« 梅雨の晴れ間にちょっと奥多摩ツーリング | トップページ | HMSに参加する126回目:中級 89回目 フルロックまで持っていけ! »

2014年7月17日 (木)

HMSに参加する125回目:中級 88回目 自分に勝つしかない!

雨のHMSが、多い中で週末は好天の予報でした。ところが、何と曇り! しかも雨がポツポツというHMS中級に参加しました。

併設コースは、初級、コースラ、オフロードの他、チームマリが皆済されてました。チームマリはかなりの人数なので、HMSは少なめです。

Ssdsc00968

イントラさんは、メインがT林さん、サブがN口さん。ちょっと貫禄が違い過ぎる気もするけど、コレも若い人材を育てるためか。

バイクは、CB1300を選択。前回と違って3号車。これはガソリンメーターが壊れてました。なんか2年前の新車はだいぶやれてきてるな~。

Ssdsc00969

午前中はバリアブル+4番の半分。ちょっと細かいが直線も多くしましたと、T林さんの事前の解説でしたね。

コースは、バリアブルから入って、Uターン×4の後、内周に入り、オフセットなどを繰りかえした後で、外周を走る感じですね。Uターンが多かったと思います。そこから4番のコースに入り、間隔がきつめのオフセットを経てゴールに戻ります。けっこう厳しいコースだったと思いますが、楽しいコースでもありました。「

Ssdsc00976

冒頭ではN口さんが解説を始めます。久しぶりのN口講座です。これによると、

 1)怖がって傾けられない人がいる
 2)これは自分に勝つしかない
 3)練習を繰りかえすことで、どの辺りまで耐えられるかわかる

という感じだったかな。ま、自分に勝たないと、その先が楽しめないぞ!というありがたい講義でした。

さて、走り出してすぐに、ポツポツと・・・。気のせいか?って思ったが、いやいや、雨が降ってきました。あ~~~~。そんなに強い雨じゃありませんが、路面はだんだん濡れていきます。このぐらいが一番滑りやすいので、注意して走ることにします。

N口さんは、コース上に立って激を飛ばします。Uターンポイントでは、
 「ココですぱっと倒す! そぉだ!」
みたいな。

その内、矯正パイロンがアチコチにおかれて行きましたっけ。突然、コース上にパイロンがあったので、「まちがえたか?」と思って止まっちゃいましたよ。
 「だめだよ、ちゃんと内側をはしらないと !」
と怒られてしまいました。
そんな、そこにあるはずの無いパイロンがあるんだもんね~。

Ssdsc00984

何周か走って、T林さんの追走がありました。これによると。
 ・コーナーで速度を落としきってから傾けている
 ・もう少し速度を残して傾けて行けるはず
 ・速度ものってくるよ
 ・今は、旋回後半で速度が落ちきるので、早いアクセルを使わざるえない
でした。

あ~、指摘されちゃった。これ、中級の初期のコロから数多くのイントラさんに指摘されて続けてきた事なんですよね。最近は少しマシになってきたと思ってましたが、まだまだのようです。ただ、T林さんのコメントからわかるのは、
 ・ブレーキを残して傾けに入れ
と考える事ができます。私は、ブレーキをかけて減速して、そのブレーキを弱めることをキッカケに傾けに入る事が多いです。そこを少し我慢してブレーキを残しながら、傾けに入る事ができるか?がカギになると考えます。

冒頭のN口さんの言葉じゃありませんが、コワサを克服し、自分に勝つしかないんですよ。もう少し、速度を残せるか? を考えていくことに。

しかし、午前中は時より雨が強くなったりして、雨具こそ着ませんでしたが、ウェット路面であまり強くリアブレーキを踏むとスリップしたりして、ちょっとコワイ。特に白線の上は、滑る滑る。まぁ、運転がちょっと荒かったかもしれません。

午前中はこのぐらい。

Ssdsc00981

午後は、4番と2番の一部を使ったロングコース。敷地は広いですが、だだっ広い直線とかもありました。あまり細かすぎると一周が疲れますが、程々の細かさでセッティングされていました。

コースは、大きくUターンしてオフセット。オフセットはだんだん狭くなる感じ。その後Uターン×2のあと、大きなオフセット後にロング直線。戻りは直パイあり、その後に小さなコーススラロームありでした。

午前中の指摘を気を付けて、少しブレーキを残す感じで走ってましたが、T林さんの追走によれば、
 ・午前中と同じで速度を維持していく
 ・リアブレーキは車体を安定させる程度
 ・フロントは添える程度
ぐらいでいいんだと。

う~む、どちらかというと、しっかりと加速ししっかりと減速するを心がけていたが、ブレーキを控えめに・・ということかな。オフセットの長さもあまり長くないので、このぐらいでいいのかなという感じです。

短いオフセットなら本当にギリギリまで加速し、アクセルオフと同時に傾けて行けるので、そのときにあまりブレーキを使わず、傾けとハンドルで曲がっていくよう、やってみました。ま、自分的には今ひとつしっくり来ませんでした。練習あるのみかも。

Ssdsc00990

最後の方で、コース終盤でいきなりN口さんに着かれました。そして、後ろから叫んでいる!
 ・もっと傾けろ~~~~~!!!!

走り終わったあとで話を聞きました。

 ・もっと傾けることで小さく回れる
 ・少しでもハンドルを切っていけ
 ・右はマシだが、左はイマイチ。
 ・左がリーンアウトになりやすい。気を付けるように

最近は右がイマイチという指摘が多かったが、逆だった。しかし。今でもステップか足先を擦ってるわけだが、もっと傾けろと。あ、でも確かに右足は擦りやすいが左は擦らない事が多いか。

Ssdsc00986

そういえば私はどのくらい傾けるか?をねらってやってない。何となく傾けてるだけで、ココまで傾けるという事を意図できてない。う~む、みんなどこまで傾けるかを意識しているのかな。

コワサを克服し、速度を落としすぎず、思い切って傾けていく。これを達成するには、まさに自分との戦いに勝たねばならない。まさに冒頭のN口さんの言葉をどう達成するかがポイントかぁ~と考えるHMSでした。

Ssdsc00993

走行距離は60kmを越えたので、最近の中級では走った方ですね。この日は、天気は曇りまたは小雨だったので、日差しがでておらず、多少、過ごしやすかったかも。

でも飲んだ水分は2L程度か。これがカンカン照りなら4Lは行けるな~。

« 梅雨の晴れ間にちょっと奥多摩ツーリング | トップページ | HMSに参加する126回目:中級 89回目 フルロックまで持っていけ! »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/60000603

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する125回目:中級 88回目 自分に勝つしかない!:

« 梅雨の晴れ間にちょっと奥多摩ツーリング | トップページ | HMSに参加する126回目:中級 89回目 フルロックまで持っていけ! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!