« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の11件の記事

2013年1月27日 (日)

HMSに参加する61回目:バランスファースト 04回目 20秒を超えてみたい

昨年のスキルテストの一本橋は、いまいちな結果だった。10秒はかろうじて超えたが、そっから先に伸びきらない。といっても練習してないし、そりゃ無理だろう。ってことでバランスファーストを受講することにしました。また、バランスファーストには8の字があるので、前回の中級であったような過減速をなしにて曲がる練習にもいいかもと思っていたところだ。

バランスファーストとは、HMSの初級の派生コースであり、その内容は、低速・バランスに特化したコースだ。8の字の個人練習に始まり、教習でおなじみの1本橋、千鳥走行など多種多様なアトラクションが用意されている。

Ssdsc00942

天候は快晴。少し寒いが日光が強いので耐えられる。参加者は20名。イントラさんはメインがM本さんでサブがKDAさん。お馴染みのイントラさんだがバランスファーストでMGMさん以外にあったことがないので、新鮮かもしれない。

併設コースは、中級、スパ上、パイロンスペシャル、それに加えてジムカーナの練習会があるようで会場はぎっしりのようだ。

本日の目標は、「一本橋を20秒」とした。記憶にある自己ベストは14秒なので+6秒ほど一本橋を耐えないといけない。なかなか難しい。そしてバイクは、CB400SF REVOとしました。

Ssdsc00205

練習が開始されて、練習コースへ移動。慣熟走行は無しで、そのまま8の字練習にうつる。20名いるが一人につき1区画が割り当てあれ、そこで8の字練習を行う。8の字について、M本さんから簡単に解説があった。

 ・最初はアイドリングで走り、ハンドルの下に手をそえてセルフステアに任せて走る
 ・リアブレーキを少し使うことで操作で小さく回る
 ・他に緩急をつけて走るなど、いろいろやってみて

まぁ、あまり細かい説明は無い。私は、加減速をあえてやめてみて、その速度で曲がる練習をしたいので、ちょうどいい。まずはギア2速でアクセル操作はなしで、ゆっくりと走ってみる。手の平はハンドルに添える程度として、できるだけ力を抜く。

CB400は低速のトルクもあるので、するするとけっこう走れるので、そのまま8の字を描く。アイドリングだけだが、けっこう傾けられるし安定もしている。ブレーキをかけた方が小さく曲がれそうだが、前ブレーキは使わず、やばいときだけ後ブレーキを使うことにして、ぐるぐる回ってみました。

最初はセルフステアを阻害していないか?を中心に確認。やってみるとわかるが、ほんの数ミリの最後のハンドルを阻害してしまう。後、ちょっとだけハンドルが切れそうだが、なんかおさえてしまう。押さえてしまうのは、旋回の内腕側。あと少しだけ切れそうなところで、押さえてしまうのは、これ以上ハンドルが切れると傾きが急になりすぎて、こけてしまう恐怖感があるからかもしれない。もう少し鍛錬が必要なようだ。

そして、ギアを3速、4速とあげていき、速度を上げみたり、2速のまま少しだけアクセルを使ってみたりして、いろいろ試してみました。

最終的にはいつものようにアクセルとブレーキを使って回ってみましたが、納得のいく8の字にはなりませんでした。目指すべき8の字は旋回後まで速度を維持できる旋回ですが、まだそこまではいかず。次回に持ち越しとします。

Ssdsc00945

続いて午後からのいつものバランス練習。一本橋、波状路、スネーク一本橋、かまぼこ1本橋、オフセット+Uターン、千鳥走行など。イントラのM本さんは最初にまとめて説明。一本橋から千鳥まで一気に説明してくれましたが、ありゃ、わからんかも。

一本橋の説明では、
 ・バランスをとることだが、微妙な加速、減速を繰り返すが
  体の動きを止めないこと。
 ・体を絶えず動かすことでバランスをとる。
 ・下半身をニーグリップで固定し上半身をリラックスさせること。
という説明だったか。

実際に一本橋をはじめてみる。M本さんが時間をはかりながらいろいろアドバイスをしてくれました。

 ・ブレーキをもっと使え
 ・クラッチ操作を安定させろ
 ・安定~ブレーキ~不安定になったら加速、安定したらブレーキ
 ・ハンドル操作をもっと丁寧に

最初は14秒。しばらくがんばって16秒。その後、コンスタントに16秒を連続。しばらくして18秒を連発。そして最後の最後に19秒でした。20秒にわずか届かずですが、自己ベストを更新できたので、これはこれで満足。

一本橋は、最初が肝心。教習所では、
 「最初に勢いをつけて乗っかり、そして減速」
という方法でやってたけど、それだとタイムが稼げない。最初からゆっくり乗る。CB400は低速でもトルクがあるので、ローギア半クラッチでアクセル操作なしでもぐいぐい押し出してくれるので一本橋でも上れる。後は、最初からリアブレーキを使ってバイクを止めるギリギリまでもってく。そして不安定になったら加速。これを繰り返す。さらにハンドル操作。小刻みなハンドル操作をしながら、場合によっては右、左に切る。Youtubeに一本橋チャレンジがけっこう出ているが、そんなのはとてもできないな。

結局20秒には届かなかったが、まだまだ練習しがいはあるというもの。ただし、これ以上は、一本橋の上で止まらないと無理だろう。

今回、一本橋を重点的にチャレンジしてみたが、いろいろわかったことがある。まず、バランスをとるアクションをいつ出すか?というタイミングとそのアクション内容が重要というところだ。バランスが悪くなりそなときに、
 ・アクセル操作+半クラッチ
 ・ハンドル操作
それらをどのくらいの量でどういう風にだすか?だ。やりやすいのは、加速操作。ただ、これをタイミング良くだせるかは、慣れと瞬間的な判断が必要。

