« 年始のご挨拶 年明け軽くツーリング | トップページ | バックカメラ交換後にナビのGPSが利用不可能に・・原因はミラーモニタか »

2014年1月 4日 (土)

PCXにUSB端子を取りつける

前々からやりたいと思っていた作業だった。PCXにUSB端子を取りつける作業。コレがないとスマートフォンの充電ができないので、長距離に出るのはちょっとね。

Ssdsc02572

FZ1には2端子のUSBを取りつけているが、PCXには1個で十分だろう。PCXの分解記事はけっこうインターネットに出ているようなので、ある程度調べたので作業を開始してみた。

まずは、フロントカウルのウィンドウスクリーンの取り外しから。

Ssdsc02538

ウィンドウスクリーンの下側からのぞくとボルトがあるので、これを取り外す。随分、目立たない、いや、面倒な場所にあるものだ。へたするとカウル内部に落としそうなので、慎重に。私は先にボルトを留めることができるドライバーで取り出しました。ま、うまく下に落下してくれればいいんでうけどね。

Ssdsc02539

ウィンドウスクリーン下側にある「ガーニッシュ?」を取り外します。これはさっきのボルトを外せば、はめ込んであるだけなので、上側に引きながら車用の内装剥がし等でこじれば外れました。ボディには布で養生するなどを忘れずに。

Ssdsc02541

ガーニッシュ上部が外れたら、前に引き出すことで取り外せマシた。けっこう汚れてるのでこの際、掃除も。

Ssdsc02543

ガーニッシュを取り外した後のPCX。ま、こんな感じだ。

Ssdsc02544

両サイドにスクリーンを留めているボルトがあるので、これを外します。

Ssdsc02549

スクリーンが外せました。その下に黒いカバーがあります。ずいぶん、凝った作りだ。

Ssdsc02550

黒いカバーのサイドを引き上げるのに手間がかかりましたが、このように外せます。最終的には内装はがしで引き上げて外しました。

Ssdsc02551

黒いカバーを外すとこうなります。

Ssdsc02553

スペースはけっこうあるので、何かを取りつけるのは楽そうだ。前方のケーブルの束はグリップヒーターのケーブルのようです。これをばらしておきます。

Ssdsc02554

USB端子はハンドルに取りつける予定なので、ハンドルの取り付け部分にある開口部からケーブルを通します。ケーブルは簡単でしたが、USB端子の本体を通すのにちょっと手間取りましたが、何とか通せました。

Ssdsc02556

こんな感じで配線を取り付けました。本当ならバッテリーから直接配線をして、リレーを通して通電するようにするべきなんでしょうが、面倒なのでグリップヒーターから分岐しました。

Ssdsc02559

ま、ぼけてますが、配線はこのようにビニールテープでおおって防水対策。

Ssdsc02560

電源ONにして、USB端子が使えることをスマートフォンの充電で確認。無事通電しているようです。

Ssdsc02564

USB端子本体部分をフレームにタイラップで固定。ま、こんなもんでいいだろう。

Ssdsc02566

ケーブル類を束ねてボディに固定。しっかり縛っておきます。

Ssdsc02568

USB端子をハンドル部分に取り付けました。あとは外したパーツを元通りに戻せば完成。FZ1よりも簡単目でした。

Ssdsc02575

あと、ミラーの付け根に、こんなのも取り付けました。PCXはハンドル部分の湾曲が大きくて、スマホのホルダーを付けにくいので、ミラー部分にもう一つバーを取り付けて、これでスマホホルダーを取り付けやすくなりました。

これで長距離ツーリングも安心だ。今年はもう少しPCXに乗りたいと思う。

« 年始のご挨拶 年明け軽くツーリング | トップページ | バックカメラ交換後にナビのGPSが利用不可能に・・原因はミラーモニタか »

PCX」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/58880837

この記事へのトラックバック一覧です: PCXにUSB端子を取りつける:

« 年始のご挨拶 年明け軽くツーリング | トップページ | バックカメラ交換後にナビのGPSが利用不可能に・・原因はミラーモニタか »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!