« HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに! | トップページ | PCXで都内ツーリング 杉並~石神井~成城あたり »

2013年1月20日 (日)

HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ!

この日の天候は快晴。気温は少々高めになることが予想されるので、冬場ではあるが最高のコンディションと意気揚々と出発するが、出発前に一仕事がある。

Ssdsc00872

先日の大雪でレガシィには、まだかなり雪が残っておりこれを除去しなくては出発できないのだ。実は三日前に乗ろうと思ったのだが、フロントガラスの雪が思った以上に厚く断念しましたが、今日はそうはいかない。エンジンかけて暖房全開で暖めながら水をかけて雪を除去。約20分ぐらい格闘していましたが、無事出発できました。

Ssdsc00885

HMS会場は思った以上に雪がきれいになくなってました。コースは隅々まで雪はなくなっており、きれいそのもの。けっこう天気がいい日が多かったから、全部きれいになくなったようだ。

Ssdsc00886

今回の中級参加者は21名かな。イントラさんはメインがM川さん、サブがB沢さん。この組合せはおもしろそうだ。併設コースは、初級、上級、コースラ、CBRというところか。結構賑やかのようです。

今回はバイクをNC700とした。一度は使ってみたかったので、モノはためし。まだまだ新車でピカピカだ。いろいろな前評判はあるが、じっくり体験してみようと思う。

Ssdsc00890

最近のM川さんのトレンドは、「慎重」という感じだろうか。焦ることなくゆっくりゆっくりという感じで講義を進めてくれる。冬場で滑りやすいこともあるし、ケガの無いようにという配慮だろうか。

今回の自分のテーマは「丁寧なアクセル操作」とした。前回指摘されていることでもあるし、転倒が続いている原因は、そこにあると考えてのこと。

さて、最初の完熟走行でNCの勘所をつかもうと思ったのだが、まず、ギア。2速は厳しい。というか、低速トルクが細くて2速ではアイドリングから加速できない。一回エンスト。走行中のバイクでエンストしたのは初めてだ。なので、1速で走ることに。でも1速もかなりマイルド。運転しやすいと思うが、CBとは全然違うコントロールだと思う。

Ssdsc00893

さて、午前中は市街地コース。最初は、新コースを使ってオフセットで体を慣らす。ゆっくり目に走りながら、バイクの感触を得るのが目的。ブレーキの感覚、ハンドルが切れる感覚など、いろいろなことを試しながら、感覚を養っていく。

私はNCでおどおどしながら走っているので実はこの練習はちょうどいい。まだ、感覚がつかめていないのでゆっくりゆっくり走りながら、感触をつかんでいく。そして、次に市街地コース全部を使った練習に移っていく。今回のコースはあまり長くなく、またトリッキーな仕掛けもない、標準的なコース。NC700Xで初めて走ることもあるので、このぐらいがちょうどいいか。

何周か走ってるうちにNCにもだんだん慣れてくる。慣れてくるとこのバイクは意外にハンドルが切れる気がしてきた。結構曲がる。バイク自体も軽くて傾けるのも楽。うん、けっこう乗りやすいバイクかもしれない。

M川さんからは拡声器で指導が入るが、
 「丁寧にね~~」
って声をかけてもらえたのが印象的。私の抱負を覚えていたようだ。

そんなわけで、ちょうど慣れてきたところで、午前中は終了しました。

Ssdsc00879

午後はバリアブルコース。コース上のTEC-Rのロゴが新品だけど、滑りやすそうなコース。ここもアスファルトが一新されている。かつてはもっとも滑りやすいと言われたコースなだけに、アスファルトが整備されたのはよかったんじゃないだろうか。ただし、アスファルトが新しいので油が浮いていることもあり、注意して走ってほしいとの通達あり。

コース自体は一般的なコースだけど、Uターンが連続するなか距離が短いので、このあたりをスムーズに通過できるかがポイントかも。

さて、ここでイントラさんがメインとサブをチェンジし、B沢さんが語り+指導になり、M川さんは実演に変わった。

そしておもしろい提案あり。

 ・皆さんは旋回時の速度が遅くなりすぎだ
 ・これは加減速をやり過ぎるとおちいりやすい
 ・なので、加減速をやめてみよう
 ・アクセル、ブレーキ操作なしでコースを走ってみる
 ・フロントブレーキで前サスを縮めることで曲がりやすくなるが、
   ブレーキなしでハンドル操作だけでも抵抗になって減速するので
   サスは縮む。
 ・そうすることでラインをよく考えるようになる
 ・ギアは2速固定、アクセルブレーキなしで走ってみろ
  仕方ない場合は、後ろブレーキを使うこと