あと、あきらめずに粘る根性も必要かもね。

Photo_2

スネーク一本橋は、2回成功。かまぼこ一本橋は、ゼロ回。千鳥は、さわり程度。M本さんからは、「ゲートに対してまっすぐに進入するように」ということだが、わかっていてもその通りにはできませんでした。せいぜい、3ゲートを通過するのがせいいっぱい。あとは1本パスするしかない。ライン取りがわかってないってことだろう。これは一本橋の次の目標にとっておこう。

他のバランス名物としては、小さいオフセットがある。標準適なオフセットがだんだん狭くなっていき、そしてUターンが連続し、さらに小さいオフセットが入る。たぶんフルロックじゃないと通過は厳しいところだが、これおもしろかった。

本来であれば、もう少しかろやかに通過するべきところが、ときどき、ちょっと失速気味だったか。このあたりを早く通過できるようになると、遅いという欠点が克服できそうだけど。

いや~、久々のバランスファーストはけっこうしんどかった。一本橋で時間を計ってくれるのはいい。やりがいがある。すこしっつではあるが、経過時間が長くなってきたので、次回は20秒を超えたいところだ。

バランスファーストはちょくちょく受けることにしようか。

2013年1月26日 (土)

ニフティから「規約改定」のお知らせが届く

@ニフティから「ホームページ等に関する規約改定」に関する連絡が来た。

全文は掲載しないが、骨子だけ。

~~~~~~~~~~ここから
 このたび、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整
 備等に関する法律」に準拠するため、2013年3月1日に、@homepage(アット・
 ホームページ)利用規約を変更いたします。

 この法律では、掲示板やブログなどの開設者は特定サーバー管理者と位置
 づけられ、「青少年有害情報」について連絡を受け付ける体制をとるように
 努めることが求められています。

 また、変更後の規約にありますとおり、青少年インターネット環境整備法に
 定める「青少年有害情報」やそれ以外の法令に違反・違反のおそれがある情
 報を掲載している場合、警察などに登録メールアドレスを開示する可能性が
 ございますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

~~~~~~~~~ここまで

この 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」という長いタイトルだが、これでググってみれば関連情報はいくつでも出てくる。要は、少年に有害な情報(主にエロ系、または犯罪や自殺を誘発、助長する)を掲載しているホームページを言うらしい。

そして、すべてのホームページ(ブログを含む)に管理者のメールアドレスを掲載しろという話だ。そして、警察等の申し出に対して登録メールアドレスを教えるということらしい。まぁ、何を今更というところではあるが。

ただ、ニフティ自体は、「有害情報とは何か?」を明示していないし、どのような条件で警察に情報を開示するのかも書いてない。ま、どうせ書けないのだろうけど。

ちょっとめんどいのは、会員規約にあるこの部分。

2.@homepage(アット・ホームページ)をご利用されるユーザー(以下「ユーザー」といいます。)は、@homepage(アット・ホームページ)を利用して開設したホームページ、ブログ等(以下本条において「ホームページ等」といいます。)に、自己のメールアドレス(ニフティに登録したものに限りませんが、到達可能なものに限ります。)を明示するものとします。

実は全然気にしてなかったが、ホームページ上にメールアドレスを載せろと書いてある。あぁ、こんなのあったかと思ってしまった。

ホームページにメールアドレスを掲載すると、もうスパムだらけで、そのメールアドレスは使い物にならなくなる。スパムフィルタはだいぶよくなってはいるが、それでも、そのメールアドレスをチェックする気にはなれないぐらいにゴミメールはくる。

なので、最近のトレンドはメールアドレスを掲載するのではなく、ブログコメント等が主流かなと思っていた。

なので、この件について、ニフティに質問を送ってみた。

質問は
 1)有害サイトの具体的な内容
 2)警察へ情報を開示する判断基準
 3)メールアドレスの掲載を本気でやれというのか?

の三つ。まぁ、半分は期待していない。

これに関する回答が着た。

 1)、2)については、ニフティではなく、警察等の取り締まり機関の判断に
 基づくとのこと。

 3)については、努力義務であり強制ではないそうだ。メールフォーム等でもいい。

ま、想定内の回答。

何が有害なのかは、警察等の判断ということになると、

 「なんくせつけて取り締まり」

という懸念が指摘されるかもしれないが、そこまで暇じゃないだろという気もする。

それにしても大手プロバイダだから仕方ないかもしれないが、具体性に乏しい通知を避けて、もっと具体的にできんもんか?って思うが、それもさんざん言われていることだが。

ただ、星の数ほどあり、サーバが海外にもあったりするホームページを取り締まるのは、至難の業かもしれん。

2013年1月25日 (金)

練習用グローブを新調

HMSは用品の消耗が激しい。ウェア、パンツ、シューズ、そしてグローブなど、かなり痛みが早い。なかでもグローブはグリップと擦れることもあってか、ボロボロになったりする。

Ssdsc00902

これが今まで冬用の練習用として使っていたグローブ。元々CB400SBの時に、秋、春用として買ったグローブ。余計な飾りがなくシンプルで、また、生地がちょうどいいあんばいなので、操作しやすいグローブ。

これはこれでよかったのだが、ちょっと寒い。HMSではかなり体を動かすので30分も走ってれば、真冬でも汗ばんでくるのだが、それでも指先はちょっと寒いのが気になっていた。

そこで、バイク用品店では

 「なにかイイ練習用グローブはないかな?」

って物色することになる。私はグローブマニアで、お店でいろいろはめてみて、サイズがしっくりくると、ついつい欲しくなってしまうのだが、値段や色、形を含めて気に入ったモノがなかなかなかった。

ところが、先日、ふらっと立ち寄ったラフ&ロードで、ちょっと気に入ったグローブを発見。値段が1000円引きだったこともあり、買ってしまいました。

Ssdsc00904

ラフ&ロードの防風プロテクショングローブ。まず、第一にサイズがちょうどいい。グローブって同じメーカー、同じサイズでもモデルによって、妙にきつかったり、ぶかぶかだったりするが、これはジャストサイズ。指先も余らない。

