« HMS:消費税で値上げ | トップページ | HMSに参加する108回目:中級 72回目 右がリーンアウト »

2014年3月 5日 (水)

HMSに参加する107回目:中級 71回目 ハンドルを切っていく

なんか天気がイマイチはっきりしない・・というか予報はドンドン悪くなっていく中で多少なりとも曇りならいいかと思ってましたが、やっぱり雨のHMSとなりました。ただ、気温は高めで10度ぐらいだったこともあり、雨に濡れて寒い!ってことが、なかったことが、唯一の救いでしょうか。

併設コースは、コースラ、スキルテスト、後、ホンダバイク販売店の貸切があったようです。雨ということもあり、スキルテストは何と3名! ま、私も天気が良くて4名の時もあったので、仕方ないですね。

Ssdsc00241

イントラさんは、メインがM川さん、サブがN口さんという豪華な組合せ。スパルタというより、何かが置きそうな予感もします。

バイクはCB1300SFを選択しました。本日の目標は、「雨なので転倒しないように慎重な操作を心がける」としました。でも、内に秘めたる目標としては、

 ・Uターンへの進入速度を上げる
 ・Uターン時の失速感をなくすために、進入方法を色々試す

でした。これは前回の反省から、どうしてもUターン等の深いコーナーへの侵入時に減速しすぎる傾向があるからです。あと、2~3km/hでもいいから速度を上げて進入したい。そのために色々考えてきたことあったので。

ただ、雨ということもあり、スリップがコワイのであまり無理しない程度に試すことにしました。

Ssdsc00244

午前中は市街地コース。コースは、たぶんスキルテストへ転用可能な範囲でアレンジされたコースだと思いますが、あまり細かすぎる事もなく、大きめのオフセットがならぶコースでした。

少し走ったあとで、M川さんの解説が始まります。

 ・ハンドルを抑えない練習をしよう
 ・左手で、ハンドルに親指をかけない
 ・右旋回時はハンドルを押す
 ・左旋回時はハンドルを引きながら握り直すように手の平をハンドルの前へ

これらを意識して走ってごらん、ってことで練習開始。
これは、ハンドルをフリーにする練習の一種だけど、まずは左手の焦点をあてたものだと推測。

ポイントは、ハンドルを抑えない事と、引いたときに握り直す所かも。この辺りは、かつて色々なイントラさんに指摘されたことがある。中でもK島さんは熱心に教えてくれたし、初めて握り直しを指摘してくれた。

M川さんがS字の所で立って、通過者を指導する。
 ・ハンドルを抑えないで~
 ・そうそう、握り直すような感じで~
ってところでしょうか。

できる・できないは、出来ます。ただ、動作はあまり早くないので、もう少し早めに操作できることを意識する。

Ssdsc00242

私は左手でもクラッチレバーに指をかけてしまうクセがあり、気付いたときには一差し指と中指がクラッチレバーにかかってることがありますが、これだとハンドルを引いたときに握り直しに支障があるので、意識して指をかけないようにしていました。

また、N口さんがコース途中に立ってゲキを飛ばします。
 ・ほら~、このコーナーはアクセルを閉め切らない
 ・アクセルを残して曲がれ
 ・さぁ、ココで加速、ドンドン加速
 ・ぶぅ~~~うぅぅぅ! 
と実に野口さんらしい。

午前中は終始、小雨が続いており、路面がウェットだったこともあり、あまり無理しない程度に走ってました。ちょっと後輪が滑るタイミングが何回かあったの確かです。要は後輪荷重がちゃんと出来てないということで、反省!

Ssdsc00243


午後は、4番+バリアブルコース。スタートして直後はUターン×5。その後、小さめのオフセットが続いたあと、バリアブルコースへ。
バリアブルコース内もUターン×2で始まるコース。Uターンてんこ盛りのコースでした。

これを見た瞬間、「チャンス!」と思ったわけです。

この日の目標はUターンへの進入速度を考える事でした。克服はできないかもしれないが、色々試す事はできそう。なので、前半のUターン×5は実にうってつけでしたね。

また、M川さんの指導としては、
   加速時は、後輪荷重をしながらやや前傾
   減速時は、後輪荷重しながら、少し体を引く
   どっちも目の高さは一定
という姿勢の話から始まりました。

