« ニフティから「規約改定」のお知らせが届く | トップページ | HMSスキルテストの結果発表 »

2013年1月27日 (日)

HMSに参加する61回目:バランスファースト 04回目 20秒を超えてみたい

昨年のスキルテストの一本橋は、いまいちな結果だった。10秒はかろうじて超えたが、そっから先に伸びきらない。といっても練習してないし、そりゃ無理だろう。ってことでバランスファーストを受講することにしました。また、バランスファーストには8の字があるので、前回の中級であったような過減速をなしにて曲がる練習にもいいかもと思っていたところだ。

バランスファーストとは、HMSの初級の派生コースであり、その内容は、低速・バランスに特化したコースだ。8の字の個人練習に始まり、教習でおなじみの1本橋、千鳥走行など多種多様なアトラクションが用意されている。

Ssdsc00942

天候は快晴。少し寒いが日光が強いので耐えられる。参加者は20名。イントラさんはメインがM本さんでサブがKDAさん。お馴染みのイントラさんだがバランスファーストでMGMさん以外にあったことがないので、新鮮かもしれない。

併設コースは、中級、スパ上、パイロンスペシャル、それに加えてジムカーナの練習会があるようで会場はぎっしりのようだ。

本日の目標は、「一本橋を20秒」とした。記憶にある自己ベストは14秒なので+6秒ほど一本橋を耐えないといけない。なかなか難しい。そしてバイクは、CB400SF REVOとしました。

Ssdsc00205

練習が開始されて、練習コースへ移動。慣熟走行は無しで、そのまま8の字練習にうつる。20名いるが一人につき1区画が割り当てあれ、そこで8の字練習を行う。8の字について、M本さんから簡単に解説があった。

 ・最初はアイドリングで走り、ハンドルの下に手をそえてセルフステアに任せて走る
 ・リアブレーキを少し使うことで操作で小さく回る
 ・他に緩急をつけて走るなど、いろいろやってみて

まぁ、あまり細かい説明は無い。私は、加減速をあえてやめてみて、その速度で曲がる練習をしたいので、ちょうどいい。まずはギア2速でアクセル操作はなしで、ゆっくりと走ってみる。手の平はハンドルに添える程度として、できるだけ力を抜く。

CB400は低速のトルクもあるので、するするとけっこう走れるので、そのまま8の字を描く。アイドリングだけだが、けっこう傾けられるし安定もしている。ブレーキをかけた方が小さく曲がれそうだが、前ブレーキは使わず、やばいときだけ後ブレーキを使うことにして、ぐるぐる回ってみました。

最初はセルフステアを阻害していないか?を中心に確認。やってみるとわかるが、ほんの数ミリの最後のハンドルを阻害してしまう。後、ちょっとだけハンドルが切れそうだが、なんかおさえてしまう。押さえてしまうのは、旋回の内腕側。あと少しだけ切れそうなところで、押さえてしまうのは、これ以上ハンドルが切れると傾きが急になりすぎて、こけてしまう恐怖感があるからかもしれない。もう少し鍛錬が必要なようだ。

そして、ギアを3速、4速とあげていき、速度を上げみたり、2速のまま少しだけアクセルを使ってみたりして、いろいろ試してみました。

最終的にはいつものようにアクセルとブレーキを使って回ってみましたが、納得のいく8の字にはなりませんでした。目指すべき8の字は旋回後まで速度を維持できる旋回ですが、まだそこまではいかず。次回に持ち越しとします。

Ssdsc00945

続いて午後からのいつものバランス練習。一本橋、波状路、スネーク一本橋、かまぼこ1本橋、オフセット+Uターン、千鳥走行など。イントラのM本さんは最初にまとめて説明。一本橋から千鳥まで一気に説明してくれましたが、ありゃ、わからんかも。

一本橋の説明では、
 ・バランスをとることだが、微妙な加速、減速を繰り返すが
  体の動きを止めないこと。
 ・体を絶えず動かすことでバランスをとる。
 ・下半身をニーグリップで固定し上半身をリラックスさせること。
という説明だったか。

