« STIのランドセル? そしてエクシーガTS登場 | トップページ | HMSに参加する39回目:中級コース 23回目 失速するなぁ »

2012年7月 6日 (金)

HMSに参加する38回目:コースラ8の字 05回目 後輪ブレーキを使う

今回もコースラ8の字に参加してきました。かれこれ5回目になりますが、少しはマシになったんだろうか。

天気予報によれば、午後から雨模様。でも早朝はイイ天気だった。しかしHMS会場に向かい、まもなく到着というところで、パラパラ降ってきました。このシチュエーションは意外に多いね。結局、天気は、午前中は少しぱらつく程度で路面はドライでした。午後も同じでしたが、15:30ぐらいから雨になりました。

Ssdsc02215

さて、参加者は8名。予約は満員だったわけだから直前でキャンセルがあったのかな。イントラさんはMGMさん。おぉ、MGMさんは久しぶりだ。始まるころには、雨がパラパラしてきましたが、雨具を着るほどではなく、まぁ、何とかなるだろ、って感じでスタートしました。

まずは慣熟走行ですが、MGMさんの慣熟走行はどちらかというと練習的要素を含んでおり、ガンガン走るというより、ユックリと確認しながらいろいろなテクニックを確認するという感じでした。おもしろかったのは、円周走行。9台のバイクで直径15mぐらいで円周走行に入り、そのまま走り続ける。途中で逆回りにも入る。そのとき、MGMさんが拡声器で吠える。

 「○○さ~ん、目線が近いよ。2~3台先を見て~」

よく見ているなぁ。

そして、今回は河川敷コースで8の字練習を開始しました。今回は、MGMさんらしい指導があって、
 「ちいさい8の字、距離にして10mを切るぐらいが出来るようになってほしい」
でした。

そこで今回は、小さく回る事を意識し、8の字を少し小さくしてみた。約13mぐらいでスタート。その後、11m,10mと小さくしていきましたが、たぶん9mぐらいでやったのが限界か。最初はギクシャクしてバイクを寝かせる事が出来ませんでしたが、だんだんと慣れてきてまぁまぁスムーズに回れるようになってきました。

Ssdsc02217

そして、MGMさんの指導がありました。

 「もう少し進入速度を早めた方がいい。
  そしてブレーキ。後輪ブレーキをもっと使う。
  アクセルを開けるタイミングで後輪ブレーキを
  引きずる感じだ」

MGMさんは後輪ブレーキ派なので、この指導はありがち。私は後輪ブレーキをあまり使わないようにしていたので、余計目立ったか。でも、イイ機会なので今日は後輪ブレーキを主にしてみよう。

そして私の質問。「後輪ブレーキはどのくらいの強さですか?」

すると、
 「けっこう強め」
との回答。

ふ~ん、このニュアンスはどのぐらいなのかがちょっとわからなかったが、実践あるのみだろう。少し強めに後輪ブレーキを残すことができるか? そして何よりも進入速度を早める事が自分に出来るのか?が課題。

進入速度を早めるために、パイロン間隔を大きくして速度を出しやすくして練習を再開する。速度を出すために0の字で練習しました。

0の字でひたすらUターンを繰り返す。速度をあげ後輪ブレーキのウェイトを上げて曲がってみる。このときは後輪ブレーキの効果は、
 「なくは無いけど、絶大というわけじゃない」
ぐらいしかわからなかった。そして進入速度を上げるのは簡単ではない。0の字のおかげで8の字よりわずかに早いが、その程度。

これは、要するに「コワイ」のです。自分の心に壁があるので、この壁を乗り越えることができるかどうかが、ポイントなわけですが・・・・。

Ssdsc02219

午後は、いつものコースラです。毎度のコースなので迷う事はない。経験者が多いためか、道案内は4周で終わり、直ぐに練習を開始する。

走りだしてすぐに、MGMさんが走行を止めて話す。

 「みなさん、パイロンを倒しすぎ。もう少し外回りを心がけてください」

コースラ8の字はタイトなコーナーが多いので、パイロンがよく倒れる。毎回の事だけど、走り出して直ぐにイントラさんに止められます。ちなみに私は前半はあまり倒しませんが、後半は少し倒します。申し訳ない。

しばらくしてMGMさんが追走してくれての講評がありました。

 「後輪ブレーキを使ってみましたか? 」

と聞かれたので、

 「えぇ、特にUターンの時に後輪ブレーキを使うと、
  車体がぐっと安定するのがわかりました。」

と答えました。これはお世辞ではなく、事実、そう感じました。ブレーキの強さはあまり強く出来ていませんが、Uターンのとき出口でふらつきやすいのが後輪ブレーキのおかげか妙に安定して不思議に思いました。こりゃ、いけるか?って何回か練習していたところです。

 「今はまだ使い始めだが、やっているうちにどんどん慣れてくると思う。
  もっと、使っていこう。」
とのことでした。

続いてブレーキロックの練習がありました。前輪ロック、後輪ロックをやってみろ、と言う。おぉ、後輪ロックはできるが前輪ロックはやったことが無い。これ、やってみたけど、前輪ロックは出来ませんでした。握る力が弱いのかも。MGMさんによれば、ブレーキをかけてって、ある臨界点を越えるとロックするというが、その前に停車しちゃいます。これは日を改めて練習しよう。

そして次に走行ラインを学ぶチャンスに恵まれました。前走の人がMGMさんの先導で走り出したので、自分もチャンスとみて、それについていきました。2周ほど、MGMさんの先導で走る事が出来たので、とってもためになったと思う。。特に前半の走行ラインは、よくわかりました。この走行ラインは、もう少し理解できたら、ブログで紹介したいと思います。

続いて、MGMさんに私が手招きされました。走行ラインをよく考えてもらうために先導してくれるという。

MGMさんの先導は、実について行きやすい。不思議なんだけど、このラインで走ると安定性がピカイチだし、さらにワンランク早いのだ。これはおもしろいことこの上ない。走り安いのもある。残念なのは私が全て記憶できないこと。できれば10周ぐらい先導してほしい気もする。

先導の後で、今度は追走してくれました。そして講評です。

 「突入速度をもう少し早くできる。ブレーキも弱い。特に前輪が弱い。」

え~。自分は後輪が弱く、前輪が強めだと思っていたが、全然違いました。車速をあげ、もっと突入速度をたかめつつ、ブレーキを使って減速するということのようだ。

これは午前中も言われているし、半年ぐらい前にも言われている。自分としては永遠の課題になるかもしれません。

あと20分で終わりという所で、雨がポタポタ降ってきました。路面は完全にウェット。なので、もう力を抜いて、ラインを重点的にユックリ目に走行。体力も限界に来ているので、ちょうどいいクールダウンだったかも。ただ、気合いを入れても、息を抜いても、あまりタイムは変わらない気がする。

そんなこんなで、今回のHMSは終わりました。

最後に、MGMさんに声をかけました。前にも聞いているけど、今回も聞いてみました。

 「進入速度を上げるというのは、どういうことなのか?」

この問いかけにMGMさんは次のように答えてくれました。

 「メンタルな所が大きい。どうやって吹っ切れるか?が鍵」
 「ただし、以前に比べてだいぶよくなってる。
   こうやって、何か壁にぶつかってそれを乗り越えることで
   レベルアップしてきたと思う。
   今の突入速度は、まさに壁。
   それを乗り越えることで、更にレベルアップが見込める。
   がんばってほしい。応援しています。」

まぁ、なんつ~か、要するに、
 「自分と戦って勝て」
と言われているようだ。

Ssdsc02221

今回のコースラは自分にとって、いい刺激になったんじゃないかと思う。

 「まだまだ進入速度を早くできる」というMGMさんの言葉には多くの意味がある。

要するに、
 「まだまだ遅いよ」
ってことなんだんが、どうやって早めていくか?それをユックリ考えてみることにしよう。

それにしても、待ち時間ゼロのコースラ8の字は、かなり疲労する。10名でもすいてるが、8名だと、ほぼ全員がコースに出ているので、もう、走りっぱなし。腕が痛い。

« STIのランドセル? そしてエクシーガTS登場 | トップページ | HMSに参加する39回目:中級コース 23回目 失速するなぁ »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

やってますねぇ。。。

帰りにスイミングですか!Σ(`□´/)/

そりゃ凄いですよ!


Akinakaさん、こんばんは。水泳はいいですよ。ほどなく全身が疲れます。水泳をするようになって、体調もよくなりました。体も鍛えないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/55135423

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する38回目:コースラ8の字 05回目 後輪ブレーキを使う:

« STIのランドセル? そしてエクシーガTS登場 | トップページ | HMSに参加する39回目:中級コース 23回目 失速するなぁ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ!