« HMSに参加する65回目:パイロンスペシャル 03回目 リアブレーキはタイヤが滑るまで | トップページ | HMS次年度の予定 »

2013年2月19日 (火)

HMSに参加する66回目:中級コース 40回目 内足加重でオッケー!

先日のパイロンスペシャルの余韻も冷めぬまま、HMS中級コースに参加してきました。今月は連チャンが多いです。最近は予約が激戦で、はじき飛ばされることもしばしば。3月~4月は開催数がなんか少ないようなので、まぁいいか。

天候は晴れ。でも風がちょっと強く寒さが残る。予報では午後から風がやむというので暑くなる予感あり。実際に、午後からは暖かかったです。春も近くなってきたか。

参加者は21名。併設コースは初級と上級。そしてジムカーナの練習会もやっていたました。

Ssdsc01083

イントラさんは、メインがM川さんで、サブがクマモンことO野さん。クマモンは熊本のレインボーから2ヶ月だけのレンタル移籍なんだそうです。もう一人、浜名湖からN村インストラクターが来ているはずだが、まだお目にかかってない。最初はM川さん主導で進んだが、体操からクマモンにバトンタッチ。以後、クマモン手動で進むことになる。クマモンの体操は念入りでした。

この日はジムカーナをやってる関係から市街地コースが使えないことからコースが手狭。午前中は直パイ等のコースで基礎のおさらいとなる。

往復のコースで、
 往路は二本差しで深いオフセット+通常のオフセット
 復路は急制動+直パイ(等間隔、不等間隔)
でした。

深いオフセットというのは、こんな感じです。

Hms66fig1

まず、最初にクマモンの解説から。
 ・深いオフセットは速度コントロールに注意
 ・どこで加速するかに気を配る
でした。

また、復路の急制動では
 ・急制動は姿勢を意識して
 ・指の数を4本、3本、2本、1本などいろいろ変えてみて
あたりだっただろうか。

最初の二本差しのスラロームは、最初ちょっとやりにくさを感じたが、加速ポイントは事前にM川さんのデモで何となくわかっていたので、それでやってみるが、ちょっと自分は速度不足だったか。

Hms66fig15

急制動は得意だと思っていたが、久しぶり過ぎて1回目はちょっと失敗。クマモンのコメントは、
 「姿勢が出来てない」
だった。これは反省。

気を取り直して2回目の急制動は、まぁまぁな感じ。4本指で強めにフロントブレーキを使って制動距離を短く止まることができた。クマモンのコメントは
 「指の数をかえてやってみて」
だった。よしよし。

3回目の急制動は、指二本だったが、今回は力が入りきらず、かなり長い制動距離となってしまった。クマモンのコメントは、
 「ちょっと距離が長すぎだね」
だった。ちくしょ~。その後、一本指だったり、といろいろやってみました。

あと、その後に直パイがあったのだが、パイロンスペシャルのおさらいが出来てよかったと思う。ただ、数がすくないからねぇ。もうちょっと長い直パイにしてくれたら良かったのに。

休憩後にコースが変わる。というかあらかじめ想定されたコース。さっきの2本差しのオフセットは、真ん中に1本あったのだが、今度は、1本のパイロンを両方でガードされたオフセットを行うと言う。やってみると案外できたので良かった。

Hms66fig2

あと、急制動も方法を変えて、

 「今度は目標で止まることにチャレンジしてみて」

と言う。目標停止なんだけど、これはやったことがなかったな。

1回目はちょっと力みすぎて、なんとフロントタイヤのロックで前輪がズルッといきました。すぐにブレーキを緩めてグリップを回復したので転倒はしなかった。不思議に自分はかなり冷静でした。これも日頃の練習の成果だろうか。

2回目はちょっと安全に早めのブレーキで停止。ただ、目標よりかなり前にとまったので、クマモンのコメントは、
 「だいぶ足りないねぇ」
だった。しまった。

3回目は、ブレーキを調節してギリギリ目標に近く止めることが出来たのだが、クマモンのコメントは、
 「停止位置はいいけど、だいぶ調整が入ったね」
だった。よく見ているな。

4回目あたりは、だいぶよくなって目標に止めたし、調整もばれない程度に欠けることができたが、クマモンは別の人を見てて、コメントなし。ち!

まぁ、そんなこんなの午前中でした。距離は走れないが基本に忠実な練習だった。

Ssdsc02191

続いて午後となるが、今度はバリアブル+アルファのコースでのコーススラローム。コースは特別なワナは無いけど、かなり細かく難しい。

スタート直後で距離が無い状態でUターン×2があるのと、その先ではほぼハンドルフルロックのオフセット+3本の直パイとかがあってテクニカルなコース。コース案内後に走ってみて、「ちょっと走りにくいかも」というのが第一印象。たぶん、M川さんの作品なんだろうか。午前中が基礎だったわりには、かなり細かく、ギャップが大きい。

練習走行がはじまって、すぐにクマモンの追走あり。なかなか迫力ある追走だったが、その後のコメントによると。
 ・曲がるときに体が正面を向いている
 ・もっと曲がる方向に体を向けて
 ・ニーグリップを忘れずに外足でタンクを押す
 ・内モモはバイクを支える