これはおもしろい。今までやったことなかった。ただしNCは1速ギアでもイイよということだ。

早速、挑戦。

最初は怖い。ブレーキなしっては、ちょっとやばいと思ったが、やってみると案外曲がれる。特にUターンなんて怖いんだけど、ブレーキ無しでバイクを傾けて、自分としてはちょっと速い速度だが曲がりきれる。
この「速度、傾け、ハンドル操作」の関係が非常におもしろかった。自分としては少し早いな、って思える速度でも傾けて曲がれるのが意外だった。ということは、自分の普段の旋回速度はアイドリングより遅いということか。が~ん!

さらに指導が入る。拡声器でドンドン声をかけてゲキを飛ばすB沢さん得意のパターンだ。 
 「もっと上体の力を抜いて」
 「ハンドルの自然な動きに体をあわせて」
なんて感じか。速度がゆっくりめなので、これはやりやすい。上体の力を抜くというより、少し浮かす感じかな。そしてハンドルをフリーにして、体をバイクの動きに合わせるようにする。

これも初めての感覚かも。あ~上体の力を抜くってこういう感じなのか。これは、アクセルとブレーキの操作をまったく行わないからこそ、できたと思う。アクセルやブレーキ操作を行うとどうしても力が加わってしまうが、それを抜くことで体験できたことになる。

Ssdsc00803

これをしばらくやってみた後で、通常走行に戻った。そしてまず1発目に思ったのは旋回時にブレーキをかけすぎということ。

あ、なるほど、と思った。さっきよりも旋回速度が落ちている。

加速しているので減速のためブレーキが必要なんだけど、無意識のうちに減速すると、結果として旋回可能速度よりも落ちている。

これが何人ものイントラさんから指摘されている
  「速度を落としすぎで、もったいない」
と言われる部分か。

自分の旋回能力であれば、もっと早い速度で曲がれるはずが、加減速を行うことで速度を落としすぎてしまう。つまり、減速しながら旋回にうつるコンビネーションが下手なんだ。

これは「目からウロコ」だ。

実際、Uターン部分で自分の動きをよく考えてみたが、Uターンの旋回動作にうつる直前のブレーキは一番強いブレーキのポイントになるが、それが強くしすぎているようだ。これの力を抜きつつ速度を維持しながらブレーキをかけながらUターンにもっていければ、もっと早く走り抜けられかもしれない。

一番ブレーキを強くする部分をあえて力をいれないで、曲がる・・・。それが課題なのかもしれない。

この日、B沢さんの指導はいっぱいあって、他にもあった。
 コーナー中にアクセルオンするタイミング
    旋回中盤で少しだけオン
    旋回完了と思えるポイントでさらにオン
 リーンインを練習したほうがいい。
    コーナー手前からリーンインの体制でアプローチ

などなど。

午後はずっとバリアブルだったけど、早さより基礎を十分に練習できた充実した感じだった。というか欠点が明確になったというのが本当のところか。

加減速をやめて、速度一定でコースを走っていく。実はこれが今の自分に一番適した練習なのかもしれない。う~ん、でもこれが練習できるコースは何だろう? 練習方法を少し考えてみよう。

Ssdsc00894

最後にNC700Xのインプレッション。

車体は軽め。CB750よりも取り回しは楽な気もする。タンクの位置にヘルメットが入るトランクがあるのが有名だが、ここに荷物を収納できるのは便利。そしてニーグリップがやりやすく、足が痛くならないのは好感触。CB400はニーグリップ時に内モモにゴツゴツ感があって足が痛くなる。

Ssdsc00888

それにしても低速トルクが細くて、エンストしやすいのはちょっとね。また、4気筒に比べて吹き上がりにムラがあるので、低速になるとコントロールしにくい部分がある。回転数をあげて走り切れればいいのだけど。2気筒のドコドコ感に違和感が無いようなら、いいかもしれないが。

