« HMSに参加する146回目:パイロンスペシャル 6回目 いったい何本? | トップページ | HMSに参加する148回目:中級 106回目 新たなる出発 »

2014年12月17日 (水)

HMSに参加する147回目:オフロードレク 2回目 トレッキング楽し

たまには受けみるか?という事でオフロードレクです。何と2回目。前回は3年前。あのころとじゃ講習内容も変わってるかもしれないと期待しての参加。

イントラさんはK岩さん。バイクはCRF100を選択。相変わらずこのバイクはブレーキがきかないな~。

ウェアは使い古しのトレーニングウェア。プロテクターやヘルメットはレンタルしました。参加する前にオフロードブーツを借りますが、サイズ優先で合うのを探す。ちょうど良いサイズがあったので、それを選択。

参加者は自分をいれて6名。土日ですが、今一つ不人気だったのか。

まずはバイクになれるということで、空いてるコースで慣熟走行。簡単なオフセットだけですが、ちょっとおっカナビックリで。 あと、タイル上の路面も走りました。ちょっと滑りそうでコワイ。

Ssdsc01673

そして、午前中はオフロードバイクに慣れるということで、市街地コース奧の広いエリアでオフセットやブレーキなどを練習する。

K岩さんの解説によれば、オフロードバイクで曲がるポイントとしては
 1)お尻をずらして曲がる
 2)フロント加重になりすぎない
 3)リア加重にもなり過ぎない
など。

フロントが滑るぐらいなら、リアが滑らすぐらい。
どちらかと言えば、リーンアウトぐらいで曲がっていくとかでしょうか。

Ssdsc01676

まずは、オフセットで曲がり方を練習する。基本はオンロードバイクと変わらないと思いますが、慣れは必要というところで。オフロードブーツなんでシフトチェンジやリアブレーキの感覚がほとんど無いのが、難しい所。

まぁ、リアはあまり使わず、エンブレとフロントブレーキで曲がっていく。まぁ、あまり速度は出さないので、何とかなるか。

続いて、スタンディングの練習。これは難しい。普段、デカイバイクでスタンディングは実に楽だが、CRF100でのスタンディングは本当にフラフラする。踏ん張るためにかなり足の力を使うので、すぐに疲れてしまう。しかもこれで曲がるのは、かなり厳しい。

Ssdsc01680

スタンディングで曲がるときは、イントラさんのデモ走行を見た感じだと、思った以上に腰を左右に振って曲がっていく感じだ。見た目は簡単そうに見えるけど、やってみるとバイクが安定しないし、かなり難しい。1周まわっただけで、足がぱんぱん。

午前中はこのぐらい。

Ssdsc01691

午後はオフロードコースで練習する。

最初のコース案内は、4周まわる。3年前の記憶だが、以前とあまり変わってないかも。
路面は、特にドロンドロンではなく、だいぶ乾いている感じなので、汚れなくて済むか。

コース最初の方は比較的走れるが、後半は轍がだいぶあって、バイクがガタガタしてしまうので、ちょっとコワイ。バイクをどこまで傾けていいのかもわからないし、ブレーキもどうやって使うのかわからない感じだ。まさにオンロードと勝手が違う。

Ssdsc01705

ただ、何周かしてると少しカンどころがわかってくる感じ。

早い段階でK岩さんが前走して、誘導してくれる。走ってる姿を見ると、曲がるときは滑っていくようだ。よくまぁ、あんな風に走れるもんだと感心しながらついていく。
そして講評。

 ・もっと体重移動を気を付けたほうがいい。
 ・わだちを乗り越えるときは、上体の力を抜いて、
   もう、なすがままで走り抜ける
 ・本来片手でオフは難しいが、それぐらい
   上体の力を抜いて走れるようになるのが目標かもしれない。
 ・あと、体はシートの真ん中。
   しかし少しそるような感じで加重ポイントを変える。
 ・この辺りがオンロードにも通用するポイントかもね。
  上体の力を抜いていく。

なるほど。なかなか難しい。

Ssdsc01706

休憩後に、トレッキングを行うという。
そんなのあったんだ?ということで、まずはコースを歩くというので、イントラさんについていく。
 1)坂を登る
 2)坂を下る
 3)荒れ地を登る
 4)荒れ地を下る
 5)丸太を越える
 6)角材を越える
 7)木々の枝枝を越える
 8)急坂を登る
 9)急坂を下る
という感じか。そしてK岩さんのデモ相応。わかってはいるが、軽やかに走り抜ける。
自分的には
 「こんなのできるのか?」
と、ちょっと恐れる。

ただ、カンでわかるのは、勢いをつけて一気にいかないと、登り坂はクリアできないかというところ。

やってみるとわかるのは、加速をつけて一気に行く感じがコツかも。怖がってると登れるものも登れない。一度、止まってしまって、脱出に苦労しました。

丸太はあまりに難しいということで、一度だけで後は撤去されちゃいました。角材はちょっとフロントを上げる感じで行くと案外できる。急坂を登るときは、もう勢いを付けて、やや前傾で一気に登る。足をついてもいいので、とにかく登りきる感じか。

Ssdsc01704

やる前は怖かったが、案外できるもんで、面白い。

後は、今までのスラロームコースと組み合わせて全周まわるコースを走る。しかしまぁ、他の皆さんは元気だ。私はもうヘトヘト。K岩さんのオフロードのポイントを聞いてました。

 ・体重移動をもっと大胆に
 ・リアは滑らすぐらい
 ・アクセルはデリケートに

というK岩さんのデモ走行を見ていたが、バイクは随分と傾いている。自分はなんか滑りそうであまり傾ける事は出来てないなと思いながら。

Ssdsc01708

このぐらいで本日のオフロードレクは終了しました。
もう足、特にモモの間接が悲鳴を上げている。
こりゃ筋肉通が厳しそうだ。

まぁ、オフロードで一度も転倒しなかったので、多少は進歩したか。それにしてもトレッキングは面白かった。あのぐらいなら何とか走れる。もう少し訓練したら、もてぎのトレッキングに参加してみたいものだ。かなりコワイらしいけど。


« HMSに参加する146回目:パイロンスペシャル 6回目 いったい何本? | トップページ | HMSに参加する148回目:中級 106回目 新たなる出発 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/60825817

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する147回目:オフロードレク 2回目 トレッキング楽し:

« HMSに参加する146回目:パイロンスペシャル 6回目 いったい何本? | トップページ | HMSに参加する148回目:中級 106回目 新たなる出発 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!