次に一応、革製品であり、生地が分厚くない割に寒さをしのげそう。そしてはめてみた感じでの肌触りもいい。最近、よく転倒するので、プロテクション効果があるのも魅力だ。

サイズ、値段、フィット感がよければ、これは買うしかないどうってことで。

Ssdsc00906

ここもポイントが高い部分。アジャスタ部分が、ちゃんと袋状になっており、肌が露出しないので、寒さ対策もできている。また、アジャスタベルトが太く、しっかりしているのもいいね。

Ssdsc00909

手のひら側が皮革っぽい。ほんとに皮革か?って気もするが、練習用だからいいか。

Ssdsc00913

ナックルガードもついてるし、指先にもパッドがはいっていて、安心感が高い。また、握り拳をつくったときも、生地に柔軟性があるので、きつくない。

Ssdsc00917

手のひら側のフィット感もよい。そうじて、バイクの操作ではダイレクト感を味わえそうだ。まぁ、練習用だから、多少はいいのだけどね。次のHMSで使おう。今らか楽しみだ。

ちなみに他のライディングギアだけど。

 1)ヘルメット
   外装は傷だらけ。内装も痛むが適度に洗ってるので、まだ、いける。
   シールドは不思議にきれい

 2)シャツ
   かなり痛んでいるが、破けてないので使っている。
   プロテクターなどと擦れるので、痛みがはやい

 3)シューズ
   かなり痛む。つま先部は削れる。雨でかなりいたむ。

ま、道具は使ってなんぼなので、使い倒すならば本望か。

2013年1月23日 (水)

PCXで都内ツーリング 杉並~石神井~成城あたり

正月休みの最後に、ちょっと回ってくるかとPCXで都内ツーリングにでかけました。普段通り過ぎる町並みも少し奥に入ってみれば、また、見方も変わるだろうとの趣旨です。

場所としては、世田谷から中野、杉並あたりをにょろにょろと進んでいく。

これは下北沢あたりかな。

Ssdsc00821

下北沢なんて、久しぶりだが、ぜんぜんわからない。いったいどこだ?みたいな。

Ssdsc00822

そしてこれは、東大の前。こうやってみると古式ゆかしい大学という感じか。正月なのでひっそりとしています。

Ssdsc00826

どこの公園だったか忘れてしまったが、ちょっとした公園を発見し、ここで一息。

Ssdsc00827

でっかい石碑が印象的。

Ssdsc00829

北野神社と書いてありました。初詣客とは言いませんが、人はぱらぱらと着ていましたね。

Ssdsc00830

スマホで地図を確認しながら、すこしづつ進む。川沿いの住宅街というところか。

Ssdsc00832

そして看板が見えたので、石神井公園につきました。時間がないので入りませんが、散歩とかで、てくてく歩くのもいいかもしれません。

Ssdsc00833

戻る方向へ向かいますが、ちょっと迷って、行き着いた公園。グランドがあってサッカーとかやってるし、スケボーとかでけっこう賑やかな公園だったかな。

Ssdsc00835

なんとなく、ぐるぐる走っていると、成城のあたりに出てきました。なんかみたことあるなぁと思っていたら、世田谷道まで戻ってきました。

Ssdsc00836

ここから成城の駅のほうへ向かいつつ、裏のほうへまわってみました。そしたら、学校があって、いつの間にか高台になってました。

Ssdsc00837

へぇ~~~、成城に高台があったか。木があるので暗くなってしまうが、ちょっとした景色を楽しめるかもしれません。

Ssdsc00839

成城あたりって、こういう高圧線があるんだよね。だいたいこのあたりで終了。

Ss

まぁ距離的には全然たいしたことはないが、くねくねと考えながら回ってきたので、3時間ぐらいのツーリングか。距離はでないが、探検気分で楽しいもんだ。速度を出すと寒いし、このぐらいがちょうどいいかもしれないね。

このPCXで都内ツーって、おもしろいかも。

2013年1月20日 (日)

HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ!

この日の天候は快晴。気温は少々高めになることが予想されるので、冬場ではあるが最高のコンディションと意気揚々と出発するが、出発前に一仕事がある。

Ssdsc00872

先日の大雪でレガシィには、まだかなり雪が残っておりこれを除去しなくては出発できないのだ。実は三日前に乗ろうと思ったのだが、フロントガラスの雪が思った以上に厚く断念しましたが、今日はそうはいかない。エンジンかけて暖房全開で暖めながら水をかけて雪を除去。約20分ぐらい格闘していましたが、無事出発できました。

Ssdsc00885

HMS会場は思った以上に雪がきれいになくなってました。コースは隅々まで雪はなくなっており、きれいそのもの。けっこう天気がいい日が多かったから、全部きれいになくなったようだ。

Ssdsc00886

今回の中級参加者は21名かな。イントラさんはメインがM川さん、サブがB沢さん。この組合せはおもしろそうだ。併設コースは、初級、上級、コースラ、CBRというところか。結構賑やかのようです。

今回はバイクをNC700とした。一度は使ってみたかったので、モノはためし。まだまだ新車でピカピカだ。いろいろな前評判はあるが、じっくり体験してみようと思う。

Ssdsc00890

最近のM川さんのトレンドは、「慎重」という感じだろうか。焦ることなくゆっくりゆっくりという感じで講義を進めてくれる。冬場で滑りやすいこともあるし、ケガの無いようにという配慮だろうか。

今回の自分のテーマは「丁寧なアクセル操作」とした。前回指摘されていることでもあるし、転倒が続いている原因は、そこにあると考えてのこと。

さて、最初の完熟走行でNCの勘所をつかもうと思ったのだが、まず、ギア。2速は厳しい。というか、低速トルクが細くて2速ではアイドリングから加速できない。一回エンスト。走行中のバイクでエンストしたのは初めてだ。なので、1速で走ることに。でも1速もかなりマイルド。運転しやすいと思うが、CBとは全然違うコントロールだと思う。

