« FZ1車検完了 | トップページ | 真夏の群馬県を走る »

2014年7月28日 (月)

HMSに参加する127回目:中級 90回目 もっと傾けろ

梅雨が明けて初のHMS。予報では酷暑・・・いや、ゲリラ豪雨?なんて波乱の天気予報のHMS中級に参加しました。もう、朝から暑い。車に荷物を運ぶだけで汗だく・・・なんて人もいるくらいで。あ、俺もか。

Ssdsc01114

道中もかなり暑い。車だからエアコンが効いてますが、なんか厳しい一日になりそうな予感です。併設コースは、初級、バランス、コースラでしょうか。初級、中級はともかくバランスは死人がでないか?とか心配になっちゃいました。バランス参加予定の人が中級に変えようかと窓口に相談した結果・・・ダメだったようです。

Ssdsc01113_1

 

イントラさんは、メインがK岩さん、サブがK島さん。K岩さんは滑らないギャグを練習しているそうです。でも、滑るか。

バイクはCB1300SF黒を選択。4号車としました。K島さんには、「いつもそれだね~」って声をかけてもらいましたが、ま、慣れてる車両が一番ということです。ABSは好きになれないし。

Ssdsc01118

午前中は、慣熟走行後に加減速の練習。既にかなり暑い。いや~、酷暑ですね。チリチリと音が聞こえてきそう。

そして、ニーグリップの練習もありました。センタースタンドで立てたバイクに乗って、相棒に押+引きをやってもらうわけですね。この辺りは、さすがに耐えられます。

そして午前中の市街地コースへ案内されます。コースは、スタンダード。S字×2から入って、グルっと大きなUターンを通って、拡張部分へ。ロングオフセットの後、直パイを通ってから、拡張内部に入り、Uターンや直角コーナーを経て市街地に戻ります。市街地内もUターンがありますが、あまり苦ではありません。

さぁって張り切っていくか・・・と思いきや、既にカンカン照り! それにしても参加者の皆さんは元気だな~~。

Ssdsc01119

せっかくのドライのコースなので、今回のテーマは
 1)加速をしっかりと
 2)減速は弱めに
 3)しっかり傾ける
 4)ハンドルをしっかり切って行く
あたりを中心にやってみようと思ったんですが、暑さにやられていつのまにか飛んでました。

そしてK島さんの追走がありました。ま、何とか走り切っての講評。

 ・アクセルはしっかり開けており加速感はいいよ
 ・今何か練習しようとしているかい?
  「ハンドルを切っていこうと思います」
 ・ならば、それにトライしていくといい

そして休憩。いや~死ぬかと思うぐらいの暑さ。トレーラーハウスで扇風機を浴びながら、しばらく涼んで挑む。

Ssdsc01120

K岩さんの講義では、
 ・旋回時に肩のラインをハンドルと平行になるように
 ・体が旋回方向を向くように
 ・内腕は後方のクラブバーを握るぐらいに体を向ける
ですね。これは以前のK岩さんの講習でもありました。

そして練習に戻ったんですが、ちょっと異変。というかやばい。頭痛になる一歩手前。こりゃまずいなということで、バイクを止めて自主休憩。トレーラーハウスでエアコン+扇風機を思い切り浴びながら水分補給。約10分ぐらい涼んでましたが、何とか復活。頭もハッキリしましたので練習に戻りました。

K岩さんに追走してもらった後の講評は
 ・旋回時に腕が邪魔している様子は無い。
 ・良い感じではある。
あと2~3何か言われたんですが、覚えてませんでした。大丈夫か、俺?

ここらで午前中を終了。私は自主休憩を取ってますが、走りっぱなしの人もいるわけで、みんな大丈夫なんだろうか?

