« 長野縦断ツーリング(まだ、途中) | トップページ | 夏休み長野ツーリング(下栗~木曽路~白馬) »

2012年8月18日 (土)

HMSに参加する41回目:スキルテスト 2012/8月版

HMSから配信されるお知らせメールで、その存在を知った。スキルテストを実施するという。メールの内容はこうだ。

「日頃よりスクールにお越しいただき誠にありがとうございます。
ご自分の技量レベルがどのくらいなのかな・・・ そろそろ上のコースにしようかな・・・と考えていませんか?
この度、そんな皆様の技量の目安となるよう、『セーフティスキル検定』を企画致しましたのでご案内申し上げます。この企画は、全国のホンダのスクールで同じレベルでコース設定します!
検定結果は、ホンダのホームページに掲載予定です(ニックネーム可)
普段の練習成果を是非確認してみませんか!
皆様お誘い合わせのうえお申込下さい。お待ちしております(*^_^*) 」

ほぉ、個人的には興味あり。少し考えて申し込んでみた。7末の猛暑で痛い思いをして、8月は受講していなかったHMSだが、夏休み中ということもあり、楽しみにしていました。

当日の天気は晴れ。雲はあるが日差しを遮るほどではなく、いたって、イイ天気。つ~か、暑い!本当に暑い! 前回のように半熱中症にならないように、今回は2Lのペットボトルを2本もっての参加となる。

受付を済ませると、10時に2階のB教室に集合とのこと。かってがわからないが、とりあえず着替えて教室に向かった。

Ssdsc02267

そこでは、イントラのM本さんが待っていて、全員が揃うと本日の進行についての説明があった。プレゼン資料によると、次のような内容。

 1)スキルテスト結果は、1級~10級で結果が出る
 2)テスト項目は、
  ・パイロンスラローム
  ・一本橋
  ・コーススラローム
  の三つ。
 3)評価基準はタイム。または安全確認や運転姿勢、足つきなどが
   あり、悪い場合は減点になる。
 4)タイムは基準があり、その基準で級が決まる。
 5)三つのテスト項目の級で平均を取り、小数点以下を切り上げで総合級となる
   例:
    パイスラ:7級
    一本橋: 5級
    コースラ:4級
     平均 : 5.33→ 総合:6級
 6)元々は浜名湖で独自開催されていたテスト
 7)今後、全国のHMSで実施していくつもりだが、現時点でテスト段階
 8)今回の結果を踏まえて全国レベルに持っていく
 9)テスト結果はHONDAのホームページに掲載するつもりだが、
   今回は行わない。(今回はテストケースのため)

この後、コースの説明図なども提示された。このプレゼン資料が欲しかったので、テストが終わった後で最後にM本さんに頼んでみたが、今回はテストケースなのでダメだそうです。残念。

ちなみに、約1年前だが似たようなスキル講習会というのが開催されていましたので、全く初めてというわけじゃないと思います。

今回の参加者は、21名。募集時は上級、中級、初級の区別があったが、本番では無くなっており、みんな一緒にテストを受ける。私の直感では、上級5名、中級9名、初級7名ではないだろうか。

インストラクターは、M本さんがメインで、Y島さん、K島さん、Z師さんの4名で対応する。

その後、いつものように車庫前へ移動し、そこでバイク選択、体操を経ていつもの河川敷コースへ移動。今回もバイクはCB400SFをチョイス。

Ssdsc02271

午前中は2班に分かれて、パイロンスラロームと一本橋のテストを同時に進行するとのことだ。私はパイロンスラローム班であった。テストに立ち会うイントラさんは、M本さんとK島さんが行う。
コースは、
 直線パイロン×10本
  オフセット3本
  Uターン
  オフセット3本
 直線パイロン×10本
のコース。これを、約30秒でクリアすると最高点らしい。

最初は練習走行を行う。テストで用意されたコースとは別に練習コースが用意してある。最初は全員で練習する。

さてと、直線パイロンはちょっと久しぶりで苦手意識もあるので、慎重にやってみる。最初は2速でユックリ目に走行。パイロン間隔は5m。なんかギクシャクしまくり。そしてオフセットは、幅5mぐらいの短いタイプでイマイチ速度にのれない。

これ、バランスファーストでよく出てくるタイプのオフセットなんだけど、ちょっと苦手。何回か練習しているうちに、だんだん慣れてくるが、練習時間は多くはないので、結局、ギアは2速で走ることにしました。直線パイロンを1速で走る練習はまだしてないし。(弱い)

休憩後にテストが開始される。テストは、受けたい人がテストコースへ並ぶ。練習したい人は、やっててよいが、時間も限りがあるので、いつかは受けないと行けない。

テストは2回行い、よいタイムが採用される。発進時の安全確認無し、パイロン接触、バンクセンサー接地等で減点される。

たぶん、上級クラスの人だと思うが、早々と並んでいた。さすが。私は練習練習。

しばらく練習した後、ちょっとテストを受けている人の様子を見てみたが、さすがにうまい!自信がある人達なので、動きが違うなと思った。

しばらく練習していたが、暑いし練習のしすぎは体力の低下を伴うので、
 「そろそろ受けるか」
と思ってテストコースへ並んだ。私が最後から4番目ぐらいかな。

丁度、うまい人がテストを受けており、すごい動きでパイロンをクリアしていくのが見えたわけだが、私の後ろに並んでいた女性が、
 「あんなのできないとダメなんですか?」
と言われて笑ってしまいました。私にもムリです、えぇ。

さて、私のテストの番。緊張はするが何度となく練習しているパイスラなので走りだしてしまえば、何とかなるだろ、ぐらいで望む。

M本さんが、「はい、発進してOKです」との声があり、スタートする。後方の安全確認を行ってから、スタート! まずは直線パイロンスラローム。リズム感を持ってほいほいとクリアしていく。そして、オフセットに入る。距離がないので、スピードが出せず、イマイチ波に乗れないが、何とかクリア。そしてUターンしてまた戻る。ゴールして停止位置にきちんと止まらないと行けない。

2回実施して、記録。私の記録は、36.1秒だった。

ちなみにナンバー1は、30.7秒でした。

午前中はココまで。凄く暑くて、午前中だけで2Lの水分を飲んでしまいました。

Ssdsc02268

午後はやはり2班に分かれてテストを受ける。私は一本橋だ。一本橋は教習所時代からイマイチ苦手意識もある。なにより久しぶりだ。半年以上やってないし。

Y島さんから一本橋のテストの採点について説明がある。発進時の安全確認必須、運転時の足の位置、足を開かないこと、つま先を開かないこと、ブレーキを握るときは全部の指をつかうこと、など。あと、一本橋から落ちたら失格。ちなみに、1級になるには、60秒以上だったと思う。ほとんど止まってるんじゃないかという気がする。

最初は練習。練習と言えどもタイムは計ってくれる。久しぶりの一本橋だが、何とかがんばって、クリア。タイムは14秒。おぉ、自分としては悪くない。だが、色々指導を受けた。もっとアクセルを使って半クラッチをうまくつかっていく。今は惰性で動いているのが長くふらついているとのこと。

そこで、次から色々やってみるが、脱輪のオンパレード。まぁ、ココで新しい事をやるとイマイチになる典型で、2回に1回は脱輪。自信無くすなぁ。結局、練習では14秒以上にはできなかった。

さて、テストが始まる。何回か練習してテストを受ける。2回測定ができるので、1回目は安全策をとって、少し早めに走り抜け、2回目で勝負にでるが私の作戦。

一回目は無難にクリアして、成績は11.1秒。かろうじて大型二輪免許の基準をクリア。そして2回目となる。少しアクセルを多めに回しながら、何とかがんばってみたが、あえなく脱輪。私の成績は、11.1秒となった。

ちなみに、一本橋ナンバー1は、26.1秒でしたね。何でそんなに粘れるのか。イントラさんがチャレンジした結果は、44秒でした。

Ssdsc02273

続いてコーススラロームです。コースは、市街地+新コースで作られていました。最初は練習で走れます。コースはあまり難しい部類ではなく、直線が多い速度がでやすいタイプでした。ただ、所々に素早い切り返しを必要とする部分があり、少々テクニカルなコースです。
1級になるには、60秒以下だそうで、実際にイントラさんが試走してタイムを出しているそうです。

最初は練習。最初っからギア1速で走ります。だいぶ慣れていたので、十分走れるとふんで本番も1速で行く事を決意。

後、20分ぐらいを残してテストが始まりました。テストが始まると、全員コース外にバイクを整列して3人一組でテストが始まります。テストは2回走っていいタイムが成績となります。走行時にはイントラさんが後方から追走してチェックします。たぶん、接触や接地をみているのだと思う。

たぶんトップバッターは上級クラスの人だと思うが、さすがに早い。私の番は最後のほうなので、少し休憩することにしました。

そして私の番が回ってきましたが、やはり緊張します。ただ、走り出せば何とかなるかと思いスタート。ギア1速でけっこうがんばったつもりでしたが、タイムは79.4秒と遅い部類です。

ちなみにナンバー1は、66.1秒でした。

というわけで、今回のスキルテストが全部終了しました。走行距離は37.2kmとまぁ、こんなもんでしょう。

Ssdsc02276

この後、教室に戻って成績が発表されました。

といっても、全員の成績が記入された紙が配られるだけでしたけど。後は、この成績を自分でみて考えて欲しいという感じでしょうか。

結局、私の成績は、次のようになりました。

  コーススラローム: 79.4秒 8級
  パイロンスラローム: 36.1秒 4級
  一本橋: 11.1秒 7級
  認定級:  7級

成績から次のまとめの一覧を載せておきます。

Score2

こうみると、私は平均近辺で少し下ぐらいということで。まぁ、課題は「遅い」ということですね。わかってはいましたが、遅いな。コーススラロームで、早くしていくための練習をしないと。

終了後にM本さんが言ってましたが、

 「コースラの採点方法がイマイチかも」

ということです。かなり辛い採点になっており、トップの66.1秒でも4級なのは、チョットまずいと言ってました。

最後に今回のスキルテストについて。

説明では、「今回はテストケース」であり、ゆくゆくは全国のHMSで正式開催の方向だと言う。ただ、今回の様子をみていると、イマイチ盛り上がりに欠ける気がする。今回の募集は、初級、中級、上級それぞれで10名で合計30名の予定だったようだが、集まりがイマイチだった。(予約が最後まで締めきりにならなかった)

この理由は、第一に割高感だと思う。スキルテストの価格は通常と同じ、14500円(会員12500円)だが、テストに徹するので走行距離は少ないし、待ち時間も多くなる。十分に走行できないのであれば、12500円を払って受ける価値があるか?と誰しも思うだろう。今回テストを受けた人のように、
 「自分のレベルを知りたい」
と思う人以外は受けない。

さらにテスト結果が紙1枚というのも味気ない。もうちっと、なんか考えられなかったか?って思う。テスト内容は妥当と考えるが、3種目というのは少ないかも。時間的制約はあるが、5項目ぐらいあると色々な面が見えておもしろい。

なので、スキルテストの全国実施に向けては、まず価格。これはもうイベントということでバーゲンプライスで、ズバリ7500円(会員6500円)ぐらいでどうだろうか? これならお得感もある。

そして、項目を5項目ぐらいに増やす。追加する項目は例えば、
 ・急制動(停止距離を測定する)
 ・Uターン(旋回径を測定する)
などは、どうだろうか? これらなら場所も食わないし測定も楽だ。急制動は指定速度が出ている事が確認できないといけないが、方法はいくつかあるだろう。系列の教習所のバイクを借りるとか、速度センサーからランプを付けるのも難しくはないと思う。

後は認定証の発行。ペラペラでもいいので金属プレートに名前と成績を彫り込んで後日郵送でも良いと思う。

もう一つ。イントラさんからの講評やスキルアップのアドバイスを記載した成績表を配るのもいいかも。今回、なぜこういう成績になったのか? さらに向上するためにはどうしたらいいか? 書く方は、ちょっと大変だけど。

これは予想だが、今回のスキルテストについては元々の構想は色々あったのだろうが、最後までに決められなかったのかもしれない。案内メールにあったのは、

 ・皆様の技量の目安となるよう、『セーフティスキル検定』を企画致しました
 ・検定結果は、ホンダのホームページに掲載予定です(ニックネーム可)

技量の目安としては、各人が何級か?で提示されたが、結果をホームページで掲載するのは見送られた。また技量の意味については、最初に説明された資料にあったが、それは配れていないので、覚えておらずハッキリとすることができない。

運営側、イントラさんなどの議論があったと思うが、結論に至らなかったのかな。

今後のスキルテストに期待したい。

« 長野縦断ツーリング(まだ、途中) | トップページ | 夏休み長野ツーリング(下栗~木曽路~白馬) »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

料金が高いのが気になりますねぇ・・・

岩名さん、こんばんは。

その通りで値段がアレですね。テストに徹するなら、もっと安価な方が人が集まるし、
盛り上がると思うわけです。イベントにしてしまい、宣伝もかねて行うほうがいいのでは?って
私は考えてます。

丁寧な解説でよくわかりました!

ん~。値段が高すぎですね。
自分のような貧乏人は受けたくても受けないと思います。

スキーのように
全日本●●連盟 何級
という統一したものにならなければ普及は厳しいと思います。

結局は警察系でのコンテストになっちゃうのかな。

Akinakaさん、こんばんは。
まぁ、HMSの中の世界という意味で良いとは思います。人間、自分のレベルを
計りたいという欲求は少なからずあるわけですから。
ただ、値段がねぇ。お得感を出せばいいじゃないかと思ったり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/55454785

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する41回目:スキルテスト 2012/8月版:

« 長野縦断ツーリング(まだ、途中) | トップページ | 夏休み長野ツーリング(下栗~木曽路~白馬) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!