« 春を感じる! 長瀞~秩父ツーリング | トップページ | 行ってきました! 東京モーターサイクルショー2012 »

2012年3月24日 (土)

HMSに参加する25回目:中級コース15回目

前回と同じ始まりだけど、やっぱり天気が心配だった。予報に寄れば、土曜日は雨。そして、私が予約している日曜日は、曇り時々雨。でも雨は夜からということで、HMSが開催されている時間は天気はもちそうだったで少し安心していた。

やっぱり土曜日は、1日雨だった。シトシト降りやがる。でも夕方にはやんでくれた。空はどんよりしているけど、
 「何とかもつか?」
と不安な朝を迎える。ラッキー、降ってない。そして会場につくや、まぁ、天気はギリギリ大丈夫だろうということで、HMS中級の始まりとなった。

参加者は20名。雨気味でキャンセル続出か?って思ったがそうでも無かったようだ。気温も高めで全然寒くない。これなら汗だくだろう。

インストラクターのメインは、Z子さん。サブはM本さん。Z子さんは初めてかもしれない。花粉症なのかマスクをしているので、どんな人なのかわからなかったがハッキリしたしゃべり方をする人だ。

今回の抱負は、前回と同じく、
 「上半身を柔らかかく」

としておいた。いかに、腕に突っ張りをおさえるか?が今の課題。

Ssdsc02006


バイクは、CB400SFをチョイス。たまたま前回と同じ5号車が目に止まったので、そのまま選択したが、何とキーがついてない。別のバイクを出すよう指示されたので、1号車とした。なんか縁起がいいかな?って思ったり。タイヤは前回の新シリーズタイヤ。暖まるまでグリップしないので、注意するよう言われている。

Ssdsc02007

この日は、たまたまジムカーナ大会をやっており市街地コースと拡張コースは使用できないようだ。なので、ちょっと手狭な感じだったな。

午前中は何と直パイ!初級を彷彿させる
 直パイ×20本+オフセットスラロームコース
となった。
 「基本を忠実に」
がキーワードだ。これ、実はやってみたいと思っていたでちょうどいい。直パイはなんか苦手意識もあったし、久しくやってないから。

スタートして最初は、ギクシャクしまくり。

 「直パイってどうやって走るんだっけ?」

って思いながら走りました。バイクの倒し方/回し方/アクセルの開け方、どれも何かシックリこない。ニーグリップを使い、足でバイクのタンクを押して右に左にやってみたが、これでもイマイチだった。

でも、うまい人のライディングを目撃。

リズムよく腕を伸縮させながら頭の位置はあまり動かさずにバイクだけ右に左に倒れるようなライディングは、私が目指す直パイの走り方だ。

 「あれだ!」

と思ってマネすることに。でも所詮は見た目だけなので、全然、思う通りにならなかったかな。

それでも最後の方では少しマシになったか。Z子さんからの指導としては、

 「みなさん、がんばりすぎ。もっと力を抜いて」

この一言が全てを物語っている。力でバイクを曲げてはいけないということ。もっと素直に流れるように動かす感じだろうか。うまい人もそんな感じだったかな。

Ssdsc02000

直パイのコツってなんだろう?って少し考えていた。
 ・リズムを大切に。
 ・頭はあまり動かさずに。
 ・バイクの挙動に腕の伸縮を合わせながら。
 ・右と左をバランス良く
こんな感じだろうか。

あまり力をいれないというのも正しいと思う。力よりも流す。そんな感じなんだろうか。

次にオフセットスラローム。これは結構マシかも。相変わらず早くはないが安定感は出てきていると思う。気温も高かったので、けっこうバイクを倒す事は思い切りよく出来た。時々足先を擦ったりしたが、やり過ぎて、ブレーキペダルを擦ってしまって、ちょいびっくり。HMSのバイクって、バンクセンサーが削られて既に無いので、倒しすぎに注意しないと。

昼食後に建物から外に出ると、
 「がーん、雨!」
だった。早いぞ天気!。夕方のハズじゃないのか?