Ssdsc01122
      (グロムいいなぁ。これで受けてみたいけど初級限定)

お昼御飯のカレーを前に、しばらくぼーっとして、水だけ飲んでましたっけ。「ちゃんと食べないとダメだよ」と声をかけてもらったので何とか食べて午後にのぞむ。

Ssdsc01125


所が、今度は雲行きがあやしい。真っ黒い雲が一気に襲ってくる感じでしょうか。こりゃ仕方ないということで、レインウェアのズボンだけ履いておきましたが、出発時刻になって、パラパラと・・・そしてザ~~っと一気に大雨が。あまりの大雨に出発を断念。ちょっと待つ事に。

Ssdsc01128

K岩さんが言うには、
 「後10分ぐらいで黒雲が通過する予定なので、そしたら出発します」
という。へぇ~~と思ったけど、今にして思えばそんな短期予報ががでるわけないじゃん。あれは、ギャグだったのかな~。

確かに小降りになったんですけどね。そこで出発して午後のコースへ。

午後はバリアブル+4番全部を使ったロングコースです。雨がかなり降った後なので路面はウェット。少し水がたまってる所もありますので走行は注意でしょう。

コースの入口から入って4番のオフセット。これは通常タイプ。そして最後の方は少し狭くなる感じ。パイロンが黄色になるのが印象的。そして、ターンして、戻りになるが、これが狭いオフセット。いや、私はコレを待っていた。この狭いオフセットこそ、前回練習したフルロックを練習できるコースなんだな。
その後は、3本直パイを交互にやって、いく感じ。
この前半部分でかなり疲れます。もう最後の方は惰性で走る感じ。
そして、バリアブル内へ入りますが、こちらはあまりきつく無いコースでした。途中、直角コーナーから入るオフセットがありましたが間隔は広めです。ただ雨が強く滑りやすい部分でもあるので、注意は必要でしょう。

雨が降ってくれて路面温度がさがって暑さがだいぶ和らいだ事もあり、そこはマシでした。

スタート直後は通常のオフセットだから問題はありませんが雨ならではの走り方に注意して少し傾けは抑え気味。またアクセルも少し弱めにしました。フロントブレーキは強めっでも大丈夫。リアブレーキはロックしやすいので少し弱めで。

問題は戻りの狭いオフセット。フルロックターンを練習するつもりでしたが、この雨。ちょっとコワイ。だけど先日の練習のかいもあって、出だしは何とか出来る。ただ、フルロックまでちょっと遅い。もっと勢いよく一気にフルロックに持ってかないと。加速してフロントブレーキをかけながら、ロックまで持っていきますが、スパッと倒す部分にうまくハンドル操作がマッチしない。

途中雨がかなり強くなったり、雷がゴロゴロなったりして、休憩をかねた中断もありましたが、練習は中止になることなく続行。雨で気温は下がりましたが、水分補給に注意して走ってましたっけ。

そしてK島さんが追走してくれました。前半オフセットはともかく、後半の狭いオフセットでは、後ろからK島さんが吠える!

 ・ほらもっと傾けて!もっともっと!
   そこでハッとして、やや傾けを増やす
 ・そうそう!
 ・もっと傾けて・・
   いや、ムリっす。

雨だったこともあり、私は傾けを絞ってしまってたようですが、K島さんのかけ声で傾けを少し取り戻しました。

その後の講評では
 ・あそこ(狭いオフセット)ではもっと傾けたほうがいい
 ・加速、減速のタイミングは良かった
 ・ただ、加速時に体が大きく前後に動く。これは治したほうがいい
 ・アクセルを動かすときに、肘を下に下げる方法もあるけど、ココでは不要
でした。

確かに狭いオフセットで方向けを増やしたほうが安定するし早くフルロックまでいくと思えました。つまり傾けたほうが楽なんです。

さらに走り続ける。途中、前走者にN口さんが吠える。
 「ほら~、もっと○○○!」 (よく聞こえない)
そして、私にも吠える。
 「あ~、○○○! どうした!」 

あれ、ちょっと待て、あんたは初級の担当やないの!?

そんな具合でHMS中級を終了しました。酷暑、ゲリラ豪雨、雷と実に変化に飛んだ天気の一日でした。酷暑だったので雨が降ってもらってよかったかもしれません。なんつっても、足もブーツの中が超熱かったですから。

Ssdsc01130

走行距離は50kmに届きませんでしたが、休憩も多く取ったし仕方ないでしょう。フルロックターンのヒントをもらえたので、良かったかも。キーワードは、
 「もっと傾けろ!」
でしょうか。あ、誰かのセリフ、そのまんまか!


« FZ1車検完了 | トップページ | 真夏の群馬県を走る »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/60059818

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する127回目:中級 90回目 もっと傾けろ:

« FZ1車検完了 | トップページ | 真夏の群馬県を走る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!