« HMSに参加する50回目:中級コース 31回目 ブレーキを強く! | トップページ | HMSに参加する51回目:中級コース 32回目 強いブレーキの効果!? »

2012年10月28日 (日)

HMSにてギア1速で走る

HMSは50km/h以下の低速で走る事が多いので、レスポンス良く加速するために利用するギアは1速がメインになる。でも、1速はその分エンジンの反応がシビアになるので、 「ギクシャクする」という理由で、取っつきにくいには事実だろう。

ギクシャク感というのは、もう少しヒモ解くと。
 1)加速時にガン!と前に出られて体が遅れる感覚がある
 2)アクセルオフで強力にエンジンブレーキがかかる

ので、なんかコワイ。

Dsc01468

加速時にガン!と前に出て、それがマズイと思ってアクセルを戻すと急激にエンジンブレーキがかかるので、結果として、ガツンガツンと前後に振られる感じがして、これがギクシャク感になると考える。また、反応がシビア(反応が早い)なため、自分自身の操作も早くしないと行けないが、心の準備が間に合わないというのもあるだろう。
要は自分の意志とバイクの挙動が合わないことにギクシャクを感じるではないかと考える。

これに対して、ギア2速であればバイクの反応はいたってマイルドになる。アクセルをガン!と開けてもエンジンの回転上昇はユックリであり前後に振られることもない。エンジンブレーキもマイルドなので、スルスル減速する感じであり、ブレーキをユックリ使う事ができる。

私の考えはギアの1速、2速の大きな違いはバイクの反応速度の違いであり、自分自身が冷静に対処できるかどうかがポイントじゃないだろうかと。

Ssdsc09794

CB750やCB1100は、1速ギアが比較的マイルドと言われている。というか2速ギアがかなりハイギアのようで、逆にかなり物足りなくなり、否応なしに1速ギアを使うしかない。1速でもそれほど厳しい反応が無いので、扱い安いと考えられる。それに対して、CB400(おそらくCB1300)は1速ギアの反応が厳しい割にギア2速でもそこそこ走れるため、1速になかなか移行できない事はある。

私自身HMSの初期段階でCB750を使ってましたが、1速で走れてました。ただ、自分のFZ1とのギャップを感じてCB400にしたんですが、そのとき1速で走ったときに
 「え?」
って思ってびっくりしたわけです。1速が使えないって。

ギア1速で加速すると体が後ろに振られ、エンジンブレーキにすると前に振られる。これを抑えようとしてニーグリップで体を支えつつ何とか動作をキープしようとするが、力が入り過ぎて、
 「すごく疲れる」
ということになり、ギア1速がなんか「めんどくさい」となっちゃうわけだ。

でも、HMSを楽しむのであれば、ギア1速は使えた方がいい。いや、そもそも何が楽しみなのか?にもよるのだけど、自分の技術レベルを高めることで、まだ知り得ない新たな世界が見れる楽しみと、自分が成長を実感できるのが楽しみだと考えるのであれば、その一つとして、ギア1速でトライするのも悪くないと思えるハズだ。

こういうのを難なく一瞬でクリアできる人はともかく、不安、恐怖感を感じて踏み出せないケースも結構多いだろう。私もそうです。なので、練習を効率的に行い、反復練習で技術を体得していくのが、時間はかかるかもしれないけど、近道ではないかと考えます。

ギア1速で走ることを体得するための要素は、
 1)デリケートなアクセル操作
 2)ニーグリップ
の二つであり、そして、その練習方法は、
 1)直線でアクセル操作の練習
 2)8の字、0の字で加減速をニーグリップで制する
 3)コース走行で総合力を試す
となるのではないかと考えます。

Ssdsc02031

【練習方法1】直線で練習
まずはデリケートなアクセル操作を練習するのが先決。これは直線路でしかもユックリやる。HMSで練習できる場面があるとすれば、ブレーキ練習の時ぐらいなので、自分のバイクがあるなら、もっとノンビリ練習ができる。

これは以前にこの記事を書いているけど、それと全く同じです。なので、要点だけ。

アクセル操作は
 ・アクセルの遊びを取り、ゆっくりと開ける
です。

最初は、本当に本当にユックリあけたほうがいい。なめらかに~なめらかに~を心がけてユックリと操作するのがポイントです。これじゃ意味ないと思えるぐらいにユックリでいいです。ここではアクセル操作に対して、バイクの挙動を体で覚えます。

この「遊びをとってからユックリ開ける」が体得できれば、次の事が理解出来ているはずです。
 ・アクセルをONにしたときエンジンから後輪に駆動力伝わる感触
 ・タイヤが路面をとらえてグリップしている感触