Ssdsc00893

さて、午前中は市街地コース。最初は、新コースを使ってオフセットで体を慣らす。ゆっくり目に走りながら、バイクの感触を得るのが目的。ブレーキの感覚、ハンドルが切れる感覚など、いろいろなことを試しながら、感覚を養っていく。

私はNCでおどおどしながら走っているので実はこの練習はちょうどいい。まだ、感覚がつかめていないのでゆっくりゆっくり走りながら、感触をつかんでいく。そして、次に市街地コース全部を使った練習に移っていく。今回のコースはあまり長くなく、またトリッキーな仕掛けもない、標準的なコース。NC700Xで初めて走ることもあるので、このぐらいがちょうどいいか。

何周か走ってるうちにNCにもだんだん慣れてくる。慣れてくるとこのバイクは意外にハンドルが切れる気がしてきた。結構曲がる。バイク自体も軽くて傾けるのも楽。うん、けっこう乗りやすいバイクかもしれない。

M川さんからは拡声器で指導が入るが、
 「丁寧にね~~」
って声をかけてもらえたのが印象的。私の抱負を覚えていたようだ。

そんなわけで、ちょうど慣れてきたところで、午前中は終了しました。

Ssdsc00879

午後はバリアブルコース。コース上のTEC-Rのロゴが新品だけど、滑りやすそうなコース。ここもアスファルトが一新されている。かつてはもっとも滑りやすいと言われたコースなだけに、アスファルトが整備されたのはよかったんじゃないだろうか。ただし、アスファルトが新しいので油が浮いていることもあり、注意して走ってほしいとの通達あり。

コース自体は一般的なコースだけど、Uターンが連続するなか距離が短いので、このあたりをスムーズに通過できるかがポイントかも。

さて、ここでイントラさんがメインとサブをチェンジし、B沢さんが語り+指導になり、M川さんは実演に変わった。

そしておもしろい提案あり。

 ・皆さんは旋回時の速度が遅くなりすぎだ
 ・これは加減速をやり過ぎるとおちいりやすい
 ・なので、加減速をやめてみよう
 ・アクセル、ブレーキ操作なしでコースを走ってみる
 ・フロントブレーキで前サスを縮めることで曲がりやすくなるが、
   ブレーキなしでハンドル操作だけでも抵抗になって減速するので
   サスは縮む。
 ・そうすることでラインをよく考えるようになる
 ・ギアは2速固定、アクセルブレーキなしで走ってみろ
  仕方ない場合は、後ろブレーキを使うこと

これはおもしろい。今までやったことなかった。ただしNCは1速ギアでもイイよということだ。

早速、挑戦。

最初は怖い。ブレーキなしっては、ちょっとやばいと思ったが、やってみると案外曲がれる。特にUターンなんて怖いんだけど、ブレーキ無しでバイクを傾けて、自分としてはちょっと速い速度だが曲がりきれる。
この「速度、傾け、ハンドル操作」の関係が非常におもしろかった。自分としては少し早いな、って思える速度でも傾けて曲がれるのが意外だった。ということは、自分の普段の旋回速度はアイドリングより遅いということか。が~ん!

さらに指導が入る。拡声器でドンドン声をかけてゲキを飛ばすB沢さん得意のパターンだ。 
 「もっと上体の力を抜いて」
 「ハンドルの自然な動きに体をあわせて」
なんて感じか。速度がゆっくりめなので、これはやりやすい。上体の力を抜くというより、少し浮かす感じかな。そしてハンドルをフリーにして、体をバイクの動きに合わせるようにする。

これも初めての感覚かも。あ~上体の力を抜くってこういう感じなのか。これは、アクセルとブレーキの操作をまったく行わないからこそ、できたと思う。アクセルやブレーキ操作を行うとどうしても力が加わってしまうが、それを抜くことで体験できたことになる。

Ssdsc00803

これをしばらくやってみた後で、通常走行に戻った。そしてまず1発目に思ったのは旋回時にブレーキをかけすぎということ。

あ、なるほど、と思った。さっきよりも旋回速度が落ちている。

加速しているので減速のためブレーキが必要なんだけど、無意識のうちに減速すると、結果として旋回可能速度よりも落ちている。

これが何人ものイントラさんから指摘されている
  「速度を落としすぎで、もったいない」
と言われる部分か。

自分の旋回能力であれば、もっと早い速度で曲がれるはずが、加減速を行うことで速度を落としすぎてしまう。つまり、減速しながら旋回にうつるコンビネーションが下手なんだ。

これは「目からウロコ」だ。

実際、Uターン部分で自分の動きをよく考えてみたが、Uターンの旋回動作にうつる直前のブレーキは一番強いブレーキのポイントになるが、それが強くしすぎているようだ。これの力を抜きつつ速度を維持しながらブレーキをかけながらUターンにもっていければ、もっと早く走り抜けられかもしれない。

一番ブレーキを強くする部分をあえて力をいれないで、曲がる・・・。それが課題なのかもしれない。

この日、B沢さんの指導はいっぱいあって、他にもあった。
 コーナー中にアクセルオンするタイミング
    旋回中盤で少しだけオン
    旋回完了と思えるポイントでさらにオン
 リーンインを練習したほうがいい。
    コーナー手前からリーンインの体制でアプローチ

などなど。

午後はずっとバリアブルだったけど、早さより基礎を十分に練習できた充実した感じだった。というか欠点が明確になったというのが本当のところか。

加減速をやめて、速度一定でコースを走っていく。実はこれが今の自分に一番適した練習なのかもしれない。う~ん、でもこれが練習できるコースは何だろう? 練習方法を少し考えてみよう。

