« 都内は壊滅か? 大雪に一喜一憂 | トップページ | HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ! »

2013年1月17日 (木)

HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに!

自分として今年1回目のHMSである。通常通りの中級を選択。新年ということもあり、受付センターはいつもとちょっと違って、新年のご挨拶モードでした。

天候は快晴。しかも気温は高めで暖かい。これは暑くなりそうだということで、あまり厚着はせず、準備しました。併設コースは上級と初級で、人数は全体としては少なめなので、コースを広く使えるかもしれないと期待。

Ssdsc00799

イントラさんは、メインがY下さん、サブがMGMさんという異色のコンビだ。この組み合わせはめずらしいかも。バイクはCB400SF REVOを選択。

そして、なんと年末年始でコースのアスファルトの張り替えが行われており、新品アスファルトで走れるそうな。しかもかつて私が転倒した場所が全部張り替えられている。これはうれしい。 後で聞いた話では、本当は一週間後にオープンする予定だったけど、早まってこの日になったらしい。これはいいかも。

Ssdsc00803

午前中は、4番、5番を使ったパイロンスラロームのコース。私は直パイコースと呼ぶが、ここに2コース設定されました。一つは、直パイ中心にコース。もう一つはオフセット中心にコースで、都度選択する。

新年初ということで、少しゆっくり目に走る。なんか、慣れないというか、ちょっと違和感みたいな感じがあって、しっくりこない。まぁ、リハビリと思ってゆっくり走ろう。

直パイコースとオフセットコースは併走しており、走ってると真横に別のバイクがくる状況があるので、最初はちょっと怖かった。

途中、全体指導がありました。内容はライン取り。
 ・後輪の軌跡を考えること
 ・後輪がパイロン裏を通過するように意識
これ、当たり前のことだが、なかなかできてない。夢中で走るとラインが崩れてくるので、気をつけないと。

午前中のコースはシンプルで楽しいコースでした。特に直パイコースはおもしろい。なんかパイロンスペシャルを受けたくなってきました。

Ssdsc00808

続いて午後です。

午後は、1,2番を贅沢に使ったコース。往路は細かいコーススラロームで先の先を読まないと破綻しやすいコース。復路は直パイが連続するコース。しかも最後は微妙にオフセットしており、ちょっと難しい。さらにそのオフセットが周回途中で徐々に広がっていく。イントラさんが途中で少しっつ修正したのだろうか。

しばらく走って全体指導がありました。

 「皆さんが倒すパイロンがほぼ決まってきた」

ということで、コース内容の説明がありました。先を読まないとぶつかるよ、って感じの指導でした。要は2本先のパイロンの位置を考えて曲がれというところでしょうか。

Ssdsc00812

そして、一度、MGMさんから声がかかり指導がありました。まずは、

 「アクセルを開けるときがラフなので注意」

う~ん、これは気を遣ったつもりだったが、夢中で走るとどうしてもラフになるようであり、気をつけないと転倒する。

さらにMGMさんの追走によるコメントでは。

 ・コーナー前で速度を落としすぎ。
   もっと早い速度で曲がれるはず
 ・旋回時にもっと体を入れたほうが、限界が上がる。

ここのところ、MGMさんからは、この指導が多い。もっと早く曲がれるだろ??って言われている。これはK島さんにも同じことを言われているのだが、自分として無理のない旋回速度がどうしても速くできない。これはどうしたものか? 何かきっかけを探すか。
ヒントはエンジン音かもって、考えてました。エンジン音を聞きながら、音が小さくなりすぎないようにを考えながら少し走ってみました。まぁ、すぐに改善するべくもなく、しばらくがんばってみようと思う。
Ssdsc00806

しばらくして、コースに一本橋が加わる。一本橋か直パイが選択制となるわけだが、これはお得だ。パイロンスペシャルとバランスファーストの要素が入ってきた。

一本橋はちょうど練習したかったので、積極的に挑む。まぁ、あまり落ちなくなったけど、時間は15秒に満たないぐらいか。スキルテストでワンランクアップするためには、15秒以上をクリアしないと。

そして、イントラのY下さんから声がかかる。

第一声は、
 「アクセル操作が荒い」
から始まる。あぁ~また同じことを。

その後、Y下さんに追走してもらっての講評によれば。
 ・アクセル操作がブオンブオンという感じで早すぎる
 ・たとえば直パイでアクセル操作が荒く、タイミングが早い
 ・もっとゆっくりを心がける
 ・ブゥゥゥウオンという感じ

二人のイントラさんから同じことを指摘されるとは。というか今の自分の欠点はここに集約されている気がしてきた。ここ最近の転倒も、アクセル操作がラフなための発生したと思える。

ドライならタイやが耐えてくれるが、ウェットになるとすぐに滑り出すのはアクセルが荒いから。早く走ることに気をとられて丁寧な運転ができていない。ここはしばらく「丁寧な操作」をテーマにしたほうがいいかも。どうもラフになりすぎている。

ようだ。アクセルオンは丁寧に。減速は速度を下げすぎない。これが自分のしばらくの課題だろうか。

人数はマックスだったけど、コースの距離が長いので待ち時間はほとんどなく、ほぼ走りっぱなし。走行距離は60km弱というところです。なお、最初に借りたバイクが不調で交換してもらったので、メーターは50km弱です。

Ssdsc00818

適度な疲労感と充実感があり、新年の走りはじめとしては楽しいHMSでした。

Ssdsc00801

最後に新アスファルトの感想を。主に、1番、2番、3番、4番、5番のコースでアスファルトが更新されたようです。まだ、新品の状態で所々に砂が浮いてる部分があるので、しばらくは様子見かもしれません。靴底で感触を試した感じでは滑りにくいようです。

それにしても、「滑りやすい」というコースが張り替えられたのはよかったかな。


« 都内は壊滅か? 大雪に一喜一憂 | トップページ | HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ! »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/56563265

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する59回目:中級コース 37回目 アクセルをていねいに!:

« 都内は壊滅か? 大雪に一喜一憂 | トップページ | HMSに参加する60回目:中級コース 38回目 加減速をやめてみろ! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!