つまり、
 「バイクの気持ちが理解できる」
わけです。変な話ですが、あえていえばそういうことです。バイクの状況が五感を通じてわかるとでもいいましょうか。

ユックリとなめらかにアクセルを開けられるようになれば、だんだんと早く開けれるようになってきます。しかもバイクの挙動を感じながら開けているので、タイヤが滑ることもありません。そう、確実に早くアクセルを開けれるようになります。

【練習方法2】8の字、0の字で練習
反復練習という意味では、8の字が適している。ココでアクセルONのタイミング、アクセルオフのタイミングと挙動、コーナー出口でのアクセル操作など、基本を反復練習することで、体に染みこませるのがネライ。ニーグリップで体を支える練習とそれに必要な筋力を養うのもこれ。
HMSだと、バランスファーストかコースラ8の字で練習できる。

最初は0の字のほうがイイかもしれない。8の字だと失速してしまうかもしれないので。これは、かなり疲れますが、繰り返す事で効率的な体の使い方を覚える事ができる。ニーグリップも最初は力を使いますが、だんだん効率的になってきて、最低減の力加減で行えるようになり、体力も温存できるようになる。

【練習方法3】コースで練習する
8の字でギア1速ができるようになったとして、これでコースで試すと、え?って思うかもしれません。小さいコーナー、大きなコーナー、右、左といろんなパターンがあるので、これらに合わせてアクセルの開け方やタイミングを変えないといけないのですが、それがわからないので、急にギクシャクします。8の字では出来ていたハズなのに、ココではできない。他の人に付いていけなくなりそう。そこで2速にして、無難に走ってしまうわけです。

ココは一つ車列の最後尾に付いて、ギア1速でユックリ走る練習をしてみはどうでしょうか。そうユックリ走るのです。1日を犠牲にするつもりぐらいでやってみるといいかと。ユックリ走るというのは、「アクセル操作をユックリ行う」という意味です。

遊びをとってユックリ開ける。バイクの気持ちがわかる=バイクの挙動を感じることを念頭にユックリ操作しながら、走ります。こうする事で、コースを走る際のアクセル操作が理解できるようになってくると思います。

で、ですね、これらが理解できると、自然に操作が少しづつ早くなってきます。こうなるとしめたものであり、以前に感じていたギクシャクが嘘のように感じられなくなります。コース全体でギクシャク感をなくせるようになるには、だいぶ時間がかかるかもしれませんが、練習すればするほどレベルがあがるのは確実であり、焦ることなく繰り返し練習することでしょうか。

Ssdsc00223

ちなみに私の場合ですが、一日の半分はギア1速で走ることにして、最初は2速でコースレイアウトやブレーキの確認、傾けやライン取りの練習。後半で1速で走る練習をしていました。時間はかかりましたが、1速でコースを走れるようになってます。ただ、まだ荒いところもあるので、まだまだでしょうね。

ギア1速が体得できれば、コーナー後の鋭い立ち上がりと加速ができるだけでなく、コーナリング中でも早い速度を維持できるようになります。HMSは競争ではありませんが、技術を習得した先には、「結果として早さ」があるわけで、その習得度を測るのは「タイム」だったりするわけです。新たな要素を習得できれば、楽しみも広がるってもんです。もちろん、他の方法もあるわけなので、これはあくまでも一例ってことで。

« HMSに参加する50回目:中級コース 31回目 ブレーキを強く! | トップページ | HMSに参加する51回目:中級コース 32回目 強いブレーキの効果!? »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

いつも解りやすい、解説・レポート記事をたのしく拝読しています。
私もHMSに通い初めて早や半年(速かった!、バイクは遅いが・・・。)Blueさんの後輩ですが、本記事のバイク操作における感覚的な表現を共感(そうそう、ふーん。)できます。
これからはBlueさんに追い着き(けるか?)追越せ(るか?)で当方もガンバリますので。
これからもHMSほか「体験レポート」の執筆続けてください。(フレーフレーBlue)

futonmanさん、コメントありがとうございました。

私自身、まだまだ習うことが多くて、毎回、新しい発見があるわけで、そのたびに、このブログを書いています。まだまだ先は長いと思ってますが、書いていきたいと思いますよ。
Blueさんと呼ばれたのは初めてですが、TKと呼んでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/55988504

この記事へのトラックバック一覧です: HMSにてギア1速で走る:

« HMSに参加する50回目:中級コース 31回目 ブレーキを強く! | トップページ | HMSに参加する51回目:中級コース 32回目 強いブレーキの効果!? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!