Ssdsc00894

最後にNC700Xのインプレッション。

車体は軽め。CB750よりも取り回しは楽な気もする。タンクの位置にヘルメットが入るトランクがあるのが有名だが、ここに荷物を収納できるのは便利。そしてニーグリップがやりやすく、足が痛くならないのは好感触。CB400はニーグリップ時に内モモにゴツゴツ感があって足が痛くなる。

Ssdsc00888

それにしても低速トルクが細くて、エンストしやすいのはちょっとね。また、4気筒に比べて吹き上がりにムラがあるので、低速になるとコントロールしにくい部分がある。回転数をあげて走り切れればいいのだけど。2気筒のドコドコ感に違和感が無いようなら、いいかもしれないが。

エンストが2回あった。バイクで走行中にエンストしたのは初めてだが、よく転倒しなかったと思う。また、2速はギア比が高めでHMSではちょっと使いにくい。アクセルをラフに開けると2速ギアではエンストするし、1速でも吹き上がりが安定しないので、HMSみたいなところには向かないバイクかも。

ローギア+半クラッチでの走行では低速トルクが細いためにかなり厳しい操作となる。なので、バランス系には向かないかも。

あと、レッドゾーンが6000ぐらいで低めに設定されているため、1速で走りきろうとするとあっというまに上限になってしまう。CB400などは1万以上まであるわけだから。もし長い直線があるならシフトアップが必要ということか。

ただ、全体としてはバランスがいいバイクだし曲がりやすいです。ツーリング向きなのかな。

Ssdsc00896

今回の自分のテーマは、「丁寧なアクセル操作」だったので、そういう意味ではNCはいい題材だったかもしれない。時々、借りようと思うが、ちょっと操作が難しいバイクかもね。

2013年1月17日 (木)

HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに!

自分として今年1回目のHMSである。通常通りの中級を選択。新年ということもあり、受付センターはいつもとちょっと違って、新年のご挨拶モードでした。

天候は快晴。しかも気温は高めで暖かい。これは暑くなりそうだということで、あまり厚着はせず、準備しました。併設コースは上級と初級で、人数は全体としては少なめなので、コースを広く使えるかもしれないと期待。

Ssdsc00799

イントラさんは、メインがY下さん、サブがMGMさんという異色のコンビだ。この組み合わせはめずらしいかも。バイクはCB400SF REVOを選択。

そして、なんと年末年始でコースのアスファルトの張り替えが行われており、新品アスファルトで走れるそうな。しかもかつて私が転倒した場所が全部張り替えられている。これはうれしい。 後で聞いた話では、本当は一週間後にオープンする予定だったけど、早まってこの日になったらしい。これはいいかも。

Ssdsc00803

午前中は、4番、5番を使ったパイロンスラロームのコース。私は直パイコースと呼ぶが、ここに2コース設定されました。一つは、直パイ中心にコース。もう一つはオフセット中心にコースで、都度選択する。

新年初ということで、少しゆっくり目に走る。なんか、慣れないというか、ちょっと違和感みたいな感じがあって、しっくりこない。まぁ、リハビリと思ってゆっくり走ろう。

直パイコースとオフセットコースは併走しており、走ってると真横に別のバイクがくる状況があるので、最初はちょっと怖かった。

途中、全体指導がありました。内容はライン取り。
 ・後輪の軌跡を考えること
 ・後輪がパイロン裏を通過するように意識
これ、当たり前のことだが、なかなかできてない。夢中で走るとラインが崩れてくるので、気をつけないと。

午前中のコースはシンプルで楽しいコースでした。特に直パイコースはおもしろい。なんかパイロンスペシャルを受けたくなってきました。

Ssdsc00808

続いて午後です。

午後は、1,2番を贅沢に使ったコース。往路は細かいコーススラロームで先の先を読まないと破綻しやすいコース。復路は直パイが連続するコース。しかも最後は微妙にオフセットしており、ちょっと難しい。さらにそのオフセットが周回途中で徐々に広がっていく。イントラさんが途中で少しっつ修正したのだろうか。

しばらく走って全体指導がありました。

 「皆さんが倒すパイロンがほぼ決まってきた」

ということで、コース内容の説明がありました。先を読まないとぶつかるよ、って感じの指導でした。要は2本先のパイロンの位置を考えて曲がれというところでしょうか。

Ssdsc00812

そして、一度、MGMさんから声がかかり指導がありました。まずは、

 「アクセルを開けるときがラフなので注意」

う~ん、これは気を遣ったつもりだったが、夢中で走るとどうしてもラフになるようであり、気をつけないと転倒する。

さらにMGMさんの追走によるコメントでは。

 ・コーナー前で速度を落としすぎ。
   もっと早い速度で曲がれるはず
 ・旋回時にもっと体を入れたほうが、限界が上がる。

ここのところ、MGMさんからは、この指導が多い。もっと早く曲がれるだろ??って言われている。これはK島さんにも同じことを言われているのだが、自分として無理のない旋回速度がどうしても速くできない。これはどうしたものか? 何かきっかけを探すか。
ヒントはエンジン音かもって、考えてました。エンジン音を聞きながら、音が小さくなりすぎないようにを考えながら少し走ってみました。まぁ、すぐに改善するべくもなく、しばらくがんばってみようと思う。
Ssdsc00806

しばらくして、コースに一本橋が加わる。一本橋か直パイが選択制となるわけだが、これはお得だ。パイロンスペシャルとバランスファーストの要素が入ってきた。

一本橋はちょうど練習したかったので、積極的に挑む。まぁ、あまり落ちなくなったけど、時間は15秒に満たないぐらいか。スキルテストでワンランクアップするためには、15秒以上をクリアしないと。

