« HMSに参加する101回目:Enjoy Meeting in 埼玉 2013 | トップページ | HMS Enjoy Meetingでの景品は? »

2013年12月28日 (土)

HMSに参加する102回目:中級 66回目 2013年の集大成に

今年最後の集大成に、あと1回はHMSを受けておきたいと思っていたところだった。最後の最後、平日開催の中級に参加することにしました。

仕事はさぼって、いや、休暇を取って。

この日の天気予報は午後15時ぐらいから雨というのがもっぱらの予想。朝から曇り気味で不穏な天気ではあるが、レインボーに到着するあたりからは晴れ間が出てきており、
 「これならもつかな」
という感じの天気だった。前日からテルテル坊主には十分に祈っておきました。

Ssdsc02659

イントラさんはメインがK島さん、サブがT名網さん。今年最後はやはり遭遇率ナンバー1のK島さんでということで。

バイクはCB1300SFを選択。昨年の新車ではありますが、だいぶキズも増えたし、痛みが見えてきました。ガソリン残量計は壊れちゃってるしね。どうも転倒すると壊れちゃうのかもしれません。

Ssdsc02387

午前中は、市街地コース。セッティングはスタンダード。妙に細かい所はないのと、拡張コースでは大きめのオフセットもありました。ただ、コース先日のEnjoy Meetingと似ている感じでしたね。後で、同日参加者の人と話していても、「やっぱ似てるね~」と話してました。

Ssdsc02388

今回の目標は色々ありますが、まずはライン。特に自分が走りにくいと思ったコーナーは積極的にラインを変えて曲がりやすい所を探していきます。他の人やイントラさんが走ってる所を参考にしたり、自分でも普段走らないパターンで走って見たりして、ちょうどいいアンバイで曲がれる感覚をつかみます。

この日は参加者が少ないので、ほとんど走ってるので、練習量はいつもより多め。そして連続して走っている内に、なんかこう、ちょっと変わった感じが芽生えてきました。

早く曲がれる時と、もっさり曲がってしまう時の違いです。それはすごく微妙な所なんですが、早く曲がれたと思ったときは、小さく回れたという感じでしょうか。
今までは
 「大きく入って小さく回る」
をこころがけていたんですが、その基本はそのままに、さらに小さく回る感じです。大きく入っていたラインをわずかに小さくする。ま、大きく入るんですが、それが前よりも小さい。そして、フロントブレーキをわずかに強くする感じで、クイっと曲がる。

ブレーキをさらに強くすると、ハンドルが切れて更にバイクが立ってしまうので、この辺りの力加減は本当に微妙。あんまり無茶すると破綻するので、力加減をすこしっつ変えていく感じで試していました。

さらにK島さんから以前に言われた、「ブレーキ加減がどこでも一緒」というのを打破したくて、しっかり加速、ギリギリまでアクセルオン、そして、強めのブレーキをアチコチでやってみました。一瞬でうまくなるわけじゃないので、ちょっとでも体を慣らすためにも心ガケ第一でやってる感じです。

このしっかり加速と、小さく回るの感じでだいぶよくなったかな~と自己満足で午前中を終えました。コースが基本に忠実なコースだったので、試しやすいのも助かりました。

【午前中だけで30kmを越えるのは久々かも】

Ssdsc02391


午後はバリアブルと4番の半分を使ったコース。前半は直パイ~直角コーナー~直パイと最近のK島さんの流行のスタイル。その後、オフセットを経てバリアブルへ。 バリアブル内は長い外周を使ったあとで、二本差しのオフセットが続くコース。小さいのあり、大きなのありと、まさにバリアブル。変化に飛んだコース。ただ、K島さん風の良さで、妙に曲がり難い所はありませんでした。

しかし、コース案内中に何と痛恨の転倒。原因はギア2速から1速に落としたつもりが、ニュートラルに入ってたので、アクセルをあけても加速出来ずにそのまま支え切れず倒れました。と言っても、立ちゴケみたいなものであり、私は逃げちゃったので、ダメージはありませんでした。 ご迷惑をおかけしました。

その後、集合してのK島さんの説明では、
 「今年の集大成を目標とする人達のために作りました」
というコース。まさに、この日の私にとって最高のコースだったと思います。

Ssdsc02668

冒頭、K島さんの解説がありました。

 ・直パイは苦手な人が多いと思います。
 ・内足ステップ荷重をきっかけに
 ・その後、外足ステップ荷重で傾きを止めて
 ・外ひざでタンクを押し込むように

T名網さんの実演では、ステップ荷重だけでバイクを傾ける事が出来ることを見せてくれました。ただ、ステップ荷重はあくまでもきっかけ。やり過ぎると倒れちゃうので。

このあたり、操作はほぼ一瞬です。一瞬で内足ステップ荷重でバイクを倒し、すぐに外足荷重でバイクを安定させ、腰をひねる感じで外足膝でタンクを押しつつ、ハンドルを切りながら曲がる。すぐに逆に。これを繰りかえしながら直パイを無理なく行うわけです。当然ですが、途中でアクセルを使って加速もしないと行けないし、ブレーキで減速も入るわけです。

