« PCXで都内ツー 新宿付近を走る | トップページ | HMSに参加する63回目:中級コース 39回目 アクセルをあけろぉぉ »

2013年2月 4日 (月)

HMSに参加する62回目:バランスファースト 05回目 グラム単位のバランス感覚

先日に続いてのバランスファースト。今回も目標は一本橋の20秒以上だが、はたして?

天候は快晴。昨日は異様な高気温であり4月の陽気だったが、この日は一転。風が吹いててちょっと寒い。ただ天気がいいので、気温は高め。なので、耐えられない寒さではなかった。

参加者は定員いっぱいの10名。担当のイントラさんはM川さん。え~、M川さんのバランスって興味深い。どんなシナリオになるのか楽しみだ。

Ssdsc01011

今回のバイクは、NC700。いや、まぁ、なんでNCなのか?って気もするが、それで予約してしまったので。変えてもらうことも出来ると思うが、先日のバランスでNCでトライしている人もいたし、自分にもイイ訓練ということで、NCで受けることにしました。

M川さんのバランスファーストは、準備体操の時からバランスを養う訓練が始まった。

 「はい、皆さん、片足で立ってみてください」
 「そのまま上体の力を抜いて足裏に集中して続けてください」

こうすることで、体のバランス感覚を養うそうだ。つ~か、最初から疲労してしまう、俺。

河川敷に異動したが、慣熟走行からスパルタになるのはM川風。これは一つの楽しみだったりするが、今回も例外なく実行された。バランスは初級のカテゴリなのでスピードこそ出さないが、丹念に慣熟走行を行う。

そしてバランスコースならではの慣熟走行に移る。ぐるぐる回りながら、低速でバランスをとりながら、ゆっくりゆっくり進む。ここでNCの難しさを再確認する。低速トルクが細いNCなので、エンジン回転数を上げ目にして、半クラッチをけっこう多用。なんとか持ち直しながらも進む。この低速バランス走行を5分ぐらいやったあとで、8の字へうつるが、その場所までの移動でも、低速バランス走行のまま移動する。

慣熟走行が終わったときには、一仕事終わったぐらいの虚脱感・・・もとい、達成感が得られるのがM川さんならではだろうか。

Ssdsc00981

ここからは各参加者に区画がアサインされ、8の字練習を開始する。今回の私の8の字のテーマはNCに慣れることから始める。まずはアクセルを軽く開けるぐらいで加速し、軽く旋回してみる感じで。その後、一人づつ、M川さんが回ってアドバイスを行う。

私の番ではしばらく走行を見ていた後で、呼び止められた。

 「このバイクの低速が細いのは、前回(中級)でわかったでしょう?」
 「だから少しアクセルを早めに出しながら」
 「4気筒バイクより多めにハンドルを切る感じで」
 「もう、ぐっ、ぐっ、とハンドルを切るイメージで」
 「前回の時にだいぶいい感じになってるから思い出して」

おぉ、前回の中級を覚えていてくれるとは感激! そしてもっと多くハンドルを切れという。ハンドルを切ることはできるのだが、それをもっと早く切れ、という意味と受け取った。8の字ではハンドルを徐々に切っていき、最後にフルロックまでいけるけど、そのフルロックまで行くタイミングが今の私は遅いと思っている。だから、もっと早くハンドルを切れるようになれ、と言われたのだと思った。

Ssdsc00987

そのまま8の字練習を開始する。はじめて20分もすれば、だいぶ慣れてくる。ハンドルを切ることを意識するが、NCは加速感がいまいちで、なんか波に乗れない。でも、何とか曲がれるようになってきたところで、少し練習内容を変えてみる。

千鳥走行を意識して、低速でバイクを傾けないで8の字を練習する。ハンドルはできるだけフルロックまで持って行くが、速度を落としすぎず、バランスをとって曲がる。何回かやってると、ハンドルフルロックでバイクが立ってる上体でもバランスを維持できるようになってきた。時々足をついてしまうこともあるが、かまわず続行する。