そして、イントラのY下さんから声がかかる。

第一声は、
 「アクセル操作が荒い」
から始まる。あぁ~また同じことを。

その後、Y下さんに追走してもらっての講評によれば。
 ・アクセル操作がブオンブオンという感じで早すぎる
 ・たとえば直パイでアクセル操作が荒く、タイミングが早い
 ・もっとゆっくりを心がける
 ・ブゥゥゥウオンという感じ

二人のイントラさんから同じことを指摘されるとは。というか今の自分の欠点はここに集約されている気がしてきた。ここ最近の転倒も、アクセル操作がラフなための発生したと思える。

ドライならタイやが耐えてくれるが、ウェットになるとすぐに滑り出すのはアクセルが荒いから。早く走ることに気をとられて丁寧な運転ができていない。ここはしばらく「丁寧な操作」をテーマにしたほうがいいかも。どうもラフになりすぎている。

ようだ。アクセルオンは丁寧に。減速は速度を下げすぎない。これが自分のしばらくの課題だろうか。

人数はマックスだったけど、コースの距離が長いので待ち時間はほとんどなく、ほぼ走りっぱなし。走行距離は60km弱というところです。なお、最初に借りたバイクが不調で交換してもらったので、メーターは50km弱です。

Ssdsc00818

適度な疲労感と充実感があり、新年の走りはじめとしては楽しいHMSでした。

Ssdsc00801

最後に新アスファルトの感想を。主に、1番、2番、3番、4番、5番のコースでアスファルトが更新されたようです。まだ、新品の状態で所々に砂が浮いてる部分があるので、しばらくは様子見かもしれません。靴底で感触を試した感じでは滑りにくいようです。

それにしても、「滑りやすい」というコースが張り替えられたのはよかったかな。


2013年1月15日 (火)

都内は壊滅か? 大雪に一喜一憂

いやまぁ、なんていうか、関東地方をおそったゲリラ低気圧だったか。ものすごい大雪に見舞われました。折しも三連休の最終日。

前日、前々日はポカポカの天気でバイクで出かけても全然OKな日だったのに、この日だけは朝から雪が・・・しかも大きな粒の雪がかなり降ってきました。

Ssdsc00846

この日は特に予定もなくて、雪が降る予報は聞いていたので家でのんびりしようと思ってました。まぁ、気が向いたら雪と戯れてみるのもいいかと思っていたのですが。

なんとまぁ、こんな日に限って仕事のトラブル。しかもやっかいな話。三連休ってこともあるのか、関係者に連絡がつかず。あちこち連絡して対処を要請するも、外を見守る状態。

Ssdsc00847

しかし、雪は降り積もる一方でどんどん降り出す。

そして。

Ssdsc00852

あぁ、レガシィも積もってますね。まだ、キャリアのバーだけしかつけてないけど、雪に埋まるとは。

Ssdsc00853

午前中いっぱいでは、もうかなり積もりました。しかし、仕事のトラブルは解決せず。仕方なく、出勤することにしましたが、果たしてたどり着けるのだろうか?

Ssdsc00855

近所の公園はすっかり雪景色。これが仕事のトラブルがなければ、このまま遊んでいたい。

Ssdsc00856

バスにのるためにバス停へ行くも、なかなかこない。まぁ、寒すぎることはないのだけど、あっという間に体に積もってしまいました。

まぁ、そんなこんなでバスに乗って何とか出社。仕事はけっこう手間がかかりましたが、トラブルを収拾し、帰る頃にはすっかり夜遅くなってしまいました。

Ssdsc00861

まぁ、予想はしていましたが、家の近所の裏通りはひどい状態です。歩くのもゆっくりと歩きます。半分は凍結しているので、気をつけないと転びます。

Ssdsc00864

こんな日でもスクーターで帰宅する人がいました。なにも、こんな時に乗らなくても。結局、押してたけど。

そして翌日。

Ssdsc00868

朝日がまぶしい。天気もよくて、すがすがしいですが、道はごらんの通りです。案の定、凍結しているので、気をつけて歩きます。

Ssdsc00871

何かの配達なんだろうか。カブで走る人を見かけました。危ないと思うんだけどね。仕事には変えられないのだろうか。転倒したら、痛いよ、たぶん。

それにしても、すごい雪でした。都心では首都高が朝から通行止めになったり、電車もかなりの遅れが出たりと、さんざんな状態です。

私は通勤は問題なくて、助かりましたが、道路がきれいになるのは、一週間ぐらいかかるかもね。

2013年1月10日 (木)

年末休みの最後は都内ツーで

年末年始の休みも最後。あぁ、明日から仕事か!?って嘆くのもありだが、ココは一つ出かけてみようと思ったのだが、寒いのでPCXで。

Ssdsc00733

時間はほどほどしかないので、都内ツーに行く事にしました。テーマは、「羽田」です。まぁ、周辺を含めてまわてみようかと。

まずは、地図的に羽田の上の方へ向かってみます。旧海岸通りという道を北上していきます。

Ssdsc00736

ちょうど首都高の下ですかね。このあたりを走っていると、レインボーブリッジが見えたので、向かってみます。

Ssdsc00737

レインボーブリッジの前にあるループ橋のしたに出ました。そういえば、こんな場所には来たことがありませんでした。道路は走ってるけど。ここで休憩していると、電車がレインボーブリッジをわたってきました。

Ssdsc00744

今度は羽田に向かいますが、大井埠頭にいってみよう。

Ssdsc00745

京浜島まできました。ココには良く来ます。天気がまぁまぁだったこともあって、たくさんの人がいました。ピクニックな人、釣りする人など。あんまり寒くなくて、のどかな感じですね。