ちょっと夢中に走りすぎて基本がおろそかになったようだ。なので、体の向きを意識してスタートするも、ちょっと意識しすぎてバランスを崩してコケそうに。危ない危ない。いきなりは禁物で徐々にやっていかないと。

Ssdsc00544

しばらくして、M川さんが「コイコイ」って手招き。
 ・今、アクセルに注力しているでしょう
 ・それはいいけど、旋回時にハンドルが切れていくけど、最後の方で
   起き上がってからアクセルオンになってるでしょう?
 ・だから、旋回の最後のほう起き上がる前に内足に加重してごらん
 ・そうすれば、バッチリオーケーだから

最後のバッチリオーケーはともかく、内足加重でバイクの起き上がりを防ぐことでさらに旋回のスピードを高めていくと言う。

これを聞いてハッとした。私は小さく曲がるためにハンドルを切っていくことを心がけてきたが、ハンドルの最後の一きりでバイクが起き上がるのはわかっていた。わかっていたが、「そういうモノ」と思っていたのだが、そうではなかったようだ。

こっからは、自分の注意点はこんな感じになる。

 ・アクセルちょい早め+ゆっくり丁寧に(N口さん指摘)
 ・姿勢をバイクの動きに合わせて(K島さん指摘)
 ・体の向きに注意(クマモン指摘)
 ・内足加重(M川さん指摘)

この4つを常に頭に置いて、走ってみる。まぁ、なかなか難しいが、この中では丁寧なアクセル操作に注力しながら、他を実勢する感じでやってみました。

アクセル操作は、とにかくゆっくり丁寧に操作を重点的に。アクセルを開けたときにエンジン音がスムーズに上昇したら成功。ちょっとでも、ガンっとショックがきたら失敗。うまくいけば、ブ~~~ンっと切れに上がるし、気持ちいい加速になる。

あと、内足加重。旋回時の後半で内足に力をかけるが、あまりかけ過ぎると挙動の変化が大きくなるので、少し力をかける程度でやってみた。どのくらいの力加減がいいのかは、試行錯誤中。結論は出せなかったが、少しはましになったらしい。(M川さんのかけ声で、そう言われた)

練習のおかげか、この細かいコースを最後の方では少し楽に回れるようになりました。もうへっとへっとです。距離は短めでしたが、満足しました。

最後の最後でM川さんのコメントでは
 ・何か変わったんじゃないですかね?
 ・最後の方ではアクセルワークはだいぶよくなってるよ

でした。ありがとうございました。

Ssdsc01078

あと、レンタル移籍のクマモンですが、なかなか親しみやすくいい感じのイントラさんでした。2ヶ月と言わず、しばらくいればいいのに。

そうそう、車庫と待合室がある建物ですが、そろそろ本格適に取り壊しが始まるそうです。完成はなんと10月末ぐらい。それまでは裏のプレハブが荷物置き場+用品貸し出しコーナーだそうです。トイレが無いのがちょっとねぇ。それから夏場の酷暑でエアコンが無いのは、どうかなぁ、と思ったり。今回が見納めとなりました。

Ssdsc01081

建て替え後の車庫棟は、平屋で面積を増やし、車庫、整備場、控え室などが整備されるらしい。でも、当初の予定に比べて予算がどんどん削られているらしく、どうなることやら?ってイントラさんも心配気味。今のご時世、予算は削れるためにあるものだが、あまり安物にならないように願いたい。

勝手な推定、1.2億ぐらいで予算スタートして、現在、8000万ぐらいかな。わからんけど。

« HMSに参加する65回目:パイロンスペシャル 03回目 リアブレーキはタイヤが滑るまで | トップページ | HMS次年度の予定 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

すばらしいですね~

ほんとに細かいとこまでチェックしてやってますね。

これは通わないと絶対無理だなぁ。。。

Akinakaさんこんばんは。
いくらでも指摘してもらえるのがおもしろいですね。

いったいどこまでいけばゴールなのか?なんてことは考えないことにしています。
素直に楽しめばいい。

趣味が体操だそうです。くまモン(by熊本県ゆるキャラ)

課題のアクセルワークを習練されているようで・・・。
当方もターン終了時(バンク中)にアクセルをガッと開けるクセが有り、右手感覚に苦慮しているところです。
対応策として、開ける時点では、リアブレーキを効かせながらとしていますが、なんとか
スリップは回避できているようです。
”アクセルちょい早め+ゆっくり丁寧に”(byN口様)を心がけて~次の受講へ

Futonmanさん、こんばんは。

クマモンは体操が趣味でしたか。どうりで念入りでした。
アクセルのスムーズさは、なかなか難しく、まだ、常にできるわけではなく、
試行錯誤中です。これは繰り返して体に感覚をしみこませるしかないかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56801164

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する66回目:中級コース 40回目 内足加重でオッケー!:

« HMSに参加する65回目:パイロンスペシャル 03回目 リアブレーキはタイヤが滑るまで | トップページ | HMS次年度の予定 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!