これ、やってみてわかったのだが、すごくイイ練習な気がしてきた。フルロック状態でバイクのバランスを保つことを体が理解してくれる。そしてなんと、その後に普通の8の字ではハンドルを早めにフルロックまで持って行けるようになった。多少のムラはあれど、何とかいける。

体がフルロックのバランスを覚えてくれたので、バイクが傾いてのフルロックでも怖くない。というか、怖くならず安定したバランスが保てるようになってきた。

これは驚き。いや、感動。今まで出来なかったことが出来た気がしてきた。バランスファースト、すごいな。これ。

なんか新しい発見が見つかった午前中を終了。午後からバランスアトラクションだ。

Ssdsc00983

午後は、一本橋、スネーク一本橋、かまばこ一本橋、V字、W字、千鳥、Uターンなどバランスコースでお馴染みのアトラクションコース。今回も私は一本橋20秒を目標にがんばることにする。

M川さんが早速時間を計ってくれる。 前半の方で、約19秒。後半では14秒に落ちて、最後の方で16秒。ありゃ、ふるわず。M川さんのアドバイスとしては、

「19秒の時は、ほぼまっすぐ走ってるので、もっと蛇行して距離を稼げばさらに時間も稼げるよ」

でした。

それを実践するべき蛇行にトライしたが、脱輪のオンパレード。なかなか難しい。残念ながら今回は20秒を超えられなかったが、いろいろ試している最中なので、まぁ、いいだろう。次回に持ち越し。

さらに今回は、千鳥走行を少し多めにトライしてみた。コースでは、オフセットがあり、次に千鳥がある。こんな感じだ。

Photo

前半に小さなオフセットスラロームがある。これをバイクを傾けないで、低速でハンドルフルロックでこなす。ラインには若干余裕があるが、フルロックで低速ではちょうど曲がれるレベルの間隔だ。これを繰り返すことで、フルロックで曲がるバランス感覚を養なう。かなりきつい。何って体力が。

続いて千鳥に入っていくが、ハッキリ言って下手だ。ここでM川さんの指導が入る。

 「ハンドルは切れている」
 「そして、曲がる一瞬で”足”でバランスをとる」

その指導でちょっと走ってみるが、そこでM川さんのゲキが飛ぶ

 「そこで外足に加重!」

この瞬間は残念ながら耐えきれずに足をついてしまったが、M川さんの解説が入る

 「その瞬間で、足の加重でバランスをとる」
 「そのバランス感覚は、グラム単位だ」

ひぇ~、グラム単位の加重感覚とは何だ!? そんなことを考えんがら、千鳥で低速フルロック旋回時に外足加重を行い、足をつかないで曲がれることを練習。これも練習のかいあってか、千鳥を4本ぐらいはクリアできるようになった。前は2本がせいぜいだったので、だいぶ進歩。ただ、その先は破綻するので、まだまだだ。

この足の加重感覚は、立ちノリだとよくわかる。スタンディングで乗って、腕はハンドルについててもいいが、そのまま足で左右に軽く加重してみると、それだけでバランスが大きく変わるのがわかる。これも体験させてくれました。

Ssdsc01001

他にはM川さんからは、アクセルワークに注意しろとの指導もありました。これは前回の中級での私の抱負を覚えてくれていたようだ

 「遊びをとってアクセルON」
 「旋回中に安定している時に遊びをとって」
 「二段階にアクセルを開けるイメージ」

距離のあるオフセットだと余裕があるけど、小さいオフセットだと距離がないのでどうしてもアクセルオンがラフになりやすい。それを何回か指摘されている。感覚が狭いなら、狭いなりに早く準備することが必要なようだ。M川さんの指摘のおかげもあり、完璧ではないが何回かしっくりくるアクセルワークを実現することができた。もう少し練習が必要だろう。