Ssdsc00751

ちょうど、江東の湾岸沿いが見えます。このあたりは海岸というより、埋め立て地なので、直線的な海岸線だけですね。 さすが東京。

Ssdsc00759

羽田から出発する飛行機がひっきりなしです。ここでまってれば、飛行機の写真や動画がたくさん撮れますね。

Ssdsc00765

京浜島をあとにしてから、昭島へ。ここはモノレールの通り道なので、こんな風に出会うことができました。それにしても人工の島だらけです。

ここから東京を南下していきます。

ちょうど羽田の横あたりですかね。

Ssdsc00773

マリーナ、ってわけじゃないと思いますが、ボートがたくさんありました。その前は民家という立地なのが、なんかすごい。でも、静かな土地です。

ここから羽田空港に向かうことに。

Ssdsc00777

ちょっと時間がなかったので、第一ターミナルの出発ゲートのほう。まぁ、なんつ~か、軽く写真だけ。旅行者が多かった。 また飛行機乗りたい。

というわけで、都内ツーリングも終わりの時間となりましたので帰途へ。時間にして3時間ぐらいだと思うが、PCXだと小回りがきくので、都内ツーはしやすいですね。止める場所もこまらないし、Uターンも簡単。

Ssdsc00790

ちょっと時間があったので、遅い初詣に近所の神社によって、今年一年の願いを神に祈る。 いい年でありますように!

ちなみに、この都内ツーの結果、PCXはやっと1000km走りました。3ヶ月かかってますね。まぁ、のんびりしたペースでいいんじゃないでしょうか。

この都内ツーっていいですね。しばらくシリーズ化しようかな。

2013年1月 7日 (月)

PCXにグリップヒーターを付ける

2012年末のことであるが、PCXにグリップヒーターを付けた。年末年始中にPCXに乗って、威力を試してみたので、レポートしたい。

Ssdsc00793

これがグリップとスイッチである。グリップは純正状態より若干太め。スイッチは既存ボルトへの共締めで付いている。温度の段階は、5段階ぐらいか。一番熱くした状態では、かなり熱くなる。 カタログによると、ホンダではこのグリップヒーターは、

  半周タイプ: 小型、原付き
  全周タイプ: 中型以上

となっているようで、これは半周タイプだ。何がどう半周なのかわからないが、グリップ内部の電熱線の量ではないかと思われる。

だが、使ってみるとわかるが、特段の差があるようには思えなかった。十分に暖かいのだ。スイッチオンして、約1~2分であったまりだす。3分後ぐらいには十分にあったかくなるので、問題はない。

これにハンドルカバーが付いていれば、正直、素手でも問題ない。

Ssdsc00426

ただ、さすがに真冬の今日現在では、ハンドルカバーだけではムリ。かなり寒い。でも、グリップヒーターがあれば、素手でいけるわけだ。ただ、安全面という意味では、素手だけはよくないので、インナーグローブまたは夏用のグローブをすることにしている。

ちなみに、このハンドルカバーは、ユニカー工業というメーカーの製品だがPCXにベストマッチと考える。

値段はちょっと高めだが、

  ・型崩れしない
  ・走行中でもばたつかない( 60km/hでは問題なし)
  ・取付も簡単
  ・クリアー部分でちょうどスイッチ類が見える
  ・グリップヒーターのスイッチを避けて取り付けられる

と思う。

Ssdsc00725

ちょうどこんな風になるので、グリップヒーターの操作も問題ないところだ。ついでに、左右のスイッチ類はこんな感じ。

Ssdsc00421

ちょうどいい位置に来ていると思う。

このグリップヒーターを付けた状態で、1日(3~4時間ぐらい)走ってみたけど、手の平はすこぶる快適。このときは素手、または薄手の夏用グローブで走ってみたが、どっちでもまったく寒くない。

これは、いい装備だろう。

ちなみに、このPCX用のグリップヒーターは、FZ1とまったく同じ形状だった。

Ssdsc00244

スイッチも同じ。

Ssdsc00249

どちらも純正なんだけど、実際に作ってるメーカーはいっしょなんだろう。もう少し、変えてもいいんじゃないかと思うが、バイク業界の狭さって感じなのかな。

グリップヒーターで一番いいのは、ホンダの「スポーツグリップヒーター」じゃないかな。CB400SBではこれを付けてました。

Ssdsc06235

グリップの太さは変わらないし、スイッチがスマートだ。3段階しかないけど、問題はない。こっちのほうが、スタイリッシュで使いやすいと思う。FZ1にもこれを付ければよかったかな。

さすがにYSPでホンダ純正品を付けるのは気が引けるけど。たぶん用品取付ようのコネクタがホンダとYAMAHAで違うだけだろうから、コネクタ加工分だけ、取付コストが高くなるぐらいだろうか。

2013年1月 6日 (日)

秋の伊豆ツーリング2012

ちょっと、というか今となっては、かなり前の事だが仲間内で伊豆にツーリングに行きました。書こうと思って忘れていて、そのまんまでしたが、写真を整理してて気づいたので、動画も作成して記事にしたいと思います。

時は10月某日。あざやかな秋晴れの一日でした。行き先は伊豆ですが、少し違ったコースということで、伊豆スカイラインとかは、あえて避けて、未開拓な道を行くという感じです。

Ssdsc00144

集合は箱根の長尾峠。私は東名~御殿場経由で到着。メンバーと落ち合った後に伊豆へ向かいますが、今回は西側からアプローチ。

Izumap1

海岸沿いから、だるま山へK127で入りますが、この道が実に気持ちいい。その先で休憩しますが、富士山の眺めが最高でした。

Ssdsc00147

雲がいい味をだしています。ココで風景を楽しみながら、ツーリングマップに出ている新しい道を試します。

Izumap2

K127と平行に走ってる道ですが、ツーリングマップ推薦の道です。ちょっと入り口が分かりにくくて、今まで走れなかった道ですが、今回、走ってみる事に。

これがなかなかイイ道でした。ちょっと落ち葉が多かったので走行は注意が必要ですが、天城ドームのあたりにまで行く事ができます。

そこから西伊豆スカイラインに行くことも出来ます。

Ssdsc00152

天城ドームのあたりはスポーツ施設になっているようですが、休憩にはちょうどイイ場所でした。

Ssdsc00155

さて、こっからは西伊豆スカイラインの下側へ走って松崎港へ向かいます。途中においしい水を飲める場所がありました。

Izumap3

後は西伊豆から下田へまわる定番のコースでした。途中、海岸線沿いで遅いお昼にしました。

Ssdsc00164

ここから下田へまわりますが、温泉に寄りました。

Ssdsc00167

ここは日本一の檜風呂が自慢の金谷旅館です。まるでプールのような深さと広さがある温泉なので、伊豆に行った際には寄ってみるとおもしろいです。ただ、古い所なので最新の施設ってわけじゃない古風な温泉です。

