« PCXで都内をツーリング | トップページ | 秩父・ちょい観光ツーリング »

2014年5月20日 (火)

HMSに参加する118回目:中級 81回目 君は遠心力を感じたことはあるか?

ここの所、週末の天気がすこぶる良好な日が続いているHMSに参加してきました。併設コースは、バランス、パイロンスペシャル、ホンダドリームHMSでしたが、ジムカーナの大会もやってたので、コースは手狭となりました。

Ssdsc00713


イントラさんは、メインがT林さん、サブがK島さんでした。バイクは、CB1300を選択。前回と同じ4号車にしました。前タイヤがブリジストンのタイヤです。

Ssdsc00738

午前中はバリアブルと4番の半分の組合せコースでした。最初は4本直パイ。その後、直角コーナー×2の後で、オフセットが続いてバリアブルへ。バリアブルはUターン×3で始まり、パイロンで制約されたUターンコーナーを経てS字に入ります。そして、小さくターンが続いた後で、円形コーナー、変則直パイ等をへて、ロングバックストレッチでした。

全体としては、あまり細かくなく走りやすいコースだったと思います。

Ssdsc00720

冒頭のT林さんの解説では、
 「ラインを考えてほしい」
でした。要は、曲がった後でパイロン裏にちゃんと付けるお馴染みの走行ラインです。これを中心にやってみて欲しいとのことでした。

さて、私はと言いますと、なぜか前回からスランプを引きずってまして、Uターンがコワイという現象にさいなまれています。なんかしっくり来ない。ちょっとフラフラしちゃうので、これをどうやって克服するか?というのが本日の課題かもしれません。

コースの前半は特に不都合はなくて、適宜走りながら、コースに慣れていきますが、バリアブルの冒頭のUターンはいきなり、つまずいてしまいました。なんか失速気味でフラフラする。へたすると倒れそうな感覚を受けます。

その後も、どうもしっくり来ないんですね。でもまぁ、走りながら、しばらくコースに慣れるようにしてました。

途中、T林さんの追走あり。それによると、
 ・リアブレーキのリリースが早すぎる
 ・もう少し耐えた方が、もっと早くまわれるはず
でした。
なるほど。最近、リアブレーキはあまり注力してませんでしたね、たしかに。ココは一つ初心に返ってみようかと。

いや~それにしても暑い! 自主休憩までは行きませんが、かなり喉が渇く。時々水分補給しながら、走り続けました。

さて、課題のUターンですが、色々試してみることに
 1)目線を先に送る
 2)ゆっくりアプローチしてみる
 3)ブレーキを弱めにしてみる
などでしょうか。

1回だけ、さくっと曲がれたので、
 「あ、これか」
と思った次第です。

でも、だいぶコースに慣れてきたところで、午前中は終了でした。もうちょっとやりたかったところです。

Ssdsc00726

午後は、バリアブルと4番を使った選択型のコースでした。バリアブルは午前中とほぼ同じコース。入り口が違うだけです。4番は、前半オフセット、後半はオフセット+Uターンの組み合わせて、基礎的なコースでした。

これは私にとってチャンスです。今のスランプを克服するためには基本に帰るのが一番と考えていましたので、オフセットとUターンの組合せは最適と考えました。

選択式なので迷わず4番へ。オフセットを走りながら、Uターンにチャレンジします。しかし、ふらつく。足を出すこと数回。どうにも深刻なスランプなのかな・・・・。

気分を変えにバリアブルコースへ。そこで何周か走ってる内にK島さんが講習を始めました。

 1)フロントフォークの戻りを使って、切り返してみよう
 2)サスの戻りを利用してさくっとバイクの向きを変える。
 3)やり方は、
  ・コーナーの進入でブレーキと同時にサスを縮める
  ・サスは自然にも縮むが、腕でぐっと押して縮める
  ・そしてサスを縮めた状態でさくっと旋回。
  ・その後、ブレーキリリースと同時にサスが戻るがそれにアクセルを加える
  ・サスが伸びる力を使って一気に切り返す

たぶん、こんな感じだったと思います。要はサスの復元力を利用してそれで早く切り返すというワザです。これは、けっこう難しい・・・というか、どうやって・・・。

なので、前半のサスを縮め、サスを戻す部分だけに注力して走行しますが、全然出来ませんでした。

そこで、4番へ移動。オフセットで試してみることにしました。意味があるかどうかは別として、オフセットであればタイミングがハッキリしているので、グッとサスを腕で縮めてという動作ができるハズ。なので、ココでサスの伸び縮みを練習していました。
ちなみに後でK島さんに聞いたところ、
 「サスを使った切り返しは小さいコーナーが連続するところで効果がある。
  オフセットでやっても意味ないよ」
だそうです。ただまぁ、サスを縮める練習ぐらいにはなったか・・。

Ssdsc00721

ところで相変わらずUターンはイマイチでした。
そこで休憩後にK島さんが4番側に来たので、相談してみることにしました。

 相談内容:
  どうにもUターンで失速気味なんです。これをどうやって克服すればいいですか?

