« HMSに参加する64回目:バランスファースト 06回目 マルチタスクで千鳥を | トップページ | HMSに参加する66回目:中級コース 40回目 内足加重でオッケー! »

2013年2月17日 (日)

HMSに参加する65回目:パイロンスペシャル 03回目 リアブレーキはタイヤが滑るまで

HMSのパイロンスペシャルに参加してきました。この日の天候は晴れですが強風で寒い。バイクがよろけてしまうぐらいの強風なので、バランスは厳しかったんじゃないだろうか。

イントラさんはN口さんだ。最近、遭遇率が高い。今日はどんなパイロンスペシャルになるのか楽しみというもの。参加者は10名。併設コースは、初級、中級、コースラ、バランス、あと企業研修で車があったようだ。

バイクはCB400SF Revoをチョイス。あらかじめ用意されていたので、選択の自由はあまりなかった。14号車だけど、ちょっとハンドルが曲がってるようで、わずかに曲げた状態で直進。走行に支障はないが、ちょっと気になった。あと、前ブレーキがいまいちだが、パイロンスペシャルではほとんど使わないので、まぁいいか。

Ssdsc01077

河川敷コースに移動、慣熟走行後にN口さんから本日のメニューと内容の説明があった。今回はいつもと違って変わってました。一人に5本パイロンの直パイコースが与えられ、個人練習をするという。イメージは直パイの8の字みたいなもんか。

さらにN口さんの解説は続く。

 ・間隔は広めで約5m(通常は4.5m)
 ・走行ラインは真ん中を通る
  前輪でも後輪でもいいが、前輪の方がいいだろう
 ・加減速を意識するように
 ・ギアは1速、2速のどちらでもいいが、1速の方がいい。
  なぜなら2速はダルいから。

なんともN口さんらしい解説。

そして次のセリフ。
「よくアクセル一定でリアブレーキで加減速するケースがあるが、
  それも方法としてはありだが、これだと速度は頭打ちだ。
 アクセルとブレーキを使って加減速しないと先が無いよ」

はっはははは。実は私は今日の練習では速度一定でやってみようかと考えていた。理由は速度を上げていくためには定速走行がいいかも、って思ったから。ギアを上げて速度を上げていきながら走ってみようと思っていたが、このN口さんの言葉で吹っ飛びました。

さっそく、各人が自分のコースに散って練習を開始する。与えられたコースはこんな感じだ。

Hms65fig1

最初はゆっくりと走るが、ギアは1速で走ってみる。久しぶりの直パイはギクシャクしまくり。でも5本しかないので、あっという間に終点。ターンして再チャレンジ。これを繰り返す。少しやってみて、とてもイイ練習だと思った。

パイロンスペシャルは通常は約13本くらいの直線パイロンをひたすら走るのが通例だが、それだと体力の消耗が激しい。5本だと結構ゆとりがあるし、一回一回を考えながら走れる。まさに、直パイの8の字番というところだ。

しばらくやってる内に、N口さんが回ってきて指導が入る。

 ・もっとリアブレーキを使う
 ・もっと!
 ・後輪が滑るぐらいがちょうどいい

まじですか?

N口さんが言うには後輪が滑るぐらいまでブレーキを使ってみろと言うのだ。滑ったところで横にすべるだけなので、転倒はしないから安心しろと言う。

いやぁ、まぁ、そうおっしゃるならやってみるか。

直パイコースをリアブレーキを強く踏んでやってみる。フロントブレーキは使わない。ブレーキはガン!って踏むのではなく、あくまでもジンワリと踏むが強く踏み込んでロックするまでやってみる。ズルっと滑ることもあるが、滑った瞬間にブレーキを緩めれば、転倒はしないので怖くはない。

こんな感じで時々後輪をちょっとだけ滑らせながら直パイを続ける。不思議に走りやすい気がしてきた。

次のN口さんの指導があり。

 ・いい感じになってきたな
 ・もう少しアクセルを長く

なるほど、直パイだとアクセルを短めと思っていたが、もうちょっと長くか。

さらに休憩前にN口さんの説明があった

 ・一番重要なのはブレーキです
 ・ブレーキのうまい人が速い
 ・直パイも同じ
 ・だからブレーキをもっともっと使え
 ・減速できるから加速できる
 ・加減速が重要なんだ

たぶん、こんな感じだったと思う。午前中はずっと、直パイ8の字でした。

午後も引き続き直パイ8の字だけど、今度はパイロンを倒して練習するという。パイロンを倒すことで、ターンをしっかりしないと曲がれないコースになる。加減速に加えてハンドルをしっかり切ってターンをする練習だ。

ハンドルをぐっと切って曲がっていく。さっきよりターンを強く意識ないといけない。ハンドルを切りながら曲がっていく。

そしてN口さんの指導あり。

 ・リアブレーキに加えてフロントも使ってみろ
 ・フロントは指一本で添えるぐらい

フロントを使ってみるが、ギクシャク感が再燃。指一本だが中指でやってみたところは、感触は悪くないが、ブレーキが強すぎる。そこで一差し指でもやってみたが、今度は力が入らず、いまいち。結局中指でわずかに力を入れる程度でやるのがいいようだ。

でも、今度はフロントに頼りすぐてリアブレーキが使えなくなってることに気づき、もう一度、リアブレーキ中心でやってみた。そうしないと午前中の良さが忘れてしまうから。

その後、倒したパイロンを立てて、さらに間隔を4.5mにして練習。

そしてN口さんの指導が入る

 ・さぁ、加減速のペースを上げるよ
 ・アクセルのタイミングを早くね
 ・「タン!」「タン!」「タン!」 お、いけるね!

とこういう感じで強制的にペースを上げられる。N口さんのかけ声に合わせられるようにペースを上げる。やってみたわかったのは、私のペースは遅かったのだ。それに対してN口さんのかけ声はワンテンポ早い。それに合わせることで、
 「速いペース」
を学ぶことができた。でも、その後破綻してしまったが。

さっきのN口さんのかけ声を忘れずに自分でテンポを刻んで練習する。ペース適には早いが、繰り返すことで自分のモノにしていく・・・・。まぁ、すぐには無理だが。

そんな練習で3時を回った後で、個人練習を終了。今度は一連の直パイコースとなって全員で練習する。基本的に直パイコースだが、途中で倒れたパイロンもあったり、間隔が変わったりとちょっと変わった直パイコース。

走ってみて3周ぐらいでも、もうグロッキー。休みながらのチャレンジとなる。重視したのは、リアブレーキ、加減速、走行ラインなど午前中に習ったモノを思い出しながら、そしてリズムを早めながらのチャレンジ。タン、タン、タンという感じで。

あと、もう一つはフォーム。以前にM川インストラクターから指導があったように腕を伸び縮みさせる間隔を思い出しながら。

でもだんだん疲れてきて、一週毎に休憩。疲れるということは、まだまだ無駄な力がかかってる証拠なんだが、それはそれで修行中ということで。

そんなこんなで本日のパイロンスペシャルを終了しました。もう、ゲッソリ。強風で寒かったのですが、天気はピーカンだったこともあり、だいぶ汗をかきました。

Ssdsc01076

それにしても、直パイ8の字は良かった。体力も温存できるし何より練習しやすい。広いスペースが必要なので、コースが空いてないとできないが、いい練習だったと思う。


« HMSに参加する64回目:バランスファースト 06回目 マルチタスクで千鳥を | トップページ | HMSに参加する66回目:中級コース 40回目 内足加重でオッケー! »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

当日ご一緒したモノです。
たまにこちらのブログものぞいています。

「直パイ8の字」は確かにNGCさんらしく、
良い練習になるのものでしたが、「体力温存・・・」は逆の感想です。

こいつは8の字以上に体力を使わされました。
連続20分が限界でした。当然両端のUターンは完全脱力してのことなのですがね。
コースを占有できるというのはかなり体力的に厳しいですね。

私へのコメントはいつも短めのNGCイントラでしたが、
「Uターンはゆっくりで良いからスラは遠慮せずに速度あげて」
でした。いえいえ遠慮じゃなくて、連続で全力は持ちませんのですよ。。。。

逆に全員同じコースになると自然と待ち時間が出来るので
こちらの方が楽ではないですか?

OGKのメットが写ってますねsmile

私もグランドマジェスティ用にOGKのバレルを使用しています。
OGKって軽くてイイですよねgood

去年教習所に通ってる時はSHOEIのジェットを使っていたのですが、最近はもっぱらOGKばっかりですcoldsweats01

ブレーキングも、ビッグスクーターに乗り出してから忘れちゃいましたshock

Thorさん、コメントありがとうございました。
私は直パイ8の字は気にリました。自分のペースで走れるし、
考えたり、見直したりできたもので。

通常のパイロンスペシャルは、みなさんのペースも速いし、一気に通過するので
けっこう疲れるイメージがあるんで、今回のは体力温存としました。

受け取り方は人それぞれということでしょう。

また、よろしくお願いします。

1300250さん、私の練習用ヘルメットはOGKです。
値段も手頃、フィット感もよくて気に入ってます。

まぁ、少々、やすっぽいところもありますが、それはそれで。
軽いのもイイですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56787378

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する65回目:パイロンスペシャル 03回目 リアブレーキはタイヤが滑るまで:

« HMSに参加する64回目:バランスファースト 06回目 マルチタスクで千鳥を | トップページ | HMSに参加する66回目:中級コース 40回目 内足加重でオッケー! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!