Ssdsc00168

なんか天体観測ドームみたいのがあります。なんでも中は個室になってて、天体観測ができるそうです。

ココでほぼ予定は満了なので、帰途につきましたが、時間が少し遅くてギリギリで日が暮れました。真っ暗な伊豆スカイラインは怖い! 街灯が無いので、シールド越しではほとんど見えなかったです。

まぁ、無事に帰ってこれましたが。伊豆に行くときは日が暮れる前に戻ってきたほうが良さそうです。

というわけで秋の伊豆ツーリングでした。

2013年1月 2日 (水)

新年のご挨拶と年末走り納めツーリング なんたるサプライズ

年も明けて新年になりました。

 あけましておめでとうございます。本年も昨年同様、よろしくお願いします。

今年は政府が変わったり、経済政策や税金の上昇やら色々ありますが、どういう年になるでしょうか。 やっぱり景気の向上が第一だよなぁと思ったりします。

さて、大晦日、天気がよくなりそうだったので、

 「ならば行くか」

ということで年末走り納めツーリングに行ってきました。今回は、「旅好きライダー」さんに教えてもらった「湘南平」を目指すことにします。遠くないので、軽いツーリングにはイイでしょうという感じでした。

東名高速~小田厚を経由して大磯で降り、そこから下道を走っていきます。経路は調べておいたのですが、ナビ任せでした。そしたら、なんか変な道に入れというので入って見ると、なんか住宅街みたいで、ちっとも湘南平に見えません。

スマホで旅好きライダーさんの記事を読み返すと

 「看板がある」

と書いてあるので、自分がいる位置が全然違うと気がついて、さらに前進。無事に看板を発見しました。そうすれば早い。

無事に湘南平に到着しました。

Ssdsc00596

ココは中腹ぐらいで頂上はもっと上です。ちょっとした高台になっており、湘南の町や海が一望できるようです。

Ssdsc00598

頂上近辺には駐車場もありました。とりあえず、1台分占有して止めちゃいました。

Ssdsc00600

ココには電波塔があるようです。電波塔に近寄ってみると・・・・。

Ssdsc00622

人がいる。メンテナンスの人かと思いましたが、TVカメラやアンテナがあるので、おそらく」初日の出観測ではないかと。これは大晦日なので、明日の朝まで待機なのかなと思い。

Ssdsc00601

さらに展望台がありました。写真でみると小さいですが、けっこうな高さがあります。もちろん登りますが、私の場合、足が震えます。えぇ。

Ssdsc00604

湘南の町を一望できます。天気はイマイチですが景色はキレイです。

Ssdsc00609

遠くに富士山がポッコリ。雲より高い富士山が見えますね。

Ssdsc00611

う~ん、雲がいい味出してます。

Ssdsc00612

電波塔の見える風景なんてね。

さて、足が震えながら景色を堪能しました。

Ssdsc00616

ここは大きな公園になっているようです。下の方へも降りていけるようです。降りませんが。

Ssdsc00618

散歩コースにもなってるようです。近所に「浅間山」があるようです。

Ssdsc00619

休憩中の猫ちゃん。じ~~~と見つめると。

Ssdsc00620

目をそらされてしまいました。私の勝ち!? いや、目を合わせてくれなかったか。

ココからは惰性です。せっかく湘南まで来たので、海岸沿いを走り三浦半島方面へ。余力があれば、三浦半島を軽く走って帰ろうと思って、城ヶ島を目指しました。

ですが、さすがに混んでる。あと、5kmで城ヶ島というところで、渋滞しているので、ここらが潮時ということで、帰ることにしました。

Ssdsc00627

最後に風景のいい場所で撮影。スポーツセンターのようです。

さて、こっからがサプライズです。横浜横須賀道路に入り、一つ目のPAで休憩中でしたが、真横にCB1300SBが止まりました。

Ssdsc00632

人気のあるバイクなので、よく見かけるんですが、これはすごく特徴的。前後のバンパー、そして、いろんなステッカー、リアのサイドバッグなど、どうみても、「あの人」にしか思えない。

Ssdsc00634

そこで、ライダーの人に声をかけてみました。

 「あの~、Akinakaさんですか?」

そしたら、やっぱりそうでした。お互いにブログをやってて、コメントとかを書いたりしていたわけですが、会ったことはありませんでした。まさか、年末のこの日に、この場所で、偶然に会うとは誰が想像したでしょうか。

いやぁ、偶然というのはあまりに衝撃的な出来事でした。

Akinakaさんとは、色々と尽きない話をしていましたが、年末のこの日、日が沈むと寒くなるので、残念ながら帰ることにしました。お互いに東京方面なので、つるんで帰ることに。帰る道中に、Akinakaさんが動画撮影で前方から私を撮影してくれましたので、今度、見せてもらえるでしょう。

Akinakaさんのブログはコチラです。

Ssdsc00636

いやぁ、びっくりしました。 Akinakaさんには名刺とピーポくんステッカーをもらっちゃいました。そういえば、趣味の名刺は、作ってなかったので、私も今度つくっておくかな。

そんな走り納めツーリングを動画にしました。

思えば、ブロ友さん紹介のスポットをツーリング中に、別のブロ友さんに会うとは。今年もよろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!