« CONTOUR+がダメな理由 | トップページ | HMSに参加する83回目:中級 51回目 スムーズなアクセル »

2013年7月 3日 (水)

CONTURE用充電ケーブルを作る

CONTOURはUSBで充電しながら撮影するためには専用のケーブルが必要だ。市販されているUSBケーブルでは、「充電モード」になってしまって撮影できないからだ。

ネットで拾った画像だが、こんなのがあった。

399799655

この画像はCONTOUR純正の充電ケーブルに書いてあったらしい。USB端子の配列が書いてある。これによると、

 1-4

でショートしている。1番は5Vで、2番3番は信号線だ。4番は使ってないがココに1番をショートすることで、5Vを出力しているので、これで接続されたケーブルが、充電ケーブルかPC接続かを識別しているのだろう。また、5番がグランドになってるのも必要なんだろうね。

こんな仕様は他では見られないと思う。たとえばスマホやデジカメなど汎用的なもので、こんな仕様にしたら総スカンだろうね。普通のケーブルで出来ないのだから。

特殊ピン配列のケーブルを探したが売ってないので作ることにした。

Ssdsc02453

この写真は一般的なUSBケーブルで、MiniUSBケーブルだ。これを題材に使おう。このケーブルを切断し、さらにMiniUSB側を分解することで、ピン毎のケーブル色を確認した。これによると、

 1番: 赤
 2番: 白
 3番: 緑
 4番: 黒
 5番: なし

であることがわかった。なので、この配色でコネクタを作成することにする。

ただし、シールドケーブルなので、グランド用のむき出しの線が金色で入ってました。実際には、5番に結線します。

Ssdsc02455

ケーブルはかなり細いので電工ペンチで被服を向くことはできない。ニッパーで優しくわずかな切り込みを入れて引っ張って被服をはがす。右にあるのが工作用のMiniUSB端子。こんな小さい端子に半田付けできるのか?って不安になりますね。

Ssdsc02457

こんな風になってます。ピン配列は、
    4 2
   5 3 1
となってるようです。

Ssdsc02459

今回、ケーブルを端子に付けて半田をもるのは不可能なので、こんなやり方でやってみました。
 ・被服をむい芯線に半田をつけておく
 ・この芯線を端子に押しつけつつ、ハンダコテを付けて半田付けする

なので、まず芯線を半田でコーティングしておく

Ssdsc02462

あ~、手が4本ほしいぞ。そこでペンチでつかんでケーブルを固定する。ケーブルを端子につけて、ハンダコテを上からちょんとあてて、芯線の半田を溶かしながら接着する。1番だけつけました。

なお、1番から4番へショートするため、短い芯線を付けてあります。

Ssdsc02463

こんな感じですかね。接着の順番は、

  1、3,5(下段)

と付けて、次に2,4(上段)を付けていく。

Ssdsc02465

これは、1番、3番がついた状態ですね。あまりきれいではありませんが、まぁ、何とかなるでしょう。

Ssdsc02472

これは完成した状態。1番を分岐して4番に連結にはピンセットでケーブルをつまみました。指の大きさから、小さい端子であることがわかると思います。

Ssdsc02473

コネクタの外装をつけて完成。さっそくCONTOURにつけてみました。見事に充電ランプが点灯しました。

Ssdsc02476

こんな感じで充電しながら撮影できました。このとき、バッテリーは、ほぼカラですが、ちゃんと撮影できました。 接続するまにテスターでショートがないか、通電はするか?を確認していますので、大丈夫だとは思いましたが。

いや~、久しぶりに細かい作業をしました。ちなみに最初の2回は失敗でしたね。端子の順番を間違えてしまったり、半田不良になったりと。ま、練習も考えてコネクタは5個買っておいたので、いいでしょう。

ケーブルは2本つくりました。一本目より、二本目のほうが当然ですが、きれいにできました。これをバイクのUSB端子でもやってみましたが、ちゃんと充電しながら撮影できそうです。

ま、CONTOUR自体、不安定なカメラですが、これで充電しながら使ってみることにしましょうか。ま、これでも不調が連続するようであれば、そろそろ見切りを付けるかもしれませんが。それにしても、こんなケーブルぐらい、純正で売ってほしい。

« CONTOUR+がダメな理由 | トップページ | HMSに参加する83回目:中級 51回目 スムーズなアクセル »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

バイク用品」カテゴリの記事

コメント

TKさんこんばんは ^^
手先が器用ですね。
半田がご自宅にあるのもすごいです。
配線の事はさっぱりとわかりませんので
自分がやれば単なる破壊になると思います。
充電しながらの撮影上手くいくといいですね。

旅好きさん、コメントありがとうございます。

電子工作は時々やりますので、ハンダコテとかもってますよ。
バイクいじりでも電気系統をいじる場合は、ハンダコテやテスターなんかは必要になることもありますね。

ま、ここまでやらなくてもいいとは思いますけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/57718465

この記事へのトラックバック一覧です: CONTURE用充電ケーブルを作る:

« CONTOUR+がダメな理由 | トップページ | HMSに参加する83回目:中級 51回目 スムーズなアクセル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!