« HMSに参加する23回目:中級コース13回目 | トップページ | 北海道スキー ルスツリゾート! »

2012年2月29日 (水)

ハンドル操作

バイクのハンドル操作は意外にも難しい。前回のHMSでは、ハンドル操作について言及があった。

 ・曲がるときの内側腕を引く
 ・曲がるときの外側腕を押す

これが基本的なことだ。内側の腕でハンドルを押さないようにってことだが、実際は押してしまう。

Ssdsc00244

HMSの中級をうけるようになって、

 「内腕でハンドルをおさえる」

に気がついた。これを解決するために、内腕の力を抜く、ってことをおこなったりしていた。結構、出来ているんじゃないかと思っていたのだが、実は違ってて、相変わらずハンドルをおさえていることに気がついた。要するに、内腕をつぱってしまうということだ。

しかも前回のHMSではコースのせいか、さらに強くおさえてしまい、両腕の手首が筋肉痛になってしまったぐらいだ。

そこで、

 「自分はなんで内腕をつっぱってしまうのか?」

について、少し考えて見た。

これには実際にバイクにのって走ってみるのが手っ取り早い。ツーリングの途中でコーナーの内腕の挙動を観察してみた。何回か様子を見ていると、だんだんわかってきた。

 ・私は自分の体を支えるために内腕を使っている

バイクを傾けて旋回をしている最中、体を支えているのはニーグリップなんだが、それでは足りなくて、体を支えるためにハンドルにしがみついていたことになる。しかも内腕に力をいれて、体を支えていた。

背中や肩を支えるものがあればいいが、それがないので、腕でハンドルを突っ張りながら、体をささせていたことになる。なるほど。そういうことか。

なので、意識して内腕の力を抜くことにチャレンジしてみたが、どうもハンドルが安定しない。力を抜こうとすると、逆に力が入ってしまうようだ。

そこで、無理なく内腕を引いて外腕を出す訓練をやってみることにした。やり方は、簡単。

 ・速度は30km/h以下
 ・ギアは2~3速
 ・低速で曲がってみる。
 ・バイクは傾けない。ハンドル操作で曲がる
 ・曲がる時に内腕を引いて、外腕を出すことに注意する。

なんて事はないが、内腕を引いて外腕を出すと言うことが、無理なくできるか?というと意外に出来てない。ハンドルがフラフラする。そう、バイクのハンドルって、固定されてるわけじゃないので、低速でバイクをたてて曲がろうとすると、意外にふらつくもんなんだ。

そこで、これをフラフラせずにハンドル操作をしてみる。これには、内腕を引くという動作を安定して行う事が必要になる。

そこで、

  1)内腕のヒジを下げる(地面側)ようにして引く
  2)外腕のヒジを上げる(天側)ようにして、押す

をやってみると、けっこうシックリくる。

調子にのってしばらくやってみた。特に路地とかでユックリ走りながら、ユックリ交差点を通過するが、そのとき、ハンドルが安定して曲がれることを目指す。何回もやってるうちにだいぶハンドルが安定してきた。ただ、回りから見れば、不格好だと思う。

はたしてこの練習に効果があるのかは、ちょっとわからない。しばらくやってみて、どうなるか考えて見よう。

« HMSに参加する23回目:中級コース13回目 | トップページ | 北海道スキー ルスツリゾート! »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

ん~
なるほど!
わかりやすいし理論的だなぁ。。。

HKさんの分析力はすごいや。

TKさんこんばんは。
今回のお話も共感できました。
僕も知らぬ間にセルフステアを殺してしまってるようです。
低速のターンや切り返しは本当に練習が必要です・・・。

私も、曲がるときはハンドル突っ張ってますね~。
動かすのが怖いので...(^^;)

こんばんは!
先日はFAZERの燃費情報をありがとうございました(o^-^o)
遅ればせながら遊びに来ました~
内側の腕が突っ張ってしまうのは、大概の方が陥ってしまいますね。
私も右ターンの時に弱冠、力が入ってしまう傾向があります。^^;
FAZERではまだ、まともに峠を走ってないのでうまく走れるか心配です。
まずはやっぱり練習ですね!

Akinakaさん、コメントありがとうございました。まぁ、この理論があってるのかどうかは、いろいろ試してみてからって、ことで。 自分で自分を分析するというのは、得てしておもしろいものです。

旅好きさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。バイクのセルフステアを無意識のうちに止めてしまう。それをもっと自然にこなすことができれば、もっと軽やかに曲がれるハズだと考えています。なぜ、自分は止めてしまうのか? そんなことをいろんな角度で見直しています。

おくさん、コメントありがとうございました。ハンドルがだんだん切れてくるときに、無意識のうちにコワサが出てしまうのはなぜなのか? そんな事を考えて運転していたら、私の場合は、体を支えるものが欲しかった、という結論になりました。ならば、その支えをニーグリップに集約すると同時に、コワサを克服する練習をすればよいのでは?と考えて今回の記事を書いています。

ゆ喜多さん、コメントありがとうございました。大多数の人がどうしてもおさえてしまうセルフステア。だからこそ、HMSではしきりに注意されます。「ハンドルをおさえなように」って。でも、なぜおさえてしまうのか? ポイントはそこにある気がしていろいろ考えてみたところです。私は左旋回時に左手でハンドルをおさえる傾向にあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/54109992

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドル操作:

« HMSに参加する23回目:中級コース13回目 | トップページ | 北海道スキー ルスツリゾート! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ!