« レガシィ12ヶ月点検を受ける | トップページ | FZ1を洗車する »

2012年10月 2日 (火)

HMSに参加する47回目:中級コース 30回目 台風接近中

一週間前の天気予報では曇~晴れだったはずなのに。台風がそれて日本列島縦断の予定になってしまった。台風の進路によれば、HMS開催時間はぎりぎりまぬがれそうな感じではあったが、当日朝の天気は穏やかな晴れ。まぁ、こうなれば行くか、祈りつつ出発しました。

【カメラの機能で絵のように撮れる機能を利用してみた】

Ssdsc00010

参加者は20名ぐらい。台風が接近しているが、皆さん、元気に参加している。あ、おれもか。併設コースは上級、バランス、スパ中、初級など盛況なスクール状態だったようだ。

イントラさんはメインがU本さん、サブがK島さんの組合せ。

午前中のコースは市街地コース。コースは細かいコーナーはほとんどなくて、どちらかというとスピードが出せるハイスピードコース。ちょっと物足りない感もあるが、この際、スピードを出して行く事と、ロングオフセットで少し大回りにして速度を稼ぐことを練習する。

Ssdsc00016

途中、全体指導があり、こんな説明がありました。

 ・内足に力をかけて曲がる
 ・そのとき、その足がタンクから離れないように外足でタンクを押す
 ・リーンアウトにならないように、体を内側に先にいれておく

こうする事で、より小さく、鋭く曲がれる。この操作はバンク角を稼ぎつつ、下半身を使ってバイクを曲げて行く操作のようだ。

さぁ、やってみましょうということで、しばらく、この練習で走ってみる。効果はUターンポイントなど、小さく曲がる必要があるところで出やすいと見た。
今回のコースではUターンポイントが1個しかないが、しっかり試せました。かなり小さく回れます。バンクを深くして一気に曲がる感じだろうか。

その後、K島さんの追走があり、その後の講評ではこんな感じです。

 「せっかく走れているのにラインがもったいない」
 「ラインをよく考えて減速しないで走れるラインを探すべき」
 「ブレーキポイントが、私(K島さん)より、全然多い」

そこで、ラインを教えるので後ろに乗れと言う。久し振りのタンデムなので、振り落とされないように緊張する。おぉ!早い!ちょっとキツイぞ。

その解説によれば、
 「直線を探して、直線化することでブレーキなしでアクセルワークで
  走れるラインを探す」

私のライン:アクセル~ブレーキ~ちょい旋回~アクセル
イントラさん:アクセル~アクセルちょっとゆるめ~アクセル

私が旋回を入れてる部分を直線で乗り切ってしまうのだが、
  「なるほど!」
と思いました。最近のイントラさんの指導は、より早く走るための指導が多く、勉強になる。

これで午前中は終了。時間切れでさっきの指導は残念ながら試せませんでした。

Ssdsc00020

そして、午後。午後の前半はバリアブルコース。ちょっと天気がイマイチでコース案内中にポツポツしてきました。ただ、濡れる程じゃないので、練習続行。走りだします。

ポイントは、Uターンの切り返しで小さく回る所で、ここでU本さんが一人一人にアドバイスを送っている。

私が周回を終わった後に、U本さんがわざわざ駆け寄ってくれて講評をいただけました。

 ・以前にあった、「失速気味」は無くなってるね
 ・曲がる時に旋回ポイントをもう少し奥にして、もっとハンドルを切って小さく
  まがってみるとよい

なるほど、失速気味が無くなったのは早めのアクセルに効果が出ているというところか。

Ssdsc00019

続いて全体指導がありました。
雨が降りそうなので、雨の場合のコーナリングを考えてみようという趣旨で、Uターンポイントでの旋回方法を教わる。
言うなれば、
 「傾けを最小限にして、ハンドルを切りつつ、小さく回って、パイロン裏に
  ベタ付けする感じで曲がる」

つまり、「傾ける時間を少なくし、早くバイクを起こし直立でアクセルをあけて稼ぐ」という事だろう。

雨が降る前に雨のライディングの練習をするというかわった趣旨だが、役に立つ。

要は傾けてる時間を少なくするわけだが、それにはやや速度を落とし、小さい旋回とパイロン裏にさくっと付けるライン取りが重要。

しばらく練習していたが、やがて雨が降らないようなので、通常モードへ戻ることになり練習を継続。

Ssdsc00023

今回のコースは、最後に長めの直線があり、直後に小さいワンポイントターンが置いてあるが、ココがなにげに難しい。私は長い直線後のターンが苦手だ。どうしてもブレーキに力が入り、前傾になるので、スムーズに曲がれない。

このコースは午前中に上級が使っており、そこを先導しながら走ってるイントラさん(M川さん)の動きをみてると実に興味深い。

なんかこう、リラックスしてノンビリと加速し、ノンビリと減速してする~っと曲がっていく。決して力んでないし、エンジン音が「けたたましく」鳴るわけじゃない。でも早い。2週目は、もっと早いが、スルスル早くなってく感じ。例えて言うと、レールに乗って、さ~っと行ってしまうぐらいにスムーズに動く。あの動きはとてもできない。

Ssdsc00024

続いて、午後の後半。今度は直パイコースだけど、かなり趣向をこらしてあって、すっご細かいターンが連続しており、実におもしろい。このコースは秀逸だと思った。

コース案内中に、「え?え?」って思ったり。

厳しいのは最初の方で、左旋回後に間隔の狭いオフセット×2。コレきつかった。旋回後で、どうしても速度が出てないのと、更にフルロック級の旋回が必要となり、失速して足を出すこと数回。その後、ラインを工夫して少し大回り気味に入る事で、旋回しやすくなりました。

コース後半は、オフセットの連チャンですが、だんだん間隔が狭くなるワナがついてるタイプで最後の方は進入角度と速度を考えないと、失速しちゃうけど、これは慣れてるので何とかなる。このコースは単純だけど、実にテクニカルでおもしろく、楽しかった。

ちょっと疲れて自主休憩していると、U本さんが声をかけてくれました。

「今日は思った程、曲がるんじゃないですか?」
と言われて、ハッとした。
 「そういえば、なんかよく曲がりますね」
と応えると、
 「タイヤが新品なので。新品タイヤ思った以上に切れ込みやすい」

さっきの段々狭くなるオフセットでなぜか妙に曲がれた感があったのだが、タイヤのせいか、ち~。

そんなこんなでHMSを終了しました。思えば、30回目の節目となる中級だったが、まだまだ先は長そうだ。

Ssdsc00029

HMSが終わって、車庫に戻って給油後あたりで、雨がざ~っと降ってきました。なので洗車は意味なく終了。まぁ、練習中はほとんど降られなかったのでよかったかな。

そういえば、HMS会場ではイントラさんが総出で台風対策してましたね。テントやイスを収容。そこで蜂の巣があったようで、「蜂に注意してください」と言われてもねぇ。

Ssdsc00026

帰りは台風接近につき、ゲリラ豪雨みたいな箇所がありましたが、無事に帰宅しました。そんな台風接近のHMSでした。

Ssdsc00031

そういえば新車が入ったとの事だが、昼休みに車庫を見てみたけど、2Fにあるようで、それらしいのはなかったかな。新車は、NCやCBR250などもあるようだ。NCには興味あります。楽しみだ。





« レガシィ12ヶ月点検を受ける | トップページ | FZ1を洗車する »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/55800708

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する47回目:中級コース 30回目 台風接近中:

« レガシィ12ヶ月点検を受ける | トップページ | FZ1を洗車する »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!