我ながら何と抽象的な質問だろう。これにはK島さんも少し考え込んだ。この後、いろんな会話をしたのだが、要約すれば次の通りだ。

 ・失速ってなんですか?
 ・なぜ、失速してると思いますか?

この質問には、唖然とした。あ、失速って自分が勝手にそう思ってるのか?って。

私としては、
 ・失速とは、バイクが倒れそうになると思えるとき
 ・Uターンへの進入するときに速度を落としすぎているのでは
  と考えている
であった。

でも、K島さは、
 「そうじゃないと思うよ」
で始まる。

そしてK島さんは、「着いてこい」ということで先導してもらうことに。いや~、なんかスランプの時って、イントラさんの前走は実に新鮮でした。K島さんて、こんな走り方だったかな?って思うような。ただのオフセットなんですけど、進入位置、傾け、旋回速度、どれもこれも新鮮でした。後ろを着いていくだけで、すごく走りやすい。

そして、問題のUターンの箇所。K島さんがだいぶ速度を落としてそして、さくっと曲がっていきましたが、旋回が小さく、一気にパイロン裏に付けました。それに比べて私は旋回に入るタイミングが遅く、また、大きな半径で曲がってたと思います。さらにフラフラ。

走り終わってK島さんからは、
 ・どんな感じでしたか?
と聞かれて、やはりフラフラ感を伝えます。

K島さんによれば、
 ・失速しているわけじゃない
 ・さっきのUターンは、いつもより速度を落としてみた
 ・速度が落ちていると思うのであれば、もっと小さく回ればいい
 ・遠心力を上げることで失速感をなくす
 ・遠心力を上げるためには、半径を小さくする。わかりますか?

遠心力と半径の関係は、物理なんですけどわかりますが・・・。

そして自分で走ってみる。小さく回るために、速度は遅くなっても、多少フラフラしながらもとにかくハンドルを切って行く。これを何回も繰りかえす内に、だんだんしっくりしてきました。また、失速感も薄れてきました。ただ、時々失敗しますが。

速度を出そう、または、減速を減らそう、ではなく、速度が落ちたぶん、小さく回ればいいというのが、K島風なのかな。

途中でK島さんから、
 「どうですか?」
と声をかけられたので、
 「スランプを脱出するきっかけを得ました」
と答えたところ、
  「遠心力をコントロールしてください」
でした。

遠心力をコントロールするなんて考えた事もなかったけど、バイクの安定した挙動のためには遠心力をコントロールするというのは、確かにその通り。速度、旋回半径、傾けのバランスを自然にモノにする必要がある。

Ssdsc00711

しばらく4番を走り込んでましたが、ラスト30分ぐらいでバリアブルへ。オフセットとUターンをみっちりやったからか、バリアブルは走りやすくなってました。まぁ、多少パイロンの位置が変わってたこともありますが、やはりスランプの時は基本に帰るのがいいんですね。

そして、T林さんの追走がありました。ココでは、
 1)やはり後方の加重が足りない
 2)ブレーキ時に前方に加重しすぎ
 3)もっと後方に重心をもっていく。
う~ん、T林さんには、これをよく指摘される。後方加重に気を付けていこう。

Ssdsc00736

というわけで、本日の練習を終了しました。バリアブル中心だったので走行距離は54kmでした。最近の中級では少ないほうでしょうか。その割には、かなりの疲労感です。暑かったこともありますが、細かいところをかなり走り込んだのが影響したかもしれません。

Uターンのスランプは、完璧ではありませんが、克服できる気配は出てきました。後、一時間ぐらい練習できればなぁ、と思ったりしますが、次の課題があるということで。

« PCXで都内をツーリング | トップページ | 秩父・ちょい観光ツーリング »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/59677386

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する118回目:中級 81回目 君は遠心力を感じたことはあるか?:

« PCXで都内をツーリング | トップページ | 秩父・ちょい観光ツーリング »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!