実際に一本橋をはじめてみる。M本さんが時間をはかりながらいろいろアドバイスをしてくれました。

 ・ブレーキをもっと使え
 ・クラッチ操作を安定させろ
 ・安定~ブレーキ~不安定になったら加速、安定したらブレーキ
 ・ハンドル操作をもっと丁寧に

最初は14秒。しばらくがんばって16秒。その後、コンスタントに16秒を連続。しばらくして18秒を連発。そして最後の最後に19秒でした。20秒にわずか届かずですが、自己ベストを更新できたので、これはこれで満足。

一本橋は、最初が肝心。教習所では、
 「最初に勢いをつけて乗っかり、そして減速」
という方法でやってたけど、それだとタイムが稼げない。最初からゆっくり乗る。CB400は低速でもトルクがあるので、ローギア半クラッチでアクセル操作なしでもぐいぐい押し出してくれるので一本橋でも上れる。後は、最初からリアブレーキを使ってバイクを止めるギリギリまでもってく。そして不安定になったら加速。これを繰り返す。さらにハンドル操作。小刻みなハンドル操作をしながら、場合によっては右、左に切る。Youtubeに一本橋チャレンジがけっこう出ているが、そんなのはとてもできないな。

結局20秒には届かなかったが、まだまだ練習しがいはあるというもの。ただし、これ以上は、一本橋の上で止まらないと無理だろう。

今回、一本橋を重点的にチャレンジしてみたが、いろいろわかったことがある。まず、バランスをとるアクションをいつ出すか?というタイミングとそのアクション内容が重要というところだ。バランスが悪くなりそなときに、
 ・アクセル操作+半クラッチ
 ・ハンドル操作
それらをどのくらいの量でどういう風にだすか?だ。やりやすいのは、加速操作。ただ、これをタイミング良くだせるかは、慣れと瞬間的な判断が必要。

あと、あきらめずに粘る根性も必要かもね。

Photo_2

スネーク一本橋は、2回成功。かまぼこ一本橋は、ゼロ回。千鳥は、さわり程度。M本さんからは、「ゲートに対してまっすぐに進入するように」ということだが、わかっていてもその通りにはできませんでした。せいぜい、3ゲートを通過するのがせいいっぱい。あとは1本パスするしかない。ライン取りがわかってないってことだろう。これは一本橋の次の目標にとっておこう。

他のバランス名物としては、小さいオフセットがある。標準適なオフセットがだんだん狭くなっていき、そしてUターンが連続し、さらに小さいオフセットが入る。たぶんフルロックじゃないと通過は厳しいところだが、これおもしろかった。

本来であれば、もう少しかろやかに通過するべきところが、ときどき、ちょっと失速気味だったか。このあたりを早く通過できるようになると、遅いという欠点が克服できそうだけど。

いや~、久々のバランスファーストはけっこうしんどかった。一本橋で時間を計ってくれるのはいい。やりがいがある。すこしっつではあるが、経過時間が長くなってきたので、次回は20秒を超えたいところだ。

バランスファーストはちょくちょく受けることにしようか。

« ニフティから「規約改定」のお知らせが届く | トップページ | HMSスキルテストの結果発表 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

バランスファーストですか。
多種多様なメニューがありますね!

低速!低速!低速!
バランスですねぇ・・・。
HMSに行くお金はないけれど、近所でやってみます(笑)

Akinakaさん、こんばんは。
バランスコースは実に奥の深いコースで、忘れていたものを思い出させてくれます。
低速バランスは、地味ではありますが、やってみるおもしろい。低速でバランスを
考えながら走るのは、くせになりそうな。

HMSは値段はありますが、得るものは多いですよ。ものは試し、一度、受けてみたら
どうでしょうか? 何でしたら、お供しますので。

20秒一本橋(お見事)

>体の動きを止めないこと。
>体を絶えず動かすことでバランスをとる

一本橋、そーでしたか! 当方は、ニーグリップと共に体の動きを止め(絶えず止め)、バランスとれず、脱輪・・・この間、10秒以下。
今度、試してみます。上体を動かしての乗車姿勢を・・・参考となりました。

Futonmanさん、こんばんは。
今回、いろいろと衝撃的に学びました。
一本橋は、体を積極的に動かすのがポイントなんです。

動きを止めないのがこつ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56641174

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する61回目:バランスファースト 04回目 20秒を超えてみたい:

« ニフティから「規約改定」のお知らせが届く | トップページ | HMSスキルテストの結果発表 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!