界が厳しい。ヘルメットより、ゴーグルの方がいいかもしれない。
まずはオフロードスラロームコースを走る。私はゆっくり目に走りますが、前走者がかなりの手練れで、がんがん行くので、ちょっと着いてくことに。でもあっと言うまに話されますね。何つっても、ターンがすごい。
 「ブレーキターンしてるじゃん、この人」
でした。
私はまだ滑る感覚になれて無いのと、路面が一定していないのになれてないせいか、目線がかなり近い。もうフロントタイヤの少し先を見ながら走ってる感じです。
このあたりを、休憩中にY下イントラさんに聞いてみました。
 「目線はどの辺ですかね?」
   「オンロードと同じ。次のパイロンへ」
 「え~、だって、路面が見えないとコワイじゃないですか。
  さらにガタガタするし」
   「そこは見なくても吸収できるようにしないと」
会話はこれで終わりなんですけどね~。オフロードの道は険しいっすな。
午後の第二部はトレッキングコースだそうです。これは以前にもあった坂の上りおり、丸太越えに加えて、コース側面の獣道を走るんだそうです。最近、開拓しているらしい。さらに斜め走るとか、登るとか、いろいろありました。

Ssdsc00004

ギア1速、スタンディングでゆっくりと半クラッチも駆使して下り、登りを行う。やってることは、3次元の千鳥みたいなもんか。路面が一定してないが、千鳥で走る感じ。さらに臨機応変。無理せず、少しずれたら、そのまま走り続ける感じでしょうね。バランス感覚は千鳥と同じだと思いました。
さらに丸太越えはもう勢い。丸太手前でぐっとハンドルをあげてアクセルを使って一気に超えちゃう。ゆっくりやるとはまってしまうので、もう勢いで超えちゃう感じす。
奥のトレッキングコースは斜めに下るところから始めますが、下ることはできるので、今度は下って登るほうにチャレンジ。斜め走りですが、一回目はできました。うまくバランスするのと、アクセルを微妙につかって行く感じ。
2回目はこけちゃいました。斜面で横にドスンという感じです。足が挟まってますがブーツのおかげで痛くはないけど、動けない。N村イントラに助けてもらいました。たぶん、アクセルを急に動かして後輪が滑ってしまったんだと思います。
その後、長い休憩の後で、コーススラロームへ戻りますが、トレッキングの間に給水車が来て水をまいてくれたので、ややホコリは落ち着きましたが、ぬかるんだコースはそれはそれで滑りやすくなっており、気をつけないと。
最後の最後、ラスト2分ぐらいで転倒しました。これも滑りやすくなったところで、たぶん、ハイサイド風にすっとんだんだと思います。まぁ、頭や顔は打ってないけど、足をバイクに挟まれてちょっと痛い感じ。結果、打ち身のようでした。

Ssdsc00010

そんな具合でオフロードコースを終了しました。終わったあとで、ちょっと足に痛みがあったんですが、関節とかじゃないので、ま、大丈夫だろう。実際、帰宅後にシップしておきましたが、3日後にアザになってました。はぁ~、オフは過酷だ。その代わり転倒しても、ダメージは少ない。

Ssdsc02267

最後に、この日が今年最後のHMSという方がいました。また、来年に会いましょう。

« HMSに参加する165回目:パイロンスペシャル 07回目 極意は体を引くこと!? | トップページ | HMSに参加する167回目:中級 115回目 桜満開の桶川 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/61383234

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する166回目:オフロードレク 04回目 調子にのるとコケル?:

« HMSに参加する165回目:パイロンスペシャル 07回目 極意は体を引くこと!? | トップページ | HMSに参加する167回目:中級 115回目 桜満開の桶川 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!