頭では理解できますが、なかなか実践は難しいかもね~。でも、やってみることで体が覚えてくれればと。

     【究極の一本橋 どうやってクリアするんだ?】

Ssdsc02399

走りだして最初はユックリ目。ステップ荷重を意識しながら、直パイをクリア。直角コーナーは前回習ってるので、少し外めにバイクを流しつつ、小さく曲がるも、イマイチ、うまくいきませんでした。

オフセットはほどよい間隔だったので走りやい。バリアブルは微妙なラインだったと思いますが、走りにくい事はなくて、意外にまがりやすく走れました。直線は頑張ってアクセルを開け、ギリギリまでアクセルを開けていき、一気にブレーキをかけていく。ちょっと強めすぎたかもしれませんが、ブレーキ後のコーナーにほどよくつながるように、タイミングと強さを考えながら走ることに。

特に直線後のコーナーは、ブレーキを強くかけ過ぎて速度を殺してしまう事が多いため、ブレーキ加減を調整しながら、何度もトライ。

その後、T名網さんの追走がありました。走り終わった後のアドバイスとしては
 「大きなコーナーは、もっと体を入れたほうがいい」
 「そうすればバイクを立てても曲がり切れる」
との事。口数の少ないT名網さんらしい。夢中になってくると、リーンアウト気味になりやすいので、このアドバイスはありがたく実践していきましょう。

そしてK島さんのレクチャー。
 ・みなさんのブレーキタイミングは少し早い人が多い
 ・前輪がもう少しコーナーに入ってからブレーキ
 ・リアブレーキをグッと使ってロックして滑らせながら
   バイクの向きを変える気持ちで
 ・でも実際にはロックはさせず、ギリギリの所まで使う。

おぉ、これは新しい。実際にT名網さんが実演してくれましたが、本当に後輪ドリフトで曲がっていく感じ。この講義は今日の自分の目標に実にあっている。

だから、自分の練習では、
 ・しっかり加速
 ・ブレーキタイミングを少し先に
 ・しっかりブレーキ
でしょうかね。

特にリアブレーキもしっかり使えるか、という所で。

K島さんの教えを実践しつつ、さらにブレーキタイミングと強さを考えながらチャレンジ。K島さんの言う、ギリギリまでリアを使えは、Uターンぐらいになるとやりにくいですが、直角ぐらいのコーナーならけっこう行ける。直パイでも応用可能だそうです。
リアを思い切り踏んで一気に向きを変えていく。 これで走りが変わったのであれば、「いかに今までリアブレーキを使ってなかったか」ということだそうです。

やはり人数が少ないのでガンガン走れますので、いつもより多めに回れましたが、心地よい疲れでした。

Ssdsc02671

最後の最後、K島さんが声をかけてくれました。

 ・うまくなりましたね~
 ・全体的にすごくよくなりましたよ

えぇ~、コレはうれしい。それもこれも、K島さんのおかげっすよ、いやマジで。

今年のHMSはコレが最後となりました。先日、100回を越えたと言う記事を書きましたが、自分の成長が感じられるのは、どんな分野でも充実感もあり、楽しいものです。

Ssdsc02396

集合後の挨拶ではT名網さんから、こんな言葉がありました。

 ・HMSは個人練習ですが、大勢で参加している。
 ・大勢で参加しているメリットは、いろいろな人の長所短所を見れること
 ・長所、短所を吸収することで、自分で実践できる
 ・自分がみて、「アレなら出来る」と思ったものは、練習すれば出来るんです。
  これは脳が教えてくれるメッセージなんですよ。

う~ん、なるほど。博識なT名網さんらしい。

Ssdsc02397

まだまだ課題はたくさんあれど、2013年の集大成として最高の一日を過ごす事ができました。結局、最後まで雨も降りませんでした。ネコのシマちゃんには、なぜかなつかれてしまうし。私の車の下から出てきた時はちょっとビビリましたが。

Ssdsc02664

Ssncm_0453

Ssncm_0459

それにしても2013年も後わずか。早いものだ。自分のブログを読み返してみれば、
 ・2013年初冬にコースのアスファルト張り替え
なんて記事もあったし、春前にはCB1300にチャレンジしたりがありました。

Ssdsc02404

アクセルを丁寧に操作するをずっと目標に掲げたのに、何度やっても
 「アクセルが荒い」
とイントラさんに言われたり、更に「アクセルを開けるタイミングが遅い」とかもありました。実にバイクの操作とは難しく奧が深いものだと痛感しますが、楽しくもあるわけです。HMSに通ってる皆さんは、この辺りが楽しくて通ってるんじゃないでしょうか。



« HMSに参加する101回目:Enjoy Meeting in 埼玉 2013 | トップページ | HMS Enjoy Meetingでの景品は? »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/58837466

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する102回目:中級 66回目 2013年の集大成に:

« HMSに参加する101回目:Enjoy Meeting in 埼玉 2013 | トップページ | HMS Enjoy Meetingでの景品は? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ!