« FZ1が2012年モデルに | トップページ | 後輪をロックする »

2011年12月15日 (木)

HMSに参加する16回目:中級コース7回目

先月~今月と休日出勤が多かったこともあるので、平日に代休をとることになる。ちょうど休もうと思っていた日にHMSの中級コースが追加開催される事がわかったので参加してみることにした。平日HMSは2回目だけど、すいてるのでみっちり練習ができる。期待大だ。

 

ただ、当日の朝は大雨。シトシトふってるし、しかも寒い!ただし予報が10時ぐらいから雨はやむというので、期待して出かけてみる。

家を出たときの気温は5度。しかも埼玉が近くなるにつれて、ドンドン気温が下がって3度。しかも、雨は雪に変わっている。初雪!っと喜んでる場合じゃない。こりゃ、どうなっちゃうんだ、って思ったのだけど、幸いにして到着すると雨がやんでいた。

この日は出発にてこづったのと平日ということで、到着は開始の3分前。手早く受け付けを済ませ、着替えて5分遅れで到着した。

 

丁度、自己紹介で最後の人の所に滑り込んだので、そのまま自己紹介と本日の抱負を述べる。私の今日の課題は・・・・・・、まぁ、雨が降った後なので転倒しないぐらいにしておくか。

ホントの所は、ニーグリップの強化と、若干の速度アップを狙っている。ただ、速度アップについては、まだ課題が見えてないので、色々考えてみるというところか。

インストラクターは、Y島さん。確かこの人は一番最初の初級でお世話になった覚えがある。

参加者は8名。定員より少ないが雨だったしキャンセルもあったんだろうか。今回は年配の方が多かったな。自分が若造みたい。

Sdsc01794

この日は、車関係の講習が行われているようで、たくさんのシビックが並んでいた。HMSは中級だけだが、何かの講習なのかオフロード部隊が20台ぐらいで行っていた。こちらは、IZMさんがインストラクターさんだったな。

今回もバイクはCB400SF。選ぶときに、タマには銀色でもいいか?って選らんでみたが、後で気づいたのは、これって旧型なんだなと。REVOがたくさんある中で、あえてSPECⅢを選ぶのはツウなのか、無知なのか・・・。

 

最初のコースは市街地コース。ただ、隣ではトラックの講習をやってる関係で市街地コースだけなので、ちょっと狭め。コースは難しくはないが、基本に忠実だ。最初は2連続のS字。随所にUターンポイントがあり、曲がり方をおさらいする。しばらくはギアを2速にして、あまり気張らずに走行する。

Sdsc01798

その後、Y島さんが後ろについてくれた。やっぱ緊張するが、いつものペースで走ってみた。その後の講評によれば。

 1)アクセルワークが雑。グワっっと開けてる
   もっと緩やかに
 2)ブレーキが早い。そしてリリースも早い
 3)前ブレーキを最後までかけておく。
   効かなくてもいいから指を離してはいけない

キター。これが私が遅い原因の対策として考える事ができるポイントだろう。特に2)、3)は重要と考える。たぶん公道経験から早めで緩いブレーキをかけるクセがあるのだろうが、もう少しブレーキをかけるタイミングを遅らせるるということか。そして、前ブレーキを掛け続けるということ。これは前にチャレンジしたが難しかったので、やり続けてなかったが、
 「効かなくても指をかけ続ける」
には、「なるほど!」って思った。そうか、そういう手があったか。ムリに効かすことを考えるから失敗するわけで、まずは指をかけ続けることに慣れれば、いずれジンワリ前ブレーキを掛け続ける事ができるようになるだろう。

ただ、フロントブレーキのタイミングを遅らせるのは、ちょっとコワイ。実際やってみると、前ブレーキを遅らせると言うことは、その分、強いブレーキになることを意味する。ガツンという感じでかけてしまう。その後すぐに旋回になるので、慣れないと転倒してしまうリスクもある。だが、やってみないと出来ないので、その後、チャレンジ中だ。

 

それで午前は終了。

午後は、バリアブルコースでのコース走行となる。今回は、車関係の講習が多くて、あまり広いコースはもてないっぽい。

最初はUターン×3。徐々に直線が短くなるのでだんだん曲がりにくくなる。先読みをして一個先のUターンの準備をしていないとうまく曲がれない。

その後、はコーナーを越えて最後は、不連続オフセットスラロームだった。徐々に長くなるタイプなので、けっこうきつい。ここも先読みをして次ぎのコーナーを予測しながら曲がらないとやっていけない。

ココでもブレーキを若干遅らせることと、曲がりきるまでフロントブレーキをかけるを中心に練習。もちろんニーグリップもシッカリ行う。

Sdsc01807

けっこう走ったのだが、あまり大きな成長はなかったのかな。Y島さんからは特別な講評はなかったけど、1速も使った方がいいよっって言われた。今日は2速走行がほとんどだったからかな。

途中、CB400SFの別の参加車がマシン不調を訴えたので、Y島さんが代わりのバイクを運んできた。その不調のCB400SF(REVO)があいていたが、
 「これに乗ってみないか?」
とY島さんに言われたので、交換してみた。

乗ってみてわかったのは、同じCB400SFでもSPECⅢとREVOでは、別のバイクというぐらいに違う。エンジンの吹き上がり、パワー感、ギア毎のトルク感など全然違う。SPECⅢで慣れていたので、REVOに乗り換えた瞬間、かなり戸惑った。2~3週すれば慣れるが、REVOはすっごいね。パワー感がはるかに高いのはビックした。数ヶ月前では自分の愛車だったのに、こんなにスゴイバイクだったっけ?って改めて感動した。CB400はいいバイクだ。そういえば、不調は特になかったね。

Sdsc01808

というわけで、今回の講習は修了。地道な走行だったので、特別な成果はなかったけど、
 「なんか遅い」

という自分の走行パターンにおいて、ブレーキタイミングという新たな課題が見つかったのは良かったかな。ブレーキタイミングをずらすことは、かなり恐怖を伴うこともあるわけだが、少しづつでも慣れていければ、いずれ早くもなるだろうと考えておくことにする。

それにしても、この季節になると寒さがツラクなるな。午前中はかなり寒くて防寒代わりに雨合羽を着て、防寒グローブを付けてました。午後は天気も良かったので、カッパを脱いでグローブも通常のグローブでよかったけど。HMSは着るモノが難しいね。


さて、次回は・・・・。今年最後のHMSになるかな。

« FZ1が2012年モデルに | トップページ | 後輪をロックする »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。後半から晴れたようで良かったですね。それにしても、たくさん参加してますね。
spec3とrevoはそんなに違いましたか。
私はspec3しか知らないのですが、revoもためしてみたいところです。

HMSですか
我流でバイクに乗っているより
インストラクターから適切な指導を受ける方が
上達も早いし本当の楽しみ方みたいなのが分かるようでしょうね

たまに安全協会みたいなところが免許センターで開催していますが
うちの近辺でHMSとなると鈴鹿になります
通うのに2,3時間が必要なので中々思いきれませんね

NO GOLF NO LIFEさん、こんばんは。SPEC3とREVOは、乗り比べると別物ってのが、今回わかりました。ただ、2台が同時にあって、すぐに乗り換えればわかるけど、しばらく置いたらわからないかも。でも、全然違うバイクです。あえて違いをいれば、REVOの方がピーキー(じゃじゃ馬っぽい)特性ですね。

満天の星さん、こんばんは。

私の場合は我流というより、「乗り方を知らなかった」というのがHMSを受けたあとの感想ですね。どんな分野でも同じですが、それぞれ道を究めるというのは凄く奥が深いということですかね。バイクは乗り方がわかってくると、さらに楽しみも広がってくると思います。でも、鈴鹿は遠いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/53492470

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する16回目:中級コース7回目:

« FZ1が2012年モデルに | トップページ | 後輪をロックする »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!