仕方なくレインウェアを着用。雨は強くはないが、シトシト降ってるし路面は完全にウェットになってしまった。

Ssdsc02002

午後の前半はバリアブルコース。コースレイアウトは、スタートしていきなりUターン後は、標準的なコースかも。M本さんコースのように、あっと驚く仕掛けはなくて、素直な感じだ。所々に、ちょっとだけ変化があったけど、大きくはない。

スタート時には雨が降ってるので、走行には十分注意するようにとのインストラクターの指示だった。

最初はユックリ走りコースを覚えることに専念。少し慣れて来たところでスピードを上げてみたが、ちょっと強く後輪ブレーキをかけると簡単にロック!ズルっと後ろが滑ってしまったが、落ち着いてブレーキを解除しグリップを回復。あぶない、あぶない。

一度、M本さんが追走してくれたが、その講評としては、
 「もっと丁寧に走れ! 転ぶぞ」
でした。ちょっとキヨイ過ぎたか。

まぁ、雨も降ってることだし転倒しては痛いので、早さより丁寧さを心がけることに。さっきのうまい人の挙動を見ると、やはりバランスがいい。あぁいう風に乗りたいものだ。

バリアブルコースは、HMS埼玉では一番滑りやすいらしい。今回、後輪がロックしたのは、4~5回あった。でも普段から後輪ロックの練習のかいもあって、

 「後輪がロックした」

というのは、瞬間的に理解できる。なので、すぐにロック解除し転倒しないように挙動を修正できるようになったのは、自分の成長の一つと考えている。ま、転ばないに限る。

Ssdsc01997

午後の後半はバランスコースに移動。そこでパイロンスラロームとなった。雨も降ってることなので、小技が多いコースだったと思う。これは前回と同じだが、本日、一番のテクニカルなコースじゃないだろうか。

その中でUターンポイントがあったが、コーナー直後だったりして、助走が少ない。なので、つい失速がちになり、一度、足を突いてしまった。Uターンではつい速度を落とし過ぎてしまうので注意したいが、助走が少ないのでどうしても速度を出せない。この辺りはどうしていけばいいのか?は、この講習中には見つけられなかった。

小技なコースというのは、ライン取りが重要ということになる。M本さんに教わった、
 「場所によっては、大きく入って小さく出る」
 「次の次をにらんで予測する」
を心がけてみた。たぶんこうだな?って思う走り方に努めてみたが、思ったように走れない部分もあったのが、課題となるだろう。

そんなこんなで、終了。今回の走行距離は50kmに届かなかったので中級としては少なめ。雨もあったし仕方ないね。

【チェーンの切れたCB1300SF】

Ssdsc01996

さて、次回は一週間後だ。やっぱり天気が心配だぁ。

« 春を感じる! 長瀞~秩父ツーリング | トップページ | 行ってきました! 東京モーターサイクルショー2012 »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

雨はイヤです!正直避けたい!
日帰りツーで出発時雨なら 確実に中止します。

でも
こういうライスクは結果的によいのではないかと思います。

雨の中の走行練習
しかもコケテもいいなんて(笑) またとないチャンスですよね。
自分は持ち込みライスクだったのでバイクが酷いことになりましたけど(笑)
練習できたことはとても良かったなぁって思います。

Akinakaさん、こんばんは。
私も同感で、雨の日にわざわざツーリングに行くことはないですが、HMSの場合は行っちゃいます。ただ、雨だとどうしても転倒するリスクが増すので注意は必要です。

でも逆に考えれば、ウェット路面の走行方法を練習できるとんも言えます。この日は、私は後輪ロックがよくあったので、後ろブレーキの使い方がマダマダって事ですね。あと、操作が急激すぎるとの指摘もあるので注意しないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/54299129

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する25回目:中級コース15回目:

« 春を感じる! 長瀞~秩父ツーリング | トップページ | 行ってきました! 東京モーターサイクルショー2012 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!