午後は約2時間枠があったわけだが、あっという間に終わってしまった。もう終わりか?って思えるぐらい。バランスコースは、受ける度に新しい発見が味わえる。

今回はフルロックでの低速走行。この練習の効果が速度を出してバイクを傾けての走行に現れるというおもしろさ。このおかげで、千鳥手前の小さなオフセットでは速度を出してフルロック+傾けでクリアできるようになった。これは大きな発見かもしれない。

Ssdsc01009

走行距離は38.1km。バランスとしては走ったほうかも。慣熟走行が長いからね。

ちなみにバランスコースが終わってから帰る車の中では妙に体が熱い。これは前回も同じだったのだが、顔が熱く、さらに体もポッポしている。今の時期だと、ひょっとしてインフルか?とも思ったのだが、体温は正常。 これは約24時間ぐらいで引くのだが、どうやらバランスコースのために体の筋肉を酷使したことで、体中が熱くなってるようだ。 腕、足、腹筋など各所の筋肉が活性化されてるような気がする。

いや~、バランスファースト恐るべし!

« PCXで都内ツー 新宿付近を走る | トップページ | HMSに参加する63回目:中級コース 39回目 アクセルをあけろぉぉ »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

毎日ブログを拝見させて頂いている者です。
最初に辿り着いたのは昨年のバイク免許取得中だったのですが、とっても参考になったのを覚えています。
レンタルの記事も参考になりましたね。
最近はHMSシリーズが気になります。
初心者の私にはなかなか難しい内容ですが、楽しみに毎回拝見しています。
これからも拝見させて頂きますので、宜しくお願い致します。

1300250さん、コメントありがとうございました。
免許取得の役にたって幸いです。
HMSは、初心者の人も多く参加しています。ちょっと予約が取りにくいので、
本気でとらないとまずいですが、参加してみると新たな世界が開けると思います。
レベルアップできますので。

フルロックでのバランス感覚ですかぁ・・・
普段のツーリングメインだと
やりたくはない(笑)Uターンくらいでしか
意識してないです。。。

千鳥のイラストとか描くのも大変ですよね。
ありがとうございます!
勉強になります!

Akinakaさん、こんにちは。
超低速バランスは、実走行ではあまり使いませんが、やっておくと確実に
レベルアップできそうな気がします。

速度に頼らない走り、なんて。

読んでると、やりたくなりますね~。
1本橋の蛇行って~・・・(^^;)
結構得意なんですけど、無理です!

おくさん、こんばんは。
一本橋楽しいですよ~。教習所時代は苦手項目の筆頭だったけど、今は、どれだけ耐えられるか?を楽しんでいます。

バイクは、ハンドルを切った状態のほうが横方向に安定するんですって!

TKさんこんばんは ^^
フルロックですか!?
Uターンで上手くいくと9割ぐらいまではいけるんですが
重たい1300ではなかなかチャレンジできないんですよね。
バランス崩した時点で転倒なので。
千鳥ではアクセルコントロールだけなのでしょうか?
リアを引きずったりはされてるのでしょうか?
HMSのテクのレベルにはいつも驚きです。

旅好きさん、こんばんは。
フルロックなんて、公道ではやらないですよね。そこまでは不要だと思ってます。
ただ、フルロックまでもっていける技量があれば、それはテクニックの余裕に
なると思ってます。

HMSでは自分の限界を引き上げると思ってます。
そうそう、千鳥では、アクセル+半クラッチ。そしてリアブレーキですよ。
ブレーキはずっと引きずってますが、微妙に強さをコントロールしつつ、
アクセルで回転をあげながら、半クラッチ。そして、バランスをコントロール
します。もう、マルチCPUの世界です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56691716

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する62回目:バランスファースト 05回目 グラム単位のバランス感覚:

« PCXで都内ツー 新宿付近を走る | トップページ | HMSに参加する63回目:中級コース 39回目 アクセルをあけろぉぉ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!