« 転倒の風景 | トップページ | PCXに決めた »

2012年9月14日 (金)

HMSに参加する44回目:中級コース 27回目 素早い切り返しは?

まだ暑い日が続いていますが、HMSの中級コースに参加してきました。
天気予報は曇・・後雨みたいな、ハッキリしない予報でした。灼熱地獄より多少雨のほうがイイかもと思って出発しましたが、道中で小雨が降ってきました。なんかちょっとマズイかもと思ってましたが、首都高速上で土砂降り。特に東京都~埼玉県の県境は、すごい土砂降りでした。ところが、埼玉県に入ると雨が止んでHMS会場に着く頃には晴れてしまいました。

Ssdsc02337

本日のイントラさんはメインがK島さん、サブがY岸さん。参加者は19名。併設コースは、スーパー中級、初級、バランス、CBR、他に企業研修っぽいドライバー講習があったようで、盛況でした。

バイクはCB400SF Revoをチョイス。だいぶ、涼しくなってきたので大丈夫だろうと思いましたが、けっこう暑かったです。8号車をチョイスしましたが、ちょっとコレはハズレ。著しい支障はありませんが、ニュートラルに入りずらく、トリップメーターも使えずというところです。

今回の目標は、アクセルコントロールと上体を安定させること。前荷重になりすぎないように気を付ける。これは同時に自分の限界速度を上げることも意味している。アクセルを開いて速度を出して、それをギリギリの速度までブレーキをかけて曲がれるように恐怖心を克服することが目標となる。ま、出来ないかもしれないけど。

Ssdsc02338

午前中は市街地コース・・・だけ。あれ?奥の新コースは使わないのかな?って思ったら、そこは初級が使うようだ。今回、併設コースがたくさんあるので、手狭なコース配置となるようです。

市街地コースは、5カ所のUターンを中心に構成されており、最後は直パイ×4~5本が2セット用意されている。手狭だがテクニカルなコースに仕上げられている。

最初はコースを手探りする感覚で走ってみる。Uターンはあまりきつくなくライン取りは厳しくはない。所々に細かいターンがあるので、ちょっとライン取りを考えないと、次のコーナーが厳しくなるセッティングとみた。

最後の直線パイロンは、ある意味、イベント的なものだが、最近やってなかったので、ちょっとおもしろい。感じがつかめたので、続いてギアを1速で走ってみるが、まぁまぁ走れる。ただ、直線パイロンの所は、ちょっとギクシャクするが、練習で克服しよう。

途中全体指導があり、ライン取りを考えるように言われました。S字コーナーの所で、どういうラインを取るのがいいのか?についてレクチャー。そして、ワザとパイロンを置いて、ライン取りを習得することを指導されました。

これは目新しいわけではありませんが、一発でライン取りを見極める能力は無いので参考になりました。次の次のコーナーを予想して曲がる・・・HMSではそんな力を要求される。

朝と違ってドンドン日差しが強くなり、すっかり真夏日で暑い! 水分補給に気を付けて走ってましたが、まぁ、何とかなりました。

Ssdsc02340

午後はバリアブル・・・じゃなくて、直パイコースなんだけど、パイロンをいろいろ立てたコーススラロームになっているが、ちょっと狭いのが気になる。

最初は軽く直パイの後、オフセット+Uターンが入って、グルッと回って帰ってくるが、細かいオフセットが連続している。

途中、全体指導がありました。細かいオフセットをクリアするには、ライン取りとハンドルを切っていくという指導。要するにフルロックに近い上体までハンドルが切れるか?何ですが、その後、オフセットパイロンコース風にユックリ走ってハンドルを切る練習。

ポイントはブレーキでアイドリング近辺までブレーキしつつ、そのブレーキを残しながら、ハンドルを切っていく練習。この練習は嫌いではなく、むしろよかった。速度を早めようとキヨイすぎており、ハンドルを切る事を忘れていたのを思い出させてくれた。速度をユックリ目でハンドルをロックまで切っていく。ただ、常にロックまではいけなかったのが、残念。また、8の字で練習したいところだ。でも、こういう練習はじわじわと効果が出てくると思う。

そして、コース走行に戻る。ハンドルを切ることを心がけて曲がっていく。

今回のコースで一番手強いと思ったのは、途中にあった、直パイ。これ、少し間隔が狭いのと斜めに曲がりながらなので、ラインとリズミカルなアクセルコントロールが重要とみたが、最初の進入方法がわからず、苦戦。どうしてもギクシャクするが、これは最後までわからなかった。

もう一つ。Zターンがあった。

Z


まず、進入。コーナーまでチョット直線があるので、できるだけ加速するが、その速度では曲がれないので減速を行う。ただ、速度が出ているので、どうしてもブレーキを強くしてしまうので、減速しすぎてしまう。
第一関門は、ここで減速しすぎないことだろう。

そして、右旋回するわけだが、ポイントはその直後。①の部分はわずかな直線でその後、左旋回が必要になる。これは以前の中級でならった
 「素早い切り返し」
だろう。①の直線はギリギリ加速できるかどうかである。

最初は、このわずかな直線でわずかにアクセルを回しその力で一気に左旋回を試みることをやってみた。まぁまぁ、出来るのだけど、直線が短い所で加速するのでどうしても大回り気味。そこで以前にならった、
 「加速なしで切り返し」
をちょっとやってみたんだけど、ダメだった。失速して転倒しそう。

これは難しい。右旋回を少し速度をだしてまがり、そのままブレーキを生かしながら一気に左へ切り返すのは、いったいどうやったらできるんだろう? 謎だ。

まぁ、それにしても暑かった。雨どころか晴天で気温も高め。8月よりはマシだがそれでも暑いので、水分補給に努める。この日も3Lぐらいは飲んだと思う。最後は、自主休憩を取ってました。

Ssdsc02341

走行距離は50kmに届かずでしたね。

ところで、この日はスーパー中級(スパ中)が併設されてました。残念ながら休み時間が同じで見学することができませんでしたが、コースは見る事が出来ましたのでメモをとっておきました。コースラ8の字よりタイトで最後の方が何か不思議なコースに見えました。

Ssdsc02335


まぁ、いつかは受けたいということで。

« 転倒の風景 | トップページ | PCXに決めた »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 転倒の風景 | トップページ | PCXに決めた »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!