エンストが2回あった。バイクで走行中にエンストしたのは初めてだが、よく転倒しなかったと思う。また、2速はギア比が高めでHMSではちょっと使いにくい。アクセルをラフに開けると2速ギアではエンストするし、1速でも吹き上がりが安定しないので、HMSみたいなところには向かないバイクかも。

ローギア+半クラッチでの走行では低速トルクが細いためにかなり厳しい操作となる。なので、バランス系には向かないかも。

あと、レッドゾーンが6000ぐらいで低めに設定されているため、1速で走りきろうとするとあっというまに上限になってしまう。CB400などは1万以上まであるわけだから。もし長い直線があるならシフトアップが必要ということか。

ただ、全体としてはバランスがいいバイクだし曲がりやすいです。ツーリング向きなのかな。

Ssdsc00896

今回の自分のテーマは、「丁寧なアクセル操作」だったので、そういう意味ではNCはいい題材だったかもしれない。時々、借りようと思うが、ちょっと操作が難しいバイクかもね。

« HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに! | トップページ | PCXで都内ツーリング 杉並~石神井~成城あたり »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

RSSがいつの間にかなくなってて更新に気付きませんでしたsad

TKさんこんばんは。
いやぁ~加減速なしですか!?何か恐ろしいです。
確かに旋回速度は落ちているかもしれませんが
コーナー手前でFブレーキでしっかり荷重をフロントにのせて
曲がっています。
立ち上がりでガバッと開けてメリハリをつけています。
でも何かスムーズではないのは実感しています。
愛車ではなかなか練習しづらいですね

お久しぶりです(^^;)
NCか~。
やっぱり、エンストがこわいですね~。
トライアルコースで、私がエンストしたら、そのままこけます(^^;)

RSSは諸事情によりやめました。

旅好きさん、こんばんは。
本来フロントブレーキで前加重を作りつつ、サスを縮めて小さく回るが基本ではあるんですが、あえて、それをやらないという練習があるのは、びっくりでした。

加減速をすると減速しすぎてしまう。そんな世界もあるということで。
よかったら練習してみませんか? 

おくさん、こんばんは。
NCは思ったより難しいバイクかもしれません。

ツーリングとかは、乗りやすいと思います。私は2気筒より4気筒のほうが、
エンジンフィーリングがスムーズでいいかもって思うようになりました。

CBシリーズはそういう意味では実に扱いやすい車種です。
CB750があるうちに参加されてみては? なんちって。

NC700Xですか!イイですね。
そんな新車も練習機に投入させてるわけですね。
バイクの重心が高そうに見受けられるので
旋回性はよさそうですね。

ブレーキをかけすぎないですか。
勉強になりました!

おっしゃるとおり!(NC関連評価)
当方も先日、NCにてバランス1st挑戦しましたが、失速コケ&半クラ不足(下手)により、コケまくりました。
されど車重の軽さ(重心の低さ)からバイクの立起こしは軽快でした。
超低速走行は、たしかに難しい感じがしますが、上級コースで同車種に乗っている方を拝見しましたが、実にスムースにコース走行しておりまして、やっぱ乗る人だなーと・・・感心。
練習+慣れの繰返しをしていくほか有りませんな。

Akinakaさん、こんばんは。

全部とはいいませんが、ホンダのバイクであれば、入ってくる可能性はありますね。ネイキッドであれば、議論の余地はあるけど、入ってくるようです。

現在の車種は、CB1300、CB1100、CB750、CB400、VTR250,CBR250、CBR600RR,CBR1000RRで、ほかオフロードもあります。

Futonmanさん、こんばんは。

インプレに追記しましたが、NCでバランスは厳しい。まず半クラッチ走行だとかなり回転数を上げないと引っ張れないので、エンストするでしょう。回転数を上げながら半クラッチを維持して走るのは、それはかなりレベルの高い走法ではと思います。逆にあえてNCで挑戦してレベル向上を目指すというのもありかも。

上級の人は何に乗っても速いの、それはそれでいいのかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56587182

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ!:

« HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに! | トップページ | PCXで都内ツーリング 杉並~石神井~成城あたり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!