さらにN口さん名物、矯正パイロンが設置されました。Uターンの途中で
とおるコースを制限されます。そして、コース途中で立って、激を飛ばす。

私が走ってる最中も、じ~っとながめて、
 「ハイここですぱっと倒す」
 「ハイココともっとハンドルを切る」
など、「ハイ!ここで攻撃」が炸裂。
しかし、その瞬間に言われてもできんよ~。

でも、2回目はそれを注意して走れます。すぱっと倒すってどういうことだ?って気もしますが、限界まで一気に倒せということかな。

Ssdsc00249

私の弱点の一つにUターンがあって、苦手意識が大きいのです。いまだに公道では
あまりやらないし、かつてHMSでもUターンがぎこちなくてしようがなかった。さすがに最近では、もう少しまともだとは思うが、この練習は願ってもないコースでした。

今回、自分が試してみたいと思っていたのは、
 ・長い直線から減速してUターンへ入る場合の速度維持
 ・加速しながらギリギリで減速する場合の速度維持
です。

この時の自分の操作、アクセルを締めるタイミング、ブレーキをかけるタイミングや強さ、傾けるタイミングなど。

結果、やはり減速しすぎるのは、変わらず。本当はUターンの旋回終了時に合わせたい速度を、Uターンする前で達成している。つまり、Uターン前に減速しすぎちゃってる。

その理由は
 1)自分がブレーキ後に、旋回に「安心して」うつれる速度が、低い
 2)速度を上げても、この安心速度にならないと旋回を始められない
ということ。

これは、もう体に染みこんだ習性みたいなものなんでしょうね。かつて、MGMさんやM崎さんにも近い話をされている。K島さんやT名網さんも同じ事をいってました。

 ・減速しすぎ
 ・かなり余裕のある旋回
 ・後輪が滑る直前ぐらいで曲がってみろ

とかね。

おそらく速度で言えば、+5km/h~10km/hぐらいじゃないかと思う。ホンのわずかな所だけど、これが達成できれば、もっと楽しく走れそうだ。

要は、もうちょっとだけ早い速度で旋回を開始することである。そのための練習方法、あるいは克服方法を考える必要がある。 誰か教えてくれないかな~。

そんなわけで、色々考える事が出来たHMS中級でした。午後は雨が止んでいたので、所々で乾いてきてましたが、路面は終始ウェットだったので滑りやすいのは変わらず。だから、あまり無理できないというのはありました。

速度が出せなかった分、午前中の練習のかいがあり、ハンドルがよく切れるようになったと思います。

最後にM川さんとの会話の中で、
 ・ハンドルはだいぶ切れているよ
 ・ハンドル切った後のブレも無くなってるよ

などと、お誉めの言葉も頂きました。

それにしても、M川さんとN口さんの組合せなんて、中級では珍しい。午後の休憩時間中は、この2大巨頭のデモ走行を見せてもらいました。久しぶりに楽しませてもらいましたっけ。

Ssdsc00265

走行距離は雨にしては、まぁまぁです。
課題も明確になったことで、次にどう克服するかを考えたいと思います。

« HMS:消費税で値上げ | トップページ | HMSに参加する108回目:中級 72回目 右がリーンアウト »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

旋回速度を落とさない練習としては2速3速での走行をよくやりました。
CB1300とは言えど、速度を落とし過ぎればエンストすることもあります。
最初からUターンが難しければ、浅いオフセットから試してみてはいかがでしょう。
もし、浅いオフセットでもエンスト気味になるなら、進入から速度が落ちすぎです。
速度を維持しようとすれば、よりバイクを傾ける、その動作を速くする必要があるでしょう。
浅いオフセットは大丈夫でも、深くなると難しいのなら、進入速度はOKでも
その後に速度が落ち続けていることが考えられます。
アクセル全閉、ブレーキ引きづり過ぎ、その両方、が考えられます。
最近拝見していないので、的を射ているか分かりませんが、
オフセットは悪くなかったと思いますが。

K41さん、コメントありがとうございます。
なるほど。2速、3速で走るのは、イントラさんからも言われたことがあります。
たしかにこれはありますね~。
ブレーキをかけるから減速しすぎるんであって、このさい減速無しで走って見るのも
ありかもしれません。

オフセットはあまり気にならないですが、Uターンはどうしても構えてしまうのかもしれません。
速度を落とす、逆に速度を上げるなど色々やってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/59243687

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する107回目:中級 71回目 ハンドルを切っていく:

« HMS:消費税で値上げ | トップページ | HMSに参加する108回目:中級 72回目 右がリーンアウト »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ!