« 秩父・ちょい観光ツーリング | トップページ | HMSツーリング 秩父でバイク弁当を食べよう »

2014年5月30日 (金)

HMSに参加する119回目:中級 82回目 スランプは・・

いや~、もうスッカリ夏じゃないか?って思える陽気のHMSに参加してきました。併設コースは少なめで、バランス、初級と後は貸切かな。参加者はそんなに多くはないと思いますが、なんとなくコースが手狭でした。

Ssdsc00748

イントラさんは、メインがT林さん、サブがK岩さんでした。バイクは、CB1300を選択。やはり前回と同じ4号車。リアタイヤが新品でした。

Ssdsc00749

午前中はバリアブルのみ。4番は初級が使っているので仕方ないとは思いますが、23名でバリアブルのみだと、ちょっと狭いでしょうねぇ。バランスの8の字はCコースを使っていたので、1番、2番は空いていたハズだけど。。

コース内容は、最初にUターンではなく直角コーナー×2、パイロンの隙間を抜けるようなコースを走りつつ、2本差しオフセットの後で、大きなターンを経て、Uターンとか小さくまわるコーナーが続くコースでした。全体としてはそんなに厳しくはないと思います。

Ssdsc00754

ただ、走りやすくはなくて、なんか走りにくい感じですね。

最初は、様子見しつつ、Uターン箇所のポイントをチェックしながら走ってました。まぁ、なんつ~か、Uターンにちょっと恐怖心を拾ってしまったのか、どうもしっくりきません。

それでも前回と同じように小さくハンドルを切って行くことを思い出しながら走っており、速度よりも小さく回るを心がけてました。速度はともかく、ふらつき感はだいぶ解消されてきたような、そんな感じでしょうか。

Ssdsc00758

そのうち、T林さんの追走がありました。これによると
 1)左はいいのに、右はややリーンアウト気味
 2)だからバイクの引き起こし時に少し重たさが残る
    つまり遅れる
でした。

右がリーンアウトというのは、よく指摘されるポイントの一つですね。やばいやばい。もうちっとリーンインを心がけないと。それにしても、引き起こしが重たそう・・・・とは、初めてもらった指摘になんか新鮮感あり。なるほど、そういう側面もあったのか。

ならばということで、少しリーンイン気味で走りました。午前中はけっこう走ったような気もしましたが、バリアブルオンリーなので、20kmに届かず。

Ssdsc00763

午後は、4番の半分と、3番を使ったコースになりました。事前にK岩さんからは、「けっこう細かいかもしれない」と言われていましたが、確かに細かいコースです。
前半の4番を中心のコースは、オフセットや、3本セットのパイロンでオフセットするようなそんなコースです。 そして後半の3番のコースは、やけに細かい。3番だとオフセットぐらいが多いんですが、そこにUターンや細かいコーナーが設定されている。

ちょっと、今の自分には厳しいかも・・・・なんて思いがよぎるコースです。

実際、コース案内のところでUターン仕切れず、止まっちゃいました。情けない。

走り出してからは、もがくもがく。

Ssdsc00766

前半はともかく後半の細かいコースをどうやって攻略するか。最初の端を使ったUターンがとにかく鬼門。あれをどうやってスムーズにクリアするかを試行錯誤。
速度は落としてみたり、前輪ブレーキを強くしたり、早くアクセルを開けてみたりと色々。そして・・・・、もうちょっと旋回で我慢してみようかと思ったときに・・・・。がしゃ~~ん!

倒れました。失速ゴケですね。ま、転けそうになった瞬間に逃げちゃったので、私はダメージ無し。落ち着いてバイクを起こして、コース外に逃げました。失速ゴケは久しぶりだね~。

こいつは重症かなぁ。

その後、K岩さんの追走がありました。これによると。

 ・ハンドルは限界まで切ってますか?

という質問があり、「いや、ロックまでは行ってないですね」と答えました。
すると、
 ・後半はロックまで切りましょう。
 ・できれば、旋回前半でロックにもっていく
 ・そうすれば、もっと小さくまわれる
だそうです。

いや、まぁ、わかってはいるんですけど、なかなかそこまでは。

やってみるとわかるが私はハンドルを切るのが遅い。どちらかというと旋回後半でロックまで持って行けるが、K岩さんは前半で持って行けという。これはひとえに上体が安定してないからかな~。

Ssdsc00769

他にK岩さんの指導としては、
 ・もっと体をひねっていけ
というのがありました。

実際に、止まってるバイクの上で体をひねってみる。外腕をハンドルに置くと、内腕は思い切りバイクのリアカウルを触るぐらい。このぐらいでちょうど肩のラインハンドルと平行になる。そこまで切って行くんだよとの話です。おぉ~、これは新鮮だった。

今までいろいろなイントラさんに、もっと上体をひねれ、と言われているが、なかなか実現できていませんね~。もっと余裕を持って走行しないと。

Ssdsc00771

変わり種として、片手で走って見ようというのがありました。さすがにコースは厳しいのでK岩さんの先導でオフセット風に走りながら、片手でやっていく。ポイントは、ニーグリップとセルフステアでしょう。やってみると案外できません。

左手を離して右手でアクセルを操作しながら運転するわけですが、右手が外腕になるときは引っ張ろうとするし、内腕になるときは、おさえてしまう。

でも、コツはわかりました。上体をひねっていくんです。そうすれば、この押し引きはやや緩和されてきます。片腕でももっと上体をひねれば、案外いけるかもしれません。

だいぶ走って、少しだけカンどころがわかってきたところで、練習を終了しました。あ~、あと、2周ぐらいでいいから走りたかったな。

走行距離は、46.7kmでした。細かいコースばかりだったので、仕方ないか。その割には疲労感は結構あります。

Ssdsc00773

立ちゴケはするし、なんか走りにくいし、ちょっとこの状態を早く脱出していきたいと思うHMSでした。


« 秩父・ちょい観光ツーリング | トップページ | HMSツーリング 秩父でバイク弁当を食べよう »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/59731249

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する119回目:中級 82回目 スランプは・・:

« 秩父・ちょい観光ツーリング | トップページ | HMSツーリング 秩父でバイク弁当を食べよう »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!